妊娠線の予防はいつから始める?マタニティクリーム・オイル3選

妊娠線の予防はいつから始める?マタニティクリーム・オイル3選

妊娠線の予防が大切なのは、周りの友人から耳にした経験のある女性も多いのではないでしょうか? しかし「妊娠線対策は、なにが正しいの?」と、初めての経験に戸惑うこともありますよね。 この記事では、妊娠線の対策について知りたいママに向けて、妊娠線ができる原因や対策を始める時期、マッサージの方法を紹介していきます。 妊娠線の知識を深めながら、後に残る肉割れ線を予防するためにも、ぜひ参考にしてくださいね。


妊娠線ができる原因とは?

お母さんの体は赤ちゃんの成長と共に、お腹周りの皮膚が引っ張られていきます。
皮膚は、表面と内部まで3層構造にわけられていますが、そのうちの真皮や皮下組織と呼ばれる内部が伸びに対応しきれず、裂けてしまうときに妊娠線ができる原因につながるのです。
妊娠線は予防せずにそのまま放置しておくと、消えない肉割れや白い模様の線が作られていき、産後も消えずにママの悩みに発展することも。
お腹が大きくなって皮膚の内部が引っ張られた結果、お母さんの体に妊娠線が出てきます。

妊娠線ができやすい人もいる

  体型や体質、妊娠経験によって、妊娠線ができやすい人がいるのはご存知でしょうか?

例えば、以下のような状態に当てはまる方は、妊娠線ができやすくなります。

  • 妊娠を経験されている方(皮膚が伸びやすくなっているため)
  • アトピーや乾燥肌の方(肌の水分量が少ないため)
  • 痩せ形の方(皮膚の面積が少ないため)
  • 双子の赤ちゃんがいるとき(お腹が膨らみやすいため)

ただ、上記に当てはまらない方でも妊娠線はできます。
長い目で見たときに、若く見える肌作りを意識するためにも、しっかりと妊娠線の予防に取り組みましょう。

妊娠線の予防はいつから始めればいい?

予防していく時期は、妊娠中期に入る約5ヶ月を目安に、マタニティクリームを使って対策を始めましょう。
この時期は安定期と呼ばれており、妊婦さんのお腹が少しずつ大きくなり始めて、妊娠線ができやすい時期に入ります。クリームで皮膚を柔らかく保っておきましょう。
早めに予防に取り組んでおきたい方なら、妊娠5ヶ月目よりも前から始めても大丈夫です。

妊娠線ができやすい場所

妊娠線ができやすい場所は、お腹以外にもあるため、予防するときの参考にしてみてください。

  • おしり
  • 太もも
  • 二の腕
  • 胸やわきの下

赤ちゃんを守るために、妊娠中はお母さんの体に皮下脂肪が増えやすくなります。
脂肪がたまりやすい場所に妊娠線ができやすいため、気になる部分は全体的にマタニティクリームやオイルで対策しましょう。

妊娠線を予防するマッサージのやり方

「どうやって妊娠線を予防するマッサージに取り組むの?」と疑問に思うママに向けて、簡単に方法を説明していきます。
まずは、手のひらにオイルやクリームを取りながら、時計回りで少しずつお腹周りに馴染ませていきましょう。
その次に、お腹の下から上に向かってマッサージしていきます。
そして、おへそから外側に向けて左右に撫でていく流れです。
他にも、おしりや太もも、二の腕、胸やわきの下など、気になる部分にオイルやクリームを塗り込んでいきましょう。
お風呂上がりや夜寝る前など、毎日のルーティンにして対策すれば、妊娠線の予防につながります。

マッサージクリームを塗る際の注意!

おなかにクリームやオイルをなじませる際に、力を入れるとおなかが張りやすくなります。なでる程度で構いません。
また、カチコチにおなかが張っているときや体調がすぐれないときにはクリームをなじませることを避けましょう。

おなかの張りが続くときには医師に相談をしてくださいね。

妊娠線を予防するクリームとオイルの違い

オイルとクリームは、それぞれ含まれる油分の量が変わってきます。
油分がしっかりと配合されているものを選びたいときは、妊娠線を予防するオイルを使いましょう。
一方、油分の量よりも塗り心地を重視して、サラッとした塗り心地を選びたいときは、クリームを使ってみてください。
油分の量に違いはあるものの、どちらも妊娠線の予防には欠かせないアイテムです。

おすすめのマタニティクリーム・オイル3選!

