【プレパパ必見!】妻が妊娠したらサポートできること3選

【プレパパ必見!】妻が妊娠したらサポートできること3選

妊娠中の妻は「できること」「体の都合でできないこと」の差がどんどん開いていきます。ときには体が動かずジレンマを感じてしまうこともあるでしょう。こんなとき夫はどんなサポートをするべきでしょうか。コミュニケーションを円滑にするためにも読んでほしい記事です!


妊娠するとできなくなることがたくさん!

妊娠すると、いろいろな理由で「できなくなること」が増えてきます。それでもプレママは頑張ってしまうので、どうしてもどこかでストレスがたまりがちです。

実はこの体の変化や気持ちの変化について、パパは気づけない部分がたくさんあります。妊娠に伴いどのようなことが難しくなるか簡単にまとめました。

つわりで動けない!

とくに、妊娠初期はつわりがつらく動けない場合があります。「ただ物を吐く」だけではありません。個人差がありますが一日中船酔いのような気分という人もいれば、めまいや頭痛を伴っているというケースもあります。
なかには、これまでなんともなかった「ニオイ」で吐き気を催すことも。トイレの芳香剤や普段は気づきにくい家のにおいまで気になってしまうということもあるようです。

イライラが止まらない!

実は「なぜイライラするのか」について自問自答をしても、「とにかくイライラする」としか答えられないのが妊娠中の女性です。ホルモンの変化による気持ちの変化が精神状況を左右する根源ですが、これはプレママすらもこの理由に気づけません。
妊娠経過とともに体が動かしにくくなるので、これによるジレンマも相まってイライラが強まることもあるでしょう。

カラダが動かない!

妊娠経過とともに、胎児がどんどん大きくなっていきます。骨盤や腰に負担がかかってしまうので、歩く速度が遅くなってしまいますし、子宮が内臓を圧迫するので息切れしやすくもなります。
妊娠前は何でもできたのに、ちょっと体を動かすと疲れてしまう!という人もいるでしょう。

実は、夜眠れない!

妊娠中期~後期になると、プレママも一晩中眠れなくなります。胎児が昼夜問わず動くこともそうですが、膀胱が圧迫されるためトイレが近くなります。また横になっているとおなかの重みで息苦しさを感じるほか、自分が望む体位で眠れないことも。
眠れないというだけで、プレママの体力が大きくそがれてしまいます。プレパパはこの苦しさには気づかず…かもしれませんね。

パパができるサポートとは?

プレパパは仕事が忙しい、休日は休みたいと無関心を装うことはとても簡単です。それではプレママの怒りは沸点に達してしまいますし、プレパパ自身も「地雷を踏むかも」とオドオドしてしまったり、逆ギレしてしまったりもあるでしょう。
でも、プレパパがちょっとだけ気持ちを切り替えてプレママをサポートするだけで、体はもちろん気持ちも落ち着きます。

なぜつらいのかを理解すること

マタニティ雑誌などで、妊娠中の体の変化について知ることもできます。予習をするのが一番ですが、メディアで得た知識を披露するだけではNG!
しかも「ホルモンの問題だから気にしないほうがいいよ」などと伝えることで相手を追い詰めてしまうこともあるので避けてください。

一番つらいのはプレママです。「体がつらい」ことを理解したうえで、支えてあげましょう。温かい飲み物を飲ませて落ち着かせたり、腰に蒸しタオルを当てるなどのフォローをしてくださいね。

買い物などを手伝おう

妊娠中は「たった10分あればできること」ができなくなることもあります。機嫌を損ねてしまうプレパパもいますが、機嫌を損ねる前にご自身が進んでやりましょう。今では、LINEなどスマホの通話アプリで連絡を密にしやすいので、会社帰りに連絡を取り合って必要なものを購入するなどのお手伝いもおすすめします。
掃除やキッチンについては、プレママの「流儀」があるかもしれません。男性から見たら、かなり面倒に思えるところもあるかもしれませんが、どうしたらいいか聞きながら食器洗いを手伝ったりしてくださいね。

話はきちんと聞いて受け止めよう!

妊娠中は理由もなく大きな不安に襲われたり、出産に対する漠然とした不安に泣きたくなることもあります。妊娠前とは異なる精神状態にプレパパもびっくりすることがあるでしょう。

けれど、話を聞くだけでプレママは落ち着いたりすることも。生返事ではなく、受け止めてもらえるだけでプレママは安心します。そのうえで「プレパパができること」は何かを模索していくと、プレママも出産に向けて前向きな気持ちになりますよ。

精神的にママが不安定な場合は、仕事を早めに切り上げて帰宅するなどの工夫をしてくださいね。

自分ができることはなにか!模索しよう

「妊娠中の妻を前に、オレは無力」などと思わないでください。そばにいてくれるだけで心強く思えることもあるし、さりげないサポートが安心材料にもつながります。
荷物を持ったり、気遣いのメールを送るだけでもいいんです。自分にできることは何か、身近なところから模索してくださいね。

関連する投稿


プレママ・産後ママすべてにおすすめ「モディッシュ」のコスメ【ママズケア】

プレママ・産後ママすべてにおすすめ「モディッシュ」のコスメ【ママズケア】

プレママはもちろんのこと、産後ママの肌はとてもセンシティブです。その時期に寄り添ったコスメを使うと、のちの肌ダメージを防げます。ここでは「モディッシュ」というブランドのコスメ、「ママズケア」シリーズをご紹介。プレゼントにも最適なので、出産おめでとうギフトを探している人も必見です!


