赤ちゃんにおすすめのスキンケアグッズ3選!コツや選び方も紹介

「赤ちゃんにおすすめのスキンケアグッズ3選!コツや選び方も紹介」のアイキャッチ画像

ちゃんの肌はもちもちでつやつやしていて、「スキンケアする必要はないかも?」と考えていませんか?
しかし、赤ちゃんの肌はデリケートなので、きれいに見えてもスキンケアが必要なんです。
 
今回の記事では、赤ちゃんのスキンケアの重要性から、おすすめグッズ、ケアのコツまで紹介します。

ママエ編集部ママエ編集部
赤ちゃんのスキンケアをどうしようか悩んでいるママは、ぜひチェックしてみてください。

1.赤ちゃんの肌はスキンケアが必要?いつから?

   

きれいに見える赤ちゃんの肌ですが、実はスキンケアしてあげたほうがいいって知っていましたか?
まずは赤ちゃんの肌の特徴やスキンケアをはじめたほうがいい時期について確認していきましょう。
 

1-1.赤ちゃんの肌はデリケート

赤ちゃんの肌は未熟で、薄さは大人の肌の約半分でデリケート。
とくに生後1ヶ月以内の新生児の肌はバリア機能も発達しておらず、乾燥しやすくなっています。
また、生後3ヶ月くらいまではママのホルモンの影響が多少残っているため、新生児ニキビができることがあり、潤いがあるように感じることも。

ママエ編集部ママエ編集部
しかし、実際は潤いが少なく乾燥しやすい状態ので、スキンケアを怠っていると肌トラブルを起こしやすくなる可能性があるんです。

 

1-2.角質が乱れやすい

赤ちゃんの肌は薄くてバリア機能も未発達なため、肌表面の角質が乱れやすいという特徴もあります。
肌の角質の乱れから隙間ができ、その隙間から刺激が入ると、かゆみや皮膚炎につながる可能性があるのです。
また、アレルギー物質も入りやすくなり、食物アレルギーの原因になることも否定できません。
角質の乱れを防ぐためにも、赤ちゃんにはスキンケアが必要です。
 

1-3.産まれてすぐからはじめてあげるのがベター

赤ちゃんのスキンケアは、産まれてからすぐにはじめてあげるのがベターです。
先述した通り、赤ちゃんの肌はデリケートで角質が乱れやすく、肌トラブルを引き起こす可能性があります。
一般的に、肌の表面である表皮が形成されるのは3歳ごろといわれています。
そのため、少なくとも子どもが3歳ごろまでは、育児に追われていてもスキンケアで肌の状態を整えてあげるのがおすすめです。
 

2.赤ちゃんに使うスキンケアグッズを選ぶポイント

赤ちゃんのスキンケアの重要性がわかったら、次はスキンケアグッズ選び!
ここでは、赤ちゃんにぴったりなスキンケアグッズを選びたいママに向けて、選ぶポイントをまとめました。
 

2-1.不要なものが入っていないものがおすすめ

赤ちゃんのスキンケアに使うものは、香料や着色料など、不要なものが入っていないアイテムがおすすめです。
赤ちゃんの肌はデリケートで、不要な成分も入りやすい環境にあります。

そのため、必要な成分以外は極力入っていないアイテムを選ぶのがベターです。
スキンケアグッズを選ぶときは、含まれる成分を確認してみましょう。
 

2-2.赤ちゃんが嫌がらない質感

赤ちゃんによっては、スキンケア用品のベタベタを嫌がることがあるかもしれません。
その場合は、着け心地も重視して選んであげてください。
スキンケアできても赤ちゃんが嫌がっていては、ママもケアが負担に感じてしまいますよね。
 
べたつきが苦手そうな赤ちゃんには、軽い着け心地のローションや乳液タイプなどを試してあげるのがおすすめです。
ただし、肌の潤いが足りず乾燥している場合は、着け心地だけではなく保湿力もあるタイプを選んでケアしてあげましょう。
 

2-3.季節や部位によって使い分ける方法も

赤ちゃんに使うスキンケアグッズは、季節や使う部位によって使い分ける方法もあります。
乾燥しやすい時期には保湿成分重視、べたつきが気になる時期にはサラッとタイプをメインにするなど、季節によってスキンケアグッズを変える工夫をしてみましょう。

ママエ編集部ママエ編集部
 また、乾燥が目立つ部分にはクリームタイプ、比較的目立たない部分はローションやミルクというように、使い分ける方法もおすすめです。

いずれにしても赤ちゃんの肌の状態を観察して、ケアにつながるものを選んであげるのがマストです。
 

2-4.アトピーやドライスキンの場合は専門医に相談を

赤ちゃんのスキンケアは、市販の乳幼児用でもできますが、アトピーやドライスキンなど、肌トラブルがあるようなら専門医に相談するのがおすすめです。
市販のスキンケア用品でカバーできないようなら専門医に診察してもらい、適切な治療薬を処方してもらったほうが赤ちゃんのためになります。
赤ちゃんの肌の状態が気になる場合は、お近くの皮膚科医に診てもらってください。
 

