【離乳食】お出掛け編①デイリー|親戚や友人宅・公園|ベビーフードを活用しよう!

【離乳食】お出掛け編①デイリー|親戚や友人宅・公園|ベビーフードを活用しよう!

お出かけ先での離乳食は、 「どうやって持って行けばいいの?」 「衛生的に大丈夫なの?」 「食べ残した時の処理は?」 など不安に思いますよね。 赤ちゃんには安心安全なものを食べさせたいから、手作りのお弁当を持参されるママも多いと思います。 でも夏場の暑い時期や冬の寒い時期・・・腐ったり、冷えてかたくならないか不安! お出かけの時こそ赤ちゃんの離乳食はベビーフードにしませんか? ベビーフードは密閉容器に入っているので持ち運びも楽で、温めずに食べさせられるので季節問わず使いやすいですよ。 何よりママの手間が省けるのが嬉しいところ!(笑) 実際のお出かけ時に持参していたベビーフードをご紹介していきます。


基本のお出かけセット

私の場合、離乳食中期からお出かけ先で離乳食を食べさせる機会が多くなりました。 以下の内容は離乳食中期以降で使用していたものになりますのでご参考にしてください。

子どもの食事に使うお出かけセットです。

・スプーン・フォーク
・ヌードルカッター
・マグ
・エプロン
・手拭き・お口拭きシート(ウェットシート)
・ティッシュ
・ナイロン袋(ゴミ袋)
・おやつ
上記のセット+ベビーフードを持ち歩いていました。

コスパよし! 気軽に持ち運べるベビーフード

コスパのいいベビーフードは普段の家での離乳食使いはもちろん、外出先でも重宝します。 味や品質も安心安全なものが多く、大手国内メーカーの物だとお出かけ先でも簡単に入手できるので事前準備を入念にしなくてもすみますよ。

カップ容器タイプ

(左:和光堂/右:キューピー) こちらかなり重宝しました! 友人宅や親戚宅、実家、公園でピクニックやBBQ...などいろんなシーンに持っていきました!

カップが入っていて、和光堂の方はなんとスプーン付き! (画像は和光堂の「BIGサイズ」ですが他の月齢向けのも同じ内容になっています) ただ、食べ残したときの処理に困りました。 新戚宅でまさかの少ししか食べず、ふたを開けてしまっていたのでそのままの状態で持って帰るのも処分してもらうのも気が引けて・・・ 結局、親戚が「これ使って~」とジップロックの密閉容器を借してくれることに。。 そちらに移し替えて持ち帰り、自宅で処分しました。 食べ残した時用に、ゴミ袋や密閉容器を持ち歩いた方がいいなと実感しました。

レトルトタイプ

(左:和光堂/右:morinaga) 普段の家での離乳食や、友人とランチで飲食店に行った時、実家に帰省した時によく活用していました。 値段がリーズナブルなので本当によく使っていました。 ランチで行った飲食店の中には、和光堂のグーグーキッチンを無料で提供しているお店もありましたよ。 ライスだけ注文してレトルトをかけて混ぜて食べさせられます。 自分も食事をしながら食べさせるのは忙しくて大変ですが、パパっと準備ができるので助かりました。

お呼ばれやSNS映えのシーンに! オーガニックベビーフード

オーガニックのベビーフードは普段使いにはちょっとお値段が高いものもありますが、「お出かけ」の時にこそ普段とは雰囲気を変えて食べさせてあげるのもいいですよ。

スパウト付きパウチタイプ

スプーンさえ用意すれば、そのままあげられるのが手軽でとっても便利でした。 残した場合もキャップを閉めれば密閉されるし、何よりもかさばらないので持ち運びがしやすかったです。 こちらの「カインデスト」は、調味料保存料は一切使わず、使う野菜は最大限オーガニックというこだわりの詰まったオーガニックベビーフードです。 しかも、細菌・放射能・衛生検査もオールクリアという、とても衛生的な離乳食なんです。 義父母宅や親戚宅、ママ友とのランチ、冠婚葬祭での食事会など、ちょっと周りの目を意識する場に持って行きました。 「ベビーフードをあげているけど赤ちゃんの食事には気を遣ってますよ~。」をさりげなくアピールしていました(笑)
→ベビーフードのカインデストはこちら

瓶詰タイプ

(左:Ofukuro/右:キューピー) SNSでもよくアップされているオーガニックベビーフードですよね。 こちらも、ピクニックやBBQ、長期の帰省時など、人目が気になるシーンに持って行っていました。 瓶タイプなのでおしゃれ感もあります。 ただ持ち運びには少しかさばるので、私は車で移動する時や荷物を持ってくれる夫がいる時に使っていました。(笑) ※そんなに重くありませんのでご安心ください。

おすすめオーガニックベビーフード

ザ・カインデスト

赤ちゃんのお世話で日々の買い物も大変なママも多いと思います・・・ そんな時はネットでの定期購入が便利ですよ。

→ベビーフードのカインデストはこちら

まとめ

ベビーフードは密閉されていて衛生面でも安心なので外出時の離乳食におすすめです。 ただ、食べ残しをした時や開封時には包装などのゴミが出てくるので、食べ残しを入れる密封容器やゴミ袋などを用意しておくと便利です。 ゴミはなるべく持ち帰って処分してくださいね。 外出先での離乳食の負担を少しでも軽くしてお子様とのお出かけを楽しんでくださいね。

この記事のライター

ママエ編集部の中の人が書いています。
二人子のママ。仕事はライティング中心に様々なママのためになる記事を毎日書いています。

関連する投稿


頑張るママを応援!離乳食を乗り切るためのおすすめグッズをご紹介

頑張るママを応援!離乳食を乗り切るためのおすすめグッズをご紹介

離乳食をスタートする時期が近くなり、準備物に関して悩んでしまうことはありませんか? 育児書を参考にしても、本当に必要なグッズについて正解が見つからないことも。 この記事では、離乳食に役立つグッズを厳選して紹介したします!