「どれが妊娠線の予防にいいの?」と迷われるママに向けて、おすすめのマタニティクリームやオイルをまとめました。
妊娠中は香りに敏感になる方もいるので、無香料タイプが無難です。微香性でリラックスできるものもピックアップしています。
妊娠線を予防する商品を選ぶときの参考にしてくださいね。

AMOMAマタニティオイル

楽天市場 AMOMA楽天市場店

100%植物性でできている「AMOMA」のマタニティオイルは、合成香料や合成保存料が不使用です!

米ぬかが原料のライスオイル、マカダミアナッツオイルが中心に含まれており、妊娠線を予防しながら保湿ができます。油分がしっかりと含まれているマタニティオイルなので、使うときは少量ずつ塗り込んでいきましょう。
ほんのりと香りがついているので、気持ちがリラックスできますよ!

ママニック マタニティクリーム

楽天市場 LEVANTE

保湿ケア成分がたっぷり配合された「ママニック」のマタニティクリームは、妊娠線の予防に選ばれています。
肌をキープするのに役立つコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドの3種類が含まれているので保湿はばっちり!
クリームに少しだけ含まれる柑橘系の香りは、妊娠中に感じるママの疲れを癒してくれますよ。
他にも、肌の保湿ケアを外側から促すビタミンCや6種類のアミノ酸、プラセンタエキスや葉酸など、妊婦さんにうれしい成分がたっぷり配合。
パラベンや鉱物油など、8種類の成分が無添加で安心して使えますね。

Mama&Kids ナチュラルマーククリーム

楽天市場 ナチュラヴィ

ロングセラーの妊娠線予防クリームです。
ママだけでなく生まれてきた赤ちゃんのボディクリームにも使えます。
全身に使える仕様なので、気になる部分に塗りこんで妊娠線を予防していきましょう。
無香料なので、香りのないタイプが好きな方や妊婦さんにもやさしい仕様でおすすめ♪
アルガンオイルなどは肌のもちもち感をキープしてくれますよ。
また、スーパーヒアルロン酸などの保湿成分が肌をやさしく包み込んでくれますよ。
長い間、妊娠中のケアアイテムとして活躍してきたナチュラルマーククリームをこの機会にぜひ試してみて

妊娠線の予防はマタニティクリーム・オイルで早めに対策

妊娠線ができる原因や対策を始める時期、マッサージの方法、おすすめのマタニティクリームやオイルを紹介してきました。
妊娠線の予防は、妊娠中期に入る約5ヶ月目を目安に始めましょう!
お腹を中心に、おしりや太もも、二の腕、胸やわきの下も脂肪がつきやすいので意識して予防に取り組んでくださいね
人気のマタニティオイルやクリームは、AMOMA・ママニック・ママ&キッズの商品がおすすめです。
早めの対策に取り組めば、妊娠線が消えない状態を防ぐ予防につながるので、ぜひクリームやオイルを使ったマッサージで妊娠線の対策に取り組んでいきましょう。

この記事のライター

ママエ編集部の中の人が書いています。
二人子のママ。仕事はライティング中心に様々なママのためになる記事を毎日書いています。

関連する投稿


【筆者コラム】3人3様の出産シーンをお話しします!

【筆者コラム】3人3様の出産シーンをお話しします!

このコラムの筆者・Rocca_apr6は、3児の母です。3回出産を経験していますが…、3回とも全くシチュエーションが異なる出産でした。「産気づくってどんな感じ?」「出産が怖い」mamaeをお読みになる初産ママさんは不安を持っているのではないでしょうか。この記事では、筆者の出産を簡単にお話しします。


妊婦さんが下痢をしやすい理由は?注意したい症状・予防対策を紹介

妊婦さんが下痢をしやすい理由は?注意したい症状・予防対策を紹介

体に変化が出やすい妊婦さんは、ときに下痢の症状に見舞われることがあります。普段の症状とは違うこともあり、驚いてしまいますよね。 「これって何かの病気?」「赤ちゃんに影響はない?」と心配するのもムリはないと思います。 今回は、そんな妊婦さんに向けて下痢になりやすい理由、関連症状についてまとめました。妊婦さんの下痢には、いくつかの原因が考えられます。日常生活でできる予防方法も紹介していくので参考にしてみてください。


