プレママのセンシティブな肌でも使えるコスメとは?NGコスメもあるの?

プレママのセンシティブな肌でも使えるコスメとは?NGコスメもあるの?

妊娠中のマイナートラブルとして、「普段の化粧品が合わなくなった」という人も見られます。 出産を終えて、時間が経過すれば肌の状態も元通りになる人も見られますが、心配する人もいるでしょう。 また出産後、赤ちゃんと触れ合うときにも安心な化粧品にスイッチしたいと思う人も少なくありません。 ここでは、プレママと化粧品についてクローズアップしました。


妊娠中に気になる肌トラブル

プレママの場合、体質によって肌トラブルが起きやすい状況にあります。
原因のひとつとして、妊娠初期にプロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンが増加してしまうことが挙げられます。

女性の体では、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンがうまくバランスを取っています。
しかし妊娠期には、個人差もありますが、バランスが乱れてしまうことがあります。
妊娠を維持するために必要なプロゲステロン(黄体ホルモン)が過剰分泌されることで、皮脂の分泌が促され肌トラブルの原因になるのです。
また、プロゲステロンにはメラニンを多く生み出すという特徴があります。
メラニンはシミの原因となる色素細胞を活性化させることから、シミができやすくなるトラブルもあります。

妊娠中に起こりやすい肌症状は?

妊娠中に起こりやすいのは「ニキビ・乾燥・シミ」のほか、肌のかぶれやかゆみが挙げられます。
妊娠中ならでは特別なケアは必要なく、普段の化粧品を使って保湿を丁寧に行うなどのお手入れで構いません。
しかし、なかにはいつもの化粧品が肌に合わなくなったという声もあります。
このようなときは、肌に優しい化粧品にスイッチすることも一案です。

プレママが避けるべきコスメはある?

聞いた話ですが、化粧品成分が胎児に影響することがあるそうですね。
化粧品が赤ちゃんに影響を与えることってあるのでしょうか?

そんなことはありませんよ!肌に使う通常のコスメの使用量であれば問題ありません。
ただ、化粧品成分が肌の乾燥を強めてしまうこともあるので、見直しは大切ですよ。

普段使いの化粧品が肌に合わなくなったという場合、成分をチェックしてみましょう。
もし気になる成分が入っていたら、いったん使うことを控えてもいいですよ。
「胎児に影響を及ぼす」というよりも、プレママの不安によって胎児に酸素が行き届かなくなることが心配です。

要チェック!肌に負担をかける成分とは?

もしコスメを使う場合は、以下の成分が含まれているかチェックしましょう。

ホルムアルデヒド

保存料として含まれているもので、皮膚がんなどを引き起こすおそれのある成分です。
また肌を刺激し、アレルギーや炎症を起こす可能性があるとして、日本では使用が禁止されています。
海外でも見直されている成分ですが、一部の国では化粧品に添加されていることがあります。
海外通販などを利用した海外コスメを日常的に使っている人は、注意しましょう。

パラベン

防腐剤として添加されており、製品の細菌などの増殖を防ぐ効果がある成分です。
ホルモンや内分泌系のかく乱を起こす可能性がありますが、通常の化粧品での使用量であればさほど問題ありません。
パラベンは肌の乾燥を強めてしまう可能性があるので、避けたほうがよいでしょう。

ビタミンA・レチノール(ビタミンA誘導体)・トレチノイン

美白効果やシミ対策などに用いられる成分です。
脂溶性ビタミンAは妊娠中に摂取しすぎると、胎児に先天異常が起こる可能性があるとされています。
そのため、妊娠期の経口摂取の場合1日5,000μg(5mg)までとされています。
コスメの場合、経皮吸収といってもさほど大きいものではありませんし、添加量もごくわずかです。
ただし刺激性がある成分なので、妊娠中は避けたほうがよさそうです。

イソフラボン

女性ホルモンエストロゲンに近い植物性のエストロゲンです。
美白や乾燥肌を防ぐほか、ムダ毛予防成分として知られています。
早産などのリスクもあるので、妊娠中のサプリ使用は禁忌とされています。
イソフラボン配合化粧品に関しては、さほど敏感になる必要はありませんが、シミが濃くなってしまうなどの思わぬ作用も考えられるため、避けましょう。

その他気を付けたい成分

このほか避けるべき美容成分として、美白成分のハイドロキノンやネイル落としに使われるトルエン(有機溶剤)などは刺激性が高いので気を付けましょう。

プレママにおすすめのコスメを紹介します!

