【授乳服タートルネック】母乳育児にお悩みのママ必見!手持ちの服でなんとかやってきた人も欲しくなる授乳服

【授乳服タートルネック】母乳育児にお悩みのママ必見!手持ちの服でなんとかやってきた人も欲しくなる授乳服

授乳中のママの皆さん、授乳服はお持ちですか。 手持ちの服でなんとかやっているというママも多いですよね。 今まで手持ちの服でやってきているママたちが、授乳服を買わない主な理由は3つ! 1つ目が 授乳服がなくても、なんとかなる! 2つ目は “いかにも授乳服” というデザインが嫌 そして、3つ目は 短い期間しか着られない が理由なのだそうです。 それではこの3つの理由についてみていきましょう。


授乳服を買わない理由:その1
授乳服がなくてもなんとかなる?

手持ちの服で授乳しているママの皆さん、授乳の際、下からめくってお腹や背中が出たり前開きのシャツのボタンを外して、必要以上に肌の露出部分が増えてしまったり...そんな経験をしながらの授乳タイムではありませんか。

春、夏、秋は、それでもなんとかなってきましたよね。上からケープで隠してしまえば、大丈夫の季節でした。しかし、これからは寒い寒い冬です。今まで通りの授乳タイムだと、大変なことが起こってしまうのです!

母乳は血液から作られています。母乳の出が悪い方は、血流が悪くなっていることが、原因のひとつになっています。血行が悪いと、乳腺炎などのトラブルにつながる可能性も出てきます。授乳期間中は、母乳をスムーズに分泌するためにも、自分の体をできるだけ血行の良い状態にしておくことが大切なんです。

では、どうすれば血行をよくできるのでしょうか。血行の良い体にするためには、まずは、体を冷やさないこと!です。母乳の量や質を良くするため食事に気を付けているママはいらっしゃるかもしれませんが、同じくらい「冷え」も「母乳」に大きな関係があるのを忘れないでくださいね!

お腹や背中が出ずに授乳ができる

mamaeスタッフはみんな現役ママなので、授乳も経験済み。それぞれスタッフの授乳中の悩みを話していて、いちばん多かったのが、お腹や背中が出ること。特に冬は、お腹や背中が出ることで、体が冷えてしまうこと。

そこで、スタッフのお悩みからこちらの授乳タートルをレビューしました。冷えはママの大敵なんです!

夜間授乳の心強い味方

授乳服が活躍するのは、外出中だと思われがちですが授乳服を着ているママの皆さんが口をそろえておっしゃるのは実は、夜間授乳のときなんです!

夜間、布団から出て授乳するのって、特に冬の間は本当にツライですよね。体が冷えてしまうと寝つきが悪くなり、次の授乳までの貴重な睡眠時間が短くなってしまいます。少しずつしか寝られない授乳期のママには、できるだけ質のいい睡眠を取ってもらいたいものです。

授乳服なら、必要最低限の露出で、しかも即座にできるので冬のツライ夜間授乳のストレスをかなり軽減してくれますよ。

授乳服を買わない理由:その2
いかにも授乳服というデザインが嫌

「授乳中です」とは抵抗なく言えても「授乳服着てます」とはあまり言いたくないですよね。授乳口のラインがウエストのくびれの位置にくることで、着用した時に自然と目立たなくなります。

しかし、授乳のしやすさももちろん重要視しています。

授乳しやすいという声が1番多い、カシュクール部分を左右に開いて授乳する『クロスオープンタイプ』を採用しています。めくってスグ授乳!モタモタせずに、ママも赤ちゃんもストレスフリーの授乳タイムです。

授乳服を買わない理由:その3
短い期間しか着られない?

妊娠中から着れる!抜群の伸縮性mamaeには妊娠7ヶ月のスタッフがいます。こちらのスタッフもこの授乳タートルを愛用しています。今から春の産後授乳期、また、次の冬の授乳期も着られて長く重宝しそうととっても気に入って自腹買いしたくらいです!

オススメ授乳タートルネック

こちらは裏起毛の授乳タートルです。

カラーバリエーション

カラーバリエーションは、無地6色、ボーダー2色の8色展開です。

お客様レビュー
同じシリーズのクルーネックを持っていて、生地がしっかりしていて暖かく使いやすかったのでハイネックも購入。
市販の服はMサイズですが、これはピッタリ目なのでLでちょうどです。
あったかいのでダウンの下はこれだけでも大丈夫です!
授乳もしやすくてgoodです!

▲こちらの商品:スウィートマミー公式▲

やっぱり冬の授乳には授乳服が欠かせません!

今まで、手持ちの服でなんとかやってきたママも、寒い冬は、授乳服があるのとないのでは、授乳タイムに格段の差が出ますよ!今しかない授乳タイムをおもいきり楽しんで、素敵な思い出になるようにしてくださいね。

この記事のライター

ママエ編集部の中の人が書いています。
二人子のママ。仕事はライティング中心に様々なママのためになる記事を毎日書いています。

関連するキーワード


授乳服 授乳タートル

関連する投稿


【授乳服ワンピース】お宮参り・卒入園式におすすめ!おしゃれな授乳口つきワンピース・ジャケット7選

【授乳服ワンピース】お宮参り・卒入園式におすすめ!おしゃれな授乳口つきワンピース・ジャケット7選

初めてのお宮参りってどういった服装でいくのがいいの?はじめてのお宮参りや兄弟の卒園式をマタニティもしくは赤ちゃん連れで迎えるママにフォーマル授乳服をご紹介します。 (2022年4月時点での情報です)


