外出時に便利!授乳ケープを使いこなそう

外出時に便利!授乳ケープを使いこなそう

授乳期の赤ちゃんに、授乳室やミルクをあげるための場所がなくて困ったという経験のあるママもいるのではないでしょうか。 授乳用の服もありますが、赤ちゃんの体型によっては授乳服から体が見えてしまうことも。 そんなときに役立つのが授乳ケープです。 ここでは、授乳ケープの便利さを説明するとともに、おすすめのケープの紹介をします。


あらゆる場面で役立つ授乳ケープ

ベビーグッズの取り扱いがある大型商業施設や、動物園などの子供も楽しめるテーマパークなどにはだいたい授乳室があります。
授乳専用ルームを設けている場所もありますが、なかには、男性も使えるフリースペースのような場所で授乳しなければいけない場合もあります。

こんな場合、授乳しているところを見られたくないですよね。

お出かけ先で、母乳を与えている場合は、授乳ケープを持っていると安心です。
ママの肩から下をすっぽりと覆うことで、赤ちゃんと胸を全体的に隠せます。

お出かけ先のほか、義実家や親せき宅などでの授乳もスマートにできますよね。
使い慣れると外出するのも気軽になれるでしょう。
授乳ケープにはさまざまなタイプがあり、ストール型、ポンチョ型、エプロン型があります。

授乳服とセットで使うのがおすすめ

胸の部分がフラップ状に作られ、めくることで授乳が簡単にできるような授乳服が販売されています。
わざわざトップスの裾をたくし上げなくても、赤ちゃんに母乳を与えられるメリットがありますが、完全にママの体が隠れるものではありません。
授乳服とセットでケープを使うと、冬場の授乳でもママの体を冷やすことがありません。
それに、赤ちゃんがケープで覆われることによって薄暗い環境になりますので、落ち着いて母乳を飲むことができますよ。

タオルやおくるみでも代用可能

授乳ケープは薄手の布ですので、持ち運びにおすすめです。
ケープを忘れてしまったという場合や、準備が間に合わなかったという場合には、タオルやおくるみで代用可能です。
ホルダークリップや洗濯ばさみを使って、衣服とおくるみを留めるなどの工夫をすれば、十分に授乳ケープとして使えます。
何かの時に覚えておくと役立ちますよ。

どこでも使えるとは限らない

授乳ケープがあれば、場所を選ぶことなくどこでも授乳できるメリットがあります。
赤ちゃんとママにとってはすぐに母乳があげられるメリットが高まりますが、TPO的にはわきまえるべき場所もあるはずです。一概に「ここはNG」ということはできませんが、まずは母乳を与える場所に移動することを検討しましょう。

レストランなどでは、個室や小あがりのお部屋を準備してもらえると赤ちゃんも安心ですね。
ママも人前で授乳をするリスクを軽減できます。

おすすめ授乳ケープ3選

ここからは、先輩ママがおすすめする授乳ケープを紹介します。
赤ちゃんのために購入することはもちろん、出産祝いとして準備することもおすすめです。

ベベオレ フーターハイダース 授乳ケープ

楽天市場 FROLA ヨーロッパ館

こちらはデザインが豊富で、おしゃれな柄が多いのが特徴です。

薄手の布で作られており、折り畳みもOK。外へお出かけのときにも持ち運びが便利です。

エプロンタイプで、使い方も簡単!自分の首にストラップを通すだけ。
裏にはタオル生地が付いていて、赤ちゃんが突然吐き戻ししてしまっても、すぐに拭き取れる工夫もされています。

機能的に使える授乳ケープですね。

DRACO 授乳ケープ

楽天市場DRACO

シンプルなポンチョタイプの授乳ケープです。普通の洋服と近い雰囲気で着用可能です。
360度カバーできるため、周りから気づかれにくい特徴もあります。

洋服のような雰囲気も気に入っているママが多く、大人気商品です。
授乳を終えても普段着感覚で着用できるのは便利ですね。
普段着ている服装の雰囲気に合わせて、色なども選んでみても良いでしょう。

通気性も良く薄手で持ち運びもしやすいメリットがあります。
夏の暑い時期を除けば、どのシーズンでも使えます。

PRISTINE オーガニックコットン タンポポ柄2wayストール

楽天市場 ベコ楽天市場店

見た目にも上質な感じがある、タンポポ柄の透かし編みが美しいストールです。
羽織や首に巻くといった多目的の使い方ができます。
巻き方を工夫すると、授乳ケープとしても使えるのがメリットです。

オーガニックコットンで作られているので、ふんわり軽く仕上げられています。
出産前の防寒対策から、授乳期、出産後も使い続けられるのがうれしいですね。
出産祝いとして好適品です。

マザーズバッグには授乳ケープも!