プレママにおすすめしたいコスメには、オーガニック化粧品や無添加コスメなどがあげられます。
もし、妊娠をきっかけにコスメを見直したいという場合はチェックしておきたいキーワードですね。

オーガニック化粧品とは?

オーガニックとは一般的に「有機栽培」を意味する言葉です。化学肥料を使用せず、無農薬栽培を行った植物由来の成分を抽出して作られた化粧品がオーガニック化粧品です。
それだけではなく、石油系界面活性剤や化学合成された素材を使わないといった約束事もあります。
鉱物油や香料、防腐剤を使わずに肌の調子を整えてくれるため、肌に負担をかけることなく使えるメリットがあります。

気を付けたいポイント

無香料のものもありますが、成分由来のにおいを解消するためにエッセンシャルオイル(精油)が添加されている製品もあります。
香りも重視したい場合は、エッセンシャルオイル(精油)配合の成分を利用することも一案です。
ただし、子宮収縮を促すほか通経作用がある精油もあります。妊娠初期の場合、ジャスミンやカモミールの香りは避けたほうがよいでしょう。
香りの専門家に話を聞いて選んでくださいね。

オーガニック化粧品の精油含有量であれば、普段の使用は問題ありませんよ♪
ただし、アロマテラピーを併用している場合は注意してくださいね。
気になる場合は精油の使用を避けたほうがよいでしょう。

無添加化粧品とは?

「無添加化粧品」というキーワードがいろいろな商品に対し出現します。
無添加化粧品の定義は諸説あるのですが、一般的には「旧表示指定成分」が無添加であることを基本的な考え方としています。
「旧表示指定成分」とは、アレルギーなどを起こしやすい成分として旧薬事法で表示するように促されていた成分を指しています。
代表例としては「パラベン、サリチル酸、ミリスチン酸イソプロピル」などが挙げられます。
これにプラスして、合成香料や合成色素、石油系界面活性剤や鉱物油を使わない化粧品といったポイントも。

最近では、旧表示指定成分よりも性能が高い成分が多数生み出されているます。
そのために、広義で「合成された成分を一切使わない化粧品」という解釈で販売されている化粧品もあります。
使用されている表示成分は事前にチェックすると安心ですね。

プレママでもきれいでいよう!

妊娠中は化粧は二の次になってしまうこともあるでしょう。
洗顔と化粧水といった基礎化粧だけでも丁寧に行い、肌の調子を保つことをおすすめします。
保湿を重点的に行うことが、妊娠中の肌ケアのかなめです。
オーガニックや無添加をうたったコスメを使って優しくケアしてくださいね。

この記事のライター

ママエ編集部の中の人が書いています。
二人子のママ。仕事はライティング中心に様々なママのためになる記事を毎日書いています。

関連する投稿


これ買うのちょっと待って!使わなかった育児グッズ4選

これ買うのちょっと待って!使わなかった育児グッズ4選

出産準備品として何を買おうか迷っている人もいるかもしれません。マタニティ向けや育児雑誌ではさまざまな育児グッズの紹介がありますが…「使えなかった」「使う意味がなかった」というものも。この記事では、先輩ママから聞いた「買うのを待ってほしい育児グッズ」についてご紹介します。また、代用できるものも併せてご紹介!育児をほんの少しでも楽にしますよ!


立ち合い出産は夫と必ず話し合って!

立ち合い出産は夫と必ず話し合って!

「立ち合い出産」は多くのプレママが希望します。プレママにとって安心できることでも、夫が寄り添ってくれるかどうかはまた別の話になるようです。この記事では、立ち合い出産を検討中のプレママに「話し合ってほしい理由」をまとめました。ちょっと厳しい内容になるかもしれませんが、ご一読ください!


