【夫必見!】プレママに言ってはいけない4個の言葉

【夫必見!】プレママに言ってはいけない4個の言葉

妊娠中の女性は何かとナーバスになりがちです。ちょっとした言葉が地雷になってしまうことも。 妻のご機嫌をうかがってばかりではお互いのバランスが崩れてしまうので避けたいですが、「言葉の言い換え」をするだけでプレママ自身のナーバスな気持ちが払しょくされることもあります。ここでは「言ってはいけない言葉」に着目し、夫婦が互いに気持ちよく過ごせる方法を模索していきます。


NGワード①『実家帰ったら?』

夫の立場からすれば、つわりで弱っている妻に対して気を使った一言です。もちろんプレママにとっても実家で体を休めることはありがたいでしょう。

しかし「会社を休めない」「実家に帰っても具合が悪いのは変わらない」「上の子がいる」という状況であれば、夫の一言がムカつく一言になってしまうかもしれません。

言い換えワード『手伝えることある?』

もし、目の前の妻が妊娠時のトラブルで体を辛そうにしているならば、実家での静養を勧めるより夫が協力を申し出たほうが喜ばれます。家事は分担制などルールを決めていても、お互いが家事にかかわるバランスが変わってしまう時期になるかもしれません。
男性によっては面倒なことだと思うかもしれませんが、「協力体制を整えている」と申し出ましょう。具体的な指示があれば家事ができるという男性も多いですよね。

NGワード②『乳首真っ黒!』

妊娠中期以降になると、プレママの体は赤ちゃんを産み育てられるよう変化が起こります。赤ちゃんが母乳が飲める場所を認識できるように乳首周りの色合いが濃くなるほか、これまで産毛程度だった体毛が濃く見えるようになるなどさまざまです。

なかでも「乳首真っ黒!」といった言葉は、プレママにとってもショックな一言になるはず。妊娠週数を追うごとにバストラインも変わってくるので、追い打ちをかけることにもなるでしょう。

言い換えワード『ママになる準備してるんだね』

男性もびっくりするほどのプレママの体の変化ですが、感想を「ついうっかり」漏らすことは絶対に避けましょう。
乳首の黒ずみは産後、授乳期を終えると収まります。プレママが気にしているようならば言いかえワードのような言葉がけをするとよいでしょう。

ただし、ママの性格や、例えば思いがけない妊娠でプレママ自身が受け入れられないでいるなどのことがあれば、プレママに対する言葉がけは慎重になったほうがよいですね。

NGワード③『職場復帰するんでしょ?』

共働き世帯の場合、妊娠や出産をきっかけに働き方を変える必要が生じます。しかし、子供を育てるためには大きなお金が必要になります。
現状、職場からマタハラを受けて滅入っていたり、妊娠のために働く部署を変えざるを得ないというような場合には火に油を注ぐ言葉になってしまうことも。また、保活問題もあるので気軽に言える言葉ではないかもしれません。

言い換えワード『一緒に考えていこうよ』

産後のママは「子育てに専念」「産前産後休業のみ」「1歳まで育児休業取得」「退職と再就職」というようにいくつかの選択肢があります。これらのことは出産前に決めなければいけません。もしかしたら、プレママは働き方について悩んでいるかもしれません。だからこそ決めつけるように「職場復帰するんでしょ?」と聞くのはNG。
現在の収入や数年後のライフイベントなどお互いに把握して「働くか否か」を二人で考えていきましょう。

NGワード④『それくらいできるでしょ?』

妊娠中はどことなくおっくうな気持ちが出てしまいます。疲れやすくなってしまい目の前にあることを後回しにしがちなところも。「それくらいできるでしょ?」と突き放したり、家事をやらないことに機嫌を損ねたり、妻がやってくれるものだと甘えてしまうのはNGです。
妻が普段できる家事などは、夫もできる内容です。気持ちの浮き沈みが激しい時期は、夫が率先して動きましょう。

言い換えワード『ここまでしかできないけど、やっておくね』

ごみを捨てに行く、テーブルの上の食器をシンクに片づける、お風呂の準備をする…ここまでならできるといった部分は率先して行動してください。

もう一言、「あとはどうしたらいい?」とプレママに聞いてみましょう。

食洗器に予洗いした食器をセットする、お風呂を洗った後にお湯張りをするなど的確な指示をもらえるはずです。この一言があるだけでも、プレママは安心できます。

まとめ:プレママが安心できる一言を!

プレママはイライラしがちです。気を使って発した一言なのに、不本意なケンカに発展することも。これは夫にとってもイヤなパターンですよね。ケンカを避けるためにちょっと考えて言葉を伝えたり、行動で示したりしましょう。

身近な相手を気遣うことが、パパになることの準備にもつながりますよ!

関連する投稿


妊娠中のブラジャーはどう選ぶ?正しいサイズで快適な着け心地

妊娠中のブラジャーはどう選ぶ?正しいサイズで快適な着け心地

妊娠中のマイナートラブルとして「バストトップがかゆい」「バストが痛い!」というバストに関する悩みが寄せられます。 「妊娠初期から胸の痛みが常にあった」という声もあり、妊娠前のブラジャーが使えないという人もいます。 この記事では、妊娠中のブラジャーの選び方や、選ぶ際のポイントなどを紹介します。 妊娠中でもきれいなバストラインを保つことはとても大切ですよ!


プレママ・産後ママすべてにおすすめ「モディッシュ」のコスメ【ママズケア】

プレママ・産後ママすべてにおすすめ「モディッシュ」のコスメ【ママズケア】

プレママはもちろんのこと、産後ママの肌はとてもセンシティブです。その時期に寄り添ったコスメを使うと、のちの肌ダメージを防げます。ここでは「モディッシュ」というブランドのコスメ、「ママズケア」シリーズをご紹介。プレゼントにも最適なので、出産おめでとうギフトを探している人も必見です!


