妊娠中のブラジャーはどう選ぶ?正しいサイズで快適な着け心地

妊娠中のブラジャーはどう選ぶ?正しいサイズで快適な着け心地


娠中のマイナートラブルとして「バストトップがかゆい」「バストが痛い!」というバストに関する悩みが寄せられます。
「妊娠初期から胸の痛みが常にあった」という声もあり、妊娠前のブラジャーが使えないという人もいます。
この記事では、妊娠中のブラジャーの選び方や、選ぶ際のポイントなどを紹介します。
妊娠中でもきれいなバストラインを保つことはとても大切ですよ!

マタニティブラはなぜいいの?

妊娠中に着けるブラジャーに悩む人は少なくありません。
マタニティインナーのなかでも、マタニティブラジャーはバストを守る大切なインナーです。
締め付けがなく肌に優しい素材で作られていることは理解できますが、わざわざ購入するメリットがあるのか、疑問に感じる人も見られます。
マタニティブラジャーは、妊娠中から卒乳の時期までバストをしっかり守ってくれる大切なアイテムです。
ぜひお気に入りのものを用意することをおすすめします。

マタニティブラジャーは、妊娠出産のプロセスによって著しい変化が起こるバストを、包んで守る機能があります。
また肌が敏感になる時期ですので、摩擦や圧迫感が少なくなるように考えられています。
バストラインをきちんとキープしながら締め付けず、乳腺を圧迫しない設計になっています。

妊娠中や授乳中はバストが非常に敏感になるため、乳腺の圧迫や乳頭の擦れなどは大敵です。
サイズアップして重くなるので、クーパーじん帯をしっかりサポートして胸が垂れるのを防いでくれるメリットもあります。
産後の女性のバストの変化まできちんと考えられています。

いつから着けるのが正解?

マタニティブラジャーを着け始めるタイミングは、妊娠がわかったらすぐに使い始めるのがベスト!
2~3枚準備してサイズアップする前から使うのが安心です。

 

でも、バストアップとともに買い替えが必要なんじゃないかなぁ…。
金銭的に余裕がありません。

 


安心してね!妊娠中のバストは大体2カップほどアップするといわれています。
マタニティーブラは1本で2カップほどサイズアップに対応しているの。
だから、1本で妊娠初期から産後の授乳期を終えるまで使えますよ!


マタニティーブラは、もちろんアンダーバストの変化にも対応しています。
プレママさんの中には、おなかのふくらみ方からマタニティーブラが合わないという人も見られます。
後述しますが、ハーフトップタイプやカシュクールタイプのものなど、さまざまな種類がそろっているで、体形や悩みに合わせて準備してくださいね。

目的は乳腺を守ること!

マタニティインナーは、母体の体の変化を守るための設計がなされています。
マタニティブラジャーなら、変化が著しいバストを正しい位置に保ち続けることで、母乳を出す乳腺や乳管の発達をケアしてくれる機能があります。
万が一、合わない下着で無理な圧迫をしたり、バストをホールドできない下着をつけていると、痛みを感じることがあります。
プレママさんにとって、痛みは「心配や不安」につながりますので、万全な状態を保てる下着をおすすめしています。



ワイヤーブラって、キツそうだし妊娠中は向かなそう…。

 


心配ご無用!
マタニティー用でも、バストトップの高さやラインをキープしてくれるのでかえって安心です。
出産後のバストラインの崩れも抑えられますよ!


マタニティーブラジャーは、ストラップやアンダーベルトのホールド性を重視しています。
バストの垂れに直結するクーパーじん帯を守ってくれるので、痛みの軽減につながりますよ。

マタニティブラジャーはどうやって選べばいい?

マタニティーブラジャーにはいくつかの形があります。

ワイヤーブラ(ゆったり感 ☆☆☆☆★)

バストをホールドしラインをきれいに見せるためにワイヤーが入っているタイプです。
妊娠中でもおしゃれを楽しみたい人や仕事着をきれいに見せたい人などに選ばれています。
サイズアップにも対応しているので、日々変化するバストサイズや形にも対応可能です。
ただしゆったり感は少ないので、つわりの時期などには向かないかもしれません。

ノンワイヤーブラ(ゆったり感 ☆☆☆★★)

ワイヤーが入っていないタイプのブラジャーです。
こちらもバストラインがきれいに出せるので、仕事をしている人などにおすすめです。
ワイヤー入りよりも多少ゆったり感があるので、ワイヤーブラの形が合わないという人におすすめです。

スポーツブラタイプ(ゆったり感 ☆★★★★)

スポーツブラ感覚で着用できるハーフトップタイプのブラジャーです。
ウレタンもしくは布製のカップインソール付きなので、バストトップが透けることはありません。
また、胸の丸みもきれいに見せてくれます。
肩のベルトが太いものが多いので、バストの変化で肩が痛くなるということも少ないでしょう。
ゆったりできるので、つわりがひどい時期や、産前におすすめです。

カシュクールタイプ(ゆったり感 ★★★★★)

ハーフトップタイプのブラジャーですが、カップ部分がカシュクールのように合わせタイプになっています。
これは、授乳兼用ブラともいわれており、赤ちゃんに授乳しやすいよう前がめくれるような構造です。
ホールド力よりも、授乳重視タイプですので、かなりゆったりとした設計になっています。
出産直前から授乳期に準備すると便利です。


ハーフトップタイプには、おなかをすっぽり包んでくれるキャミソールタイプもあります。
冬場などはこちらもおすすめですよ!

