ママの手作りおもちゃでコミュニケーションを楽しもう

ママの手作りおもちゃでコミュニケーションを楽しもう

たくさんのおもちゃが販売されていますが、「ここまでお金をかけられない」「おうちにおもちゃがあふれてしまう」「赤ちゃんが飽きちゃう」といったデメリットも。月齢に見合った手作りおもちゃで赤ちゃんと一緒に遊んでみませんか。インスタグラマーさんの素敵な作品をもとに、手作りおもちゃのヒントをお知らせします!


手作りおもちゃのメリット

パパやママが「手作りおもちゃ」を作ることは、赤ちゃんにとってもいいことがあります。もちろん、パパやママにもいいことがありますよ。いくつかのメリットをご紹介します。

①月齢や特性に合わせたタイムリーなおもちゃが与えられる

赤ちゃんの興味関心に合わせておもちゃを手渡すことができます。発達ゆっくりちゃんでもタイムリーなおもちゃで遊んでもらえます。

②おうちにあるもので作れる!

手作りおもちゃは、少々材料を購入する手間もありますがほとんどが自宅にあるもので作れます。数千円もするおもちゃを買い与えるよりお手軽ですよね。
工作の楽しさは赤ちゃんも見て覚えていきます。もう少し大きくなったら、親子でおもちゃ作りなどもできますよ。

③気遣い100%のおもちゃになる

市販のおもちゃも「誤飲防止、手のけが防止」といった工夫がなされています。そのため対象年齢が決められていることもあるようです。
手作りおもちゃなら、「液漏れしない工夫」「手を切らない工夫」「口に入れない工夫」が大人の目線で配慮できます。その結果、気遣い100%のおもちゃが出来上がるのです。

④処分もしやすく、新しいおもちゃを与えやすい

市販のおもちゃは赤ちゃんと相性が悪いと見向きもされないということもあります。手作りおもちゃなら、赤ちゃんが気に入って遊ばなくても惜しまずに処分できます。
また、衛生面や安全面への気配りで1か月で新しいものに交換するなどの配慮もできますよね。ステップアップしたおもちゃを与えることもできます。

おすすめ手作りおもちゃをご紹介!

手作りおもちゃってどんなものがあるの?作り方は?といったときに、SNSからの情報収集は便利です。
ここからは、ママの立場で手作りおもちゃを作ったインスタグラマーさんの投稿をもとに「手作りおもちゃ」のヒントをお伝えします。

くにゅくにゅ感覚が楽しめる「センサリートイ」

持つ・つかむといった動きができるようになった赤ちゃんへ「センサリートイ」が楽しめます。ジッパー付きビニール袋に洗濯糊やジェル状保冷剤と100円ショップで買えるスパンコールやビーズなどを入れて一回り大きめの袋でカバーをかけたものです。口があかないようにジッパーを占めた後はテープでしっかりとめ滅封してくださいね。
キラキラをつかみたい、ぷにゅぷにゅの感覚が楽しいというような理由から夢中で遊べますよ。
両手でつかむ、片手で持つというように発達を促すこともできます。

ソースディスペンサーを使った「感覚おもちゃ」

ソースやケチャップなどを入れておくディスペンサーと太めのスピンドルコードだけで作れる引っ張りおもちゃです。100円グッズを使って短時間で作れるので、赤ちゃんの初めておもちゃにも最適です。
スピンドルコードは、色落ちするものもあります。なめなめ期の赤ちゃんには危ないことも。事前に水通しをして「色落ちしないコード」であることを確認して作ってくださいね。

ミルク缶リメイクで作れる「興味津々おもちゃ」

粉ミルクの空き缶があるなら、リメイクしておもちゃを作ってみましょう。100円ショップで購入できるシリコン製の排水口カバーなどと組み合わせたり、蓋を利用することもできます。
なかには、粉ミルクの摺り切り口をとる作業が出てくることもあります。切り口でママや赤ちゃんがけがをしないように切り口の処理を丁寧に行ってくださいね。

アイディア次第でどんなものでもおもちゃになります

手作りおもちゃは簡単に作れるメリットがあります。ここで紹介したもの以外にも、パパやママのアイディア次第でどんな品物でもおもちゃに変身します。ぜひ家族で楽しめるおもちゃを作ってみてくださいね。
落としたら危ないと感じるものや、赤ちゃんが飲み込んでしまうような小さなパーツは使わないようにしましょう。口に入れることも視野に入れて、材料選びも慎重になってくださいね。

関連する投稿


気を付けるべき赤ちゃんの熱中症!症状や対策を知っておこう!

