出産前に要チェック!授乳用の人気ブラ3選

出産前に要チェック!授乳用の人気ブラ3選

出産前に授乳に対応できるブラジャーを準備すると便利です。 なかには「着脱が便利なものが欲しい、ずれやヨレがないブラジャーが欲しい」と考える人もいることでしょう。 ここでは授乳ブラの必要性や先輩ママおすすめのブラジャーを紹介します。


授乳用のブラジャーはあったほうがいいの?

出産準備品の中に授乳用ブラジャーもラインアップされています。
母乳が出るかわからないという人もいますし、何らかの理由で母乳があげられない人も見られます。
産後のバストは母乳を出す準備が整ってます。たとえ出にくくても乳腺が発達している状態です。
そのため、乳腺を守ってくれる機能を持たせたブラジャーが必要になります。

母乳を止める必要がある人でも、胸の張りに対応できるようケアする必要があるため、しばらくは授乳ブラジャーを使ったほうがよいでしょう。

授乳用ブラジャーはどれを選んでも一緒?

授乳用ブラジャーにはさまざまな種類があります。
産後ママの身体の状態や、便利さもそれぞれ異なるので自分に合ったタイプを選びましょう。

ストラップオープンタイプ

楽天市場 スウィートマミー

ストラップとカップのつなぎ目部分にホックがついており、そのホックを外すことでカップ部分がすべてオープンになるタイプです。
わざわざブラジャーを外すことなく赤ちゃんに授乳できます。
窮屈な感じもありませんし、母乳パッドなども装着可能なのでブラジャーが理由で衣服を汚すこともありません。
産後すぐの職場復帰を目指している人などにおすすめです。

フロントオープンタイプ

楽天市場 Barsado

スポーツブラのような形のものが主流で、前にスナップホックがついているタイプです。
スナップホックを外すことで胸がオープンになるので、授乳が可能になります。
ホールド感は少なく、ゆったりしたタイプが多いので、窮屈さが苦手な方におすすめです。
ただし、夜間授乳などでホックをつけ忘れた場合母乳漏れなどを起こす可能性があるので注意が必要です。

クロスオープンタイプ

楽天市場 スゥイートマミー

カップの部分が前合わせのカシュクールタイプになっており、ホックやスナップを外すことなく胸を出せるタイプです。
スポーツブラのようにかぶりで着用できるものや、通常のブラジャーのように後ろホックタイプもあります。
授乳終了後も前合わせ部分を戻すだけで胸を収めることができるので、夜間授乳なども便利ではないでしょうか。
アンダーベルトが太いものを選べば、バストのホールド感も適度に得られます。

先輩ママおすすめ!授乳用ブラ3選

ここからは、先輩ママが「使ってよかった」とおすすめの授乳用ブラを紹介します。

ハンモックのようにつつみこむブラ【ワコールマタニティ】

楽天市場 アイラブルージュ矢尾百貨店

ノンワイヤーで出産前から使えるタイプです。
クロスオープンタイプのブラで、出産後の授乳も楽にできるメリットがあります。
カップわきの当て布がバストをやさしくホールドしてくれるので、大きな胸で肩こりなどの弊害も少ないのが特徴です。
産後の乳腺の発達によってさらにバストアップした場合でも対応できる伸縮性はワコールならでは。
レースをあしらったエレガントなデザインと、バイカラーの組み合わせは「マタニティでもおしゃれは忘れたくない」というママにおすすめです。

キレイにみえてやさしいブラ【ワコールマタニティ】

楽天市場 元町ロココ

シンプルだけど機能的な授乳ブラが欲しいというママにおすすめです。
ノンワイヤーですが、3/4カップなので、下垂しやすいバストの高さをキープできます。
出産前から使え、ストラップオープンタイプなのでカップの形を崩すこともありません。
出産後も胸をきれいに見せられるところがおすすめポイントです。
シンプルなデザインですが、やさしい色合いが授乳期のお疲れ時間の癒やしにつながります。

伝説の美胸授乳ブラ【SWEET MOMMY】

楽天市場 スウィートマミー

クロスオープン型のブラで、前合わせに使われたストレッチレースが胸を引き上げてくれます。
色柄やサイズがたくさんそろっているので、好みに応じて選べるのもうれしいですね。
バックのホックも4段アジャスター付きなので、卒乳時期まで使えます。
このブラのメリットは、ショーツとセットアップができることです。
マタニティ用の下着でもセットアップで楽しめるから、気分がアガるのではないでしょうか。
価格帯もお手頃なので、洗い替えを複数揃えたいママにおすすめです。

授乳しやすいブラを選ぼう

授乳ブラは母乳を与えるのに便利なだけではなく、ママの胸の形が崩れないように支えてくれる機能が付いています。授乳のしやすさもそうですが、バストをやさしく守るブラ選びをしましょう。

