プレママのセンシティブな肌でも使えるコスメとは?NGコスメもあるの?

「プレママのセンシティブな肌でも使えるコスメとは?NGコスメもあるの?」のアイキャッチ画像

娠中のマイナートラブルとして、「普段の化粧品が合わなくなった」という人も見られます。
出産を終えて、時間が経過すれば肌の状態も元通りになる人も見られますが、心配する人もいるでしょう。
また出産後、赤ちゃんと触れ合うときにも安心な化粧品にスイッチしたいと思う人も少なくありません。
ここでは、プレママと化粧品についてクローズアップしました。

妊娠中に気になる肌トラブル

プレママの場合、体質によって肌トラブルが起きやすい状況にあります。
原因のひとつとして、妊娠初期にプロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンが増加してしまうことが挙げられます。

女性の体では、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンがうまくバランスを取っています。
しかし妊娠期には、個人差もありますが、バランスが乱れてしまうことがあります。
妊娠を維持するために必要なプロゲステロン(黄体ホルモン)が過剰分泌されることで、皮脂の分泌が促され肌トラブルの原因になるのです。
また、プロゲステロンにはメラニンを多く生み出すという特徴があります。
メラニンはシミの原因となる色素細胞を活性化させることから、シミができやすくなるトラブルもあります。

妊娠中に起こりやすいのは「ニキビ・乾燥・シミ」のほか、肌のかぶれやかゆみが挙げられます。
妊娠中ならでは特別なケアは必要なく、普段の化粧品を使って保湿を丁寧に行うなどのお手入れで構いません。
しかし、中にはいつもの化粧品が肌に合わなくなったという声もあります。
このようなときは、肌に優しい化粧品にスイッチすることも一案です。

プレママが避けるべきコスメとは

聞いた話ですが、化粧品成分が胎児に影響することがあるそうですね。
化粧品が赤ちゃんに影響を与えることってあるのでしょうか?

 

そんなことはありませんよ!肌に使う通常のコスメの使用量であれば問題ありません。
ただ、化粧品成分が肌の乾燥を強めてしまうこともあるので、見直しは大切ですよ。

 

普段使いの化粧品が肌に合わなくなったという場合、成分をチェックしてみましょう。
もし気になる成分が入っていたら、いったん使うことを控えたほうがよいでしょう。
「胎児に影響を及ぼす」というよりも、プレママの不安によって胎児に酸素が行き届かなくなることが心配です。

もしコスメを使う場合は、以下の成分が含まれているかチェックしましょう。

ホルムアルデヒド

保存料として含まれているもので、皮膚がんなどを引き起こすおそれのある成分です。
また肌を刺激し、アレルギーや炎症を起こす可能性があるとして、日本では使用が禁止されています。
海外でも見直されている成分ですが、一部の国では化粧品に添加されていることがあります。
海外通販などを利用した海外コスメを日常的に使っている人は、注意しましょう。

パラベン

防腐剤として添加されており、製品の細菌などの増殖を防ぐ効果がある成分です。
ホルモンや内分泌系のかく乱を起こす可能性がありますが、通常の化粧品での使用量であればさほど問題ありません。
肌の乾燥を強めてしまう可能性があるので、避けたほうがよいでしょう。

ビタミンA・レチノール(ビタミンA誘導体)・トレチノイン

美白効果やシミ対策などに用いられる成分です。
脂溶性ビタミンAは妊娠中に摂取しすぎると、胎児に先天異常が起こる可能性があるとされています。
そのため、妊娠期の経口摂取の場合1日5,000μg(5mg)までとされています。
コスメの場合、経皮吸収といってもさほど大きいものではありませんし、添加量もごくわずかです。
ただし刺激性がある成分なので、妊娠中は避けたほうがよさそうです。

イソフラボン

女性ホルモンエストロゲンに近い植物性のエストロゲンです。
美白や乾燥肌を防ぐほか、ムダ毛予防成分として知られています。
早産などのリスクもあるので、妊娠中のサプリ使用は禁忌とされています。
化粧品に関しては、さほど敏感になる必要はありませんが、シミが濃くなってしまうなどの思わぬ作用も考えられるため、避けましょう。

このほか避けるべき美容成分として、美白成分のハイドロキノンやネイル落としに使われるトルエン(有機溶剤)などは刺激性が高いので気を付けましょう。

プレママにおすすめのコスメを紹介します!

プレママにおすすめしたいコスメには、オーガニック化粧品や無添加コスメなどがあげられます。
もし、妊娠をきっかけにコスメを見直したいという場合はチェックしておきたいキーワードですね。

オーガニック化粧品とは?

オーガニックとは一般的に「有機栽培」を意味する言葉です。化学肥料を使用せず、無農薬栽培を行った植物由来の成分を抽出して作られた化粧品がオーガニック化粧品です。
それだけではなく、石油系界面活性剤や化学合成された素材を使わないといった約束事もあります。
鉱物油や香料、防腐剤を使わずに肌の調子を整えてくれるため、肌に負担をかけることなく使えるメリットがあります。

無香料のものもありますが、成分由来のにおいを解消するためにエッセンシャルオイル(精油)が添加されている製品もあります。
香りも重視したい場合は、エッセンシャルオイル(精油)配合の成分を利用することも一案です。
ただし、子宮収縮を促し通経作用がある精油もあります。妊娠初期の場合、ジャスミンやカモミールの香りは避けたほうがよいでしょう。

オーガニック化粧品の精油含有量であれば、普段の使用は問題ありませんよ♪
ただし、アロマテラピーを併用している場合は注意してくださいね。
気になる場合は精油の使用を避けたほうがよいでしょう。

無添加化粧品とは?

「無添加化粧品」というキーワードがいろいろな商品に対し出現します。
無添加化粧品の定義は諸説あるのですが、一般的には「旧表示指定成分」が無添加であることが基本的な考え方です。
アレルギーなどを起こしやすい成分として旧薬事法で表示するように促されていた成分を指しています。
代表例としては「パラベン、サリチル酸、ミリスチン酸イソプロピル」などが挙げられます。
これにプラスして、合成香料や合成色素、石油系界面活性剤や鉱物油を使わない化粧品といったポイントも。

最近では、旧表示指定成分よりも性能が高い成分が多数生み出されているます。
そのために、広義で「合成された成分を一切使わない化粧品」という解釈で販売されている化粧品もあります。
使用されている表示成分は事前にチェックすると安心ですね。

プレママでもきれいでいよう!

妊娠中は化粧は二の次になってしまうこともあるでしょう。
洗顔と化粧水といった基礎化粧だけでも丁寧に行い肌の調子を保つことをおすすめします。
保湿を重点的に行うことが、妊娠中の肌ケアのかなめです。
オーガニックや無添加をうたったコスメを使って優しくケアしてくださいね。