「陣痛アプリ」は実際に使える?

「陣痛アプリ」は実際に使える?

スマホを駆使することが今では常識となりました。妊娠経過管理アプリなど、妊娠中の女性にとって便利なアプリがたくさんあるので、これらを利用している人も多いのではないでしょうか。そのなかのひとつ「陣痛アプリ」は、結局使わなかったという声も。この記事では、「陣痛アプリ」のリスクや使えるアプリなのかについてまとめました。


はじめに

この記事は特定の陣痛管理アプリに関して性能や効果を否定するものではありません。
自らの出産の際に「陣痛アプリに依存すること」について、注意喚起を促す記事です。母体や赤ちゃんの安全や健康のために気を付けてほしいことをまとめています。

この記事に関して、更新時に最新の情報を提供しています。

陣痛アプリとは?

陣痛アプリとは、陣痛の間隔などを管理し病院へ行くタイミングなどを案内してくれるものです。妊娠全期間を通じて利用できるものや、陣痛の管理だけを専門に扱うものなど、その種類は多岐にわたります。

ほぼ無料で使えるものがほとんど

月額利用料が発生するものや、機能拡張のための課金があるアプリも存在しますが、ほとんどの陣痛アプリはダウンロード後無料で利用できます。
気軽に使い始められるものが多いので、妊娠中期~後期に差し掛かった女性は情報収集をしていることもあるでしょう。

どんな機能がある?

アプリによってそれぞれに特色がありますが、

・陣痛がどれだけ続いたか時間を計測する機能(陣痛時計)
・胎児ちゃんがどれだけ胎動したか(胎動カウンター)
・前回の陣痛からどれだけ時間が経過したかを知らせる機能

などが実装されています。このほか、連絡先を登録できる機能や家族のスマホなどと情報共有できる機能、コラムなどが閲覧できる機能などを実装しているアプリもあります。

どんな人におすすめ?

何度も出産を経験した人でも、陣痛がいつ到来するかわかりません。また、母親教室などで陣痛のタイミングについて来院のタイミングを教えてもらっても「痛いものは痛い、どうにかしたい!」と思うこともあるでしょう。

・スマホで管理を一元化したい人
・医師に提出できるグラフを作りたい
・家族と情報を共有したい

陣痛アプリは、このような機能が欲しい人に選ばれています。

陣痛アプリって実際使える?

実際のところ、陣痛アプリは「使えるか使えないか、そのとき次第」ということしかできません。曖昧な評価ですが、すべての人が陣痛を迎えて出産をしているとは限らないからです。早期破水で救急車で運ばれたケースや、微弱過ぎて陣痛に気づかなかったという人も見られます。

なかには「陣痛アプリをダウンロードしたけれど、使わずに出産してしまった」という声もありました。

しかし、陣痛アプリがあるから突然の陣痛でも大丈夫!という心強さはできるでしょう。

陣痛アプリに隠されたリスクを知っておこう

一番怖いのは「陣痛アプリに隠されたリスク」です。筆者個人の意見となりますが、陣痛アプリはなくてもOKだと思っています。
スマホが主流となる前は、ガラケーでした。筆者が出産をしたころはまだスマホが出始まったばかりのころ。アプリはなくすべてケータイからWebブラウザにアクセスして情報を収集している時代でした。

それでも病院へ向かい出産はできているので、必ずしも陣痛アプリを使う必要はないのです。

①正しく陣痛の記録ができないかもしれないリスク

アプリに陣痛の始まりや終わりを記録することで、1回あたりの陣痛の長さやタイミングを計算してくれます。
アプリを正しく使うためには「陣痛の始まりと終わりを正しく入力すること」が大前提です。

痛みと焦りで入力を忘れてしまう可能性も否めません。また、陣痛が来てから初めてアプリを開いたから、使い方がわからず使えないということもあるでしょう。
1度入力を忘れただけで、陣痛の記録にラグが生じてしまいます。過去にさかのぼって入力できる機能があればいいのですが、陣痛の焦りからその操作ができない!ということもあるでしょう。