良い出産を目指して!マタニティエクササイズを取り入れよう!

良い出産を目指して!マタニティエクササイズを取り入れよう!

出産がスムーズに進むように、また体重管理のためにプレママ向けのエクササイズは取り組んでみるとよいでしょう。 この記事では、プレママ向けエクササイズを紹介します。 プレママがチャレンジできるおすすめのエクササイズは多岐にわたります。 また、注意点についても紹介しますので、これから検討している人は必見の記事です。 上手に取り入れれば、快適な妊婦生活の助けになってくれるでしょう。


一人で出産?夫と一緒?立ち合い出産どうする?

一人で出産?夫と一緒?立ち合い出産どうする?

新型ウイルスの感染予防の観点もあり、見合わせていることが多い「立ち合い出産」ですが、設備が整った産科などでは順次再開しているところも出ているようです。ここでは、これから出産を控えるプレママ・プレパパのために「立ち合い出産」について考えてまいります。立ち合い出産経験者の筆者がお伝えします!


【プレパパ必見!】妻が妊娠したらサポートできること3選

【プレパパ必見!】妻が妊娠したらサポートできること3選

妊娠中の妻は「できること」「体の都合でできないこと」の差がどんどん開いていきます。ときには体が動かずジレンマを感じてしまうこともあるでしょう。こんなとき夫はどんなサポートをするべきでしょうか。コミュニケーションを円滑にするためにも読んでほしい記事です!


最新の投稿


産後クライシスってなに?どんな夫婦にも訪れるって本当?

産後クライシスってなに?どんな夫婦にも訪れるって本当?

産後クライシスという言葉を聞いたことがありますか?聞いたことがあるけれど、どのような意味なのか分からないという人も多くみられます。ここでは「産後クライシス」について簡単に説明いたします。産後クライシスは「どんな夫婦にも訪れる」といわれていますが、これは本当なのでしょうか?


赤ちゃんの成長を定点観測!成長記録ができるアイテムをご紹介

赤ちゃんの成長を定点観測!成長記録ができるアイテムをご紹介

赤ちゃんがどのくらい大きくなったか、毎日一緒に過ごしていると気づきにくいものです。おすすめしたいのが、毎月の「定点観測」です。マタニティママにもおすすめしたい成長記録ができるグッズをご紹介します。記念に残すための方法なども併せてご紹介しますね!


これおすすめ!買ってよかった育児グッズ13選

これおすすめ!買ってよかった育児グッズ13選

育児が楽になるグッズがたくさん販売されています。10年前と比較して、すでに「雲泥の差」といっても過言ではありません。ママが便利に使える商品や、赤ちゃんが使いやすい商品が増えています。ここでは、育児中の先輩ママたちが使ってよかった、買ってよかった!とおすすめできる育児グッズをご紹介します!


妊活中の転職は注意が必要って本当?詳しく解説いたします!

妊活中の転職は注意が必要って本当?詳しく解説いたします!

今の職場は妊娠や出産が難しい環境だから、転職を試みたいという妊活中の女性も見られます。こういった転職の理由もアリです!しかし転職失敗の場合や、転職後すぐの妊娠・出産はちょっとしたリスクを伴うこともあるので注意が必要です。この記事では、現在妊活中の女性に向けて「妊活と転職」についてご紹介します。二人目出産を検討している人も必見です!


ちょっと心が軽くなる!「#育児ハック」を実践してみよう

ちょっと心が軽くなる!「#育児ハック」を実践してみよう

「もう少しだけアレが楽になれたらなぁ」など育児にまつわる悩みは尽きません。こんな時は育児の小ネタを実践してみませんか。わずかなひと手間なのに、子育てが驚くほど楽になる、楽しくなる事柄を「育児ハック」と呼んでいます。SNSでは「#育児ハック」とハッシュタグをつけて紹介されています。そのいくつかをピックアップしました。


人気ランキング


>>総合人気ランキング