【2021AW最新】かわいくて安い!普段着に最適なマタニティ服3選

【2021AW最新】かわいくて安い!普段着に最適なマタニティ服3選

妊婦さんのお腹の中にいる赤ちゃんが大きくなってくると、妊婦さんのお腹もそれに比例して膨らみを増していきます。 また、赤ちゃんを産んでからも、しばらくの間は体を締め付ける服は避けるべきでしょう。 妊婦さんの体の変化に対応してくれるのは、マタニティ服です。 おしゃれ好きな人は、かわいいデザインのものを選びたい人も多いのではないでしょうか。 この記事では、かわいいデザインながらも安く買えるものをご紹介します。


外出時に便利!授乳ケープを使いこなそう

外出時に便利!授乳ケープを使いこなそう

授乳期の赤ちゃんに、授乳室やミルクをあげるための場所がなくて困ったという経験のあるママもいるのではないでしょうか。 授乳用の服もありますが、赤ちゃんの体型によっては授乳服から体が見えてしまうことも。 そんなときに役立つのが授乳ケープです。 ここでは、授乳ケープの便利さを説明するとともに、おすすめのケープの紹介をします。


2021AW|おしゃれママ必見*西松屋のマタニティウェアを紹介!

2021AW|おしゃれママ必見*西松屋のマタニティウェアを紹介!

妊娠してもおしゃれ心は忘れたくないというママも多いのではないでしょうか。 妊娠中だからこそ、できるおしゃれもあるんです。 ママの気分がアガれば、おなかの赤ちゃんも元気に過ごせます。 せっかくのマタニティライフをとことん楽しみましょう。 今回は、リーズナブルな価格でおなじみの西松屋で購入できるマタニティウェアの魅力をご紹介します。 ※この記事は2021年10月下旬現在の在庫で紹介しています。


【授乳服フォーマルレンタル】結婚式の授乳服買う?レンタル?徹底比較してわかったこと。

【授乳服フォーマルレンタル】結婚式の授乳服買う?レンタル?徹底比較してわかったこと。

私も、娘が生後4ヶ月のときに友人の結婚式に招待されました。 私と娘だけでなく主人までも招待いただき、娘の面倒はほとんど主人が引き受けてくれて、その日はゆっくり友人の晴れ姿を楽しむことができました。 さてさて、喜んで結婚式に出席させていただくけれど、まず心配なのが、授乳期における結婚式出席時のマナーやポイントとフォーマルドレスではないでしょうか。 とくに気になるのは、授乳期における式場での過ごし方ですよね。そして、フォーマルドレスは買った方が良いのかレンタルしたほうが良いのかも迷ってしまう方が多いようです。そこでこの記事では、費用や手間を比較しながら、どちらが自分にメリットがあるのかをご紹介いたします。


最新の投稿


産後クライシスってなに?どんな夫婦にも訪れるって本当?

産後クライシスってなに?どんな夫婦にも訪れるって本当?

産後クライシスという言葉を聞いたことがありますか?聞いたことがあるけれど、どのような意味なのか分からないという人も多くみられます。ここでは「産後クライシス」について簡単に説明いたします。産後クライシスは「どんな夫婦にも訪れる」といわれていますが、これは本当なのでしょうか?


赤ちゃんの成長を定点観測!成長記録ができるアイテムをご紹介

赤ちゃんの成長を定点観測!成長記録ができるアイテムをご紹介

赤ちゃんがどのくらい大きくなったか、毎日一緒に過ごしていると気づきにくいものです。おすすめしたいのが、毎月の「定点観測」です。マタニティママにもおすすめしたい成長記録ができるグッズをご紹介します。記念に残すための方法なども併せてご紹介しますね!


これおすすめ!買ってよかった育児グッズ13選

これおすすめ!買ってよかった育児グッズ13選

育児が楽になるグッズがたくさん販売されています。10年前と比較して、すでに「雲泥の差」といっても過言ではありません。ママが便利に使える商品や、赤ちゃんが使いやすい商品が増えています。ここでは、育児中の先輩ママたちが使ってよかった、買ってよかった!とおすすめできる育児グッズをご紹介します!


妊活中の転職は注意が必要って本当?詳しく解説いたします!

妊活中の転職は注意が必要って本当?詳しく解説いたします!

今の職場は妊娠や出産が難しい環境だから、転職を試みたいという妊活中の女性も見られます。こういった転職の理由もアリです!しかし転職失敗の場合や、転職後すぐの妊娠・出産はちょっとしたリスクを伴うこともあるので注意が必要です。この記事では、現在妊活中の女性に向けて「妊活と転職」についてご紹介します。二人目出産を検討している人も必見です!


ちょっと心が軽くなる!「#育児ハック」を実践してみよう

ちょっと心が軽くなる!「#育児ハック」を実践してみよう

「もう少しだけアレが楽になれたらなぁ」など育児にまつわる悩みは尽きません。こんな時は育児の小ネタを実践してみませんか。わずかなひと手間なのに、子育てが驚くほど楽になる、楽しくなる事柄を「育児ハック」と呼んでいます。SNSでは「#育児ハック」とハッシュタグをつけて紹介されています。そのいくつかをピックアップしました。


人気ランキング


>>総合人気ランキング