気を付けるべき赤ちゃんの熱中症!症状や対策を知っておこう!

この数年、熱中症の話題が付きません。熱中症に関する情報が各種メディアで報じられていますが、まだまだ「赤ちゃんと熱中症」に関する情報は手薄なのが現状です。大人に守られている赤ちゃんでも、熱中症のリスクが高いので注意が必要!この記事では、赤ちゃんの熱中症の原因や対策方法などをご紹介します。


ハーフバースデーをお祝いしよう!みんなはどんなことをするの?

ハーフバースデーをお祝いしよう!みんなはどんなことをするの?

ママ爆誕6ヶ月!赤ちゃん誕生6ヶ月!この区切りは「ハーフバースデー」と呼ばれるようになりました。ハーフバースデーって先輩ママたちはどんなお祝いをしたのでしょうか。赤ちゃんの記念日の一つとして思い出に残せる工夫などをまとめました!


夏を乗り切る!赤ちゃんのためのグッズ6選

夏を乗り切る!赤ちゃんのためのグッズ6選

赤ちゃんの熱中症対策には人一倍気を使いたいママも多いことでしょう。また汗疹(あせも)などを避けたいなど、夏ならではの悩みも。この記事では赤ちゃんが快適に夏を乗り切るためにおすすめしたいグッズを取り上げました。ママのケアとともにグッズを併用すると、暑い夏を乗り切れますよ!


産褥期は栄養補給が必要不可欠!おいしいものカタログ

産褥期は栄養補給が必要不可欠!おいしいものカタログ

出産後3週間程度は「産褥期」と位置付けられています。産後の体力回復に欠かせない期間だからこそ、おいしいものをたっぷり食べることをおすすめします。この記事では、産褥期ママにおすすめしたい「おいしいもの」をご紹介。赤ちゃんを育てるにも最適なお取り寄せ品をご紹介します。


2022年版 012歳児におすすめの絵本はこれ!

2022年版 012歳児におすすめの絵本はこれ!

良質な絵本は、赤ちゃんの心を育みます。ママやパパが絵本を音読することで、コミュニケーションの時間にもなりますよね。不朽の名作も多いなか、トレンドの絵本をご紹介します。絵本が大好き!というママは必見ですよ!


最新の投稿


気を付けるべき赤ちゃんの熱中症!症状や対策を知っておこう!

気を付けるべき赤ちゃんの熱中症!症状や対策を知っておこう!

この数年、熱中症の話題が付きません。熱中症に関する情報が各種メディアで報じられていますが、まだまだ「赤ちゃんと熱中症」に関する情報は手薄なのが現状です。大人に守られている赤ちゃんでも、熱中症のリスクが高いので注意が必要!この記事では、赤ちゃんの熱中症の原因や対策方法などをご紹介します。


ハーフバースデーをお祝いしよう!みんなはどんなことをするの?

ハーフバースデーをお祝いしよう!みんなはどんなことをするの?

ママ爆誕6ヶ月!赤ちゃん誕生6ヶ月!この区切りは「ハーフバースデー」と呼ばれるようになりました。ハーフバースデーって先輩ママたちはどんなお祝いをしたのでしょうか。赤ちゃんの記念日の一つとして思い出に残せる工夫などをまとめました!


夏を乗り切る!赤ちゃんのためのグッズ6選

夏を乗り切る!赤ちゃんのためのグッズ6選

赤ちゃんの熱中症対策には人一倍気を使いたいママも多いことでしょう。また汗疹(あせも)などを避けたいなど、夏ならではの悩みも。この記事では赤ちゃんが快適に夏を乗り切るためにおすすめしたいグッズを取り上げました。ママのケアとともにグッズを併用すると、暑い夏を乗り切れますよ!


私の好みと違う服がどっさり!みんなはどうしてる?

私の好みと違う服がどっさり!みんなはどうしてる?

定期的に訪れるのが「お洋服買ってきた」攻撃…。物価高のご時世うれしいのですが、ちょっとした悩みが…というママも多くみられます。時折子育て中のママたちが陥るお洋服との闘いについて、解決方法などをご紹介いたします!


産褥期は栄養補給が必要不可欠!おいしいものカタログ

産褥期は栄養補給が必要不可欠!おいしいものカタログ

出産後3週間程度は「産褥期」と位置付けられています。産後の体力回復に欠かせない期間だからこそ、おいしいものをたっぷり食べることをおすすめします。この記事では、産褥期ママにおすすめしたい「おいしいもの」をご紹介。赤ちゃんを育てるにも最適なお取り寄せ品をご紹介します。


人気ランキング


>>総合人気ランキング