子育てにはベビーシッターの力を借りてみませんか?サービスの詳細を解説します

子育てにはベビーシッターの力を借りてみませんか?サービスの詳細を解説します

子育てと仕事の両立に悩んでいませんか? 今回は、自宅で子育ての代わりをしてくれるベビーシッターのサービスを解説します。 保育のプロに力を借りれば、新しい世界が広がるかもしれません。ぜひ気軽な気持ちで、我が家にも取り入れるか検討してみてください。


ベビーシッターはどんなことを任せられるの?

ベビーシッターの仕事は、子どもの保育が中心です。たとえば、以下のサービスをママの代わりにサポートしてくれます。


・幼稚園の送り迎え

・子どもの食事のお世話

・お風呂の入浴

・簡単な家事のサポート

・習い事、塾の送り迎え


仕事が忙しいママ、夫婦の時間を作りたい人など、皆さんさまざまな理由でベビーシッターのサービスを利用しています。

出産後のつらい時期、ママの用事や趣味の時間を作るときにサービスを使うのもおすすめです!

ベビーシッターの利用方法は派遣・仲介アプリの2種類

ベビーシッターに仕事を依頼するには、主にふたつの方法があげられます。

・自宅にベビーシッターを派遣する形(サービス会社に登録している人が来る)
・ベビーシッターと利用者を仲介するマッチングサービス(アプリを仲介して自宅に来てもらう)

どちらのサービスを利用するかは、ライフスタイルやサービスに求める優先順位で変わるでしょう。

ベビーシッターにかかる料金

会社のサービス内容によりますが、ベビーシッターの料金相場は、1時間1,000円程度です。
お住まいの地域によっては、行政からの支援が受けられる場合もあるため、通常より安い料金で利用できる場合もありますよ。

サービス料金以外には、入会金や年会費がかかる会社もあります。

ベビーシッターに頼む上で二の足を踏む理由

子どもの世話をベビーシッターに依頼するとき、一番ネックに感じてしまうのはどんなことでしょうか?

「ベビーシッターの力を借りるべきなの?」
「知らない人に任せるのは危険?」

など、子どものことを真剣に思うママだからこそ、サービスの利用を悩んでしまう面もあるのではないでしょうか。
ほかにも、サービスを受けるか迷う人にはこんな理由があげられました。

他人がプライベート空間に入ってくる

自宅に知らない人をあげるのは、多くの人にとって抵抗感がありますよね。

「片づけていない部屋を見られたくない」
「プライベート空間を第三者に知られたくない」

など、私生活のバランスが変化する危機を感じてしまうのです。

費用がかかるため気軽に利用しづらい

ベビーシッターのサービスは一定の料金がかかるため、家庭の事情でお金の工面が難しいこともあります。

「ベビーシッターに任せるほど、お金にゆとりはあるのか?」
と現実視点で考えてしまうからです。

効率化を図って作業量を減らしたいものの、費用の面で悩んでしまうことも多くあります。

自分の理由で依頼するのは躊躇する

仕事でも介護でも何でもない「自分が子育てから解放される時間を作りたい」といった理由でもベビーシッターは利用可能です。
「自分が頑張ればいい」と責任感を持つことはいいことですが、ママが疲れてしまっては元も子もありません。1時間でもリフレッシュできれば、新たな気持ちで我が子と向き合えますよ。

世間体を気にしてしまう

両親や周りの目を気にしてしまい、SOSが出せないこともめずらしくありません。

「ベビーシッターを使いたいけど、周りから何か言われるかも……」
と、思い留まってしまうことはないでしょうか。

子どもは両親が面倒を見るべき、という価値観にツライ気持ちを感じるかもしれません。

子供はいつからシッターに預けられる?