これによって、正しい陣痛管理ができないことも考えられます。

②入院の好適タイミングを逃してしまうリスク

初産婦の場合「陣痛が10分間隔になったら入院のタイミング」と言われています。しかし、出産エピソードは人それぞれで、10分間隔になるのを待って入院したら、移動中に出産してしまった!ということもあるようです。

また「様子をみましょう」というような、趣旨のアプリからのアドバイスにのんびり構えてしまったという声も。一番のリスクはアプリからのアドバイスを信頼してしまうことです。

③出産リスクが隠れている可能性

陣痛が起こる前に「おしるし」や「破水」が起こっている可能性もあります。おしるしは生理のような出血があるので、おしるしの対応について産院へ相談することもできます。
破水は子宮から羊水が漏れ始めている状態で、出産前に起こりやすい状況です。尿漏れなどと勘違いすることもあるでしょう。

陣痛アプリのアドバイスは「陣痛の間隔」に特化しています。このほかの症状や状態については管理外となる場合が多いので、入院した時には別の処置が必要になったということも。

④広告が頻繁に出て、そもそも使えない

無料で使えるアプリは便利です。しかし要所で広告の閲覧が必要になる場合もあるでしょう。月額利用料が必要なアプリは広告がなく快適に使えますが、妊婦目線で作られていないアプリなどは、陣痛を記録したいときに限って、広告がそれを邪魔する!ということも。

陣痛のリアルタイム計測の際に間違えて広告をタップしてしまい、異なるページがスマホ画面に出てきてさらに慌ててしまうことも考えられます。

⑤個人情報が利用されるリスク

神経質になる必要はありませんが、アプリ登録に当たってメールアドレスや携帯電話番号、生年月日などを登録するタイプのものは、個人情報漏洩に注意しなければいけません。
陣痛アプリの場合、利用する属性が特定されているため、「妊娠中の女性のデータ」を搾取される可能性も否めません。
また、運営元の都合で突然にアプリの管理サービスが終了することも。

こういったリスクは、信頼できる運営元が提供するアプリをダウンロードすることで軽減できます。

陣痛アプリは参考として使うのがおすすめ

陣痛アプリは「陣痛に気づいたとき」に使うものです。陣痛に気づき分娩するまでの間しか使わないアプリなので、必ずダウンロードしなければいけないものではありません。

しかし入院のタイミングがわからない、陣痛の痛みについてわからないということもあるでしょう。参考程度にアプリから情報を得ることで、自分の今の状況が客観視できるでしょう。大きな痛みになることもありますが、焦らず慌てず対応していきましょう。

陣痛アプリの情報にとらわれることなく、不安や心配なことがあれば分娩予定先の産科や助産施設に相談をしてくださいね。


妊娠中期~後期に情報収集をしダウンロードを行い、使い方を確認しながら、いざ陣痛が始まったときにきちんと使えるようにしておきましょう。

関連する投稿


プレママ・産後ママすべてにおすすめ「モディッシュ」のコスメ【ママズケア】

プレママ・産後ママすべてにおすすめ「モディッシュ」のコスメ【ママズケア】

プレママはもちろんのこと、産後ママの肌はとてもセンシティブです。その時期に寄り添ったコスメを使うと、のちの肌ダメージを防げます。ここでは「モディッシュ」というブランドのコスメ、「ママズケア」シリーズをご紹介。プレゼントにも最適なので、出産おめでとうギフトを探している人も必見です!


プレママの壮行会!ベビーシャワーを楽しみませんか?

プレママの壮行会!ベビーシャワーを楽しみませんか?

身の回りに妊娠~出産を経験するお友達がいたら、ベビーシャワーを開催してみませんか。日本ではまだまだ浸透率が低いセレモニー。盛大にとまではいかなくても「茶話会」感覚で気軽に始めてみましょう。ここではベビーシャワーについていろいろなことをまとめました。


【筆者コラム】3人3様の出産シーンをお話しします!