この記事のライター

ママエ編集部の中の人が書いています。
二人子のママ。仕事はライティング中心に様々なママのためになる記事を毎日書いています。

関連する投稿


【妊婦さん必見!】授乳で乳首が切れる…対処法をご紹介します

【妊婦さん必見!】授乳で乳首が切れる…対処法をご紹介します

産後の入院中から産後1~2か月ころまで母乳育児を頑張ろうと奮闘するあまり起こりやすいのが「乳頭亀裂」といった症状です。どんな時に発症するの?予防法や改善法はある?そんな質問にお答えします!これから出産に臨むプレママさんも必見の記事です。


外出時に便利!授乳ケープを使いこなそう

外出時に便利!授乳ケープを使いこなそう

授乳期の赤ちゃんに、授乳室やミルクをあげるための場所がなくて困ったという経験のあるママもいるのではないでしょうか。 授乳用の服もありますが、赤ちゃんの体型によっては授乳服から体が見えてしまうことも。 そんなときに役立つのが授乳ケープです。 ここでは、授乳ケープの便利さを説明するとともに、おすすめのケープの紹介をします。


冬場も寒くない!授乳対応インナーとは?

冬場も寒くない!授乳対応インナーとは?

赤ちゃんを母乳で育てるママの悩みのひとつに「衣服の兼ね合いで授乳しにくい」という事柄が挙げられます。 そんなママたちをサポートするのが、授乳インナーの役割です。 乳腺をやさしく保護するとともに、着心地が良いメリットもあります。 ここでは、洗い替えを含め何枚か持っておきたいインナーについてわかりやすく説明します。


産後に便利!産褥期にピッタリなブラジャーを選ぼう!

産後に便利!産褥期にピッタリなブラジャーを選ぼう!

出産を終えた後は、乳腺が発達し胸が一段と大きくなります。 人によっては胸に痛みを覚えることもあるようです。 産後は疲労もあるため授乳が難しいと感じることもありますが、授乳しやすいブラジャーを選ぶことで乗り切りましょう。


西松屋の授乳ブラジャーは高品質でロープライス!おすすめ4選!

西松屋の授乳ブラジャーは高品質でロープライス!おすすめ4選!

授乳期のママは母乳漏れによるブラジャーの洗い替えなどが必要な場合があります。 少しでも安くたくさん洗い替えが必要!というときにおすすめしたいのが、赤ちゃん用品専門店・西松屋の授乳用ブラジャーです。 ここでは西松屋のブラジャーのおすすめポイントと、先輩ママ推奨の授乳用ブラジャーを紹介します。


最新の投稿


気を付けるべき赤ちゃんの熱中症!症状や対策を知っておこう!

気を付けるべき赤ちゃんの熱中症!症状や対策を知っておこう!

この数年、熱中症の話題が付きません。熱中症に関する情報が各種メディアで報じられていますが、まだまだ「赤ちゃんと熱中症」に関する情報は手薄なのが現状です。大人に守られている赤ちゃんでも、熱中症のリスクが高いので注意が必要!この記事では、赤ちゃんの熱中症の原因や対策方法などをご紹介します。


ハーフバースデーをお祝いしよう!みんなはどんなことをするの?

ハーフバースデーをお祝いしよう!みんなはどんなことをするの?

ママ爆誕6ヶ月!赤ちゃん誕生6ヶ月!この区切りは「ハーフバースデー」と呼ばれるようになりました。ハーフバースデーって先輩ママたちはどんなお祝いをしたのでしょうか。赤ちゃんの記念日の一つとして思い出に残せる工夫などをまとめました!


夏を乗り切る!赤ちゃんのためのグッズ6選

夏を乗り切る!赤ちゃんのためのグッズ6選

赤ちゃんの熱中症対策には人一倍気を使いたいママも多いことでしょう。また汗疹(あせも)などを避けたいなど、夏ならではの悩みも。この記事では赤ちゃんが快適に夏を乗り切るためにおすすめしたいグッズを取り上げました。ママのケアとともにグッズを併用すると、暑い夏を乗り切れますよ!


私の好みと違う服がどっさり!みんなはどうしてる?

私の好みと違う服がどっさり!みんなはどうしてる?

定期的に訪れるのが「お洋服買ってきた」攻撃…。物価高のご時世うれしいのですが、ちょっとした悩みが…というママも多くみられます。時折子育て中のママたちが陥るお洋服との闘いについて、解決方法などをご紹介いたします!


産褥期は栄養補給が必要不可欠!おいしいものカタログ

産褥期は栄養補給が必要不可欠!おいしいものカタログ

出産後3週間程度は「産褥期」と位置付けられています。産後の体力回復に欠かせない期間だからこそ、おいしいものをたっぷり食べることをおすすめします。この記事では、産褥期ママにおすすめしたい「おいしいもの」をご紹介。赤ちゃんを育てるにも最適なお取り寄せ品をご紹介します。


人気ランキング


>>総合人気ランキング