 

マタニティーブラジャーのサイズと測り方

マタニティーブラは妊娠前のサイズを目安にサイズが決まります。
妊娠が分かった時に購入する場合は、現状のブラジャーのサイズで購入して差し支えありません。
妊娠中期~後期で買い足しを検討する場合は、アンダーとバストトップのサイズを測っただけでは体に合うものが見つからない場合も。
というのも、バストの変化はバストトップの高さが変わるのではなく、乳房の下部や脇のボリュームがアップするからです。
これは、妊娠前の女性の体と異なる点です。
マタニティーブラは伸縮性に富んでいるので、単純に今の体のサイズではジャストフィットしないことも考えられます。
試着をさせてもらえるお店で体に合うものを探しましょう。

プレママでもバストラインをきれいに!

妊娠中はバストが著しく変化します。
産後にバストラインが大きく崩れないために、妊娠中から最適なブラジャーを選んでバストを守りましょう。
いろいろなタイプのマタニティーブラジャーがありますので、体の調子などを見極めて長く使える1本を探してくださいね。

この記事のライター

ママエ編集部の中の人が書いています。
二人子のママ。仕事はライティング中心に様々なママのためになる記事を毎日書いています。

関連する投稿


これ買うのちょっと待って!使わなかった育児グッズ4選

これ買うのちょっと待って!使わなかった育児グッズ4選

出産準備品として何を買おうか迷っている人もいるかもしれません。マタニティ向けや育児雑誌ではさまざまな育児グッズの紹介がありますが…「使えなかった」「使う意味がなかった」というものも。この記事では、先輩ママから聞いた「買うのを待ってほしい育児グッズ」についてご紹介します。また、代用できるものも併せてご紹介!育児をほんの少しでも楽にしますよ!


立ち合い出産は夫と必ず話し合って!

立ち合い出産は夫と必ず話し合って!

「立ち合い出産」は多くのプレママが希望します。プレママにとって安心できることでも、夫が寄り添ってくれるかどうかはまた別の話になるようです。この記事では、立ち合い出産を検討中のプレママに「話し合ってほしい理由」をまとめました。ちょっと厳しい内容になるかもしれませんが、ご一読ください!


良い出産を目指して!マタニティエクササイズを取り入れよう!

良い出産を目指して!マタニティエクササイズを取り入れよう!

出産がスムーズに進むように、また体重管理のためにプレママ向けのエクササイズは取り組んでみるとよいでしょう。 この記事では、プレママ向けエクササイズを紹介します。 プレママがチャレンジできるおすすめのエクササイズは多岐にわたります。 また、注意点についても紹介しますので、これから検討している人は必見の記事です。 上手に取り入れれば、快適な妊婦生活の助けになってくれるでしょう。


一人で出産?夫と一緒?立ち合い出産どうする?

一人で出産?夫と一緒?立ち合い出産どうする?

新型ウイルスの感染予防の観点もあり、見合わせていることが多い「立ち合い出産」ですが、設備が整った産科などでは順次再開しているところも出ているようです。ここでは、これから出産を控えるプレママ・プレパパのために「立ち合い出産」について考えてまいります。立ち合い出産経験者の筆者がお伝えします!


【プレパパ必見!】妻が妊娠したらサポートできること3選

【プレパパ必見!】妻が妊娠したらサポートできること3選

妊娠中の妻は「できること」「体の都合でできないこと」の差がどんどん開いていきます。ときには体が動かずジレンマを感じてしまうこともあるでしょう。こんなとき夫はどんなサポートをするべきでしょうか。コミュニケーションを円滑にするためにも読んでほしい記事です!


最新の投稿


産後クライシスってなに?どんな夫婦にも訪れるって本当?

産後クライシスってなに?どんな夫婦にも訪れるって本当?

産後クライシスという言葉を聞いたことがありますか?聞いたことがあるけれど、どのような意味なのか分からないという人も多くみられます。ここでは「産後クライシス」について簡単に説明いたします。産後クライシスは「どんな夫婦にも訪れる」といわれていますが、これは本当なのでしょうか?


赤ちゃんの成長を定点観測!成長記録ができるアイテムをご紹介

赤ちゃんの成長を定点観測!成長記録ができるアイテムをご紹介

赤ちゃんがどのくらい大きくなったか、毎日一緒に過ごしていると気づきにくいものです。おすすめしたいのが、毎月の「定点観測」です。マタニティママにもおすすめしたい成長記録ができるグッズをご紹介します。記念に残すための方法なども併せてご紹介しますね!


これおすすめ!買ってよかった育児グッズ13選

これおすすめ!買ってよかった育児グッズ13選

育児が楽になるグッズがたくさん販売されています。10年前と比較して、すでに「雲泥の差」といっても過言ではありません。ママが便利に使える商品や、赤ちゃんが使いやすい商品が増えています。ここでは、育児中の先輩ママたちが使ってよかった、買ってよかった!とおすすめできる育児グッズをご紹介します!


妊活中の転職は注意が必要って本当?詳しく解説いたします!

妊活中の転職は注意が必要って本当?詳しく解説いたします!

今の職場は妊娠や出産が難しい環境だから、転職を試みたいという妊活中の女性も見られます。こういった転職の理由もアリです!しかし転職失敗の場合や、転職後すぐの妊娠・出産はちょっとしたリスクを伴うこともあるので注意が必要です。この記事では、現在妊活中の女性に向けて「妊活と転職」についてご紹介します。二人目出産を検討している人も必見です!


ちょっと心が軽くなる!「#育児ハック」を実践してみよう

ちょっと心が軽くなる!「#育児ハック」を実践してみよう

「もう少しだけアレが楽になれたらなぁ」など育児にまつわる悩みは尽きません。こんな時は育児の小ネタを実践してみませんか。わずかなひと手間なのに、子育てが驚くほど楽になる、楽しくなる事柄を「育児ハック」と呼んでいます。SNSでは「#育児ハック」とハッシュタグをつけて紹介されています。そのいくつかをピックアップしました。


人気ランキング


>>総合人気ランキング