冬場も寒くない!授乳対応インナーとは?

冬場も寒くない!授乳対応インナーとは?

赤ちゃんを母乳で育てるママの悩みのひとつに「衣服の兼ね合いで授乳しにくい」という事柄が挙げられます。 そんなママたちをサポートするのが、授乳インナーの役割です。 乳腺をやさしく保護するとともに、着心地が良いメリットもあります。 ここでは、洗い替えを含め何枚か持っておきたいインナーについてわかりやすく説明します。


産後に用意しておくと便利な授乳インナーとは

母乳で赤ちゃんを育てるママは、出産直後から1日に何度も赤ちゃんに母乳をあげる必要が出てきます。
頻繁に胸を開けるようになりますが、その動作を妨げないように開発されたのが、授乳専用のインナーです。
母乳育児に必要不可欠ともいえるアイテムといえば、授乳用のブラジャーでしょう。
マタニティブラは、妊娠中から卒乳まで利用できるよう、幅広いサイズ調節機能や大きなバストを支えるカップ設計がなされています。
また、赤ちゃんに授乳できるよう、乳房を出しやすい工夫がされているなどの特徴があります。

冬場の寒い夜にも暖かく授乳ができます!

授乳時期は、ブラジャーと授乳服の組み合わせで間に合わせるという人も多くいますが、肌の露出が気になる、お腹が冷えるかもしれないなど、気がかりな点を感じる人も少なくありません。
その場合におすすめしたいのが、授乳対応のタンクトップやキャミソールなどの肌着です。
産後の体型を考慮したインナーであれば、授乳頻度が高い時期でも、快適に過ごせるでしょう。

カップ付きタンクトップと違いはあるの?

衣料品量販店などで販売されているカップ付きタンクトップ。
リラックスウェアとして重宝されていますが、これを授乳用インナーとして流用できるかも?と考える人も見られます。
カップ付きのタンクトップは、通常の体型を考慮してデザインされています。
アンダーバストにゴムを強めに入れバストを支えるほか、固めのモールドを入れて、バストを形良く見せるなどを優先的に考えて作られています。

一方、授乳向けのキャミソールやタンクトップは、妊娠から卒乳まで、快適に過ごせるよう、体に負担をかけないという点に重点が置かれています。
体を締めつけすぎない、授乳が楽になるなどを考慮して作られていますので、通常のものよりも使い勝手が良く、ストレスを感じずに赤ちゃんのお世話ができるでしょう。
またおなかを守ってくれるので、季節を問わず授乳時に体を冷やすことはありません。
授乳インナーは、妊娠から卒乳までと、利用期間は限られてしまいますが、次の赤ちゃんを予定している場合やできるだけスムーズに授乳したいという場合は、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

マタニティブラと併用するの?

マタニティブラとインナーを併用することは問題ありません。
特に妊娠でバストがとても大きくなってしまったという人にとっては、ブラジャーとインナーの併用がおすすめです。
インナーの中には、バストを支えるホールド力が高いものもあり、ブラジャーと併用することで、大きくなったバストを効果的に支えられます。
ただし、インナーとブラジャーの組み合わせによっては「インナーを脱がないと授乳できない」ということもあるので注意しましょう。

お家で赤ちゃんと過ごすことが多いママなら、授乳インナーに、母乳パッドの組み合わせで十分ですよ。

授乳インナーの種類をご紹介!

市販されている授乳インナーには、「フロントオープンタイプ」「クロスオープンタイプ」「被せ布タイプ」の3種類あります。

フロントオープンタイプ

フロント部分にホックやスナップボタンが付いているタイプです。
ボタンを外すことで胸元が大きく開き、赤ちゃんに授乳しやすくなります。
中央にあるスナップボタンを外すことで胸元が大きく開くうえ、赤ちゃんの顔が布に当たりにくいというメリットがあります。
デリケートな肌に優しいい素材で作られているものが多く、スナップボタンが直接肌に当たらないよう工夫されているものなど、身につける人のことを考えたタイプも少なくありません。
バストのホールド力がないので、リラックスしたいときや夜間授乳などに最適な下着です。

クロスオープンタイプ

クロスオープンタイプは合わせ布が胸元で交差されているタイプのインナーです。
左右の生地がそれぞれ独立していますので、乳房を片方だけ出すということも簡単です。
片側の乳房はブラトップ布で覆われるので、母乳漏れの心配も防げます。
クロスオープンタイプは、1日に何度も母乳をあげる必要のある時期(生後6ヶ月頃まで)に向いています。
肌の露出をできるだけ控えたい、片方ずつ出すタイプのインナーが好みという場合は、クロスオープンタイプがおすすめです。

被せ布タイプ(マタニティーキャミソール)

被せ布タイプのインナーは、胸元からアンダーバスト辺りまでを布で覆い、前身ごろを上下に分けているタイプのインナーになります。
夏場などはこの一枚と羽織物でコーディネイトしやすいのが特徴です。
母乳をあげるときは、胸元を覆っている布をたくしあげるだけ。
授乳している様子が外から見えません。
肌の露出度を抑えられているため、外出先でも授乳しやすいメリットがあります。
また、体を冷えから守ってくれる働きがあります。
ブラジャーの役割を果たす打合せ布がついているものや、ブラジャーを合わせて使うタイプなどいろいろあるので、購入する際は事前に確認してくださいね。

おすすめはクロスオープンタイプのインナー

クロスオープン型は、ブラと併用せずとも適度なホールド力が得られ、安価なものも多いタイプです。
家にいるだけであれば、夏場ならこれ一枚で過ごせるほど便利です。
モールドカップがついているものや母乳パッドが使えるものなど機能面でも優れているので、使いやすいですよ。

ローズマダム マタニティ長袖インナー

楽天市場 ローズマダム楽天市場店

季節に応じてキャミソールタイプのものから、長そでにいたるまでさまざまなタイプがそろっています。
冬場なら、温感素材のものがたくさん出ているので、季節に応じて買いものをするとよいですね。

授乳しやすいインナーはらくちんです!