【カインデスト】離乳食で悩んでるママ必見!カインデストの定期購入「かみかみコース」を試してみました!

【カインデスト】離乳食で悩んでるママ必見!カインデストの定期購入「かみかみコース」を試してみました!

オーガニック離乳食ザカインデストのお試し3パックを頼んで試してみました! そして、私の娘(1歳)がミタスの離乳食を気に入ってくれたので、定期購入してみることに。 今回は、ミタスを2週間おきの定期購入してみた感想をレビューしていきます!


【生後6ヶ月】赤ちゃん用おすすめウェアやベビーグッズをまとめました!

【生後6ヶ月】赤ちゃん用おすすめウェアやベビーグッズをまとめました!

生後6ヶ月の赤ちゃんは寝返りができるようになり、一人遊びができるようになるころです。 表情も豊かになり、声を立てて笑うなどかわいらしさ全開の時期にも重なります。 新生児期をすぎ、そろそろ月齢に見合ったグッズや、衣服の準備を検討するママのために、おすすめウェアやグッズをご紹介します。


【オーガニックベビーフード完全版】安心・便利なおすすめ無添加オーガニック離乳食

【オーガニックベビーフード完全版】安心・便利なおすすめ無添加オーガニック離乳食

赤ちゃんの「体」と「舌」を育てる離乳食。手作りを頑張るかたわら、安心安全のベビーフードは心強い味方ですよね。産地限定・無添加などこだわり食材の国産無添加からオーガニック(有機)先進国の輸入海外製まで。安心安全を重視するママ・パパにオススメしたいベビーフードをまとめました。 保存期限が長いので、防災備蓄やハーフバースデー等のプレゼントにもオススメです!



最新の投稿


骨盤矯正のお悩み!腰痛を予防する方法ってある?

骨盤矯正のお悩み!腰痛を予防する方法ってある?

産後ママの多くが腰痛防止や下半身痩せのために骨盤矯正グッズを愛用しています。 体が落ち着いてきて、本格的なボディメイクを始めようとした場合、ちょっとしたデメリットが生まれることも。 この記事ではママのお悩みに寄り添いながら腰痛予防や骨盤矯正についてまとめます。 おすすめ骨盤矯正ショーツも併せて紹介しますよ!


絶対かわいいコンビミニのお洋服!月齢別のおすすめは?

絶対かわいいコンビミニのお洋服!月齢別のおすすめは?

コンビミニ(Combimini)はベビー用品販売大手のコンビ株式会社のアパレル部門です。かわいいお洋服や下着がたくさんあってロングセラー品も多いのが特徴。ここではコンビミニが手掛ける月齢別のかわいいお洋服を紹介します!


お宮参り、結婚式、記念撮影で使い分け!赤ちゃん用ドレスを紹介

お宮参り、結婚式、記念撮影で使い分け!赤ちゃん用ドレスを紹介

ベビードレスは「セレモニードレス」と言われる物から、長肌着のような感覚で着用できる衣装です。 主に新生児期に着用するもので、1着は持っておくとよいと言われています。 質の良いものは、親子で受け継がれているものもあるのだとか。 ここでは、ベビードレスを準備する際にチェックしてほしいデザインを紹介します。


産後の薄毛は戻ります!おすすめ育毛ローション2選

産後の薄毛は戻ります!おすすめ育毛ローション2選

出産後数ヶ月経過し、育児にも慣れてくると気になってくるのが「頭皮のこと」ではないでしょうか。 抜け毛が進み、頭皮が目立ってしまういわゆる「薄毛」の状態になっている産後ママも少なくありません。 もちろん薄毛の状態は、ママの体が安定することで解消しますので安心してくださいね。 ここでは、なぜ薄毛になるのかその実態の解説と、薄毛の状態を脱却するための育毛ローションのおすすめ


赤ちゃんの乾燥肌はホームケアで緩和しよう!

赤ちゃんの乾燥肌はホームケアで緩和しよう!

生まれたての赤ちゃんは、乾燥肌を引き起こしやすい状態が続きます。 肌が弱い赤ちゃんもいますが、多くの赤ちゃんがカサカサの肌を経験します。 赤ちゃんの乾燥肌の原因などを知っておくと、ホームケアでふっくら肌を取り戻せますよ。 ママと赤ちゃんのスキンシップタイムにもつながるので、ホームケアの方法を覚えておくことをおすすめします! この記事では、赤ちゃんの乾燥肌の原因やホームケアの方法を紹介します。 保湿に使いたいアイテムの種類なども併せて紹介します!


人気ランキング


>>総合人気ランキング