立ち合い出産は夫と必ず話し合って!

立ち合い出産は夫と必ず話し合って!

「立ち合い出産」は多くのプレママが希望します。プレママにとって安心できることでも、夫が寄り添ってくれるかどうかはまた別の話になるようです。この記事では、立ち合い出産を検討中のプレママに「話し合ってほしい理由」をまとめました。ちょっと厳しい内容になるかもしれませんが、ご一読ください!


※記事の内容は更新時当時において最新の内容です。時間の経過とともに情勢等が変わる場合がございます。

立ち合い出産って?

立ち合い出産とは、分娩の際に夫も同席して出産の瞬間まで寄り添ってもらうことを指しています。プレママにとって、夫に寄り添ってもらうことで安心して出産に臨めるメリットが。
しかし、新型コロナウイルス感染症の兼ね合いもあり、家族の立ち合いを見合わせている産院もあるため、現状立ち合い出産は難しいケースが多いようです。

スタイルは産院によって異なります

「立ち合い出産」とひとくくりにしても、そのスタイルは産院ごとに大きく異なります。「立ち合いは子宮全開大になるまで」「父親教室受講者のみ」「へその緒を切ることができます」など、産科医院の考え方によっても違うので、事前に確認しておきましょう。

「立ち合い出産」について夫婦で話し合ってほしい理由

助産院などは「家族そろって出産に立ち会う」などバースプランを尊重してくれますが、産婦人科での立ち合い出産は「病院のスタイル」をあらかじめ知っておいたうえで、夫婦で「立ち合いは必要か否か」を話し合ってほしいのです。それはなぜでしょうか、理由をまとめます。

産後クライシスが加速する可能性

プレパパの性格によっても変わってきますが、出産に臨む妻の変貌を見て「見る目が変わった」と感じる人もいるようです。陣痛の痛みで何かに八つ当たりしたり、大きな声で叫んだりする妻を目の当たりにして「結婚前と変わった」と感じてしまうことも。
また、分娩時には血液や体液のにおいなどもあります。妻が酸素吸入やルート確保で管がつながっていることもネガティブにとらえてしまうこともあるようです。
そのため、産後は妻に触れなくなったという人も見られます。

セックスレスに発展する可能性

産院によっては、赤ちゃんが出てくる瞬間を夫に見せてくれるところもあるようです。へその緒を切る瞬間も、母体とつながっていますのでそのなりを見ることになるでしょう。
男性は出産の当事者ではないため、「膣口から子供が産まれる」と「セックス(性行為)」をイコールとしてとらえられないこともあるでしょう。
「出産で妻が苦しむ」「男性が快楽を得られる女性の膣」「子供が娩出される場所」がすべてつながってしまうと、セックス自体ができなくなってしまうこともあるようです。

「立ち合いを押し付けられた」と思い込む可能性

初めての妊娠・出産の場合は、不安がつきものです。夫と一緒に頑張りたい、励ましてもらいたいという気持ちから、夫に立ち合い出産を懇願するプレママもいるでしょう。しかし立ち合いといっても、夫はただその場にいるだけで、実際は手を握ることや汗を拭いてあげることしかできないのです。

痛みと戦うプレママとしては「ただそばにいるだけの夫」にイラ立ちを覚えることもあるでしょう。それをぶつけてしまえば「オレは押し付けられた」とネガティブな気持ちが定着してしまう可能性も否めません。

立ち合い出産でお互いが理解すべきこと

夫の理解を求めることが立ち合い出産を決めるために大切です。単純に「分娩室で寄り添ってもらう」だけではないことをプレママも理解しておきましょう。そのためには、プレママもある程度は受け入れなければいけないポイントもまとめました。

プレパパが立ち合い出産について理解する

産科病院によって「立ち合い出産は父親教室受講修了者のみ」としているところがあります。ここで男性が立ち合いする場合のメリットやデメリットなどを病院側からレクチャーしてもらえます。
立ち合い出産を望む場合、プレパパにデメリットの部分をしっかり受け止めてもらうことが大前提となるでしょう。父親教室の設定がない場合は事前に立ち合い出産について産院から指導を受け、事前に知識を持ってもらうことをおすすめします。

NGなことは助産師さんたちと共有する

「自分の下半身(出産の瞬間)は見てほしくない」「プレパパがつらくなれば分娩室から退出可能か」といったところは、プレパパを交え助産師や産科医と情報を共有しましょう。プレパパにも立ち合いに関して選択肢を持ってもらうことが大切です。

夫の気持ちも尊重して!

すべての人が当てはまることではありませんが、男性は痛みや出血に弱い傾向があります。予備知識を得たとしても「病院の雰囲気が苦手」「昔手術室で怖い思いをした」などトラウマがあれば、立ち合いを拒むこともあるでしょう。
緊急処置が必要になった時のために、出産を無事に終えるまで配偶者の待機は必要です。「分娩台に上がるまでは付き添ってもらう」など、プレママもある程度は妥協点を決めておく必要があるでしょう。実際、頑張るのはプレママ一人なのですから…。

話し合いでよりよいバースプランを作れます!

