産後クライシス「空気読んでよ!」がNGである理由とは

産後クライシス「空気読んでよ!」がNGである理由とは

産後クライシス到来で、妻が夫に対してイライラしてしまうことってあるでしょう。妻の日常的な苛立ちから、夫もけんか腰になりがちです。しかし、お互いの苛立ちは「考え方を変える」ことと「言い方を変える」ことで驚くほど関係性が良くなるのです。この秘密を紐解いていきましょう!


産後クライシスとは

産後クライシスとは、出産後2~3年の間に訪れる夫婦危機を指しています。お互いの興味関心が子供に注がれてしまった、「育休中と勤め人」など夫婦間の不平等な状態というような些細な引っ掛かりが取り返しのつかないことになってしまうと指摘されています。
次に示すような事柄も産後クライシスの始まりかもしれません。

妻のイライラが引き金?

女性の場合、夜間授乳や夜泣きの対応で夜なかなか眠れないということもあります。また、赤ちゃんのお世話で出産前のように自由に出歩けなくなります。
スーパーマーケット以外のお店に行けなくなった、家族以外の人と話すことがなくなったというように生活の変化も生まれるでしょう。
また、出産後から妊娠前と同じ状態に戻るまでのホルモンバランスの変化もあり、イライラしてしまったり、赤ちゃんのことで涙もろくなったりすることも見られます。

単純に「イライラ」しているのではなく、生活のギャップやホルモンバランスの変化が影響していることを理解すべきです。

夫の「触らぬ神にたたりなし」の姿勢が引き金?

若い世代でも「俺は仕事をしてお金を稼ぐ人、妻は家事と子育てをする人」という考えを持つ人がまだまだ一定数いるのが現状です。ここで、夫はが育児参加せずに夫婦間の溝が生まれることがあります。
また、おむつ交換やお着替え、家事などを手伝おうとすると、ダメ出しされてしまう人も。ダメ出しされるくらいなら、触らないほうが良いと判断し、手伝うことをやめてしまう夫も少なくありません。

このように、「触らぬ神にたたりなし」の姿勢が妻のイライラを増長させてしまう悪循環にもなるでしょう。

男性と女性、そもそも考え方が違う!

産後クライシスに陥ると、夫婦冷戦のような状態が長引くことがあります。もともとの原因を探ろうとしても思い当たらないというような状況に、焦ってしまう妻もいることでしょう。
夫はイライラ妻の機嫌を取ろうと奔走しますが、火に油を注ぐ結果となることも。

もともと男性と女性そのものの考え方の基本が異なるので、お互いに歩み寄ろうとしているにも関わらず、平行線上にすれ違ってしまうのです。

軌道修正の考え方が違う!

男性と女性の考え方の違いは「脳の働き」がそもそも異なると考えられています。
夫婦ケンカをした場合、女性は「なぜケンカになったのか」を振り返り自分が悪いと思えば謝ります。反省の上で軌道修正を図るのが女性です。

男性の場合、「悪いことをしたから謝ろう」と振り返ることは少ないようです。「パートナーが好きなものを買っていけばそれで解決するさ」とすでに軌道修正後を想定し、スイーツや花などで機嫌を取ろうとします。

赤ちゃんにかかわることがケンカの原因の場合、スイーツを買ってこられても「なんか違う、そうじゃない」と思ってしまうのが妻側の気持ちですよね。

男性は空気が読めない

他人の心中を察することは男性もできます。しかしそれは「会社の中・仕事中の出来事」が主であり、「家庭内のこと」となると途端にそのセンサーが鈍ってしまいます。

子供時代から「母親が家庭を切り盛りしてきた」ことがインプットされているため、家庭では「お母さん(妻)に任せていれば大丈夫」といった制御が働いてしまいます。

子供がどんなに泣いていても、妻がどんなにテンパっていても気づこうとせず、テレビやゲームに興じてしまうのはこういったことが理由として考えられます。

女性は空気を深読みしすぎる

将棋の世界では、「5手先を読む」というように脳内でいろいろなシミュレーションが繰り広げられます。女性の場合も計算ずくになります。空気を察して、どのようなプロセスを進めたらよい方向へ進むかも考えて行動します。

