【こっそり聞きたい】妊娠中のセックスのこと

【こっそり聞きたい】妊娠中のセックスのこと

妊娠期間中は夫とセックスしちゃだめ?夫が求めてくるのに断るのがつらい…といったプレママからの悩みが寄せられることがあります。この記事では、人にはちょっと聞きにくい妊娠中のセックスに関してまとめました。これがすべてではなく、プレママの体調や妊娠経過によっても大きく変わります。一般的な考え方であることを踏まえてご覧ください!


夫とのセックスがNGな時期とは?

基本的には夫とのセックスがNGということはありません。しかし、これまでのような楽しみ方は避けたほうがよい時期もあります。

妊娠初期~つわりの時期

妊娠初期は、プレママの体も妊娠に対応できるからだづくりを始めたばかりです。わずかな刺激でも流産の原因になってしまう可能性があります。妊娠がわかってからは挿入を伴うセックスはちょっとだけお休みしましょう。
またつわりが始まると、夫とのスキンシップどころではなくなるかもしれません。これまで全く気にならなかったニオイが鼻につくようになったり、体を動かしただけで吐き気がこみあげてしまう…というようなこともあるでしょう。
この場合も、無理は禁物。ちょっとだけお休みしたほうがいいかもしれませんね。

妊娠8~9ヶ月ころ

セックスのプロセスで、子宮を収縮させてしまうホルモン(オキシトシン)が分泌されます。妊娠8~9ヶ月(大体妊娠後期~正産期に入るまでの期間)は挿入はもちろんのこと胸を触るといった行為は避けたほうがよいでしょう。
おなかも大きくなっているのでお互いの体勢も限られてしまいます。プレママにとっても夫にとってもちょっとした負担が生まれてしまう時期です。

流産や早産のリスク、高血圧などの指摘を受けているとき

妊娠経過によって切迫早産(または切迫流産)の診断を受けていたり、妊娠高血圧症のリスクを指摘されているときのセックスはNG!前置胎盤や、胎児に何らかの異常があるときも避けてください。
このケースの場合、理由はあえて説明しなくてもわかるのではないでしょうか。プレママ自身はもちろん胎児に負担がかかってしまうので避けるべきです。

でもスキンシップは大事!どうしたらいい?

プレママの本音を言うと…、実はあまり気持ちよいとは感じられないという声も。乳腺が張ってしまい胸全体や乳首を触られると痛いし、おなかのなかでは赤ちゃんがゴロゴロ動くし…。
でも夫が求めてくるし、応えてあげたいけれど…といったジレンマも見られます。

夫とのスキンシップについてどうしたらいいかを一例を紹介します。夫婦の形もそれぞれなので、スキンシップの方法に正解はありません。
お互いの信頼関係を深めたり、出産後のセックスレスを防ぐための手段ともいえるのでプレママ自身が何を求めたいのかも掘り下げてみてくださいね。

一緒にお風呂に入る

セックスが難しくても、一緒にお風呂に入って温まる程度ならリラックスできることでしょう。湯船の広さで二人一緒に入れないという場合は、背中を洗い流す・シャンプーをするなどで楽しめますよ。

夫だけ満足させる

男性としては一人で隠れて性欲を処理することもみられますが、妻がそれを手伝ってあげることも一案です。
プレママとしても、自分の知らないところでDVD鑑賞やスマホ動画などで処理されるのは悲しいですよね。でも、妻の手があればいつもとちょっと違った雰囲気で刺激的な時間を楽しめることでしょう。

でも、一人でこっそりと楽しむ時間が案外男性にとってリラックスになることもあるので、ちょっとだけ目をつぶって見逃してあげることも必要です。

妊娠中のセックスで注意したいこと

安定期でおなかがさほど大きくならない時期などは、挿入を伴うセックスも可能です。でもお互いに気遣いが必要になることも。
ここではちょっとした注意点を紹介します。

「痛い」や不快感は必ず伝えて!