立ち合い出産はプレママにとって大きな安心材料となりますが、出産の当事者ではないプレパパにとっては「できれば避けたい事柄」になるかもしれません。理解を求めるためにきちんと話し合いを行い、納得を得てから立ち会ってもらうようにしましょう。
お産に向けて前向きな気持ちを持てますし、産後の夫婦仲も深まりますよ!

関連する投稿


これ買うのちょっと待って!使わなかった育児グッズ4選

これ買うのちょっと待って!使わなかった育児グッズ4選

出産準備品として何を買おうか迷っている人もいるかもしれません。マタニティ向けや育児雑誌ではさまざまな育児グッズの紹介がありますが…「使えなかった」「使う意味がなかった」というものも。この記事では、先輩ママから聞いた「買うのを待ってほしい育児グッズ」についてご紹介します。また、代用できるものも併せてご紹介!育児をほんの少しでも楽にしますよ!


良い出産を目指して!マタニティエクササイズを取り入れよう!

良い出産を目指して!マタニティエクササイズを取り入れよう!

出産がスムーズに進むように、また体重管理のためにプレママ向けのエクササイズは取り組んでみるとよいでしょう。 この記事では、プレママ向けエクササイズを紹介します。 プレママがチャレンジできるおすすめのエクササイズは多岐にわたります。 また、注意点についても紹介しますので、これから検討している人は必見の記事です。 上手に取り入れれば、快適な妊婦生活の助けになってくれるでしょう。


一人で出産?夫と一緒?立ち合い出産どうする?

一人で出産?夫と一緒?立ち合い出産どうする?

新型ウイルスの感染予防の観点もあり、見合わせていることが多い「立ち合い出産」ですが、設備が整った産科などでは順次再開しているところも出ているようです。ここでは、これから出産を控えるプレママ・プレパパのために「立ち合い出産」について考えてまいります。立ち合い出産経験者の筆者がお伝えします!


【プレパパ必見!】妻が妊娠したらサポートできること3選

【プレパパ必見!】妻が妊娠したらサポートできること3選

妊娠中の妻は「できること」「体の都合でできないこと」の差がどんどん開いていきます。ときには体が動かずジレンマを感じてしまうこともあるでしょう。こんなとき夫はどんなサポートをするべきでしょうか。コミュニケーションを円滑にするためにも読んでほしい記事です!


【こっそり聞きたい】妊娠中のセックスのこと

【こっそり聞きたい】妊娠中のセックスのこと

妊娠期間中は夫とセックスしちゃだめ?夫が求めてくるのに断るのがつらい…といったプレママからの悩みが寄せられることがあります。この記事では、人にはちょっと聞きにくい妊娠中のセックスに関してまとめました。これがすべてではなく、プレママの体調や妊娠経過によっても大きく変わります。一般的な考え方であることを踏まえてご覧ください!


最新の投稿


産後クライシスってなに?どんな夫婦にも訪れるって本当?

産後クライシスってなに?どんな夫婦にも訪れるって本当?

産後クライシスという言葉を聞いたことがありますか?聞いたことがあるけれど、どのような意味なのか分からないという人も多くみられます。ここでは「産後クライシス」について簡単に説明いたします。産後クライシスは「どんな夫婦にも訪れる」といわれていますが、これは本当なのでしょうか?


赤ちゃんの成長を定点観測!成長記録ができるアイテムをご紹介

赤ちゃんの成長を定点観測!成長記録ができるアイテムをご紹介

赤ちゃんがどのくらい大きくなったか、毎日一緒に過ごしていると気づきにくいものです。おすすめしたいのが、毎月の「定点観測」です。マタニティママにもおすすめしたい成長記録ができるグッズをご紹介します。記念に残すための方法なども併せてご紹介しますね!


これおすすめ!買ってよかった育児グッズ13選

これおすすめ!買ってよかった育児グッズ13選

育児が楽になるグッズがたくさん販売されています。10年前と比較して、すでに「雲泥の差」といっても過言ではありません。ママが便利に使える商品や、赤ちゃんが使いやすい商品が増えています。ここでは、育児中の先輩ママたちが使ってよかった、買ってよかった!とおすすめできる育児グッズをご紹介します!


妊活中の転職は注意が必要って本当?詳しく解説いたします!

妊活中の転職は注意が必要って本当?詳しく解説いたします!

今の職場は妊娠や出産が難しい環境だから、転職を試みたいという妊活中の女性も見られます。こういった転職の理由もアリです!しかし転職失敗の場合や、転職後すぐの妊娠・出産はちょっとしたリスクを伴うこともあるので注意が必要です。この記事では、現在妊活中の女性に向けて「妊活と転職」についてご紹介します。二人目出産を検討している人も必見です!


ちょっと心が軽くなる!「#育児ハック」を実践してみよう

ちょっと心が軽くなる!「#育児ハック」を実践してみよう

「もう少しだけアレが楽になれたらなぁ」など育児にまつわる悩みは尽きません。こんな時は育児の小ネタを実践してみませんか。わずかなひと手間なのに、子育てが驚くほど楽になる、楽しくなる事柄を「育児ハック」と呼んでいます。SNSでは「#育児ハック」とハッシュタグをつけて紹介されています。そのいくつかをピックアップしました。


人気ランキング


>>総合人気ランキング