妊娠中のブラジャーはどう選ぶ?正しいサイズで快適な着け心地

「妊娠中のブラジャーはどう選ぶ?正しいサイズで快適な着け心地」のアイキャッチ画像

娠中のマイナートラブルとして「バストトップがかゆい」「バストが痛い!」というバストに関する悩みが寄せられます。
「妊娠初期から胸の痛みが常にあった」という声もあり、妊娠前のブラジャーが使えないという人もいます。
この記事では、妊娠中のブラジャーの選び方や、選ぶ際のポイントなどを紹介します。
妊娠中でもきれいなバストラインを保つことはとても大切ですよ!

マタニティブラはなぜいいの?

妊娠中に着けるブラジャーに悩む人は少なくありません。
マタニティインナーのなかでも、マタニティブラジャーはバストを守る大切なインナーです。
締め付けがなく肌に優しい素材で作られていることは理解できますが、わざわざ購入するメリットがあるのか、疑問に感じる人も見られます。
マタニティブラジャーは、妊娠中から卒乳の時期までバストをしっかり守ってくれる大切なアイテムです。
ぜひお気に入りのものを用意することをおすすめします。

マタニティブラジャーは、妊娠出産のプロセスによって著しい変化が起こるバストを、包んで守る機能があります。
また肌が敏感になる時期ですので、摩擦や圧迫感が少なくなるように考えられています。
バストラインをきちんとキープしながら締め付けず、乳腺を圧迫しない設計になっています。

妊娠中や授乳中はバストが非常に敏感になるため、乳腺の圧迫や乳頭の擦れなどは大敵です。
サイズアップして重くなるので、クーパーじん帯をしっかりサポートして胸が垂れるのを防いでくれるメリットもあります。
産後の女性のバストの変化まできちんと考えられています。

いつから着けるのが正解?

マタニティブラジャーを着け始めるタイミングは、妊娠がわかったらすぐに使い始めるのがベスト!
2~3枚準備してサイズアップする前から使うのが安心です。

 

でも、バストアップとともに買い替えが必要なんじゃないかなぁ…。
金銭的に余裕がありません。

 

安心してね!妊娠中のバストは大体2カップほどアップするといわれています。
マタニティーブラは1本で2カップほどサイズアップに対応しているの。
だから、1本で妊娠初期から産後の授乳期を終えるまで使えますよ!

マタニティーブラは、もちろんアンダーバストの変化にも対応しています。
プレママさんの中には、おなかのふくらみ方からマタニティーブラが合わないという人も見られます。
後述しますが、ハーフトップタイプやカシュクールタイプのものなど、さまざまな種類がそろっているで、体形や悩みに合わせて準備してくださいね。

目的は乳腺を守ること!

マタニティインナーは、母体の体の変化を守るための設計がなされています。
マタニティブラジャーなら、変化が著しいバストを正しい位置に保ち続けることで、母乳を出す乳腺や乳管の発達をケアしてくれる機能があります。
万が一、合わない下着で無理な圧迫をしたり、バストをホールドできない下着をつけていると、痛みを感じることがあります。
プレママさんにとって、痛みは「心配や不安」につながりますので、万全な状態を保てる下着をおすすめしています。

ワイヤーブラって、キツそうだし妊娠中は向かなそう…。

 

心配ご無用!
マタニティー用でも、バストトップの高さやラインをキープしてくれるのでかえって安心です。
出産後のバストラインの崩れも抑えられますよ!

マタニティーブラジャーは、ストラップやアンダーベルトのホールド性を重視しています。
バストの垂れに直結するクーパーじん帯を守ってくれるので、痛みの軽減につながりますよ。

マタニティブラジャーはどうやって選べばいい?

マタニティーブラジャーにはいくつかの形があります。

ワイヤーブラ(ゆったり感 ☆☆☆☆★)

バストをホールドしラインをきれいに見せるためにワイヤーが入っているタイプです。
妊娠中でもおしゃれを楽しみたい人や仕事着をきれいに見せたい人などに選ばれています。
サイズアップにも対応しているので、日々変化するバストサイズや形にも対応可能です。
ただしゆったり感は少ないので、つわりの時期などには向かないかもしれません。

ノンワイヤーブラ(ゆったり感 ☆☆☆★★)

ワイヤーが入っていないタイプのブラジャーです。
こちらもバストラインがきれいに出せるので、仕事をしている人などにおすすめです。
ワイヤー入りよりも多少ゆったり感があるので、ワイヤーブラの形が合わないという人におすすめです。

スポーツブラタイプ(ゆったり感 ☆★★★★)

スポーツブラ感覚で着用できるハーフトップタイプのブラジャーです。
ウレタンもしくは布製のカップインソール付きなので、バストトップが透けることはありません。
また、胸の丸みもきれいに見せてくれます。
肩のベルトが太いものが多いので、バストの変化で肩が痛くなるということも少ないでしょう。
ゆったりできるので、つわりがひどい時期や、産前におすすめです。

カシュクールタイプ(ゆったり感 ★★★★★)

ハーフトップタイプのブラジャーですが、カップ部分がカシュクールのように合わせタイプになっています。
これは、授乳兼用ブラともいわれており、赤ちゃんに授乳しやすいよう前がめくれるような構造です。
ホールド力よりも、授乳重視タイプですので、かなりゆったりとした設計になっています。
出産直前から授乳期に準備すると便利です。

ハーフトップタイプには、おなかをすっぽり包んでくれるキャミソールタイプもあります。
冬場などはこちらもおすすめですよ!

 

マタニティーブラジャーのサイズと測り方

マタニティーブラは妊娠前のサイズを目安にサイズが決まります。
妊娠が分かった時に購入する場合は、現状のブラジャーのサイズで購入して差し支えありません。
妊娠中期~後期で買い足しを検討する場合は、アンダーとバストトップのサイズを測っただけでは体に合うものが見つからない場合も。
というのも、バストの変化はバストトップの高さが変わるのではなく、乳房の下部や脇のボリュームがアップするからです。
これは、妊娠前の女性の体と異なる点です。
マタニティーブラは伸縮性に富んでいるので、単純に今の体のサイズではジャストフィットしないことも考えられます。
試着をさせてもらえるお店で体に合うものを探しましょう。

プレママでもバストラインをきれいに!

妊娠中はバストが著しく変化します。
産後にバストラインが大きく崩れないために、妊娠中から最適なブラジャーを選んでバストを守りましょう。
いろいろなタイプのマタニティーブラジャーがありますので、体の調子などを見極めて長く使える1本を探してくださいね。