胸が張って痛い、触ってほしくない。おなかが張ってきたなどセックスの途中で不快な症状が出てきたら早めに伝えてください。
とくにおなかの張りは破水につながることもあるので注意が必要です。
また、息苦しさや動悸、頭痛が出てきたという場合も注意したいところ。そのときはそこで終了し、様子を見てくださいね。

避妊具は必ず使って!

妊娠中なので、妊娠のリスクはありません。しかし精液には子宮収縮を促すホルモンや雑菌などが付着している場合があります。出産時に危険を伴う可能性がある感染症も存在するので、予防の必要があります。
必ずコンドームを使用しリスクを軽減させてくださいね。

まとめ:スキンシップはお互いの信頼関係を深められる時間

セックスを含むスキンシップはお互いがリラックスできる時間となります。また互いが何を求め望んでいるのかをすり合わせられるよい時間となるでしょう。
お互いの感情を解放させるとともに、気持ちよさを楽しめる時間ですが、妊娠中は避けるべきことも多いのが現状です。不快感や体の調子を伝えるなどで夫に理解を求めましょう。

また、プレママもどうしたら夫の欲求に応えられるか模索してみてくださいね。

関連する投稿


立ち合い出産は夫と必ず話し合って!

立ち合い出産は夫と必ず話し合って!

「立ち合い出産」は多くのプレママが希望します。プレママにとって安心できることでも、夫が寄り添ってくれるかどうかはまた別の話になるようです。この記事では、立ち合い出産を検討中のプレママに「話し合ってほしい理由」をまとめました。ちょっと厳しい内容になるかもしれませんが、ご一読ください!


【プレパパ必見!】妻が妊娠したらサポートできること3選

【プレパパ必見!】妻が妊娠したらサポートできること3選

妊娠中の妻は「できること」「体の都合でできないこと」の差がどんどん開いていきます。ときには体が動かずジレンマを感じてしまうこともあるでしょう。こんなとき夫はどんなサポートをするべきでしょうか。コミュニケーションを円滑にするためにも読んでほしい記事です!


【夫必見!】プレママに言ってはいけない4個の言葉

【夫必見!】プレママに言ってはいけない4個の言葉

妊娠中の女性は何かとナーバスになりがちです。ちょっとした言葉が地雷になってしまうことも。 妻のご機嫌をうかがってばかりではお互いのバランスが崩れてしまうので避けたいですが、「言葉の言い換え」をするだけでプレママ自身のナーバスな気持ちが払しょくされることもあります。ここでは「言ってはいけない言葉」に着目し、夫婦が互いに気持ちよく過ごせる方法を模索していきます。


生理的に夫がイヤ!妊娠中の妻が夫婦トラブルを防ぐコツ

生理的に夫がイヤ!妊娠中の妻が夫婦トラブルを防ぐコツ

夫のことが好きで結婚したのに、妊娠したとたんに「夫がウザイ」「存在自体がストレス!」などと思ってしまうことも。離婚危機問題に発展することもあるので、ちょっとだけ立ち止まってみましょう。妊娠中の妻の態度に悩む夫にも読んでほしい記事です。お互いに「妊婦のイライラ」の原因に気づくことで付き合いが円滑に進みますよ。産後の育児協力につなげたい人は必見です!


妊娠中のマイナートラブル!妊婦のつらい便秘はどう対処しているの?

妊娠中のマイナートラブル!妊婦のつらい便秘はどう対処しているの?