プレママの壮行会!ベビーシャワーを楽しみませんか?

プレママの壮行会!ベビーシャワーを楽しみませんか?

身の回りに妊娠~出産を経験するお友達がいたら、ベビーシャワーを開催してみませんか。日本ではまだまだ浸透率が低いセレモニー。盛大にとまではいかなくても「茶話会」感覚で気軽に始めてみましょう。ここではベビーシャワーについていろいろなことをまとめました。


【覚えておきたい】陣痛タクシー!イザというときに役立つ味方

【覚えておきたい】陣痛タクシー!イザというときに役立つ味方

バースプランや陣痛の際の移動方法など、産院との調整は必ずと言っていいほど行われます。しかし「自分一人の時」などどうしたらよいか不安が付きまとうこともありますよね。地域によっては「陣痛タクシー」なるものが利用可能です。もしもの時のために利用を検討してはいかがでしょうか!


マタニティコートのブランドはどこがいいの?マタニティコートって準備するべき?

マタニティコートのブランドはどこがいいの?マタニティコートって準備するべき?

おなかが大きい時期に冬が来るというプレママも多いですよね。 ここで気になるのが、外出時のお出かけについて。 防寒服として、マタニティコートを準備すべきか悩む方もいらっしゃるでしょう。 ここでは、マタニティコートの考え方や、もし準備する場合どのようなものを購入すべきかを紹介します。


最新の投稿


出産祝い|男の子編|ママの本音実体験!もらって嬉しかったオススメ5選・使わなかったギフト2選(ママエ)

出産祝い|男の子編|ママの本音実体験!もらって嬉しかったオススメ5選・使わなかったギフト2選(ママエ)

ギフト選びが得意・好きな人、もしくは苦手な人いろいろいますが、自分が経験したことのない事柄に対してのお祝いは選ぶのが難しいものです。 特に出産祝いは、いろんな人が同時にあげるものだから自分のプレゼントが使ってもらえるか不安になることも多いはず。 今回は、実際男の子を生んだママへのアンケートをもとに嬉しかった・残念ながら使う機会がなかったプレゼントを特集します。 ひとつの意見…として参考にしてくださいね。


【特集|美脚効果抜群!はき心地の良い人気のマタニティスキニー】妊娠7ヶ月のママが人気のマタニティスキニーを試着レポート

【特集|美脚効果抜群!はき心地の良い人気のマタニティスキニー】妊娠7ヶ月のママが人気のマタニティスキニーを試着レポート

妊娠したら、徐々に体型に変化が現れてきます。 今まではいていたズボンはきつくなり、おしゃれしたいけど何を着ればいいのか?何だったら臨月まで着られるのか? 初めての妊娠だとわからないことばかりですよね。 特にボトムスは今まで着用していたものは着られなくなり、マタニティ用を用意しなければいけません。 でも、マタニティボトムスってシルエットがどこかやぼったくあまり欲しいと思えませんよね。 それにお腹を締め付けてはいけないと思って、ゆるーいシルエットの物を選びがちです。 今回は、妊娠前同様おしゃれもスタイルアップ効果も諦めなくていい「マタニティスキニーパンツ」をご紹介します。


【授乳服着痩せ】着やすく、おしゃれで鮮やかな色の授乳服が着たい!

【授乳服着痩せ】着やすく、おしゃれで鮮やかな色の授乳服が着たい!

妊娠中、赤ちゃんの成長と共に大きくなるお腹が嬉しかったマタニティ期間。 出産後には、当たり前のようにお腹はぺったんこになり、母乳効果でどんどん痩せていく!と思っているママも多いと思います。 ですが、順調に体型を元に戻せるママはあまり多くはないのではないでしょうか?


【レガートラルゴ(Legato Largo)】人気の10ポケットリュック3選!デザインと機能を徹底比較してみました

【レガートラルゴ(Legato Largo)】人気の10ポケットリュック3選!デザインと機能を徹底比較してみました

ママに人気急上昇の機能のひとつ『10ポケット』のあるリュック。 子どもとママの小物アイテムがたくさん収納できるのって便利ですよね。 でも、いろいろデザインがある中でどれが私にぴったりなの?と迷われるママもいらっしゃいます。 オールマイティーなコーデでも使えて、ママと子供の荷物もきちんと収納でき、なおかつおサイフにやさしい。 そんなママの「あったらいいな!」を叶えるのが、【アネロ】姉妹ブランドである【レガートラルゴ】の10ポケットリュックです。


裏起毛マタニティパンツで寒い冬を乗り切る!実際に履いてみた!

裏起毛マタニティパンツで寒い冬を乗り切る!実際に履いてみた!

冬本番でますます寒くなってきましたが、妊娠中のみなさん体調崩されていませんか? 風邪をひかないように暖かい服装で冬を過ごしたいけど、腹帯やら腹巻やらタイツやら・・たくさん身に付けるのも大変ですよね。 腹帯も腹巻も大事だけど、妊婦さんは大きなお腹で着替えも大変なんです。 できるだけ簡単に着れて、暖かく、苦しくないけど、スタイル良く見えるものがいいですよね。 今回は身体を冷えから守って、寒い冬も乗り越えられる暖かいマタニティパンツをご紹介します。 暖かいだけでなく着心地も良く、着回しもできる優秀なマタニティパンツなんですよ。


人気ランキング


>>総合人気ランキング