産後の抜け毛は産後のヘアケアがカギ!健康な髪を保とう

産後の抜け毛は産後のヘアケアがカギ!健康な髪を保とう

出産後、髪の毛についての悩みを持つ方が多くみられます。 抜け毛や髪の毛の痩せなど、出産前となんか違う!と感じることもあるでしょう。 今回は抜け毛の原因や、産後のヘアケアに関してまとめました。


産後に抜け毛がひどくなるのはなぜ?

出産前「体毛が濃くなった!」と感じた人はいませんか?
おなかの周りに産毛が目立つようになったというように体毛が濃くなる現象があります。
これは妊娠を維持するホルモン(エストロゲン)が関係しています。
からだを守るために体毛を濃くするというような、防御反応に近い状態です。
その分、髪の毛の抜け毛も少ない状態にあります。
産後、妊娠を維持するホルモンは必要なくなるので、過剰に分泌されることはありません。
このホルモン分泌が少なくなることの反動で抜け毛がひどく感じるようになるのです。

抜け毛は一時的なもの!気にしないでね

産後しばらくすると、シャンプーのたびに毛が抜けてしまうということも多いですよね。
排水口を見るとびっくりしてしまうこともあるでしょう。
その時はちょっと落ち込んでしまいますが、一過性のことです。
ホルモンの分泌量が落ち着けば、抜け毛も次第に治まりますので心配しすぎないでください。

抜け毛を減らすことはできる?

毛周期という言葉があります。
毛髪にも新陳代謝が存在しており、一生頭髪から生えているものではありません。
頭髪の場合、3年~6年程度の周期で生え変わります。
産後に抜けた毛は、妊娠期間中にエストロゲンの効果で生え変わりを遅らせていた毛です。
ヘアサイクルを終えた毛が今抜けているとらえるとよいでしょう。
そのために、ホルモンバランスを整える方向性でケアをすると、抜け毛の進行を避けることができるでしょう。

産後の抜け毛に打ち勝つための5個の方法

産後の抜け毛は一過性といっても、出産・子育て世代の女性の立場にあると残念な気持ちになりますよね。
一部の女性は、そのまま髪の毛が痩せ細ってしまったり、毛量が少なくなったと感じる人もいるようです。
加齢によっても髪の毛の量や質は変わります。
産後の抜け毛が始まる時期は、赤ちゃんの動きも活発化し、目が離せなくなる時期とも重なります。
こうした子育て疲れも、抜け毛につながることがあります。
ホルモンバランスを整えることが抜け毛防止には大切なので、いくつか生活改善の方法を実践してみましょう。

1.生活リズムを整えよう

赤ちゃんがいる生活で、ママが生活リズムを整えることは難しいかもしれません。
睡眠時間を確保し、体を休めることだけは実践してみませんか?
夜更かしや朝寝坊が続くと、体の代謝も衰えがちになり、ホルモン分泌などをつかさどる自律神経の調子が乱れてしまいます。
仕事復帰を果たしたママなどは忙しいかもしれませんが、「早寝早起き」の生活にスイッチしてみましょう。
夜は早めに眠り、朝は朝日を受けながら作業をすることで、自律神経が整ってきます。

2.体の巡りを整えよう

血流はつま先から頭頂部まで隅々をめぐり循環しています。
この「巡り」は、老廃物を体の外へ排泄する作業も担っています。

抜け毛は「体の巡り」が滞りがちな時にもおこりやすくなります。
毛根は血管から毛髪が伸び続けることに必要な酸素や栄養分をもらい受けているからです。
毛根にきちんと栄養分が行き届くように、体の巡りを整えましょう。

頭頂部までしっかりと血液の巡りをいきわたらせるためには、下半身の冷えをなくすことがおすすめです。
特に、ふくらはぎは血流を頭の上まで押し上げるポンプの役割を担っているので、マッサージやウォーキングなどで意識的に動かすようにしましょう。
ストレッチなど呼吸法を取り入れた軽い運動も、体の巡りをよくするためにおすすめですよ!