1日に何度も続ける授乳は、ママもストレスフリーなインナーを着用するのがベターです。
赤ちゃんに授乳しやすいインナーを選んで、毎日を快適に過ごしてくださいね。
季節や好みに応じて袖や素材などもチェックしてみましょう。

この記事のライター

ママエ編集部の中の人が書いています。
二人子のママ。仕事はライティング中心に様々なママのためになる記事を毎日書いています。

関連する投稿


出産前に要チェック!授乳用の人気ブラ3選

出産前に要チェック!授乳用の人気ブラ3選

出産前に授乳に対応できるブラジャーを準備すると便利です。 なかには「着脱が便利なものが欲しい、ずれやヨレがないブラジャーが欲しい」と考える人もいることでしょう。 ここでは授乳ブラの必要性や先輩ママおすすめのブラジャーを紹介します。


産後に便利!産褥期にピッタリなブラジャーを選ぼう!

産後に便利!産褥期にピッタリなブラジャーを選ぼう!

出産を終えた後は、乳腺が発達し胸が一段と大きくなります。 人によっては胸に痛みを覚えることもあるようです。 産後は疲労もあるため授乳が難しいと感じることもありますが、授乳しやすいブラジャーを選ぶことで乗り切りましょう。


西松屋の授乳ブラジャーは高品質でロープライス!おすすめ4選!

西松屋の授乳ブラジャーは高品質でロープライス!おすすめ4選!

授乳期のママは母乳漏れによるブラジャーの洗い替えなどが必要な場合があります。 少しでも安くたくさん洗い替えが必要!というときにおすすめしたいのが、赤ちゃん用品専門店・西松屋の授乳用ブラジャーです。 ここでは西松屋のブラジャーのおすすめポイントと、先輩ママ推奨の授乳用ブラジャーを紹介します。


授乳ブラ6選!そして通販で一番売れてる授乳ブラを1年間使ってみた結果、、、

授乳ブラ6選!そして通販で一番売れてる授乳ブラを1年間使ってみた結果、、、

今回は私が使った授乳ブラのレビューと本当に授乳ブラって必要なのか?選び方のポイントなどを解説します!



最新の投稿


産後クライシスってなに?どんな夫婦にも訪れるって本当?

産後クライシスってなに?どんな夫婦にも訪れるって本当?

産後クライシスという言葉を聞いたことがありますか?聞いたことがあるけれど、どのような意味なのか分からないという人も多くみられます。ここでは「産後クライシス」について簡単に説明いたします。産後クライシスは「どんな夫婦にも訪れる」といわれていますが、これは本当なのでしょうか?


赤ちゃんの成長を定点観測!成長記録ができるアイテムをご紹介

赤ちゃんの成長を定点観測!成長記録ができるアイテムをご紹介

赤ちゃんがどのくらい大きくなったか、毎日一緒に過ごしていると気づきにくいものです。おすすめしたいのが、毎月の「定点観測」です。マタニティママにもおすすめしたい成長記録ができるグッズをご紹介します。記念に残すための方法なども併せてご紹介しますね!


これおすすめ!買ってよかった育児グッズ13選

これおすすめ!買ってよかった育児グッズ13選

育児が楽になるグッズがたくさん販売されています。10年前と比較して、すでに「雲泥の差」といっても過言ではありません。ママが便利に使える商品や、赤ちゃんが使いやすい商品が増えています。ここでは、育児中の先輩ママたちが使ってよかった、買ってよかった!とおすすめできる育児グッズをご紹介します!


妊活中の転職は注意が必要って本当?詳しく解説いたします!

妊活中の転職は注意が必要って本当?詳しく解説いたします!

今の職場は妊娠や出産が難しい環境だから、転職を試みたいという妊活中の女性も見られます。こういった転職の理由もアリです!しかし転職失敗の場合や、転職後すぐの妊娠・出産はちょっとしたリスクを伴うこともあるので注意が必要です。この記事では、現在妊活中の女性に向けて「妊活と転職」についてご紹介します。二人目出産を検討している人も必見です!


ちょっと心が軽くなる!「#育児ハック」を実践してみよう

ちょっと心が軽くなる!「#育児ハック」を実践してみよう

「もう少しだけアレが楽になれたらなぁ」など育児にまつわる悩みは尽きません。こんな時は育児の小ネタを実践してみませんか。わずかなひと手間なのに、子育てが驚くほど楽になる、楽しくなる事柄を「育児ハック」と呼んでいます。SNSでは「#育児ハック」とハッシュタグをつけて紹介されています。そのいくつかをピックアップしました。


人気ランキング


>>総合人気ランキング