産後の抜け毛におすすめしたい7つの対策!原因や時期もまとめて確認

産後の抜け毛におすすめしたい7つの対策!原因や時期もまとめて確認

産後、育児にてんやわんやしている女性に、突如襲い来る抜け毛。 これまで経験したことのない抜け毛の量に、「なぜこんなに抜けるの?」「大丈夫なのかな…」と不安に感じる女性もいるのではないでしょうか。 今回の記事では、産後の抜け毛の原因からおすすめの対策方法まで詳しく紹介します。 産後の抜け毛に対する不安を払拭したいママは、ぜひチェックしてみてくださいね。


産後の抜け毛はいつまで?

出産後の抜け毛にお悩みのママたちが最も気になるのは、「いつまで続くの?」というところではないでしょうか。
まずは、産後の抜け毛が続く時期についてまとめてみました。

産後2~3ヶ月目から抜け毛が始まる

産後の抜け毛は「出産(分娩)後脱毛症」といわれ、産後2~3ヶ月目から発症する人が多いようです。
程度には個人差がありますが、産後抜け毛が目立ってきたならば、出産後脱毛症だと考えられます。

ピークは産後3~6ヶ月程度

産後の抜け毛のピークも個人差がありますが、多くは3~6ヶ月程度です。
この時期は、シャンプーのときに抜け毛で排水溝がいっぱいになったり、ブラシで髪を梳かすと大量の髪の毛がついてきたりすることは珍しくありません。

6ヶ月~1年後くらいで元に戻る

産後の抜け毛はピークを過ぎた後、産後6ヶ月頃~1年ほどで、抜け毛が落ち着いてきます。
長い場合は1年以上におよぶこともありますが、産後の抜け毛は期間がたてば自然に落ち着くのであまり心配する必要はありません。

産後の抜け毛の原因

産後の抜け毛の原因は、主に以下の3つが考えられます。

1.ホルモンバランスの変化

産後の抜け毛の原因の1つに、ホルモンバランスの変化が挙げられます。
女性ホルモンは抜け毛を防止したり、髪の成長を促したりする働きがあり、妊娠中はホルモンの分泌が活発で、抜け毛が少なくなる傾向があります。

反対に、産後は女性ホルモンの分泌が減少し、妊娠中に抜けるはずの髪が抜け落ち、抜け毛が目立つようになるのです。そのため、産後は多くの女性が大量に髪が抜けるという経験をします。

2.頭皮環境の乱れ

産後は育児に忙しく、身だしなみに気を使ったり、きちんとご飯を食べたりできなくなることもしばしばありますよね。
そんな状況が続けば頭皮環境が悪くなり、健康な髪が育たなくなる可能性があります。
健康な髪が育たなければ、抜け毛が増えてしまうのも当然の流れといえます。

3.出産・育児によるストレス

出産や育児によるストレスで、産後抜け毛が増えることもあります。
赤ちゃんのお世話は日夜問わず行わなければいけませんし、子供はいつでも「待ったなし」です。
今までの生活から一変したのはもちろん、思い通りに進められないストレスも増えるのは必然です。

とくに夜は授乳や夜泣きにいっぱいいっぱいで、十分な睡眠がとれないことも多いですよね。
そうした状況によるストレスや疲労が、産後の抜け毛増加に繋がる場合もあります。

産後の抜け毛におすすめの対策方法7つ

産後の抜け毛が気になるのであれば、対策を練ってみてはいかがでしょうか。
ここでは産後に増える抜け毛におすすめの対策方法を紹介するので、実践してみてください。

一番は気にしすぎないこと!

産後の抜け毛は、気にしすぎないことが大切です。
抜け毛が増えるのは一時的なことで、産後多くの女性が通る道でもあります。
一般的な脱毛症とは違うので、気にしすぎずに落ち着く時期を待ってみてください。

タンパク質を積極的にとる

髪の主成分である、タンパク質を積極的にとる方法もおすすめです。
健康的な髪を育てる栄養素をとることで、抜け毛が減る可能性がアップできます。

大豆や肉、卵など、タンパク質を含む食品を食べ、食事改善できるように意識してみましょう。

良質な睡眠を心がける

良質な睡眠も抜け毛減少に繋がる要素の1つ。
とくに、成長ホルモンが分泌されるといわれる「夜10時~深夜2時」の時間帯は、なるべく寝られるようにするのがおすすめです。
しかし、育児に忙しいママには簡単にはいかない条件なので、無理のない範囲で睡眠不足にならないようにトライしてみてください。

