良い出産を目指して!マタニティエクササイズを取り入れよう!

良い出産を目指して!マタニティエクササイズを取り入れよう!

出産がスムーズに進むように、また体重管理のためにプレママ向けのエクササイズは取り組んでみるとよいでしょう。 この記事では、プレママ向けエクササイズを紹介します。 プレママがチャレンジできるおすすめのエクササイズは多岐にわたります。 また、注意点についても紹介しますので、これから検討している人は必見の記事です。 上手に取り入れれば、快適な妊婦生活の助けになってくれるでしょう。


なぜマタニティエクササイズがいいの?

妊娠中は、積極的に体を動かすように言われることがあります。
体を柔軟に保つことで、体重管理につながります。
また、腰の痛みなどのマイナートラブルから体を守るメリットも。
それに、適度な運動はプレママの気分転換にも良いですね。

運動を取り入れることで、産道に脂肪がつくことも防げるのでお産がスムーズに進むともいわれています。
産後の体型戻しにも一役買いますよ。

エクササイズをして大丈夫な時期はいつ?

激しい運動でなければ、積極的に運動をおすすめしています。
しかしつわりの時期は体調も不安定なので、体を休めることを優先させてください。
ウォーキングなど軽い運動は、涼しい時間帯に1時間程度積極的に取り入れてみましょう。
ヨガやスイミングなどは妊娠中期以降、主治医からOKサインをもらってから始めることをおすすめします。
何らかの妊娠中のトラブルがある場合は、運動ができない場合があります。

プレママにおすすめのエクササイズ4選

ここからは、プレママにおすすめできるエクササイズを紹介します。
家でできるものや、同じころに出産を迎えるプレママさん同士で参加できるエクササイズなどがあるので、検討してみましょう。

①足上げエクササイズ

足を上げるだけでも十分に運動効果を得られます。
足上げエクササイズは、あおむけや横向きの姿勢で片足ずつゆっくりと足を上げるだけの運動です。
高く上げる必要はなく、おなかに負担がかからない高さでとどめてくださいね。
自分が楽な体勢で、深呼吸をしながら取り入れていきましょう。

  • 息を吸いながら5秒かけて足を上げる
  • 足を上げたら、3秒そのままで止める(息を細く吐く)
  • 残りの息を吐きながら5秒かけて足を戻す
  • この動きを片足1セット3回程度でOKです

基本は「ゆっくりペース」で、回数を増やす必要はありません。
腰や下腹部が痛いと感じたらやめましょう。


②ウォーキング

妊娠中はウォーキングもおすすめです。
ゆっくりとした歩調で1時間ほど歩いてみるとよいでしょう。
妊娠中はストレスも溜まってしまうので、リラックス目的の散歩感覚でも構いません。
公園などを散歩すれば運動になるだけではなく、リラックスさせることができます。
胎教にも良いので、自分の好きな場所を日々のウォーキングコースにするのもいいでしょう。
近くのショッピングモールやスーパーマーケットで歩くのもおすすめですよ。

③スイミング

マタニティスイミングなどはプレママにおすすめの運動として浸透しています。
水に入ると浮力が働きますので、お腹が大きな女性であっても、腰に負担をかけることなく運動できます。
スイミングは運動量も高いので、体重増加を防ぐことができますし、妊娠中に発生しやすいとされる、むくみを軽減する効果も期待できますよ。
また、マタニティクラスだと近い時期に出産を迎えるプレママとも情報交換ができるかもしれません。

④マタニティヨガ

マタニティヨガも妊娠中のエクササイズとして注目されるようになりました。
出産に必要なリラックスの方法や、呼吸法などを中心にプログラムが組まれ、指導してもらえます。
股関節を柔らかくするポーズなどもあるので、お産をスムーズに進められるメリットがあります。
また、産後の股関節痛を予防できるメリットも得られます。
産婦人科のマタニティクラスなどで取り入れていることもありますよ。

マタニティエクササイズ導入の注意点

先にも触れましたが、妊娠経過が順調である場合にのみ導入できます。
定期的に妊婦検診に通い、医師の指導や助産師の助言を受けられる環境が整っていることが前提です。
スイミングやヨガの導入は、必ず医師の許可を得てください。

また、エクササイズは無理に毎日続ける必要はありません。
体調不良の時はお休みしてかまいませんし、自身の体調に合わせて取り入れていきましょう。
心臓や腰に負担がかかりやすいので、少しでも異変を感じたらすぐにやめることも大切です。
特に36週以降のエクササイズなら日常的な家事で十分です。

スイミングやヨガは、必ずマタニティクラスで受講しましょう。
妊娠出産に詳しい講師やスタッフがいるスクールをおすすめします。
特に、水中ウォーキングは指導者や監視スタッフが少ないプールで行うのは避けたほうが無難です。

良い出産を迎えるために無理せず運動を!

簡単な運動を取り入れることで、体重管理などにつながります。
またリラックスや呼吸法など出産に欠かせないプロセスも覚えられます。
体に負担がかかりやすいので、激しい運動はNGですが、医師の許可が得られたら、ウォーキングなどの簡単な運動を取り入れてみましょう。
アクティブに活動できる妊娠期を大切に過ごしてくださいね。

この記事のライター

ママエ編集部の中の人が書いています。
二人子のママ。仕事はライティング中心に様々なママのためになる記事を毎日書いています。

関連する投稿


産後の体型戻しにエクササイズを取り入れよう!

産後の体型戻しにエクササイズを取り入れよう!

