お宮参り、結婚式、記念撮影で使い分け!赤ちゃん用ドレスを紹介

「お宮参り、結婚式、記念撮影で使い分け!赤ちゃん用ドレスを紹介」のアイキャッチ画像

ビードレスは「セレモニードレス」と言われる物から、長肌着のような感覚で着用できる衣装です。
主に新生児期に着用するもので、1着は持っておくとよいと言われています。
質の良いものは、親子で受け継がれているものもあるのだとか。
ここでは、ベビードレスを準備する際にチェックしてほしいデザインを紹介します。

退院時におすすめ白のベビードレス

レースやシフォンなどで飾られた、白いベビードレスを着せて退院することがあります。
ボンネットとセットで販売されているので、赤ちゃんのお披露目にも最適です。

着用できる時期や機会は、数を数えるほどしかありませんが、お七夜のお披露目からお宮参り、ニューボーンフォトなどに積極的に着用するとよいでしょう。

お宮参りは初着で健康を願おう

お宮参りで和装を検討するなら、「掛け着」や「祝着(産着)」がおすすめです。
ママやおばあちゃまが和装なら、赤ちゃんにも産着と掛け着を準備しましょう。

地域によっては、お宮参りの時に準備した女の子用の祝着を、七五三用の三つ身着物にお直しすることもあります。
七五三用に直すことを見越して、仕立ての良いものを準備することもあるようです。
また、パパが使った産着を受け継いで使われるケースもあります。

わざわざ準備をしなくても、一式レンタルができるお店も多いので、利用するとよいでしょう。

結婚式にはフォーマル仕様のものを

このところでは、授かり婚も一般化しており、家族で末広の席に座ることも増えています。
小さな赤ちゃんも結婚式のメインとして紹介する場合には、フォーマル仕様のお洋服がおすすめです。
それぞれですが、結婚式のタイミングとしては生後半年から1歳頃に行うことが多いようです。
赤ちゃんが嫌がらない程度の服装を心掛け、フォーマルな雰囲気のロンパースやチュチュスカートにレギンスなどを合わせてあげると華やかさが増します。
ヘアバンドなどでおめかしをしてあげましょう。
また、袴ロンパースなど初節句で着せてあげられる和装を模した服もあります。
パパやママが和装婚の場合は、こういったロンパースを選んであげることもいいですね。

記念撮影は赤ちゃん用着ぐるみで!

赤ちゃんは毎日がシャッターチャンスです。
ベビードレスとは毛色が異なりますが、コスチューム衣装を準備することもよいのでしょう。

写真館や寝相アートで記念撮影する際におすすめです。
赤ちゃん専門写真館にも専用のコスチュームがあるので、取り立てて準備をする必要はありませんが、ハロウィンや保育園のイベントなどで準備しておくとよいですね。

着ぐるみ系には動物や虫、キャラクターなどのが市販されています。
普段のかわいい笑顔をコスチューム衣装と一緒に画像に収めてはいかがでしょうか。