頭皮に優しいシャンプーを使う

産後の抜け毛が気になる場合は、頭皮に優しいシャンプーに変えてみる方法もあります。
洗浄力が強すぎると皮脂を落とし過ぎて、頭皮のバリア機能低下に繋がり、抜け毛が酷くなる可能性があります。
そんな事態を回避するには、頭皮のうるおいを奪いすぎない、低刺激のシャンプーを選ぶのがおすすめです。
アミノ酸系洗浄成分使用で、シリコンなど余分なものが含まれていないのが理想的ですね。

ETVOS リフレッシュシャンプー

楽天市場 ETVOS

エトヴォスのリフレッシュシャンプーは、アミノ酸系洗浄成分をベースに、髪のべたつきを抑えてさっぱりとした洗い上りへと導きます。
シリコンやアルコール、パラベンなど余分な成分を省いているのもポイント。
抜け毛をはじめ、髪のべたつきや頭皮の臭いに悩んでいる人にもおすすめのシャンプーです。

育毛剤を使う

産後の抜け毛が酷く、薄毛が気になる場合は育毛剤を使用する方法もあります。
産後向けに開発された育毛剤は意外と多いので、抜け毛がどうしても気になる人は試してみてはいかがでしょうか。
産後はとくに頭皮がデリケートになっているため、刺激が少なかったり、余計な成分を含んでいなかったりする育毛剤がおすすめです。

maima(マイマ)ヘアローション

楽天市場 maima

マイマの育毛剤は、無添加かつこだわりの天然処方。
センブリエキスをはじめとする3つの有効成分に加えて、15種類の天然成分を配合し、育毛を実感しつつ、産後のママのことを考えた育毛剤に仕上げられています。
合成着色料やパラベン、シリコンなどが不使用なのもポイント。
べたつきにくいテクスチャーで、使いやすいのも魅力です。

髪型を変えてみる

産後の抜け毛が気になるときは、思い切って髪型を変えてみるのもおすすめです。
髪型が変わるだけで抜け毛が目立ちにくくなり、気分もリフレッシュできますよ。
たとえば、ショートヘアは分け目が目立ちにくくなり、ボブヘアはショートヘアよりも挑戦しやすくヘアアレンジも楽しめます。
また、自分に似合う髪型を美容院で相談してイメージチェンジを図ってみましょう。

ストレスを溜め込まない

産後の抜け毛が気になる場合は、ストレスを溜め込まないようにすることもおすすめです。
ストレスが溜まると、ホルモンバランスの乱れにつながり、抜け毛が増える可能性があります。
抜け毛を抑えたいなら、ストレスは適度に解消・軽減することを心がけましょう。
おいしいものを食べたり、映画や読書したりして、定期的に息抜きしてみてください。

上手く付き合え れば産後の抜け毛は怖くない!

産後の抜け毛は、出産を経験した女性であれば、多くの人が悩むところ。
しかし、一般的な産後の抜け毛であれば時期が過ぎれば自然に収まり、元の状態に戻ります。

過剰に気にしすぎるのは止めて、自分に合ったケア方法を見つけながら、産後の抜け毛と上手く付き合ってみてくださいね。

この記事のライター

ママエ編集部の中の人が書いています。
二人子のママ。仕事はライティング中心に様々なママのためになる記事を毎日書いています。

関連する投稿


産後クライシス「空気読んでよ!」がNGである理由とは

産後クライシス「空気読んでよ!」がNGである理由とは

産後クライシス到来で、妻が夫に対してイライラしてしまうことってあるでしょう。妻の日常的な苛立ちから、夫もけんか腰になりがちです。しかし、お互いの苛立ちは「考え方を変える」ことと「言い方を変える」ことで驚くほど関係性が良くなるのです。この秘密を紐解いていきましょう!


