【離乳食を楽しもう!】旅行先での離乳食はどうすればいい?安心して旅行できる3つのポイント

【離乳食を楽しもう!】旅行先での離乳食はどうすればいい?安心して旅行できる3つのポイント


こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。最近はお出かけするにも気持ちのいい季節ですね。この季節、家族旅行に行かれる方もいるのではないでしょうか。

赤ちゃんが一緒の旅行で気になるのが「旅行先での離乳食」。長男がまだ8ヶ月のころ。2泊3日で旅行に行きました。その時の離乳食をどうしよう??と私も悩んだことがあります。長男はベビーフードを食べてくれない子だったので本当に困りました

離乳食開始したての赤ちゃんは、おっぱいでOK

まず、月齢でのお話しをしますね。

離乳食開始したての赤ちゃんは、まだ8~9割が乳汁栄養メイン!ということで、1・2日はおっぱいだけでも大丈夫ですよ。もちろん、準備と余裕があれば与えてくださいね。

では、離乳食が進んで3回食になっている赤ちゃんは?やはり母乳やミルクでは物足りなくなってしまう可能性があります。ですので、なるべく離乳食を用意した方がいいでしょうね。

旅行先での離乳食

では、旅行先の離乳食はどうすればいいのでしょうか?

ベビーフードを持って行く

こんな時こそベビーフードが活躍しますよ!ベビーフードは安心・安全に作られていますので活用してくださいね。食べ残したベビーフードは、次に回さず破棄してくださいね。ベビーフードを食べてくれない赤ちゃんは、以下からご覧くださいね。

1食分だけ持って行く

手作りの離乳食を持って行く場合は、1食分だけお弁当に包みましょう。家のように冷蔵庫があるわけではないので1食が安全です。

ポイントは、

 ・朝に作る
 ・粗熱が取れてからお弁当箱のふたを閉める
 ・保冷バッグに入れる
 ・早めに食べる

これを守ってくださいね。

宿泊施設に頼む

事前にお願いしていたら、おかゆを作ってくれる旅館もありましたよ。問い合わせてみてくださいね。

スーパーで、食べられる食材を探す

旅行先のスーパーで、赤ちゃんが食べられる食材を探しましょう。私は、焼き芋、バナナを買っていました。これなら手軽に赤ちゃんに食べさせることができました。

外食先で食べられるメニューを探す

例えば私は、うどん屋さんに入って、シンプルなうどんを頼みました。外食のうどんは濃いので、湯冷ましで薄めてから子どもに与えていましたよ!

旅行用のお弁当離乳食レシピ!

では、旅行中におススメな、離乳食レシピをご紹介しますね。

コーンのうどんお焼き(完了期以降)

手づかみしやすく汚れにくいですよ。

【材料】
うどん 100g
しらす 5g
コーン 10g
卵 1/2個

【下処理・作り方】
1.うどんはみじん切りします
2.しらすは、沸騰したお湯の中に入れて1分ゆがき湯切りします。
(赤ちゃんにとって、しらすの塩が濃すぎます。
内蔵に負担をかけることがあるのでゆがいて塩抜きします)
3.ボウルに材料すべて入れて混ぜる
4.フライパンで焼き色がつくまで両面焼きます。
お好み焼きのように大きく焼いて、切り分けてもOKですよ。

豆腐ハンバーグ(完了期からOK)

【材料】
木綿豆腐 50g
鶏ミンチ 15g
乾燥ひじき 1g
玉ねぎ 10g
卵 1/4個
片栗粉 大さじ1

【下準備・作り方】
1.豆腐を3分ゆがきゆぎりします。布巾に包んで水を絞ります
2.玉ねぎはみじんぎり、乾燥ひじきは水につけて戻した後みじん切りにします。
3.玉ねぎとひじきは3分ほどゆがいて水切りします
4.鶏ミンチをしっかりとこねる。豆腐と玉ねぎ、ひじき、片栗粉、卵を入れ混ぜる
5.小判型にして、フライパンに入れて、蓋をして蒸し焼き。弱火で両面焼きましょう。

秋鮭の野菜蒸し(初期からOK)

材料】
生鮭 15g
なす5 g
かぼちゃ 10 g
さつまいも 10 g

【下準備・作り方】
1.鮭 骨をとり適度な大きさに切る
2.かぼちゃ 皮をむき種ワタ取り、1cmの角切りにする
3.さつまいも 1cmの角切りにし、水に10分ほどつけアクをとる
4.なす 皮をむき1cmの角切りにする
5.よく湯気が出た蒸し器に、材料をすべて入れて蒸します。
10分が目安です。
軟らかくなったら出来上がりです。

*蒸し器がない場合は、大きな鍋にお湯を沸かし、耐熱器に入れた材料を入れ蓋をすれば出来上がりますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回ご紹介した旅行先での離乳食の準備を参考にしていただいて赤ちゃんとのお出かけを楽しんでくださいね。

この記事のライター

中田家庭保育所所長/一般社団法人離乳食インストラクター協会代表
著書『いっぺんに作る赤ちゃんと大人のごはん』(誠文堂新光社)『イヤイヤ期専門保育士が答える子どものイヤイヤこんな時どうする100のヒント』(実務教育出版)

関連する投稿


頑張るママを応援!離乳食を乗り切るためのおすすめグッズをご紹介

頑張るママを応援!離乳食を乗り切るためのおすすめグッズをご紹介

離乳食をスタートする時期が近くなり、準備物に関して悩んでしまうことはありませんか? 育児書を参考にしても、本当に必要なグッズについて正解が見つからないことも。 この記事では、離乳食に役立つグッズを厳選して紹介したします!