3.赤ちゃんにおすすめのスキンケアグッズ3選

赤ちゃんのスキンケアグッズは意外と豊富にあるので、何を選べばいいか目移りしちゃいますよね。
ここでは赤ちゃんにおすすめのスキンケアグッズを3つご紹介するので、ぜひスキンケアグッズ選びの参考にしてみてください。
 

3-1.2e(ドゥーエ)ベビー 「泡ソープ」

出典:ドゥーエ ベビー 泡ソープ|資生堂

ドゥーエベビーの泡ソープは、「敏感皮膚研究」に基づき作られた製品です。
きめ細やかかつ弾力性がある泡で、赤ちゃんの肌から潤いを奪うことなく、汚れを落とします。
泡立てる必要がなく気軽に洗えるのは、子育てに忙しいママにとって嬉しいですね。

また、うるおいバリアサポート成分を配合!
「無香料・無着色」「アルコール(エチルアルコール)無添加」など、新生児から使える低刺激処方も魅力です。

3-2.ナチュラルサイエンス ママ&キッズ 「ベビーミルキーローション」

出典:ナチュラルサイエンス

ナチュラルサイエンスのベビーミルキーローションは、赤ちゃんの肌に必要なものだけを配合。
ママのお腹の中の羊水に含まれる8種類の潤いアミノ酸とベビーズエマルジョンが、潤いを与えつつ肌のバリア機能を助けます。

ママエ編集部ママエ編集部
サラッとした着け心地が特徴で、べたつきが苦手な赤ちゃんにおすすめです。

伸びがよくなめらかな使い心地で、ケアするママも使いやすいのが嬉しいポイントです。

3-3.ベビーワセリン


出典:楽天市場

 ベビーワセリンは、赤ちゃんから大人まで使えるスキンケアアイテム。
無香料・無着色で、パラベン(防腐剤)フリーです。
一般的なワセリンと比べると不純物が少なめで柔らかく、伸びやすいのが特徴です。
皮膚だけでなく唇にも使えるので、赤ちゃんの唇の乾燥が気になるときにもおすすめです。

4.赤ちゃんのスキンケアをするコツ

最後に、赤ちゃんのスキンケアをするコツを紹介するので、赤ちゃんのケアに取り入れてみてください。
 

4-1.「洗う」&「保湿」がポイント

赤ちゃんのスキンケアは、「洗う」と「保湿」をセットで考えるのがポイント。
肌を清潔にした上で保湿して整えることが、赤ちゃんに必要とされるスキンケアです。
洗うときは摩擦を起こさないよう意識して、優しくなでるように洗ってあげましょう。
保湿は全身くまなく潤うようにケアします。

ママエ編集部ママエ編集部
沐浴やお風呂で洗ったら保湿を心がけて、赤ちゃんの肌を整えてあげてくださいね。
 

 

4-2.紫外線対策も大事

赤ちゃんのスキンケアは、紫外線対策も行うことが大事です。
赤ちゃんのデリケートな肌は、紫外線のダメージからも守ってあげる必要があります。
紫外線が強い時間帯は外出を避けたり、赤ちゃんも使える日焼け止めを塗ったりしてあげましょう。

日焼け止めを使った場合は、きちんと洗い流して保湿ケアをするのをお忘れなく!
 

4-3.冬だけでなく夏も保湿が必要

保湿ケアと聞くと、乾燥しがちな冬をイメージしてしまいますが、夏も保湿が必要です。
実は、汗は体の水分を奪うため乾燥しやすく、紫外線やエアコンも肌の潤いを奪う可能性があります。
そのため、夏も油断しないことが大事です。

夏になっても通常通りのケアを心がけて、赤ちゃんの肌の状態によってはローションやミルク、クリームを使い分けてみてください。

4-4.朝やお風呂上りに保湿ケアがおすすめ

保湿ケアのタイミングは、「朝(おきがえのタイミングなど)」と「お風呂上り」の2回行うのが基本です。
また、乾燥が気になったり、予防したりしたい場合などは、以下のタイミングでもケアしてあげるのがおすすめです。
 

  • 汗を拭いたとき
  • 食べる前にワセリン(肌荒れ防止)
  • ミルクや離乳食などの汚れを拭いた後
  • おむつ替えのとき

 
ぜひ参考に、赤ちゃんにぴったりなケアのタイミングを考えてみてください。
 

5.赤ちゃんの肌はスキンケアで整えてあげて♡

赤ちゃんの肌はデリケートなので、スキンケアが必要です。
慣れないうちは大変かもしれませんが、適切なスキンケアを続けることで、赤ちゃんの肌を優しくサポートしてあげられますよ。

ママエ編集部ママエ編集部
赤ちゃんもママもケアしやすい方法・グッズで、楽しいスキンケアタイムを実践してみてください。