DHAサプリとは?妊娠中に使ってもいい?

DHAサプリとは?妊娠中に使ってもいい?

健康や美容にいいと聞いて、赤ちゃんのためにも妊娠中にDHAサプリをはじめてみたい人もいるのではないでしょうか? でも、サプリメントの中には妊娠中には使用を避けるべきものも含まれています。今回はDHAやEPAサプリについて、妊娠中の女性が使えるか解説していきます。


そもそもDHAサプリって何?

DHAは、ドコサヘキサエン酸と呼ばれる栄養素の一つです。
海の食材から多く摂取できる栄養で魚や海藻、貝類などに含まれています。

魚などから抽出された成分を凝縮したものがDHAサプリとです。
魚を食べるのが苦手な人がDHAの不足をサプリで補いたいときに使うと便利ですよ。

DHAサプリに期待できること

脳や神経の働きを整えると言われるDHAは、ほかにも体の機能をサポートする役割があると考えられています。

体の中では、脳に多く見られることから日常生活の食事にDHAを適度に取り入れてみるとよいかもしれません。

また、中性脂肪を整える働きも期待できるため、お腹まわりが気になる方をサポートする役割も期待できます。

DHAと似ているEPAとは?

エイコサペンタエン酸とも呼ばれるEPAは、DHAと同じように魚などに多く含まれる成分です。

EPAは、DHAと同じく中性脂肪を調整する働きや血の流れを整える働きが期待されています。DHAのサプリで一緒に含まれていることが多い印象です。

食材では、DHAとEPAは両方とも青魚に多く含まれているので、適度に食卓に並べてみてください。

DHAは一日どのくらい摂取するといい?

年齢よって推奨量は変わるものの、DHAは30歳代の女性で一日おおよそ1.6g必要と言われています。妊娠中の女性も同様です。
食べ物に換算すると、1日分の相当量は焼きサンマ1尾分程度、鮭の切り身1枚分になるそうです。

あくまでも目安なので「必ずしも摂らなければいけない」と気を張らず、気軽な気持ちでメニューに含めてみてください。

DHA・EPAサプリは妊娠中期以降はNG!

DHAは、不足すると皮膚疾患が起こりやすくなります。また妊娠初期には赤ちゃんの神経組織の合成のために必要だともいわれています。

しかし、毎日魚類を食べることができれば、妊娠期に必要なDHAやEPAは網羅できる状態です。サプリに依存しなくても毎日の食事ができればOKです。

妊娠中期以降はNGの理由

DHAやEPAの効能として、血液を固まりにくくするというものがあります。高脂血症を予防するという観点ではよいといわれるものですが、妊婦がEPAやDHAのサプリメントを常用するのは禁忌とされています。

出産には出血を伴いますので、血が止まりにくくなるというデメリットが出てしまいがちだからです。ある程度食事ができていれば、サプリメントは避けましょう。

栄養士さんに相談をしながら正しい栄養摂取を!

血液をサラサラにしてくれる成分であるDHAやEPA。赤ちゃんの神経組織の合成のためには必要な栄養素です。食事から網羅できるので、サプリメントをあえて摂取する必要はありません。

また、出血が止まりにくくなるといった弊害もあるため、妊娠中期以降はDHAやEPAのサプリメントを摂取は避けましょう。栄養士さんと相談をしながら正しいサプリメント生活をしてくださいね。

この記事のライター

ママエ編集部の中の人が書いています。
二人子のママ。仕事はライティング中心に様々なママのためになる記事を毎日書いています。

関連する投稿


これ買うのちょっと待って!使わなかった育児グッズ4選

これ買うのちょっと待って!使わなかった育児グッズ4選

出産準備品として何を買おうか迷っている人もいるかもしれません。マタニティ向けや育児雑誌ではさまざまな育児グッズの紹介がありますが…「使えなかった」「使う意味がなかった」というものも。この記事では、先輩ママから聞いた「買うのを待ってほしい育児グッズ」についてご紹介します。また、代用できるものも併せてご紹介!育児をほんの少しでも楽にしますよ!


立ち合い出産は夫と必ず話し合って!

立ち合い出産は夫と必ず話し合って!