【カインデスト】離乳食で悩んでるママ必見!カインデストの定期購入「かみかみコース」を試してみました!

【カインデスト】離乳食で悩んでるママ必見!カインデストの定期購入「かみかみコース」を試してみました!

オーガニック離乳食ザカインデストのお試し3パックを頼んで試してみました! そして、私の娘(1歳)がミタスの離乳食を気に入ってくれたので、定期購入してみることに。 今回は、ミタスを2週間おきの定期購入してみた感想をレビューしていきます!


新米ママの「困った!」に対応できる育児アプリ5選

新米ママの「困った!」に対応できる育児アプリ5選

はじめての育児や子育ては、新しい課題がいつも待ち受けています。 寝返りはいつ頃?予防接種ってどうしてる?なかなか泣き止まない! 赤ちゃんの頃は育児書通りにいかず、どうしても手探りになります。 困ったときにも焦らず対処したいと考えているママやパパも多いかもしれません。 そんなときには、育児に役立つアプリが支えてくれますよ。 この記事では、育児を頑張るママやパパに役立つアプリをいくつか紹介します。


【生後6ヶ月】赤ちゃん用おすすめウェアやベビーグッズをまとめました!

【生後6ヶ月】赤ちゃん用おすすめウェアやベビーグッズをまとめました!

生後6ヶ月の赤ちゃんは寝返りができるようになり、一人遊びができるようになるころです。 表情も豊かになり、声を立てて笑うなどかわいらしさ全開の時期にも重なります。 新生児期をすぎ、そろそろ月齢に見合ったグッズや、衣服の準備を検討するママのために、おすすめウェアやグッズをご紹介します。


【オーガニックベビーフード完全版】安心・便利なおすすめ無添加オーガニック離乳食

【オーガニックベビーフード完全版】安心・便利なおすすめ無添加オーガニック離乳食

赤ちゃんの「体」と「舌」を育てる離乳食。手作りを頑張るかたわら、安心安全のベビーフードは心強い味方ですよね。産地限定・無添加などこだわり食材の国産無添加からオーガニック(有機)先進国の輸入海外製まで。安心安全を重視するママ・パパにオススメしたいベビーフードをまとめました。 保存期限が長いので、防災備蓄やハーフバースデー等のプレゼントにもオススメです!


最新の投稿


骨盤矯正のお悩み!腰痛を予防する方法ってある?

骨盤矯正のお悩み!腰痛を予防する方法ってある?

産後ママの多くが腰痛防止や下半身痩せのために骨盤矯正グッズを愛用しています。 体が落ち着いてきて、本格的なボディメイクを始めようとした場合、ちょっとしたデメリットが生まれることも。 この記事ではママのお悩みに寄り添いながら腰痛予防や骨盤矯正についてまとめます。 おすすめ骨盤矯正ショーツも併せて紹介しますよ!


絶対かわいいコンビミニのお洋服!月齢別のおすすめは?

絶対かわいいコンビミニのお洋服!月齢別のおすすめは?

コンビミニ(Combimini)はベビー用品販売大手のコンビ株式会社のアパレル部門です。かわいいお洋服や下着がたくさんあってロングセラー品も多いのが特徴。ここではコンビミニが手掛ける月齢別のかわいいお洋服を紹介します!


お宮参り、結婚式、記念撮影で使い分け!赤ちゃん用ドレスを紹介

お宮参り、結婚式、記念撮影で使い分け!赤ちゃん用ドレスを紹介

ベビードレスは「セレモニードレス」と言われる物から、長肌着のような感覚で着用できる衣装です。 主に新生児期に着用するもので、1着は持っておくとよいと言われています。 質の良いものは、親子で受け継がれているものもあるのだとか。 ここでは、ベビードレスを準備する際にチェックしてほしいデザインを紹介します。


産後の薄毛は戻ります!おすすめ育毛ローション2選

産後の薄毛は戻ります!おすすめ育毛ローション2選

出産後数ヶ月経過し、育児にも慣れてくると気になってくるのが「頭皮のこと」ではないでしょうか。 抜け毛が進み、頭皮が目立ってしまういわゆる「薄毛」の状態になっている産後ママも少なくありません。 もちろん薄毛の状態は、ママの体が安定することで解消しますので安心してくださいね。 ここでは、なぜ薄毛になるのかその実態の解説と、薄毛の状態を脱却するための育毛ローションのおすすめ


赤ちゃんの乾燥肌はホームケアで緩和しよう!

赤ちゃんの乾燥肌はホームケアで緩和しよう!

生まれたての赤ちゃんは、乾燥肌を引き起こしやすい状態が続きます。 肌が弱い赤ちゃんもいますが、多くの赤ちゃんがカサカサの肌を経験します。 赤ちゃんの乾燥肌の原因などを知っておくと、ホームケアでふっくら肌を取り戻せますよ。 ママと赤ちゃんのスキンシップタイムにもつながるので、ホームケアの方法を覚えておくことをおすすめします! この記事では、赤ちゃんの乾燥肌の原因やホームケアの方法を紹介します。 保湿に使いたいアイテムの種類なども併せて紹介します!


人気ランキング


>>総合人気ランキング