プレママにおすすめのサプリメント・食材の情報まとめ

プレママにおすすめのサプリメント・食材の情報まとめ

妊娠中は、たくさんの栄養素が必要なので、いつも以上に体に気を遣う方も多いのではないでしょうか? しかし、きちんと栄養を管理するには、知識がないと骨が折れますよね。妊娠中の時期に料理をきっちり作るのは、大変な面も多くなるでしょう。 そこで今回は、プレママにおすすめのサプリメントと一緒に、通信販売でおすすめの購入方法を紹介しています。 「サプリメントはちょっと……」という方には、栄養価の高い食材も一緒に取り上げました。 食材は日頃のレシピ作りの参考にしながら、栄養を補助する役割ができるサプリメントも検討してみてくださいね。


ストレッチマークを予防しよう!妊娠線クリームの使い方

ストレッチマークを予防しよう!妊娠線クリームの使い方

プレママのマイナートラブルのひとつとして、肌のかゆみや乾燥が挙げられます。 また、おなかが急激に大きくなるにつれて「妊娠線」ができてしまうこともあります。 妊娠線ができないようにするための予防はどのようにするべきでしょうか。 妊娠線に関して知識をまとめるとともに、プレママに使ってほしい妊娠線クリームのおすすめをピックアップしてお届けします。


人気のマタニティクリーム8選!コスパ・品質良しの商品を厳選紹介!

人気のマタニティクリーム8選!コスパ・品質良しの商品を厳選紹介!

「女性のお腹周りは妊娠線ができやすいから、マタニティクリームでケアしなきゃ」という声を聞いたことはありませんか? しかし、マタニティクリームはさまざまな種類があり、情報も多くどれを選んでいいか迷うこともありますよね。 この記事では、ママになるあなたへ向けた人気のマタニティクリーム8選をまとめました。 無香料やオーガニックの商品など、コスパや品質の良いものばかりを集めているので、ぜひ参考にしてみてください!


最新の投稿


気を付けるべき赤ちゃんの熱中症!症状や対策を知っておこう!

気を付けるべき赤ちゃんの熱中症!症状や対策を知っておこう!

この数年、熱中症の話題が付きません。熱中症に関する情報が各種メディアで報じられていますが、まだまだ「赤ちゃんと熱中症」に関する情報は手薄なのが現状です。大人に守られている赤ちゃんでも、熱中症のリスクが高いので注意が必要!この記事では、赤ちゃんの熱中症の原因や対策方法などをご紹介します。


ハーフバースデーをお祝いしよう!みんなはどんなことをするの?

ハーフバースデーをお祝いしよう!みんなはどんなことをするの?

ママ爆誕6ヶ月!赤ちゃん誕生6ヶ月!この区切りは「ハーフバースデー」と呼ばれるようになりました。ハーフバースデーって先輩ママたちはどんなお祝いをしたのでしょうか。赤ちゃんの記念日の一つとして思い出に残せる工夫などをまとめました!


夏を乗り切る!赤ちゃんのためのグッズ6選

夏を乗り切る!赤ちゃんのためのグッズ6選

赤ちゃんの熱中症対策には人一倍気を使いたいママも多いことでしょう。また汗疹(あせも)などを避けたいなど、夏ならではの悩みも。この記事では赤ちゃんが快適に夏を乗り切るためにおすすめしたいグッズを取り上げました。ママのケアとともにグッズを併用すると、暑い夏を乗り切れますよ!


私の好みと違う服がどっさり!みんなはどうしてる?

私の好みと違う服がどっさり!みんなはどうしてる?

定期的に訪れるのが「お洋服買ってきた」攻撃…。物価高のご時世うれしいのですが、ちょっとした悩みが…というママも多くみられます。時折子育て中のママたちが陥るお洋服との闘いについて、解決方法などをご紹介いたします!


産褥期は栄養補給が必要不可欠!おいしいものカタログ

産褥期は栄養補給が必要不可欠!おいしいものカタログ

出産後3週間程度は「産褥期」と位置付けられています。産後の体力回復に欠かせない期間だからこそ、おいしいものをたっぷり食べることをおすすめします。この記事では、産褥期ママにおすすめしたい「おいしいもの」をご紹介。赤ちゃんを育てるにも最適なお取り寄せ品をご紹介します。


人気ランキング


>>総合人気ランキング