赤ちゃんを出産すると、体型戻しを意識するように言われます。 ガードルやさらしでおなか周りをぎゅっと締め付けるのは、子宮の戻りを促すだけではなく、おなか周りのたるみを戻すためのものでもあります。 産後6ヶ月までに妊娠前の状態に戻そうといわれていますが、体重が戻らないなど困っているママもいるのではないでしょうか。 ここでは、産後の体型戻しにおすすめしたいエクササイズを紹介します。


マタニティコートのブランドはどこがいいの?マタニティコートって準備するべき?

マタニティコートのブランドはどこがいいの?マタニティコートって準備するべき?

おなかが大きい時期に冬が来るというプレママも多いですよね。 ここで気になるのが、外出時のお出かけについて。 防寒服として、マタニティコートを準備すべきか悩む方もいらっしゃるでしょう。 ここでは、マタニティコートの考え方や、もし準備する場合どのようなものを購入すべきかを紹介します。


DHAサプリとは?妊娠中に使ってもいい?

DHAサプリとは?妊娠中に使ってもいい?

健康や美容にいいと聞いて、赤ちゃんのためにも妊娠中にDHAサプリをはじめてみたい人もいるのではないでしょうか? でも、サプリメントの中には妊娠中には使用を避けるべきものも含まれています。今回はDHAやEPAサプリについて、妊娠中の女性が使えるか解説していきます。


プレママにおすすめのサプリメント・食材の情報まとめ

プレママにおすすめのサプリメント・食材の情報まとめ

妊娠中は、たくさんの栄養素が必要なので、いつも以上に体に気を遣う方も多いのではないでしょうか? しかし、きちんと栄養を管理するには、知識がないと骨が折れますよね。妊娠中の時期に料理をきっちり作るのは、大変な面も多くなるでしょう。 そこで今回は、プレママにおすすめのサプリメントと一緒に、通信販売でおすすめの購入方法を紹介しています。 「サプリメントはちょっと……」という方には、栄養価の高い食材も一緒に取り上げました。 食材は日頃のレシピ作りの参考にしながら、栄養を補助する役割ができるサプリメントも検討してみてくださいね。


ストレッチマークを予防しよう!妊娠線クリームの使い方

ストレッチマークを予防しよう!妊娠線クリームの使い方

プレママのマイナートラブルのひとつとして、肌のかゆみや乾燥が挙げられます。 また、おなかが急激に大きくなるにつれて「妊娠線」ができてしまうこともあります。 妊娠線ができないようにするための予防はどのようにするべきでしょうか。 妊娠線に関して知識をまとめるとともに、プレママに使ってほしい妊娠線クリームのおすすめをピックアップしてお届けします。


最新の投稿


骨盤矯正のお悩み!腰痛を予防する方法ってある?

骨盤矯正のお悩み!腰痛を予防する方法ってある?

産後ママの多くが腰痛防止や下半身痩せのために骨盤矯正グッズを愛用しています。 体が落ち着いてきて、本格的なボディメイクを始めようとした場合、ちょっとしたデメリットが生まれることも。 この記事ではママのお悩みに寄り添いながら腰痛予防や骨盤矯正についてまとめます。 おすすめ骨盤矯正ショーツも併せて紹介しますよ!


絶対かわいいコンビミニのお洋服!月齢別のおすすめは?

絶対かわいいコンビミニのお洋服!月齢別のおすすめは?

コンビミニ(Combimini)はベビー用品販売大手のコンビ株式会社のアパレル部門です。かわいいお洋服や下着がたくさんあってロングセラー品も多いのが特徴。ここではコンビミニが手掛ける月齢別のかわいいお洋服を紹介します!


お宮参り、結婚式、記念撮影で使い分け!赤ちゃん用ドレスを紹介

お宮参り、結婚式、記念撮影で使い分け!赤ちゃん用ドレスを紹介

ベビードレスは「セレモニードレス」と言われる物から、長肌着のような感覚で着用できる衣装です。 主に新生児期に着用するもので、1着は持っておくとよいと言われています。 質の良いものは、親子で受け継がれているものもあるのだとか。 ここでは、ベビードレスを準備する際にチェックしてほしいデザインを紹介します。


産後の薄毛は戻ります!おすすめ育毛ローション2選

産後の薄毛は戻ります!おすすめ育毛ローション2選

出産後数ヶ月経過し、育児にも慣れてくると気になってくるのが「頭皮のこと」ではないでしょうか。 抜け毛が進み、頭皮が目立ってしまういわゆる「薄毛」の状態になっている産後ママも少なくありません。 もちろん薄毛の状態は、ママの体が安定することで解消しますので安心してくださいね。 ここでは、なぜ薄毛になるのかその実態の解説と、薄毛の状態を脱却するための育毛ローションのおすすめ


赤ちゃんの乾燥肌はホームケアで緩和しよう!

赤ちゃんの乾燥肌はホームケアで緩和しよう!

生まれたての赤ちゃんは、乾燥肌を引き起こしやすい状態が続きます。 肌が弱い赤ちゃんもいますが、多くの赤ちゃんがカサカサの肌を経験します。 赤ちゃんの乾燥肌の原因などを知っておくと、ホームケアでふっくら肌を取り戻せますよ。 ママと赤ちゃんのスキンシップタイムにもつながるので、ホームケアの方法を覚えておくことをおすすめします! この記事では、赤ちゃんの乾燥肌の原因やホームケアの方法を紹介します。 保湿に使いたいアイテムの種類なども併せて紹介します!


人気ランキング


>>総合人気ランキング