産後の乾燥がつらい…。肌荒れの原因・症状・対処法は?

「産後の乾燥がつらい…。肌荒れの原因・症状・対処法は?」のアイキャッチ画像

後は子育てに集中する日々が続き、気付けば肌がボロボロになっていませんか?
妊娠中は体に変化が出てくるため、生活環境を含めて肌トラブルに悩まれやすくなるのです。
今回は、産後に起こりやすい肌の乾燥について、原因や症状、対処法を簡単に紹介していきます。
おすすめのスキンケアグッズも紹介していくので、対処法と合わせて取り組んで、少しずつ乾燥肌の悩みから遠ざかれるように試してみてくださいね♪

産後の乾燥肌はいつまで続く?乾燥する原因は?

     
赤ちゃんを出産したお母さんが元の肌質に戻るまでには、約半年から一年ほどかかると言われています。
本人にしかわからない乾燥肌のピリピリ感は、つらいものがありますよね…。
産後に乾燥する原因は「ホルモンバランスの変化」と「育児によるストレス」の2つがあげられます。
原因の2つについては、以下で簡単に内容を説明しました。

ホルモンバランスが大きく変化するから

妊娠期間中は、出産に備えて女性ホルモンが多く分泌されているものの、産後は女性ホルモンの量が減ってしまうため、肌に影響が出やすくなります。
結果、肌がザラザラ・ピリピリする不快感につながる症状が出やすくなるのです。
肌荒れの症状は、約半年から一年の間続く人が多いため、時間の経過を待つ必要があります。

育児によるストレスがかかるから

産後は赤ちゃんを育てるために、慣れない環境や赤ちゃんの夜泣きによる昼夜逆転など、お母さんの体と心に大きな負担がかかりやすくなる時期です。
睡眠不足や忙しさからの栄養不足もあり、体の調子がうまくリセットできず、栄養が肌にまで回りづらくなります。
結果、産後の肌に影響が出てしまい、乾燥する原因につながります。

産後の乾燥肌に関わる症状は?

赤ちゃんを出産した多くのママが経験している乾燥肌のトラブルは、避けられない問題でもありますよね。
産後の乾燥肌で起こりやすい症状には「かゆみがあらわれる」と「ニキビ・しみができやすくなる」点があげられるでしょう。

かゆみがあらわれる

産後に肌が乾燥すると、かゆみはセットで付いてくる症状の一つです。
元からアトピー体質で敏感肌の方は、時には湿疹や皮向けの症状につながる場合もあります。
産後はホルモンバランスが変化して、肌の水分が失われやすくなるため、かゆみが出てきやすくなるのです。

ニキビ・シミができやすくなる

妊娠している間は、女性ホルモンが多く分泌されていますが、産後は分泌量が減ってしまいます。
その結果、乾燥肌でニキビができたり、女性ホルモンの働きにより抑えられていたシミが目立ちやすくなったりする人も。
子育てに忙しいお母さんにとって、肌だけでなく心にもダメージを与える原因につながります。

産後の乾燥は3つの対策に取り組もう!

 以下では、産後の乾燥肌に対して、変化が期待できる3つの対処法を紹介していきます。
日頃から意識はしているものの、つい後回しにしがちな点もあると思うので、できるところから始めてみてください。

化粧水や保湿クリームでスキンケアに取り組む

産後に乾燥している肌には、刺激が少ないスキンケア商品がおすすめです。
「低刺激」「赤ちゃんでも使える」「無添加」「オーガニック」など、肌へのやさしさが感じられる表記があればベストです◎
スキンケアだけでなく、ボディクリームとして全身に使える商品はコスパが良く便利。
産後に乾燥する肌に対して、刺激が少ない化粧水や保湿クリームで日々対策していきましょう。