薄手でかさばらない授乳ケープは、外出先の授乳でもプライべートを守れます。
ぜひ、マザーズバッグに携帯しておくとよいでしょう。
きれいな柄が多いので、ママの好みやファッションを反映させてみるとよいですね。
ただし、ケープを使えばどこでも授乳できるとは限りません。
ママも授乳できる場所をあらかじめチェックしておくことをおすすめします。

この記事のライター

ママエ編集部の中の人が書いています。
二人子のママ。仕事はライティング中心に様々なママのためになる記事を毎日書いています。

関連する投稿


【授乳服ワンピース】お宮参り・卒入園式におすすめ!おしゃれな授乳口つきワンピース・ジャケット7選

【授乳服ワンピース】お宮参り・卒入園式におすすめ!おしゃれな授乳口つきワンピース・ジャケット7選

初めてのお宮参りってどういった服装でいくのがいいの?はじめてのお宮参りや兄弟の卒園式をマタニティもしくは赤ちゃん連れで迎えるママにフォーマル授乳服をご紹介します。 (2022年4月時点での情報です)


出産前に要チェック!授乳用の人気ブラ3選

出産前に要チェック!授乳用の人気ブラ3選

出産前に授乳に対応できるブラジャーを準備すると便利です。 なかには「着脱が便利なものが欲しい、ずれやヨレがないブラジャーが欲しい」と考える人もいることでしょう。 ここでは授乳ブラの必要性や先輩ママおすすめのブラジャーを紹介します。


【2021AW最新】かわいくて安い!普段着に最適なマタニティ服3選

【2021AW最新】かわいくて安い!普段着に最適なマタニティ服3選

妊婦さんのお腹の中にいる赤ちゃんが大きくなってくると、妊婦さんのお腹もそれに比例して膨らみを増していきます。 また、赤ちゃんを産んでからも、しばらくの間は体を締め付ける服は避けるべきでしょう。 妊婦さんの体の変化に対応してくれるのは、マタニティ服です。 おしゃれ好きな人は、かわいいデザインのものを選びたい人も多いのではないでしょうか。 この記事では、かわいいデザインながらも安く買えるものをご紹介します。


【授乳ケープ】外出時の“コマッタ!” を解消するお役立ち授乳ケープ5選

【授乳ケープ】外出時の“コマッタ!” を解消するお役立ち授乳ケープ5選

授乳ケープ、出産準備のアイテムとして本当に必要か迷ってませんか? じつは私もその一人でした。 完全母乳ではなく母乳とミルクの混合のつもりだったのと、 出産してからはしばらく外出しないだろうから 今すぐ必要ではないと思っていたんですね。


【授乳服タートルネック】母乳育児にお悩みのママ必見!手持ちの服でなんとかやってきた人も欲しくなる授乳服

【授乳服タートルネック】母乳育児にお悩みのママ必見!手持ちの服でなんとかやってきた人も欲しくなる授乳服

授乳中のママの皆さん、授乳服はお持ちですか。 手持ちの服でなんとかやっているというママも多いですよね。 今まで手持ちの服でやってきているママたちが、授乳服を買わない主な理由は3つ! 1つ目が 授乳服がなくても、なんとかなる! 2つ目は “いかにも授乳服” というデザインが嫌 そして、3つ目は 短い期間しか着られない が理由なのだそうです。 それではこの3つの理由についてみていきましょう。


最新の投稿


産後クライシスってなに?どんな夫婦にも訪れるって本当?

産後クライシスってなに?どんな夫婦にも訪れるって本当?

産後クライシスという言葉を聞いたことがありますか?聞いたことがあるけれど、どのような意味なのか分からないという人も多くみられます。ここでは「産後クライシス」について簡単に説明いたします。産後クライシスは「どんな夫婦にも訪れる」といわれていますが、これは本当なのでしょうか?


赤ちゃんの成長を定点観測!成長記録ができるアイテムをご紹介

赤ちゃんの成長を定点観測!成長記録ができるアイテムをご紹介

赤ちゃんがどのくらい大きくなったか、毎日一緒に過ごしていると気づきにくいものです。おすすめしたいのが、毎月の「定点観測」です。マタニティママにもおすすめしたい成長記録ができるグッズをご紹介します。記念に残すための方法なども併せてご紹介しますね!


これおすすめ!買ってよかった育児グッズ13選

これおすすめ!買ってよかった育児グッズ13選

育児が楽になるグッズがたくさん販売されています。10年前と比較して、すでに「雲泥の差」といっても過言ではありません。ママが便利に使える商品や、赤ちゃんが使いやすい商品が増えています。ここでは、育児中の先輩ママたちが使ってよかった、買ってよかった!とおすすめできる育児グッズをご紹介します!


妊活中の転職は注意が必要って本当?詳しく解説いたします!

妊活中の転職は注意が必要って本当?詳しく解説いたします!

今の職場は妊娠や出産が難しい環境だから、転職を試みたいという妊活中の女性も見られます。こういった転職の理由もアリです!しかし転職失敗の場合や、転職後すぐの妊娠・出産はちょっとしたリスクを伴うこともあるので注意が必要です。この記事では、現在妊活中の女性に向けて「妊活と転職」についてご紹介します。二人目出産を検討している人も必見です!


ちょっと心が軽くなる!「#育児ハック」を実践してみよう

ちょっと心が軽くなる!「#育児ハック」を実践してみよう

「もう少しだけアレが楽になれたらなぁ」など育児にまつわる悩みは尽きません。こんな時は育児の小ネタを実践してみませんか。わずかなひと手間なのに、子育てが驚くほど楽になる、楽しくなる事柄を「育児ハック」と呼んでいます。SNSでは「#育児ハック」とハッシュタグをつけて紹介されています。そのいくつかをピックアップしました。


人気ランキング


>>総合人気ランキング