出産 入院準備に必要なパジャマは?おすすめの授乳パジャマをご紹介!

出産 入院準備に必要なパジャマは?おすすめの授乳パジャマをご紹介!

出産準備では赤ちゃんの物だけでなく、ママも必要な物がたくさんあります。 妊娠がわかってから出産まで、ママの体型は大きく変わります。 その為、ママが普段着る服から、パジャマ、下着類までマタニティ用、または代用できるものを用意しなければいけません。 その中でも今回は、出産の為の入院準備で必要なマタニティパジャマのおすすめ商品をご紹介します。


出産 入院準備でマタニティパジャマって何枚必要?

出産後の入院日数について、出産時の状態や産後の状態にもよりますが4~5日が一般的です。
そのため、マタニティパジャマ2~3着ほど必要です。

もし入院中に家族に洗濯を頼めないのであれば、もう少しあると安心ですよ。

このところでは、衛生面の観点からマタニティ用の病院着のレンタルを推奨しているところも増えているので、入院用のパジャマは不要かもしれません。

マタニティパジャマの種類

前開きタイプ

マタニティパジャマの中でも多いタイプが前開きのものです。
授乳の度にボタンの留め外しをしなければいけませんが、授乳がしやすく赤ちゃんの顔にママのパジャマが掛かってしまう事もないのでおすすめです。

入院用のパジャマを準備するよう言われた場合は、助産師さんの母乳チェックがしやすいよう前開きタイプを選んでください。

カシュクールタイプ

ボタンなどがなく、胸元のカシュクール部分をずらすだけで授乳ができます。
赤ちゃんが成長すると自分でママの胸元をひっぱって、ママの胸元が見えてしまうこともありますが、おうちの中の着用だけでしたらあまり問題ないかと思いますのでおすすめですよ。

入院用のパジャマとしては助産師さんの母乳チェックなどの妨げになるのでおすすめできません。

授乳口スリットタイプ

バストに沿って縦に授乳口用のスリットが入っているタイプです。
胸元や袖などのフリルで授乳口用スリットが隠されている事が多く、授乳口が目立ちにくく、授乳もしやすくおすすめです。

授乳口スリットを留めるボタンなどをチェックしてください。
デザインによっては赤ちゃんの目に入りそうで怖い思いをすることも…。

おすすめマタニティパジャマ ブランド5選

★スウィートマミー

ルームウェアーのように着られるこちらのマタニティパジャマは、前開きワンピース風のトップスがおしゃれに見えます。

お腹の大きさに合わせて両サイドのリボンで調節できるので、産後も長く使えます。また授乳中はウエストリボンのおかげでおなかを隠せますよ。

入院中は処置も多いのでワンピースのように着用し、家ではレギンスと合わせてハウスウェア感覚で過ごせます。高見えデザインなので、入院中もおしゃれをしたいママにおすすめです。

▲こちらの商品:スウィートマミー公式▲

ベルメゾン

前開きでワンピースタイプのパジャマなら、ベルメゾンもおすすめです。マタニティ向けの機能を持たせたパジャマで、足元にスナップで足回りがはだけないような工夫がなされています。また、比較的安価で洗い替えを準備しやすいのもうれしいポイントですね。
産後もゆったりパジャマとして使えるので、長く使いたいママにおすすめです。

授乳対応 長袖 マタニティ ワンピース パジャマ 授乳対応 長袖 マタニティ ワンピース パジャマ

ローズマダム

マタニティ下着のメーカーローズマダムのパジャマです。トップスは長めのチュニック丈で、パンツがついています。入院中病室にいるときはパンツをはいて保温をして、処置を行うときにはチュニックだけでというように病院での服装を変えることも可能です。

授乳口が脇についているタイプ。授乳口が大きく開くので、母乳を飲ませることに慣れていない産後すぐのころにもおすすめです。

ママン・エ・ベベ クロスプラス ローズマダム ママン・エ・ベベ クロスプラス ローズマダム

エンジェリーベ

スムース生地でさらりと着用できるマタニティパジャマです。産後はウェストリボンとパンツのアジャスターゴムですっきりとしたシルエットを作れます。
かわいらしいアイスクリームプリントが「かわいいママ」を演出できるでしょう。両サイドに授乳口がついているので、さりげなく授乳ができるのもいいですね。

マタニティ パジャマ (mutti ei) マタニティ パジャマ (mutti ei)

SOIM

韓国マタニティブランドのパジャマです。カシュクールタイプでおなかがペプラムをイメージさせるドレープがキレイなシルエットを作っています。出産前はもちろん、産後のおなかがしぼんだ時に魅せられるドレープまでも計算されているので、きれいな印象を与えられますよ。
ゆったり着用できる設計なので、帝王切開の傷が痛む人にもおすすめです。

SOIM カシュクール兼用セット SOIM カシュクール兼用セット

マタニティパジャマって本当に必要?