ビタミン・タンパク質を意識して栄養バランスを整える

赤ちゃんのお世話で家にいる時間が増えると、外出する機会が減ってしまいますよね。
日光に当たる時間が減ると、皮膚から紫外線を浴びて作られるビタミンDが不足してしまいやすいため、秋~冬場は特に意識して摂取してほしいと思います。
他にも、肌の細胞にかかわるタンパク質やビタミンなどは、食事から摂っていきましょう。
これらのビタミンやタンパク質を補うおすすめの食べ物は「卵」です。
他にも、ビタミンCやミネラルが含まれている果物も、忙しい時期にぜひ食べてほしい食材の一つと言えます。
以上の栄養素は、産後の乾燥肌に変化が期待できる食べ物なので、ぜひ調理の際は積極的に使ってみてください。

睡眠を意識して生活習慣を整える

産後は赤ちゃんの夜泣きやお世話で、睡眠時間がどうしても削られてしまいがちになりますよね。
睡眠が不足した結果、体内時計がうまくリセットされず、体と心の調子だけでなくお肌の調子も崩れてしまいやすくなります。
赤ちゃんの夜泣きが落ち着く期間までは、細切れに睡眠を取る方法やサプリメントなどを活用して、できる限り睡眠を意識して取りましょう。
周りのサポートが借りれる環境なら、休日に両親や家族に甘えて、できる限り睡眠時間を確保してみてください。

産後の乾燥におすすめのスキンケアアイテム3つ!

 
無添加やオーガニックにこだわった製品から、産後の乾燥肌に使えるスキンケアアイテムを紹介していきます。
肌に低刺激の成分が含まれているものをピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

1.【オリゴミルク】


出典:Mama&Kids

妊娠線予防のボディークリームを販売するママ&キッズから、産後のママがスキンケアに使える「オリゴミルク」を紹介。
肌への刺激につながりやすい、パラベンやアルコール、鉱物油、石油系界面活性剤などは使われていません。
研究された8種類のアミノ酸とビフィズス菌エキスの保湿成分が含まれており、産後に乾燥する肌を守ってくれます。
ベタつかない塗り心地で、肌に近い成分がたくさん配合されているので、ぜひ試してみてください。
 

  • ママ&キッズ_オリゴミルク_/価格(3,000円)

 

2.【アロベビー ミルクローション】


出典:n&o Living

赤ちゃんから大人まで使えるボディクリームとして、天然成分99%のホホバオイルやシアバターが含まれています。
シリコン、アルコールやパラベンなどは含まれていない、8種類の無添加で敏感肌の方にもやさしい使用感ですね。
アロマラベンダーの香りがほんのり付いており、産後に乾燥しやすい肌を国産オーガニックの成分で保湿できます。
 

  • n&o Living(アロベビー)_アロベビー ミルクローション(ベビーローション)_/価格(2,300円)

 

3.【オルナオーガニック 化粧水】


出典:ALLNA ORGANIC

肌を労わるオーガニックのスキンケア商品を展開する「オルナ」から化粧水を紹介します。
お風呂の後や化粧の下地に使えて、12種類の美容成分が肌の奥深くまで浸透していきます。
疑問点があれば、カスタマーセンターの専門担当が直接答えてくれて安心です。
シリコンやエタノール、アルコールなどの9種類の成分が無添加で、産後に乾燥する肌を労わり守ってくれますね♪
 

  • ALLNA ORGANIC_オルナオーガニック 化粧水_/価格(2,037円)

 

まとめ:産後に乾燥する肌はスキンケアと生活習慣を意識して対策しよう

産後に起こりやすい肌の乾燥について、原因や症状、対処法を紹介してきました。
肌荒れに関する悩みやつらさは、本人にしかわからず「早くなんとかしたい」と、悩みの種につながりやすいですよね。
産後約半年から一年の間は、少しずつ肌のリターンを取り戻す期間として、生活習慣や保湿ケアを意識していきましょう。
保湿のスキンケア対策では、無添加やオーガニックなど、刺激の少ない成分配合の商品を選んでみてください。