2022年版 012歳児におすすめの絵本はこれ!

2022年版 012歳児におすすめの絵本はこれ!

良質な絵本は、赤ちゃんの心を育みます。ママやパパが絵本を音読することで、コミュニケーションの時間にもなりますよね。不朽の名作も多いなか、トレンドの絵本をご紹介します。絵本が大好き!というママは必見ですよ!


ママの手作りおもちゃでコミュニケーションを楽しもう

ママの手作りおもちゃでコミュニケーションを楽しもう

たくさんのおもちゃが販売されていますが、「ここまでお金をかけられない」「おうちにおもちゃがあふれてしまう」「赤ちゃんが飽きちゃう」といったデメリットも。月齢に見合った手作りおもちゃで赤ちゃんと一緒に遊んでみませんか。インスタグラマーさんの素敵な作品をもとに、手作りおもちゃのヒントをお知らせします!


プレママの壮行会!ベビーシャワーを楽しみませんか?

プレママの壮行会!ベビーシャワーを楽しみませんか?

身の回りに妊娠~出産を経験するお友達がいたら、ベビーシャワーを開催してみませんか。日本ではまだまだ浸透率が低いセレモニー。盛大にとまではいかなくても「茶話会」感覚で気軽に始めてみましょう。ここではベビーシャワーについていろいろなことをまとめました。


【覚えておきたい】陣痛タクシー!イザというときに役立つ味方

【覚えておきたい】陣痛タクシー!イザというときに役立つ味方

バースプランや陣痛の際の移動方法など、産院との調整は必ずと言っていいほど行われます。しかし「自分一人の時」などどうしたらよいか不安が付きまとうこともありますよね。地域によっては「陣痛タクシー」なるものが利用可能です。もしもの時のために利用を検討してはいかがでしょうか!


最新の投稿


気を付けるべき赤ちゃんの熱中症!症状や対策を知っておこう!

気を付けるべき赤ちゃんの熱中症!症状や対策を知っておこう!

この数年、熱中症の話題が付きません。熱中症に関する情報が各種メディアで報じられていますが、まだまだ「赤ちゃんと熱中症」に関する情報は手薄なのが現状です。大人に守られている赤ちゃんでも、熱中症のリスクが高いので注意が必要!この記事では、赤ちゃんの熱中症の原因や対策方法などをご紹介します。


ハーフバースデーをお祝いしよう!みんなはどんなことをするの?

ハーフバースデーをお祝いしよう!みんなはどんなことをするの?

ママ爆誕6ヶ月!赤ちゃん誕生6ヶ月!この区切りは「ハーフバースデー」と呼ばれるようになりました。ハーフバースデーって先輩ママたちはどんなお祝いをしたのでしょうか。赤ちゃんの記念日の一つとして思い出に残せる工夫などをまとめました!


夏を乗り切る!赤ちゃんのためのグッズ6選

夏を乗り切る!赤ちゃんのためのグッズ6選

赤ちゃんの熱中症対策には人一倍気を使いたいママも多いことでしょう。また汗疹(あせも)などを避けたいなど、夏ならではの悩みも。この記事では赤ちゃんが快適に夏を乗り切るためにおすすめしたいグッズを取り上げました。ママのケアとともにグッズを併用すると、暑い夏を乗り切れますよ!


私の好みと違う服がどっさり!みんなはどうしてる?

私の好みと違う服がどっさり!みんなはどうしてる?

定期的に訪れるのが「お洋服買ってきた」攻撃…。物価高のご時世うれしいのですが、ちょっとした悩みが…というママも多くみられます。時折子育て中のママたちが陥るお洋服との闘いについて、解決方法などをご紹介いたします!


産褥期は栄養補給が必要不可欠!おいしいものカタログ

産褥期は栄養補給が必要不可欠!おいしいものカタログ

出産後3週間程度は「産褥期」と位置付けられています。産後の体力回復に欠かせない期間だからこそ、おいしいものをたっぷり食べることをおすすめします。この記事では、産褥期ママにおすすめしたい「おいしいもの」をご紹介。赤ちゃんを育てるにも最適なお取り寄せ品をご紹介します。


人気ランキング


>>総合人気ランキング