3.ドライヤーは毛先だけ

赤ちゃんと一緒だとどうしてもシャンプーの後にドライヤーをかけずに自然乾燥で過ごすことがあります。
もしくは、ターボモードで頭頂部からドライヤーをかけて短時間で乾かすという人もいるのではないでしょうか。
どちらの方法も、抜け毛を促してしまいます。
自然乾燥は、頭皮に雑菌を増やす原因となります。
また、ドライヤーを全体的にかけるのは、頭皮の乾燥につながります。

シャンプー後は適度にタオルドライをした後、耳から下に伸びている毛だけを乾かすようにしましょう。
頭皮に水分を残すことで髪の毛の水分量を保ち、パサつきを抑えます。
頭皮の乾燥も避けられるので、毛根が熱で弱ることもなくなりますよ。

4.ヘッドスパもおすすめ!

頭皮の毛穴に皮脂や汚れが詰まってしまうと、毛根の呼吸を妨げてしまいます。
毎日シャンプーをしていたとしても、頭皮の汚れは落ちにくいことがあるようです。
美容院でヘッドスパや毛根クレンジングなどの施術を受けてみませんか?

日頃のストレスも美容師の頭皮マッサージで癒されますし、頭皮もすっきりします。
血流も改善へと促されるので健康を保てます。
2~3ヶ月に一度のスペシャルケアでヘッドスパを取り入れてみてはいかがでしょうか。

頭皮の毛穴に皮脂や汚れが詰まってしまうと、毛根の呼吸を妨げてしまいます。
毎日シャンプーをしていたとしても、頭皮の汚れは落ちにくいことがあるようです。
美容院でヘッドスパや毛根クレンジングなどの施術を受けてみませんか?

日頃のストレスも美容師の頭皮マッサージで癒されますし、頭皮もすっきりします。
血流も改善へと促されるので健康を保てます。
2~3ヶ月に一度のスペシャルケアでヘッドスパを取り入れてみてはいかがでしょうか。

5.育毛剤を使うのもアリ

毛根に栄養を与えることで、髪の毛が元気になることもあります。
頭皮や毛根に活力を与えてくれる育毛剤を使うこともよいでしょう。
育毛剤と聞くと、子育て世代の女性は躊躇するかもしれませんが、今では産後ママ向けの商品も販売されていますよ。
シャンプー後の清潔な頭皮につけるのが鉄則。
お風呂で温まって血流が増進しているときに、育毛剤の成分が届きやすくなるからです。
育毛剤を付けた後は軽く頭皮をマッサージしてなじませてくださいね。

おすすめ育毛剤 maima

楽天市場 マイマボタニカ

「マイマ」は、産後ママ専用に特化した育毛剤です。
合成着色料や石油系界面活性剤などを一切使わない無添加処方なので、赤ちゃんに気を使いたいママにもおすすめです。
植物由来の天然素材をメインに使っているので、肌にも優しいのが特徴。
そして、何よりも他人に「育毛剤だとバレにくい」ボトルデザインなのもうれしいですね。

まずは体を整えましょう!

産後の抜け毛は精神的にショックを受けてしまうことがありますが、ホルモン分泌の兼ね合いから一過性のものだととらえましょう。
体の疲れをいやすことや、普段のヘアケアで抜け毛に負けない頭皮を作ることも可能です。
そろそろ、赤ちゃんにも「お世話のしやすさ」が出始めるころ。
ママ自身のケアも大切にしてくださいね。

この記事のライター

ママエ編集部の中の人が書いています。
二人子のママ。仕事はライティング中心に様々なママのためになる記事を毎日書いています。

関連する投稿


産褥期は栄養補給が必要不可欠!おいしいものカタログ

産褥期は栄養補給が必要不可欠!おいしいものカタログ

出産後3週間程度は「産褥期」と位置付けられています。産後の体力回復に欠かせない期間だからこそ、おいしいものをたっぷり食べることをおすすめします。この記事では、産褥期ママにおすすめしたい「おいしいもの」をご紹介。赤ちゃんを育てるにも最適なお取り寄せ品をご紹介します。


プレママ・産後ママすべてにおすすめ「モディッシュ」のコスメ【ママズケア】

プレママ・産後ママすべてにおすすめ「モディッシュ」のコスメ【ママズケア】

プレママはもちろんのこと、産後ママの肌はとてもセンシティブです。その時期に寄り添ったコスメを使うと、のちの肌ダメージを防げます。ここでは「モディッシュ」というブランドのコスメ、「ママズケア」シリーズをご紹介。プレゼントにも最適なので、出産おめでとうギフトを探している人も必見です!