プレママ期の10ヶ月間。 腰痛や長引くつわりなど、なんらかの形で体調不良が続くこともあるのではないでしょうか。 そのなかで、多くのプレママが経験するのが「便秘」です。 普段からそうである人も、妊娠をきっかけにお通じが滞ってしまったという人も、記事をご覧ください。 滞りを解消することで、すっきりとした毎日を過ごせますよ。


最新の投稿


出産祝い|男の子編|ママの本音実体験!もらって嬉しかったオススメ5選・使わなかったギフト2選(ママエ)

出産祝い|男の子編|ママの本音実体験!もらって嬉しかったオススメ5選・使わなかったギフト2選(ママエ)

ギフト選びが得意・好きな人、もしくは苦手な人いろいろいますが、自分が経験したことのない事柄に対してのお祝いは選ぶのが難しいものです。 特に出産祝いは、いろんな人が同時にあげるものだから自分のプレゼントが使ってもらえるか不安になることも多いはず。 今回は、実際男の子を生んだママへのアンケートをもとに嬉しかった・残念ながら使う機会がなかったプレゼントを特集します。 ひとつの意見…として参考にしてくださいね。


【特集|美脚効果抜群!はき心地の良い人気のマタニティスキニー】妊娠7ヶ月のママが人気のマタニティスキニーを試着レポート

【特集|美脚効果抜群!はき心地の良い人気のマタニティスキニー】妊娠7ヶ月のママが人気のマタニティスキニーを試着レポート

妊娠したら、徐々に体型に変化が現れてきます。 今まではいていたズボンはきつくなり、おしゃれしたいけど何を着ればいいのか?何だったら臨月まで着られるのか? 初めての妊娠だとわからないことばかりですよね。 特にボトムスは今まで着用していたものは着られなくなり、マタニティ用を用意しなければいけません。 でも、マタニティボトムスってシルエットがどこかやぼったくあまり欲しいと思えませんよね。 それにお腹を締め付けてはいけないと思って、ゆるーいシルエットの物を選びがちです。 今回は、妊娠前同様おしゃれもスタイルアップ効果も諦めなくていい「マタニティスキニーパンツ」をご紹介します。


【授乳服着痩せ】着やすく、おしゃれで鮮やかな色の授乳服が着たい!

【授乳服着痩せ】着やすく、おしゃれで鮮やかな色の授乳服が着たい!

妊娠中、赤ちゃんの成長と共に大きくなるお腹が嬉しかったマタニティ期間。 出産後には、当たり前のようにお腹はぺったんこになり、母乳効果でどんどん痩せていく!と思っているママも多いと思います。 ですが、順調に体型を元に戻せるママはあまり多くはないのではないでしょうか?


【レガートラルゴ(Legato Largo)】人気の10ポケットリュック3選!デザインと機能を徹底比較してみました

【レガートラルゴ(Legato Largo)】人気の10ポケットリュック3選!デザインと機能を徹底比較してみました

ママに人気急上昇の機能のひとつ『10ポケット』のあるリュック。 子どもとママの小物アイテムがたくさん収納できるのって便利ですよね。 でも、いろいろデザインがある中でどれが私にぴったりなの?と迷われるママもいらっしゃいます。 オールマイティーなコーデでも使えて、ママと子供の荷物もきちんと収納でき、なおかつおサイフにやさしい。 そんなママの「あったらいいな!」を叶えるのが、【アネロ】姉妹ブランドである【レガートラルゴ】の10ポケットリュックです。


裏起毛マタニティパンツで寒い冬を乗り切る!実際に履いてみた!

裏起毛マタニティパンツで寒い冬を乗り切る!実際に履いてみた!

冬本番でますます寒くなってきましたが、妊娠中のみなさん体調崩されていませんか? 風邪をひかないように暖かい服装で冬を過ごしたいけど、腹帯やら腹巻やらタイツやら・・たくさん身に付けるのも大変ですよね。 腹帯も腹巻も大事だけど、妊婦さんは大きなお腹で着替えも大変なんです。 できるだけ簡単に着れて、暖かく、苦しくないけど、スタイル良く見えるものがいいですよね。 今回は身体を冷えから守って、寒い冬も乗り越えられる暖かいマタニティパンツをご紹介します。 暖かいだけでなく着心地も良く、着回しもできる優秀なマタニティパンツなんですよ。


人気ランキング


>>総合人気ランキング