みんなはどうしてる?冬のプレママコート

「みんなはどうしてる?冬のプレママコート」のアイキャッチ画像

に臨月を迎えるプレママにとって、防寒対策は人一倍敏感になることでしょう。
下着やマタニティウェアなどは準備ができても「コート」に関してはいかがでしょうか。
妊娠前の防寒着では、前が閉まらないことから、買いなおしてしまうこともあるでしょう。
この記事では、プレママと防寒着について考えていきます!

妊娠中の冷えは大敵!

冬が近づいてくると気温がかなり低くなり、乾燥するので体調も壊しやすくなります。
いくら妊娠中は暑がりになってしまうといえども、薄着の状態でいては冷えてしまい、体に悪影響を及ぼしてしまいます。
しかし、カイロを使えば、冬場でも十分温かいと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
冷えは妊婦だけではなく、胎児であるお腹の赤ちゃんにとっても大敵となります。

ホルモンバランスの変化が冷えの原因

妊娠中はどうしてもホルモンバランスの変化によって血行が悪くなってしまいます。
また、体型も日ごとに変化しますので、巡りも滞りがちになります。
巡りが悪いため、胸から上だけはほてりを感じやすく、下半身は強い冷えを感じるようになります。
その結果、プレママの体調不良につながることも。

外出時の冬のコートは必須です

暖冬傾向とは言われていますが、防寒着による冷え対策は必要です。
体を寒さから守る効果もありますし、冬場に万一転倒した場合にも防寒着が体を守ってくれます。
こういった理由から、防寒対策には欠かせないアイテムと言えます。

妊娠中に着用するコートについて、わざわざ買い直すべきどうかで悩まれる方もいらっしゃることでしょう。
冬場におなかが大きいという人だけが対象となるため、あえて買い直さないという方が多く、手持ちのコートを活用するプレママもみられます。
妊娠初期~中期のおなかが目立たない時期に冬を越せるのであればそれでもかまわないでしょう。
冬場や春の初めに出産を迎えるプレママや、雪が多い地域で暮らす方は妊娠期に対応するコートを準備することをおすすめします。

おすすめ!プレママ用コート・アウターの選び方

コートは高額で、出産準備をするなら二の次と考えてしまうこともあるでしょう。
このところでは機能的なものも多いので、思い切って1着準備しておくことをおすすめします。
ここでは、プレママ用コートの選び方を紹介します。

①出産後も使えるタイプ

ジッパーがついており、前開き部位にアジャスト布(ダッカー)をつけることで、大きなおなかにも対応できるコートがあります。
こういったタイプは、赤ちゃんのおんぶ用ママコートとしても対応しており、アジャスト布(ダッカー)のセッティングによっては後ろおんぶ、前抱っこなどにも対応可能です。
おんぶの時期は1~2年間続きますので、プレママ期から長く重宝するのではないでしょうか。

②ライナー付きで長く着まわせるタイプ

中綿入りやボア布で作られたライナーがついており、着脱することで秋口~春先まで長く着用可能です。
厳寒の時期だけではなく、妊娠初期から長く着用できるのでおすすめです。
産後も使えるタイプではありませんが、トレンドを抑えたスタイリッシュなデザインのものが多いので、おしゃれに敏感なプレママにおすすめです。

③ダウンジャケットに注目!

妊娠期は、肩が凝る、腰に痛みが出るなど、おなかや胸の重みで体に痛みが生じることがあります。
コート自体は大きく重たいものが多いので、着用することでかえって肩が凝ってしまったということも考えられます。
軽さを重視したダウンジャケットなどはおすすめです。
マタニティ用のコートでもダウンを用いたジャケットの取り扱いがあるので、探してみてはいかがでしょうか?

④お尻が隠れる丈がおすすめ

こちらの記事の冒頭でもお話しましたが、妊娠中は下半身が冷えやすくなります。
少しでも冷えを緩和できる、お尻が隠れる丈の長さのコートをおすすめします。
万一、転倒してしりもちをついた時も、コートの厚みで赤ちゃんや母体を守れるメリットがあります。

メンズやビッグサイズのコートの代用はいい?

やはり、機能性が高いマタニティコートやママコートはそれなりのお値段がします。
レディスサイズの「大きいサイズ」や、メンズ、今流行のビッグシルエットのコートを代用することを考えることもあるでしょう。
臨月を迎えるころには、おなか周りが100cmに近くなることがあるため、15号~17号といったクローバーサイズのコートを代用することもよいでしょう。

しかし、ここで注意したいのが「肩のライン」です。
妊娠中は体の変化が大きいと記していますが、バスト、腹囲、ヒップのサイズが中心です。
肩のラインは妊娠前と変わりません。
大きなサイズは、肩幅も大きく設定されているので、上半身、特に肩のあたりが緩く感じることでしょう。
メンズものやビッグシルエットも同様です。

肩落ちするコートはかえって着心地を重くさせてしまいます。
小柄なプレママは大きなサイズのものよりも、マタニティサイズのものを選んだほうが良いかもしれません。
試着しながら、自分にとってよいコートを選んでみてくださいね。

冬場を温かく過ごしましょう!

妊娠期のコートは体を保温するだけではなく、冬場は危険度が増す転倒などから身を守る役目も果たしてくれます。
機能面やファッション性などいろいろな種類のコートがあるので、自分に似合う一着で産後も使えるコートを探してみましょう。
出産前はアクティブになれる時期です。コートを羽織ってお買い物やお出かけなどにチャレンジしてみてくださいね。