産後のリラックスに!出産後のマッサージのススメ

産後のリラックスに!出産後のマッサージのススメ

妊娠中は、胎児や胎盤なども含めて体重が増えてしまいます。 おなかを股関節や骨盤で支える形になるので、腰や足に痛みが生じることもあります。 また、出産後もホルモンの影響で骨盤が閉じ始めるので、股関節がぐらつくことも。 産後の疲れがたまると、さらに痛みに拍車がかかることも考えられます。 今回は、産後にぜひ試してほしいマッサージについてまとめました。


どんなマッサージがいいの?

産後マッサージは、あちこちに出やすい凝りや痛みを緩和したりする点でとても役に立ちます。
体形戻しのサポートにもつながります。
種類は大きく分けて2つあります。

1.骨盤矯正

出産で広がった骨盤を元の正常な位置へ戻すための施術で、ゆがみやズレが起きないようにすることが目的です。
妊娠や~出産で開いた骨盤は、出産直後から自然に元の位置に戻ろうとします。
ただ閉じていく過程で、体に脂肪がついたため、妊娠前と同じ位置に戻るケースは非常に少ないと言われます。

ここでゆがみが出ると腰痛が起こったり、歩行に悪影響が出てしまったりするため、産褥期を過ぎたら骨盤矯正をすることをおすすめしています。
足腰の痛みは避けられても、内臓が下垂してポッコリ下腹の原因になることがあります。
また、骨盤のずれを補強するために下半身に脂肪がつきやすくなり、洋ナシ体形に変化することも。
骨盤のズレやゆがみが、姿勢に大きな変化が出ますし、血行不良の原因になります。
体の冷えが強くなり、さらに脂肪がついてしまう悪循環が引き起こされます。

骨盤矯正では、さらし布を巻いたりガードルを履くなどの方法がありますが、整体師の資格を持つ人に股関節の正常な可動域を確保してもらう施術を依頼するとよいでしょう。

2.全身マッサージ

全身マッサージはリラクゼーションを目的としたもみほぐしが一般的です。
このほか、東洋医学や鍼灸を取り入れた「痛みや不調を取り除く」マッサージもあります。
産後の場合、オイルマッサージなど筋肉の緊張をほぐしてくれる施術がおすすめです。
産後の体に負担がかかりやすいので、長い時間の施術は禁物です。
授乳中の場合は、背中や、頭、足のむくみとりを中心にお願いすることも一案ですよ。

産後マッサージのメリット

リラックス効果

優しいタッチでもみほぐされ、体が脱力することでリラックス効果が生まれます。
これまで赤ちゃんのお世話で昼夜の区別がないほどだったママも、マッサージを受けて「自分はかなり疲れていた」ことを認識することがあるようです。
わずかな時間でも、赤ちゃんを手放してマッサージを受けて気分転換することで、活力につながりますし、精神的な疲れから来ていた痛みやだるさも取れることでしょう。

不調の改善

赤ちゃんを抱いていると、腱鞘炎や肩こり、腰痛などの症状が出やすくなります。
からだに余計な力が入っているため筋肉がこわばってしまうこともあれば、精神的なプレッシャーや疲れが「痛み」として変換され、心のSOSを出していることもあるのです。
痛みが産後うつの引き金になる可能性も否めません。
痛みを感じる部分やその周辺の筋肉をもみほぐしてもらうことで、楽になることもあります。
施術師に話を聞いてもらうだけでも気持ちが安らぐことってあるんですよ。

いつからマッサージはOK?