マタニティパジャマは本当に必要なの?わずかな期間だけの寝間着に費用をかけることに悩むこともあるでしょう。
マタニティ用ではなく普通のパジャマで代用することも可能です。

マタニティパジャマは、授乳口がついている・ウエストゴムが調節できるなど妊娠中や産後もママが使いやすいように作られています。また、股上が深めに作られているので、しぼみ切っていないお腹の上までパジャマズボンをあげられるメリットがあります。
もちろん、帝王切開の傷で痛むときにもウエストが邪魔をすることがないでしょう。できる限りマタニティパジャマを選ぶことをおすすめします。

普通のパジャマで代用する場合は「前開き」であったり「シャツワンピタイプ」「普段よりも1サイズ大きめ」であるものを選んだ方が良さそうです。

入院中を快適に過ごすにはマタニティパジャマをおすすめ!

入院中のパジャマは自分の快適さもそうですが、助産師さんや産科医の「処置しやすさ」も考えられています。「前開き」「ワンピースタイプ」というような指定はこういった理由があることを覚えておきましょう。
産前産後の大事な時期の体をやさしく包んでくれるマタニティパジャマをぜひそろえてくださいね。

この記事のライター

ママエ編集部の中の人が書いています。
二人子のママ。仕事はライティング中心に様々なママのためになる記事を毎日書いています。

関連する投稿


前開きマタニティパジャマって本当に必要?春夏・秋冬におすすめナイティ!

前開きマタニティパジャマって本当に必要?春夏・秋冬におすすめナイティ!

出産準備をする時の「必要なものリスト」に必ず入っているマタニティパジャマ。みなさん、どのように選んだらいいのか悩んでいませんんか? マタニティパジャマは、丈が長く、前開きでゆったりサイズした物が一般的です。あとはデザインや生地の違いで、自分の好みや出産時期に合ったものをついつい選んで購入すると思います。 そこで今回は出産準備、入院で等で大活躍するマタニティパジャパをご紹介します。


最新の投稿


産後クライシスってなに?どんな夫婦にも訪れるって本当?

産後クライシスってなに?どんな夫婦にも訪れるって本当?

産後クライシスという言葉を聞いたことがありますか?聞いたことがあるけれど、どのような意味なのか分からないという人も多くみられます。ここでは「産後クライシス」について簡単に説明いたします。産後クライシスは「どんな夫婦にも訪れる」といわれていますが、これは本当なのでしょうか?


赤ちゃんの成長を定点観測!成長記録ができるアイテムをご紹介

赤ちゃんの成長を定点観測!成長記録ができるアイテムをご紹介

赤ちゃんがどのくらい大きくなったか、毎日一緒に過ごしていると気づきにくいものです。おすすめしたいのが、毎月の「定点観測」です。マタニティママにもおすすめしたい成長記録ができるグッズをご紹介します。記念に残すための方法なども併せてご紹介しますね!


これおすすめ!買ってよかった育児グッズ13選

これおすすめ!買ってよかった育児グッズ13選

育児が楽になるグッズがたくさん販売されています。10年前と比較して、すでに「雲泥の差」といっても過言ではありません。ママが便利に使える商品や、赤ちゃんが使いやすい商品が増えています。ここでは、育児中の先輩ママたちが使ってよかった、買ってよかった!とおすすめできる育児グッズをご紹介します!


妊活中の転職は注意が必要って本当?詳しく解説いたします!

妊活中の転職は注意が必要って本当?詳しく解説いたします!

今の職場は妊娠や出産が難しい環境だから、転職を試みたいという妊活中の女性も見られます。こういった転職の理由もアリです!しかし転職失敗の場合や、転職後すぐの妊娠・出産はちょっとしたリスクを伴うこともあるので注意が必要です。この記事では、現在妊活中の女性に向けて「妊活と転職」についてご紹介します。二人目出産を検討している人も必見です!


ちょっと心が軽くなる!「#育児ハック」を実践してみよう

ちょっと心が軽くなる!「#育児ハック」を実践してみよう

「もう少しだけアレが楽になれたらなぁ」など育児にまつわる悩みは尽きません。こんな時は育児の小ネタを実践してみませんか。わずかなひと手間なのに、子育てが驚くほど楽になる、楽しくなる事柄を「育児ハック」と呼んでいます。SNSでは「#育児ハック」とハッシュタグをつけて紹介されています。そのいくつかをピックアップしました。


人気ランキング


>>総合人気ランキング