もしその一手が失敗でも、トライアンドエラーでどんどんカスタマイズできるのが女性のよいところでしょう。

いろいろ考えてシミュレーションしながら行動しているので、「夫はなぜ手伝ってくれない、私が忙しそうにしているんだから、空気読めよ!」とイライラしてしまうのです。

ではどうすればボタンの掛け違えがなくなるか

男性は、空気を読まずにただダラダラしているだけではありません。きちんと手伝う気持ちを持っていますが、妻に何も指示を受けていないから「子供が泣いているけれど、大丈夫なんだね」と結論付けます。

空気を読めない夫に手伝ってもらうにはどうするか、ずばり「声掛け」が大切なのです。「空気を読んで行動してほしい」はご法度!きちんと気持ちを伝えることで、育児を手伝ってくれる夫に変化しますよ!

理由とお願い事をワンセットにしよう

「先にご飯の用意を済ませたいから、赤ちゃんのおむつ交換してくれる?」

単純におむつ交換をお願いするにしても、「私が今おむつ交換をできない理由」もつけてお願いしましょう。たった、これだけで夫は立ち上がってくれるでしょう。
男性は、理論づけた細やかな指示があれば「自分が必要とされている」と認識できます。

ここまで言わなきゃダメなの?と憤ってしまう女性もいるかもしれませんが、今のうちだけです。赤ちゃんの生活パターンなどがきちんとインプット(プログラミング)されれば、言わなくてもしてくれるようになりますよ。

やさしい口調でお願いしよう

ケンカ腰になれば、相手もケンカ腰になります。これは夫婦間だけの問題ではありませんよね。お願いするためには優しく、丁寧な口調で伝えましょう。
夫の「わかった、いいよ」の後には、「ありがとう!」「助かる!」「お願いね!」という一言を添えると、さらに気持ちが伝わりやすくなります。

ダメ出しは最低限で!

ぎこちない抱っこの仕方でギャン泣きされた、おしっこやうんちが漏れてしまうような緩い紙おむつの当て方…。二度手間になってしまうのでダメ出ししたくなりますよね。

でも、全否定は絶対的にNGです。手伝ってくれたことは感謝しましょう。「こうするとやりやすいよ」というように、手直ししながら改善点を伝えてください。夫もゲームをクリアするような気持ちで「次は必ず!」と奮闘してくれます。

くれぐれも「こうしないとダメだよ」「これじゃダメじゃん」といった言葉がけはNGです。男性は自尊心の塊なので、否定語はストレスにつながります。ちょっとだけ言葉遣いも優しくしてみてくださいね。

「愛情表現」と脳内変換しよう

家事を完璧にこなせる夫もいれば、これまで全くかかわりを持ったことがない夫もいます。
ぎこちなくても、少しずつ見守っていきましょう。
ダメ出ししたくなっても、頑張ってくれていることを評価してください。

「ゴミ出しに行ってくれるのは愛情表現」「手際がぎこちなくても、私の依頼に応えてくれるのは愛情表現」と脳内変換をすることで、夫が愛しく感じてきますよ。

ちょっとの気遣いで夫婦円満に!

いい大人同士なのにきちんと伝えないといけないの?夫婦なのに気遣いしなきゃダメ?というような気持ちを持つ女性も見られます。
筆者もそうでしたが、「ありがとう!」「助かる~!」「やった!」など前向きになれる言葉を伝えるようになってからは、夫婦関係も前向きに進むようになりました。

男性は一度家事を覚え、自信がつくとどんどん参加してくれるようになりますよ!

関連する投稿


産後クライシスってなに?どんな夫婦にも訪れるって本当?

産後クライシスってなに?どんな夫婦にも訪れるって本当?

産後クライシスという言葉を聞いたことがありますか?聞いたことがあるけれど、どのような意味なのか分からないという人も多くみられます。ここでは「産後クライシス」について簡単に説明いたします。産後クライシスは「どんな夫婦にも訪れる」といわれていますが、これは本当なのでしょうか?


生理的に夫がイヤ!妊娠中の妻が夫婦トラブルを防ぐコツ

生理的に夫がイヤ!妊娠中の妻が夫婦トラブルを防ぐコツ

夫のことが好きで結婚したのに、妊娠したとたんに「夫がウザイ」「存在自体がストレス!」などと思ってしまうことも。離婚危機問題に発展することもあるので、ちょっとだけ立ち止まってみましょう。妊娠中の妻の態度に悩む夫にも読んでほしい記事です。お互いに「妊婦のイライラ」の原因に気づくことで付き合いが円滑に進みますよ。産後の育児協力につなげたい人は必見です!