【筆者コラム】3人3様の出産シーンをお話しします!

このコラムの筆者・Rocca_apr6は、3児の母です。3回出産を経験していますが…、3回とも全くシチュエーションが異なる出産でした。「産気づくってどんな感じ?」「出産が怖い」mamaeをお読みになる初産ママさんは不安を持っているのではないでしょうか。この記事では、筆者の出産を簡単にお話しします。


【覚えておきたい】陣痛タクシー!イザというときに役立つ味方

【覚えておきたい】陣痛タクシー!イザというときに役立つ味方

バースプランや陣痛の際の移動方法など、産院との調整は必ずと言っていいほど行われます。しかし「自分一人の時」などどうしたらよいか不安が付きまとうこともありますよね。地域によっては「陣痛タクシー」なるものが利用可能です。もしもの時のために利用を検討してはいかがでしょうか!


妊活中の転職は注意が必要って本当?詳しく解説いたします!

妊活中の転職は注意が必要って本当?詳しく解説いたします!

今の職場は妊娠や出産が難しい環境だから、転職を試みたいという妊活中の女性も見られます。こういった転職の理由もアリです!しかし転職失敗の場合や、転職後すぐの妊娠・出産はちょっとしたリスクを伴うこともあるので注意が必要です。この記事では、現在妊活中の女性に向けて「妊活と転職」についてご紹介します。二人目出産を検討している人も必見です!


最新の投稿


気を付けるべき赤ちゃんの熱中症!症状や対策を知っておこう!

気を付けるべき赤ちゃんの熱中症!症状や対策を知っておこう!

この数年、熱中症の話題が付きません。熱中症に関する情報が各種メディアで報じられていますが、まだまだ「赤ちゃんと熱中症」に関する情報は手薄なのが現状です。大人に守られている赤ちゃんでも、熱中症のリスクが高いので注意が必要!この記事では、赤ちゃんの熱中症の原因や対策方法などをご紹介します。


ハーフバースデーをお祝いしよう!みんなはどんなことをするの?

ハーフバースデーをお祝いしよう!みんなはどんなことをするの?

ママ爆誕6ヶ月!赤ちゃん誕生6ヶ月!この区切りは「ハーフバースデー」と呼ばれるようになりました。ハーフバースデーって先輩ママたちはどんなお祝いをしたのでしょうか。赤ちゃんの記念日の一つとして思い出に残せる工夫などをまとめました!


夏を乗り切る!赤ちゃんのためのグッズ6選

夏を乗り切る!赤ちゃんのためのグッズ6選

赤ちゃんの熱中症対策には人一倍気を使いたいママも多いことでしょう。また汗疹(あせも)などを避けたいなど、夏ならではの悩みも。この記事では赤ちゃんが快適に夏を乗り切るためにおすすめしたいグッズを取り上げました。ママのケアとともにグッズを併用すると、暑い夏を乗り切れますよ!


私の好みと違う服がどっさり!みんなはどうしてる?

私の好みと違う服がどっさり!みんなはどうしてる?

定期的に訪れるのが「お洋服買ってきた」攻撃…。物価高のご時世うれしいのですが、ちょっとした悩みが…というママも多くみられます。時折子育て中のママたちが陥るお洋服との闘いについて、解決方法などをご紹介いたします!


産褥期は栄養補給が必要不可欠!おいしいものカタログ

産褥期は栄養補給が必要不可欠!おいしいものカタログ

出産後3週間程度は「産褥期」と位置付けられています。産後の体力回復に欠かせない期間だからこそ、おいしいものをたっぷり食べることをおすすめします。この記事では、産褥期ママにおすすめしたい「おいしいもの」をご紹介。赤ちゃんを育てるにも最適なお取り寄せ品をご紹介します。


人気ランキング


>>総合人気ランキング