【選び方】出産準備「入院準備セット」先輩ママたちの出産入院グッズ&リスト公開|1人目、双子赤ちゃんでも

娠後期になったら始める出産入院準備!

ネットや雑誌で出産準備に必要な物がのっているけど、これって本当に全部必要なの?って疑問に思いますよね。
赤ちゃんを迎える準備は楽しいし、出産後の生活をスムーズに送るためにもできるだけ揃えておきたい気持ちもあると思います。

ですが、全てを揃えるにはお金もかかります。
そこでmamaeスタッフの先輩ママたちが実際に準備した出産入院グッズ&リストをご紹介します。



ママスタッフの出産入院セット

初めての出産・入院だと、
「着替えが足りなくなったらどうしよう?」
「赤ちゃんのガーゼはいっぱいあった方がいいのかもしれない…」
など、不安に思う事や分からない事がたくさんあって荷物が増えてしまいますよね。
私自身も産院で貰った出産準備リストに書かれている以上の荷物をあれこれ用意していました。

まず、ママの出産・入院の荷物は「陣痛バッグ」(左)と「入院バッグ」(右)の2つに分けて持って行きました。

陣痛バッグ

陣痛バッグとは、陣痛がきた時、破水した時、おしるしがあった時などに、自分1人で持っていける出産時に必要な最低限の荷物を入れたバッグのことです。
陣痛バッグには出産後に活躍する、マザーズバッグがおすすめです。
軽くて大容量のマザーズバッグは持ち運びも楽なので使い勝手がいいですよ。


▲陣痛バッグ:【ディーコレ】[Royal ロイヤル]

▼販売サイト▼
D’colle公式販売店

陣痛バッグ中身リスト
お財布 産褥ショーツ 1枚
充電器 フェイスタオル 1枚
ミニポーチ(リップ、ヘアゴム、保湿クリーム等) パジャマ 1セット
ウェットシート 母子手帳ケース、必要書類、はんこ
汗拭きシート 飲み物(500ml) 1本
歯磨きシート おやつや飴など
スキンケアセット ストローキャップ、割り箸など

出産が近づき産院へ行く時に、私は陣痛が痛すぎてその他の事はあまり考えられなかった記憶があります。

もし何か足りないものがあったとしても後から何とかなると思いますので、貴重品、母子手帳、出産・入院に必要な書類などは必ず忘れないように準備しておきましょうね。

心配症なので荷物は大目かもしれませんが、バッグに入れるとこんな感じでした。

チャックとスナップボタンを閉めてこの状態で玄関先に用意していました。

赤ちゃんが生まれて1ヶ月検診が終わるまでは基本的に外出できませんので、妊娠中にマザーズバッグを用意しておく事をおすすめします。

入院バッグ

入院バッグとは、出産後から退院までの入院生活で必要な荷物を入れたバッグのことです。
こちらは、あとから来るパパや家族に持ってきてもらえば大丈夫です。

1~2泊用のキャリーケースに荷物を入れました。

■ママの荷物

エコバッグ(洗濯物を持って帰ってもらう時に必要) 骨盤ベルト
フェイスタオル 2枚 母乳パッド 5セット
パジャマ 2枚 化粧ポーチ
授乳キャミソール 2枚 スキンケアセット
靴下 2足 ボディケアセット
カーディガン 1枚 コテ・ヘアケアセット
産褥ショーツ3枚

■赤ちゃんの荷物

ベビードレス(帽子、ドレス、スタイ、コンビ肌着、くつ下)
おくるみ
短肌着 1枚
長肌着 1枚
ベビー爪きりセット

入院中に洗濯物を持ち帰ってくれる人がいない場合は、入院日数に応じた着替えが必要になります。
出産前に、誰に何をお願いできるのか確認してから荷造りして下さいね。



また、退院時にママが着る服も必要ですので忘れず入れて下さいね。

双子ママスタッフの出産入院セット

私は双子出産だったので、切迫早産などの長期入院に備えていつ入院になっても大丈夫なように早めに準備しました。
実際に出産入院に向けて準備したものです。

■入院準備リスト

母子手帳 スリッパ
※靴下が履けなかったのでボア付きが大活躍!
診察券/健康保険証 下着・腹帯・パジャマ
入院・出産時の必要書類 靴下・レッグウォーマー・着圧ソックス
※院内は暖かいし、お腹が大きくなるにつれて自分で履けなくなった
財布 パーカー
※病院内が暖かかったのでほとんど出番なし
入浴・洗面セット バスタオル・フェイスタオル
スキンケア用品・保湿クリーム エコバッグ
(洗濯物入れ用)
爪切り・汗ふきシート・ティッシュペーパー コップ・スプーン
サランラップ・ティーパック
ハンガー・S字フック スマホ充電器
洗濯洗剤
※長期の入院だとあった方が便利
筆記用具・本

※あって良かったもの
※必要なかったもの

すごい量ですよね(笑)
初めての出産と双子出産で不安だらけだったので、ネットや雑誌を見てあれもこれもと準備した結果です。
驚くことに、この入院準備が整った翌日に3カ月も早い入院が決まりました。
早めに準備しておいて本当に良かったです!!