「立ち合い出産」は多くのプレママが希望します。プレママにとって安心できることでも、夫が寄り添ってくれるかどうかはまた別の話になるようです。この記事では、立ち合い出産を検討中のプレママに「話し合ってほしい理由」をまとめました。ちょっと厳しい内容になるかもしれませんが、ご一読ください!


良い出産を目指して!マタニティエクササイズを取り入れよう!

良い出産を目指して!マタニティエクササイズを取り入れよう!

出産がスムーズに進むように、また体重管理のためにプレママ向けのエクササイズは取り組んでみるとよいでしょう。 この記事では、プレママ向けエクササイズを紹介します。 プレママがチャレンジできるおすすめのエクササイズは多岐にわたります。 また、注意点についても紹介しますので、これから検討している人は必見の記事です。 上手に取り入れれば、快適な妊婦生活の助けになってくれるでしょう。


一人で出産?夫と一緒?立ち合い出産どうする?

一人で出産?夫と一緒?立ち合い出産どうする?

新型ウイルスの感染予防の観点もあり、見合わせていることが多い「立ち合い出産」ですが、設備が整った産科などでは順次再開しているところも出ているようです。ここでは、これから出産を控えるプレママ・プレパパのために「立ち合い出産」について考えてまいります。立ち合い出産経験者の筆者がお伝えします!


【プレパパ必見!】妻が妊娠したらサポートできること3選

【プレパパ必見!】妻が妊娠したらサポートできること3選

妊娠中の妻は「できること」「体の都合でできないこと」の差がどんどん開いていきます。ときには体が動かずジレンマを感じてしまうこともあるでしょう。こんなとき夫はどんなサポートをするべきでしょうか。コミュニケーションを円滑にするためにも読んでほしい記事です!


最新の投稿


赤ちゃんの成長を定点観測!成長記録ができるアイテムをご紹介

赤ちゃんの成長を定点観測!成長記録ができるアイテムをご紹介

赤ちゃんがどのくらい大きくなったか、毎日一緒に過ごしていると気づきにくいものです。おすすめしたいのが、毎月の「定点観測」です。マタニティママにもおすすめしたい成長記録ができるグッズをご紹介します。記念に残すための方法なども併せてご紹介しますね!


これおすすめ!買ってよかった育児グッズ13選

これおすすめ!買ってよかった育児グッズ13選

育児が楽になるグッズがたくさん販売されています。10年前と比較して、すでに「雲泥の差」といっても過言ではありません。ママが便利に使える商品や、赤ちゃんが使いやすい商品が増えています。ここでは、育児中の先輩ママたちが使ってよかった、買ってよかった!とおすすめできる育児グッズをご紹介します!


妊活中の転職は注意が必要って本当?詳しく解説いたします!

妊活中の転職は注意が必要って本当?詳しく解説いたします!

今の職場は妊娠や出産が難しい環境だから、転職を試みたいという妊活中の女性も見られます。こういった転職の理由もアリです!しかし転職失敗の場合や、転職後すぐの妊娠・出産はちょっとしたリスクを伴うこともあるので注意が必要です。この記事では、現在妊活中の女性に向けて「妊活と転職」についてご紹介します。二人目出産を検討している人も必見です!


ちょっと心が軽くなる!「#育児ハック」を実践してみよう

ちょっと心が軽くなる!「#育児ハック」を実践してみよう

「もう少しだけアレが楽になれたらなぁ」など育児にまつわる悩みは尽きません。こんな時は育児の小ネタを実践してみませんか。わずかなひと手間なのに、子育てが驚くほど楽になる、楽しくなる事柄を「育児ハック」と呼んでいます。SNSでは「#育児ハック」とハッシュタグをつけて紹介されています。そのいくつかをピックアップしました。


これ買うのちょっと待って!使わなかった育児グッズ4選

これ買うのちょっと待って!使わなかった育児グッズ4選

出産準備品として何を買おうか迷っている人もいるかもしれません。マタニティ向けや育児雑誌ではさまざまな育児グッズの紹介がありますが…「使えなかった」「使う意味がなかった」というものも。この記事では、先輩ママから聞いた「買うのを待ってほしい育児グッズ」についてご紹介します。また、代用できるものも併せてご紹介!育児をほんの少しでも楽にしますよ!


人気ランキング


>>総合人気ランキング