産後の薄毛は戻ります!おすすめ育毛ローション2選

産後の薄毛は戻ります!おすすめ育毛ローション2選

出産後数ヶ月経過し、育児にも慣れてくると気になってくるのが「頭皮のこと」ではないでしょうか。 抜け毛が進み、頭皮が目立ってしまういわゆる「薄毛」の状態になっている産後ママも少なくありません。 もちろん薄毛の状態は、ママの体が安定することで解消しますので安心してくださいね。 ここでは、なぜ薄毛になるのかその実態の解説と、薄毛の状態を脱却するための育毛ローションのおすすめ


産後のリラックスに!出産後のマッサージのススメ

産後のリラックスに!出産後のマッサージのススメ

妊娠中は、胎児や胎盤なども含めて体重が増えてしまいます。 おなかを股関節や骨盤で支える形になるので、腰や足に痛みが生じることもあります。 また、出産後もホルモンの影響で骨盤が閉じ始めるので、股関節がぐらつくことも。 産後の疲れがたまると、さらに痛みに拍車がかかることも考えられます。 今回は、産後にぜひ試してほしいマッサージについてまとめました。


子育てにはベビーシッターの力を借りてみませんか?サービスの詳細を解説します

子育てにはベビーシッターの力を借りてみませんか?サービスの詳細を解説します

子育てと仕事の両立に悩んでいませんか? 今回は、自宅で子育ての代わりをしてくれるベビーシッターのサービスを解説します。 保育のプロに力を借りれば、新しい世界が広がるかもしれません。ぜひ気軽な気持ちで、我が家にも取り入れるか検討してみてください。


妊婦さんが下痢をしやすい理由は?注意したい症状・予防対策を紹介

妊婦さんが下痢をしやすい理由は?注意したい症状・予防対策を紹介

体に変化が出やすい妊婦さんは、ときに下痢の症状に見舞われることがあります。普段の症状とは違うこともあり、驚いてしまいますよね。 「これって何かの病気?」「赤ちゃんに影響はない?」と心配するのもムリはないと思います。 今回は、そんな妊婦さんに向けて下痢になりやすい理由、関連症状についてまとめました。妊婦さんの下痢には、いくつかの原因が考えられます。日常生活でできる予防方法も紹介していくので参考にしてみてください。


最新の投稿


気を付けるべき赤ちゃんの熱中症!症状や対策を知っておこう!

気を付けるべき赤ちゃんの熱中症!症状や対策を知っておこう!

この数年、熱中症の話題が付きません。熱中症に関する情報が各種メディアで報じられていますが、まだまだ「赤ちゃんと熱中症」に関する情報は手薄なのが現状です。大人に守られている赤ちゃんでも、熱中症のリスクが高いので注意が必要!この記事では、赤ちゃんの熱中症の原因や対策方法などをご紹介します。


ハーフバースデーをお祝いしよう!みんなはどんなことをするの?

ハーフバースデーをお祝いしよう!みんなはどんなことをするの?

ママ爆誕6ヶ月!赤ちゃん誕生6ヶ月!この区切りは「ハーフバースデー」と呼ばれるようになりました。ハーフバースデーって先輩ママたちはどんなお祝いをしたのでしょうか。赤ちゃんの記念日の一つとして思い出に残せる工夫などをまとめました!


夏を乗り切る!赤ちゃんのためのグッズ6選

夏を乗り切る!赤ちゃんのためのグッズ6選

赤ちゃんの熱中症対策には人一倍気を使いたいママも多いことでしょう。また汗疹(あせも)などを避けたいなど、夏ならではの悩みも。この記事では赤ちゃんが快適に夏を乗り切るためにおすすめしたいグッズを取り上げました。ママのケアとともにグッズを併用すると、暑い夏を乗り切れますよ!


私の好みと違う服がどっさり!みんなはどうしてる?

私の好みと違う服がどっさり!みんなはどうしてる?

定期的に訪れるのが「お洋服買ってきた」攻撃…。物価高のご時世うれしいのですが、ちょっとした悩みが…というママも多くみられます。時折子育て中のママたちが陥るお洋服との闘いについて、解決方法などをご紹介いたします!


産褥期は栄養補給が必要不可欠!おいしいものカタログ

産褥期は栄養補給が必要不可欠!おいしいものカタログ

出産後3週間程度は「産褥期」と位置付けられています。産後の体力回復に欠かせない期間だからこそ、おいしいものをたっぷり食べることをおすすめします。この記事では、産褥期ママにおすすめしたい「おいしいもの」をご紹介。赤ちゃんを育てるにも最適なお取り寄せ品をご紹介します。


人気ランキング


>>総合人気ランキング