ベビーシッターは、0歳~12歳ぐらいまでの子どもを中心に関わります。
赤ちゃんの場合は、生後約2ヶ月後から預けられるケースが多いようです。

また、会社やベビーシッターの条件により、保育できる子どもの年齢は変わります。
いつから預けるかは、ママや子どもの体調、仕事や家庭、プライベートの状況によりけりです。

心配や不安を感じる方は、ある程度子どもが成長してから頼んでみましょう。

ベビーシッターに子育てを頼むときに確認したい3つのポイント

安心してサービスが利用できるように、会社やベビーシッターの名前、住所、連絡先などの情報をしっかり確認しておきましょう。

ほかにも、チェックしたいポイントがあるので簡単にまとめました。

1.ベビーシッター資格の有無、保険に入っているか確認

「ベビーシッター」自体公的資格はありません。派遣会社では、登録の際に身元や保有資格の有無を確認しています。
マッチングアプリを利用する際は、民間団体の証明書を見せてもらうほかないでしょう。保育士資格や幼稚園教諭の資格を保有しているかなどを確認するといいかもしれません。

ポピュラーなベビーシッター資格は「公益社団法人全国保育サービス協会 認定ベビーシッター」です。

また、シッターを行うにあたり保険に加入しているかも確認しましょう。

2.信用できる会社かどうか?

全国規模の派遣会社なら、知名度もあり信頼できると判断もできますが、新規参入企業や地域の企業だと預けて安心なのか不安に思うこともあるでしょう。こんな時は「公益社団法人全国保育サービス協会」に加盟しているか否かを確認するとよいでしょう。

また、地域の口コミサイトなどを利用して、ベビーシッターを利用した人の声を拾ってみることも一案です。

3.契約前にベビーシッターと面談しておくと◎

有資格者でも見ず知らずの人に大切なわが子を預けるのは、躊躇することでしょう。ママ自身がよくても、子供がイヤがる可能性も否定できません。事前に面談できると安心ではないでしょうか。
また、気になったことは必ずシッター本人もしくは派遣会社に伝えましょう。

厚生労働省・ベビーシッターなどを利用するときの留意点

ベビーシッターの利用で上手に子育てしよう!

ベビーシッターのサービスに使い方の制限はありません。

12歳未満の子供を持つ方は、自分の時間をつくるためにもベビーシッターのサービスを利用してみませんか。

依頼するときの注意点を確認したり、サービス会社の情報を収集したりすれば、ベビーシッターのサービスに感じる不安や心配を減らせるかもしれません。

ちょっとの息抜きは誰にでも必要です。少しリフレッシュできる時間を確保してみませんか。

この記事のライター

ママエ編集部の中の人が書いています。
二人子のママ。仕事はライティング中心に様々なママのためになる記事を毎日書いています。

関連する投稿


ちょっと心が軽くなる!「#育児ハック」を実践してみよう

ちょっと心が軽くなる!「#育児ハック」を実践してみよう

「もう少しだけアレが楽になれたらなぁ」など育児にまつわる悩みは尽きません。こんな時は育児の小ネタを実践してみませんか。わずかなひと手間なのに、子育てが驚くほど楽になる、楽しくなる事柄を「育児ハック」と呼んでいます。SNSでは「#育児ハック」とハッシュタグをつけて紹介されています。そのいくつかをピックアップしました。


産後クライシス「空気読んでよ!」がNGである理由とは

産後クライシス「空気読んでよ!」がNGである理由とは

産後クライシス到来で、妻が夫に対してイライラしてしまうことってあるでしょう。妻の日常的な苛立ちから、夫もけんか腰になりがちです。しかし、お互いの苛立ちは「考え方を変える」ことと「言い方を変える」ことで驚くほど関係性が良くなるのです。この秘密を紐解いていきましょう!