本格的な産後マッサージは、産後1か月検診が終わり、母体に問題がなければOKです。
ただし、授乳が小刻みな時期なので、母乳育児の人は避けたほうが良いかもしれません。
リンパなどが刺激されると、母体が発熱するなどの可能性が高まります。

新生児期が過ぎ、家族も赤ちゃんをお世話しやすくなった頃がタイミングです。
ママも家族に預けて小一時間ほど外出できる時間を作ると、よいリフレッシュができますよ。

骨盤矯正は早めが吉な理由

産後の骨盤矯正は、産褥期が過ぎたころに早い段階で行うことが推奨されています。
これは、出産時に分泌された子宮弛緩因子の「リラキシン」の影響が続いているからだそうです。
リラキシンは、出産を促すために分泌されます。
子宮や産道を緩めて、赤ちゃんを分娩しやすくするほか、骨盤のじん帯を緩めて骨盤を開きやすくします。
リラキシンは、産褥期のいわゆる「産後の肥立ち」にかかわることはもちろん、体形戻しを促します。
リラキシンの影響は産後6か月ころまでにはほぼ消失しますので、骨盤のじん帯が緩い時期に矯正を行うことが良いといわれています。
ただし、体がつらいときは避けてくださいね!

どこでマッサージを受けるのがいいの?

産後マッサージに適している施設は、主に整体院やカイロプラクティックなどです。
ただし、母体の変化を熟知しているスタッフがいるところがおすすめです。
「産後ケア」や「産後骨盤矯正」などと銘打っている施術院を訪れるとよいでしょう。
口コミなどを調べ、予約を取ってから行きましょう。

整体院

関節を動かすなどのゆがみに直接働きかける施術で緊張をほぐします。
骨を鳴らすなど、若干荒療治を行う整体師もいますが、無理な施術は行いません。

カイロプラクティック

筋肉の流れや骨格のゆがみなどを総合的に判断して、体全体のバランスが整うように施術します。
骨盤揺らしなど優しい施術を行う施術師もおり、整体院と比べたら、施術時の痛みやボキボキと骨がなるのは少ないといえます。

セルフマッサージもおすすめ!

プロの手技でマッサージしてもらえば、痛みやだるさなどはある程度解消できますが、頻繁に通うことは難しいと感じることもあるでしょう。
こんな時には、セルフマッサージやストレッチもおすすめです。
特に、ふくらはぎには体を温めるツボやむくみをとるツボなどがありますので、お風呂上りにさすってみるなどのマッサージをしてみましょう。

また、時間が取れたときは軽いストレッチをすることも一案です。
呼吸法をセットにすることで、自律神経も整いやすくなります。
産後の体重戻し、体型戻しにもつながるので、体を伸ばす・曲げるなど5分間程度続けてみましょう。
パートナーにつらい部分を押してもらうこともよいですね。あとはマッサージガンなどもセルフでできるのでおすすめです。

ときには自分にやさしく♡

赤ちゃんのお世話が生活の中心になってしまうと、自分のことは後回しになりがちです。
今の体のつらさは、季節の変わり目などに体調を崩す原因となってしまいます。
元気なママでいられるように、時折メンテナンスデーを設けましょう。
自分自身をいたわることで、気持ちも休まります。
ぜひ、一度骨盤矯正などの施術を受けてみてはいかがでしょうか。

妊娠中は、胎児や胎盤なども含めて体重が増えてしまいます。
おなかを股関節や骨盤で支える形になるので、腰や足に痛みが生じることもあります。
また、出産後もホルモンの影響で骨盤が閉じ始めるので、股関節がぐらつくことも。
産後の疲れがたまると、さらに痛みに拍車がかかることも考えられます。
今回は、産後にぜひ試してほしいマッサージについてまとめました。

この記事のライター

ママエ編集部の中の人が書いています。
二人子のママ。仕事はライティング中心に様々なママのためになる記事を毎日書いています。

関連する投稿


赤ちゃんの成長を定点観測!成長記録ができるアイテムをご紹介

赤ちゃんの成長を定点観測!成長記録ができるアイテムをご紹介

赤ちゃんがどのくらい大きくなったか、毎日一緒に過ごしていると気づきにくいものです。おすすめしたいのが、毎月の「定点観測」です。マタニティママにもおすすめしたい成長記録ができるグッズをご紹介します。記念に残すための方法なども併せてご紹介しますね!


産後クライシス「空気読んでよ!」がNGである理由とは

産後クライシス「空気読んでよ!」がNGである理由とは

産後クライシス到来で、妻が夫に対してイライラしてしまうことってあるでしょう。妻の日常的な苛立ちから、夫もけんか腰になりがちです。しかし、お互いの苛立ちは「考え方を変える」ことと「言い方を変える」ことで驚くほど関係性が良くなるのです。この秘密を紐解いていきましょう!