お風呂でリラックス!頭皮マッサージで健やかに

お風呂でリラックス!頭皮マッサージで健やかに

産後ママの悩みに「抜け毛」があげられます。産後の抜け毛は一過性のものですが、女性にとっては最大の悩みですよね。少しでもリスクを防ぐために頭皮マッサージを取り入れてみませんか?


骨盤矯正のお悩み!腰痛を予防する方法ってある?

骨盤矯正のお悩み!腰痛を予防する方法ってある?

産後ママの多くが腰痛防止や下半身痩せのために骨盤矯正グッズを愛用しています。 体が落ち着いてきて、本格的なボディメイクを始めようとした場合、ちょっとしたデメリットが生まれることも。 この記事ではママのお悩みに寄り添いながら腰痛予防や骨盤矯正についてまとめます。 おすすめ骨盤矯正ショーツも併せて紹介しますよ!


産後の体型戻しにエクササイズを取り入れよう!

産後の体型戻しにエクササイズを取り入れよう!

赤ちゃんを出産すると、体型戻しを意識するように言われます。 ガードルやさらしでおなか周りをぎゅっと締め付けるのは、子宮の戻りを促すだけではなく、おなか周りのたるみを戻すためのものでもあります。 産後6ヶ月までに妊娠前の状態に戻そうといわれていますが、体重が戻らないなど困っているママもいるのではないでしょうか。 ここでは、産後の体型戻しにおすすめしたいエクササイズを紹介します。


最新の投稿


気を付けるべき赤ちゃんの熱中症!症状や対策を知っておこう!

気を付けるべき赤ちゃんの熱中症!症状や対策を知っておこう!

この数年、熱中症の話題が付きません。熱中症に関する情報が各種メディアで報じられていますが、まだまだ「赤ちゃんと熱中症」に関する情報は手薄なのが現状です。大人に守られている赤ちゃんでも、熱中症のリスクが高いので注意が必要!この記事では、赤ちゃんの熱中症の原因や対策方法などをご紹介します。


ハーフバースデーをお祝いしよう!みんなはどんなことをするの?

ハーフバースデーをお祝いしよう!みんなはどんなことをするの?

ママ爆誕6ヶ月!赤ちゃん誕生6ヶ月!この区切りは「ハーフバースデー」と呼ばれるようになりました。ハーフバースデーって先輩ママたちはどんなお祝いをしたのでしょうか。赤ちゃんの記念日の一つとして思い出に残せる工夫などをまとめました!


夏を乗り切る!赤ちゃんのためのグッズ6選

夏を乗り切る!赤ちゃんのためのグッズ6選

赤ちゃんの熱中症対策には人一倍気を使いたいママも多いことでしょう。また汗疹(あせも)などを避けたいなど、夏ならではの悩みも。この記事では赤ちゃんが快適に夏を乗り切るためにおすすめしたいグッズを取り上げました。ママのケアとともにグッズを併用すると、暑い夏を乗り切れますよ!


私の好みと違う服がどっさり!みんなはどうしてる?

私の好みと違う服がどっさり!みんなはどうしてる?

定期的に訪れるのが「お洋服買ってきた」攻撃…。物価高のご時世うれしいのですが、ちょっとした悩みが…というママも多くみられます。時折子育て中のママたちが陥るお洋服との闘いについて、解決方法などをご紹介いたします!


産褥期は栄養補給が必要不可欠!おいしいものカタログ

産褥期は栄養補給が必要不可欠!おいしいものカタログ

出産後3週間程度は「産褥期」と位置付けられています。産後の体力回復に欠かせない期間だからこそ、おいしいものをたっぷり食べることをおすすめします。この記事では、産褥期ママにおすすめしたい「おいしいもの」をご紹介。赤ちゃんを育てるにも最適なお取り寄せ品をご紹介します。


人気ランキング


>>総合人気ランキング