産後のリラックスに!出産後のマッサージのススメ

産後のリラックスに!出産後のマッサージのススメ

妊娠中は、胎児や胎盤なども含めて体重が増えてしまいます。 おなかを股関節や骨盤で支える形になるので、腰や足に痛みが生じることもあります。 また、出産後もホルモンの影響で骨盤が閉じ始めるので、股関節がぐらつくことも。 産後の疲れがたまると、さらに痛みに拍車がかかることも考えられます。 今回は、産後にぜひ試してほしいマッサージについてまとめました。


産後の抜け毛の原因は3つ!新感覚の泡立たないシャンプーを使うだけで抜け毛解決!?

産後の抜け毛の原因は3つ!新感覚の泡立たないシャンプーを使うだけで抜け毛解決!?

産後、髪をブラッシングしたら『 こんなに髪の毛が抜けてる...! 』と驚いたり、排水溝に溜まった髪の毛を見て、抜け毛の量にショックを覚える人も。 そこで今回は、「 抜け毛の原因 」「 抜け毛にオススメの対策方法 」「 抜け毛ケアの方法 」に焦点を当て、詳しく解説します!


産後の抜け毛におすすめしたい7つの対策!原因や時期もまとめて確認

産後の抜け毛におすすめしたい7つの対策!原因や時期もまとめて確認

産後、育児にてんやわんやしている女性に、突如襲い来る抜け毛。 これまで経験したことのない抜け毛の量に、「なぜこんなに抜けるの?」「大丈夫なのかな…」と不安に感じる女性もいるのではないでしょうか。 今回の記事では、産後の抜け毛の原因からおすすめの対策方法まで詳しく紹介します。 産後の抜け毛に対する不安を払拭したいママは、ぜひチェックしてみてくださいね。


最新の投稿


気を付けるべき赤ちゃんの熱中症!症状や対策を知っておこう!

気を付けるべき赤ちゃんの熱中症!症状や対策を知っておこう!

この数年、熱中症の話題が付きません。熱中症に関する情報が各種メディアで報じられていますが、まだまだ「赤ちゃんと熱中症」に関する情報は手薄なのが現状です。大人に守られている赤ちゃんでも、熱中症のリスクが高いので注意が必要!この記事では、赤ちゃんの熱中症の原因や対策方法などをご紹介します。


ハーフバースデーをお祝いしよう!みんなはどんなことをするの?

ハーフバースデーをお祝いしよう!みんなはどんなことをするの?

ママ爆誕6ヶ月!赤ちゃん誕生6ヶ月!この区切りは「ハーフバースデー」と呼ばれるようになりました。ハーフバースデーって先輩ママたちはどんなお祝いをしたのでしょうか。赤ちゃんの記念日の一つとして思い出に残せる工夫などをまとめました!


夏を乗り切る!赤ちゃんのためのグッズ6選

夏を乗り切る!赤ちゃんのためのグッズ6選

赤ちゃんの熱中症対策には人一倍気を使いたいママも多いことでしょう。また汗疹(あせも)などを避けたいなど、夏ならではの悩みも。この記事では赤ちゃんが快適に夏を乗り切るためにおすすめしたいグッズを取り上げました。ママのケアとともにグッズを併用すると、暑い夏を乗り切れますよ!


私の好みと違う服がどっさり!みんなはどうしてる?

私の好みと違う服がどっさり!みんなはどうしてる?

定期的に訪れるのが「お洋服買ってきた」攻撃…。物価高のご時世うれしいのですが、ちょっとした悩みが…というママも多くみられます。時折子育て中のママたちが陥るお洋服との闘いについて、解決方法などをご紹介いたします!


産褥期は栄養補給が必要不可欠!おいしいものカタログ

産褥期は栄養補給が必要不可欠!おいしいものカタログ

出産後3週間程度は「産褥期」と位置付けられています。産後の体力回復に欠かせない期間だからこそ、おいしいものをたっぷり食べることをおすすめします。この記事では、産褥期ママにおすすめしたい「おいしいもの」をご紹介。赤ちゃんを育てるにも最適なお取り寄せ品をご紹介します。


人気ランキング


>>総合人気ランキング