【子供と防災】準備すべき赤ちゃんのための防災グッズ!

【子供と防災】準備すべき赤ちゃんのための防災グッズ!

地震大国ニッポンといわれることも多く、この数年では震度5以上の地震も多くなり家屋の被災のリスクも増えてきました。また、大雨や台風といった災害も頻度が高くなっています。大人向けの防災グッズは多くありますが、赤ちゃんのための防災グッズって何が必要となるでしょうか。慌ててしまわないために、常日頃から避難グッズについて情報を収集していきましょう!


かわいさ抜群☆ママのための「ポンチョ」3選!

かわいさ抜群☆ママのための「ポンチョ」3選!

ママポンチョという商品、ママと赤ちゃんのための便利アイテムとして紹介されることがあります。 いくつか種類と用途があることをご存じでしたか? この記事では、いろいろなママポンチョの種類と使い道について紹介します。


骨盤矯正用の下着はスタイル維持の必須アイテム!種類や選び方

骨盤矯正用の下着はスタイル維持の必須アイテム!種類や選び方

産後の腰痛や、股関節痛が続く場合、骨盤のゆがみが原因である可能性があります。 骨盤がゆがんだままだと下半身に脂肪がつきやすくなることも。 産後早い段階から骨盤矯正の用の下着を使うことをおすすめしています。 この記事では、骨盤矯正用の下着に関する選び方や必要な理由について紹介します!


最新の投稿


赤ちゃんの成長を定点観測!成長記録ができるアイテムをご紹介

赤ちゃんの成長を定点観測!成長記録ができるアイテムをご紹介

赤ちゃんがどのくらい大きくなったか、毎日一緒に過ごしていると気づきにくいものです。おすすめしたいのが、毎月の「定点観測」です。マタニティママにもおすすめしたい成長記録ができるグッズをご紹介します。記念に残すための方法なども併せてご紹介しますね!


これおすすめ!買ってよかった育児グッズ13選

これおすすめ!買ってよかった育児グッズ13選

育児が楽になるグッズがたくさん販売されています。10年前と比較して、すでに「雲泥の差」といっても過言ではありません。ママが便利に使える商品や、赤ちゃんが使いやすい商品が増えています。ここでは、育児中の先輩ママたちが使ってよかった、買ってよかった!とおすすめできる育児グッズをご紹介します!


妊活中の転職は注意が必要って本当?詳しく解説いたします!

妊活中の転職は注意が必要って本当?詳しく解説いたします!

今の職場は妊娠や出産が難しい環境だから、転職を試みたいという妊活中の女性も見られます。こういった転職の理由もアリです!しかし転職失敗の場合や、転職後すぐの妊娠・出産はちょっとしたリスクを伴うこともあるので注意が必要です。この記事では、現在妊活中の女性に向けて「妊活と転職」についてご紹介します。二人目出産を検討している人も必見です!


ちょっと心が軽くなる!「#育児ハック」を実践してみよう

ちょっと心が軽くなる!「#育児ハック」を実践してみよう

「もう少しだけアレが楽になれたらなぁ」など育児にまつわる悩みは尽きません。こんな時は育児の小ネタを実践してみませんか。わずかなひと手間なのに、子育てが驚くほど楽になる、楽しくなる事柄を「育児ハック」と呼んでいます。SNSでは「#育児ハック」とハッシュタグをつけて紹介されています。そのいくつかをピックアップしました。


これ買うのちょっと待って!使わなかった育児グッズ4選

これ買うのちょっと待って!使わなかった育児グッズ4選

出産準備品として何を買おうか迷っている人もいるかもしれません。マタニティ向けや育児雑誌ではさまざまな育児グッズの紹介がありますが…「使えなかった」「使う意味がなかった」というものも。この記事では、先輩ママから聞いた「買うのを待ってほしい育児グッズ」についてご紹介します。また、代用できるものも併せてご紹介!育児をほんの少しでも楽にしますよ!


人気ランキング


>>総合人気ランキング