産後のリラックスに!出産後のマッサージのススメ

産後のリラックスに!出産後のマッサージのススメ

妊娠中は、胎児や胎盤なども含めて体重が増えてしまいます。 おなかを股関節や骨盤で支える形になるので、腰や足に痛みが生じることもあります。 また、出産後もホルモンの影響で骨盤が閉じ始めるので、股関節がぐらつくことも。 産後の疲れがたまると、さらに痛みに拍車がかかることも考えられます。 今回は、産後にぜひ試してほしいマッサージについてまとめました。


子育てにはベビーシッターの力を借りてみませんか?サービスの詳細を解説します

子育てにはベビーシッターの力を借りてみませんか?サービスの詳細を解説します

子育てと仕事の両立に悩んでいませんか? 今回は、自宅で子育ての代わりをしてくれるベビーシッターのサービスを解説します。 保育のプロに力を借りれば、新しい世界が広がるかもしれません。ぜひ気軽な気持ちで、我が家にも取り入れるか検討してみてください。


産後の抜け毛の原因は3つ!新感覚の泡立たないシャンプーを使うだけで抜け毛解決!?

産後の抜け毛の原因は3つ!新感覚の泡立たないシャンプーを使うだけで抜け毛解決!?

産後、髪をブラッシングしたら『 こんなに髪の毛が抜けてる...! 』と驚いたり、排水溝に溜まった髪の毛を見て、抜け毛の量にショックを覚える人も。 そこで今回は、「 抜け毛の原因 」「 抜け毛にオススメの対策方法 」「 抜け毛ケアの方法 」に焦点を当て、詳しく解説します!


最新の投稿


気を付けるべき赤ちゃんの熱中症!症状や対策を知っておこう!

気を付けるべき赤ちゃんの熱中症!症状や対策を知っておこう!

この数年、熱中症の話題が付きません。熱中症に関する情報が各種メディアで報じられていますが、まだまだ「赤ちゃんと熱中症」に関する情報は手薄なのが現状です。大人に守られている赤ちゃんでも、熱中症のリスクが高いので注意が必要!この記事では、赤ちゃんの熱中症の原因や対策方法などをご紹介します。


ハーフバースデーをお祝いしよう!みんなはどんなことをするの?

ハーフバースデーをお祝いしよう!みんなはどんなことをするの?

ママ爆誕6ヶ月!赤ちゃん誕生6ヶ月!この区切りは「ハーフバースデー」と呼ばれるようになりました。ハーフバースデーって先輩ママたちはどんなお祝いをしたのでしょうか。赤ちゃんの記念日の一つとして思い出に残せる工夫などをまとめました!


夏を乗り切る!赤ちゃんのためのグッズ6選

夏を乗り切る!赤ちゃんのためのグッズ6選

赤ちゃんの熱中症対策には人一倍気を使いたいママも多いことでしょう。また汗疹(あせも)などを避けたいなど、夏ならではの悩みも。この記事では赤ちゃんが快適に夏を乗り切るためにおすすめしたいグッズを取り上げました。ママのケアとともにグッズを併用すると、暑い夏を乗り切れますよ!


私の好みと違う服がどっさり!みんなはどうしてる?

私の好みと違う服がどっさり!みんなはどうしてる?

定期的に訪れるのが「お洋服買ってきた」攻撃…。物価高のご時世うれしいのですが、ちょっとした悩みが…というママも多くみられます。時折子育て中のママたちが陥るお洋服との闘いについて、解決方法などをご紹介いたします!


産褥期は栄養補給が必要不可欠!おいしいものカタログ

産褥期は栄養補給が必要不可欠!おいしいものカタログ

出産後3週間程度は「産褥期」と位置付けられています。産後の体力回復に欠かせない期間だからこそ、おいしいものをたっぷり食べることをおすすめします。この記事では、産褥期ママにおすすめしたい「おいしいもの」をご紹介。赤ちゃんを育てるにも最適なお取り寄せ品をご紹介します。


人気ランキング


>>総合人気ランキング