■陣痛時&産後グッズリスト

飲み物(ストロー付きペットボトルキャップ)
おやつなどの軽食
母乳パッド
※私の場合、母乳の出る量が徐々に増えていったので入院中は出番なしでした。
タオル(汗ふき用) 授乳キャミソール&授乳できるパジャマ(前あき)
産褥ショーツ、生理用ショーツ
※産後1日目は産褥ショーツを使用しましたが、2日目からは生理用ショーツでも代用できました。
骨盤ベルト
生理用ナプキン(夜用) 退院時の服

私は、出産まで管理入院していたので陣痛室へ移動するときに持っていく荷物は別でまとめておきました
出産後の必要なものは、マザーズバッグに分けて準備しておき、後から家族に持ってきてもらいました。

退院時の赤ちゃんの荷物リスト

入院中の赤ちゃんに必要なものは、病院が用意してくれているので、退院時に必要なものを家族に持ってきてもらいました。

哺乳瓶2本
※乳首のサイズなど、赤ちゃんは病院が使っているものに慣れるので、後で購入した方が良かった
短&長肌着&レッグウォーマー
おむつ
※入院中使用していたおむつの残りを買い取れました
セレモニードレス
ベビー用爪切り
※以外と伸びていたので必要でした!
おくるみ兼防寒着
ガーゼハンカチ 授乳クッション
※入院中の授乳に役だった


セレモニードレスは退院時に着せました。
赤ちゃんが初めて身に纏う外出着ですね♪

私の場合は、管理入院があったのですこし異例ですが、それでも少しずつ早めに準備していくことをおすすめします!!

一般的な出産入院準備リスト

2人のママスタッフの実例を紹介しましたが、一般的に必要だと言われている出産準備品をリストにしてみましたので、こちらも参考にしてみてくださいね

ママの出産・入院時に必要なもの

母子手帳ケース、健康保険証、診察券 T字帯 1~2枚
産褥用ショーツ 3枚 すそよけ 2枚
産褥パッド L、M、Sサイズ各1パック 洗浄綿 1箱
産褥ニッパー、骨盤ベルト 1~2枚
※出産直後の骨盤を安定させる為に使用
洗面用品、化粧品
母乳パッド 4~5枚
※入院中は使い捨てタイプがおすすめ
タオル・入浴用品
パジャマ 2~3枚
※授乳しやすい前開きがおすすめ
ママの服
授乳ブラ 2~3枚
授乳インナーでも代用可

産院によっては用意してくれているものもあるので、確認しながら準備しましょう。

赤ちゃんの退院時に必要なもの

ベビードレス ガーゼハンカチ 4~5枚
※授乳時に使用
おくるみ おむつ
ベビーソックス・肌着 1~2枚
※季節によりますが、短肌着1枚、長肌着1枚あれば大丈夫です。
ベビー爪切り

産院でもらう出産準備リスト

産院でもらう冊子にも出産準備リストが載っていることが多いです。
産院が用意してくれるもの、自分で用意しなければならないものは各産院によって変わってくるので出産予定の産院で確認してみましょう。

例.1

例.2



出産準備から使える
おすすめマザーズバッグ6選

産前、出産入院から役立つオシャレで人気ブランドのマザーズバッグをご紹介します。

▼トートタイプ▼

【ディーコレ】
シンプルロイヤル
SALE
【アットファースト】
マママルチバッグ

本体価格
13,800円(税別)
▼販売サイト▼
D’colle公式販売店

本体価格
4,900円(税別)
▼販売サイト▼
mamae公式販売店
【ティアティア】
2wayマザーズバッグ3点セット
【コアルー】
ビッグマルシェ

本体価格
11,800円(税別)
▼販売サイト▼
mamae公式販売店

本体価格
9,200円(税別)
▼販売サイト▼
mamae公式販売店

▼リュックタイプ▼

【ディーコレ】
プリモ
【ティアティア】
マザーズリュック

本体価格
15,800円(税別)
▼販売サイト▼
D’colle公式販売店

本体価格
19,500円(税別)
▼販売サイト▼
mamae公式販売店

マザーズリュックも陣痛バッグとして活躍します

2人目の出産を控えたママスタッフの陣痛バッグはリュックタイプです。
パパのお仕事の都合で上の子と一緒に入院するかもという事情から、上の子の荷物だけを別収納できるママリュックで対策しているそうです。

まとめ

初めての出産準備は、リストに書かれているもの全て揃えておきたくなるかもしれませんが、意外と必要ないものや、なくても大丈夫なものが多いです。

産院に確認しながら、産後のママと赤ちゃんの生活が快適になるよう、妊娠後期に入ったら出産準備を早めにしていって下さいね。

※サイト内の文章、画像などの著作物はmamaeに属します。無断転載を禁止します。

関連記事一覧