子育てにはベビーシッターの力を借りてみませんか?サービスの詳細を解説します

「子育てにはベビーシッターの力を借りてみませんか?サービスの詳細を解説します」のアイキャッチ画像

育てと仕事の両立に悩んでいませんか?

・時間がなくてイライラしがち
・心、時間のゆとりを作りたい
・日々を楽しく自信をもって生きたい

大変な子育てを経験したママが、一度は思うことではないでしょうか。
まずは、自分の頑張りに「えらいね」と言葉をかけてあげてください。

今回は、自宅で子育ての代わりをしてくれるベビーシッターのサービスを解説します。

保育のプロに力を借りれば、新しい世界が広がるかもしれません。ぜひ気軽な気持ちで、我が家にも取り入れるか検討してみてください。

ベビーシッターはどんなことを任せられるの?

ベビーシッター

ベビーシッターの仕事は、子どもの保育が中心です。たとえば、以下のサービスをママの代わりにサポートしてくれます。

・幼稚園の送り迎え
・子どもの食事のお世話
・お風呂の入浴
・簡単な家事のサポート
・習い事、塾の送り迎え

仕事が忙しいママ、夫婦の時間を作りたい人など、皆さんさまざまな理由でベビーシッターのサービスを利用しています。

出産後のつらい時期、ママの用事や趣味の時間を作るときにサービスを使うのもおすすめです!

ベビーシッターの利用方法は会社から派遣・仲介アプリの2種類がある

ベビーシッターに仕事を依頼するには、主にふたつの方法があげられます。

・自宅にベビーシッターを派遣する形(サービス会社に登録している人が来る)
・ベビーシッターと利用者を仲介するマッチングサービス(アプリを仲介して自宅に来てもらう)

どちらのサービスを利用するかは、ライフスタイルやサービスに求める優先順位で変わるでしょう。

子育てを任せられるベビーシッターにかかる料金

会社のサービス内容によるものの、ベビーシッターの料金相場は、1時間1,000円程度です。
お住まいの地域によっては、国からの支援が受けられる場合もあるため、通常より安い料金で体験できますよ。

サービス料金以外には、入会金や年会費がかかる会社もあります。

子育てをベビーシッターに頼む上で問題に感じてしまう理由

子どもの世話をベビーシッターに依頼するとき、一番ネックに感じてしまうのはどんなことでしょうか?

「ベビーシッターの力を借りるべきなの?」
「知らない人に任せるのは危険?」
「親として私はひどいの?」

など、子どものことを真剣に思うママだからこそ、サービスの利用を悩んでしまう面もあるのではないでしょうか。
ほかにも、サービスを受けるか迷う人にはこんな理由があげられました。

他人がプライベート空間に入ってくる

自宅に知らない人をあげるのは、多くの人にとって抵抗感がありますよね。

「片づけていない部屋を見られたくない」
「プライベート空間を第三者に知られたくない」

など、私生活のバランスが変化する危機を感じてしまうのです。

費用がかかるため気軽に利用しづらい

ベビーシッターのサービスは一定の料金がかかるため、家庭の事情でお金の工面が難しいこともあります。

「ベビーシッターに任せるほど、お金にゆとりはあるのか?」
と現実視点で考えてしまうからです。

効率化を図って作業量を減らしたいものの、費用の面で悩んでしまうことも多くあります。

子育ては「全部自分でやらなきゃ」とムリをしてしまう

「頼むのはもったいない。わたしが頑張ればいい」
とムリをしていませんか。

責任感があって立派な考え方です。
子どもの教育方針に絶対はないため、それぞれの価値観があるのも当然でしょう。

ただ、一人で頑張りすぎた結果、体と心が疲れて切ってしまうかもしれません。

世間体を気にしてしまう

両親や周りの目を気にしてしまい、SOSが出せないこともめずらしくありません。

「ベビーシッターを使いたいけど、周りから何か言われるかも……」
と、思い留まってしまうことはないでしょうか。

子どもは両親が面倒を見るべき、という価値観にツライ気持ちを感じるかもしれません。

子どもをいつからベビーシッターに預ける?何歳からがいい?

ベビーシッターは、0歳~12歳ぐらいまでの子どもを中心に関わります。
赤ちゃんの場合は、生後約2ヶ月後から預けられるケースが多いようです。

また、会社やベビーシッターの条件により、保育できる子どもの年齢は変わります。
いつから預けるかは、ママや子どもの体調、仕事や家庭、プライベートの状況によりけりです。

心配や不安を感じる方は、ある程度子どもが成長してから頼んでみましょう。

ベビーシッターに子育てを頼むときは3つのポイントを確認

安心してサービスが利用できるように、会社やベビーシッターの名前、住所、連絡先などの情報をしっかり確認しておきましょう。

ほかにも、気にしておきたいポイントがあるので簡単にまとめました。

・ベビーシッター資格の有無、保険に入っているか確認
⇒資格は証明書を見せてもらうと◎

・信用できる会社かどうか?
⇒全国保育サービス協会の加盟かどうか?リストを確認

・契約前にベビーシッターと面談しておくと◎
⇒人柄、仕事の考え方、できることなど

出典:ベビーシッターなどを利用するときの留意点(厚生労働省)

ベビーシッターおすすめのサービス3選を解説!

以下では、ベビービーシッターが探せるサービスの特徴、メリットをまとめました。
あなたにピッタリの会社やベビーシッターが見つかることを願っています。

キッズライン

キッズライン

出典:キッズライン

ベビーシッターのマッチングサービスを提供している会社です。
ほかにも、人気の家事代行サービスを一緒に利用すれば、ママの心強い味方になってくれます♪

キッズラインでは、アプリを使って24時間全国で活躍するベビーシッターの力を借りられますよ。

初期費用は不要で0円からはじめられるのも魅力的。基本料金は、1時間あたり1,000円から使えるため、利用したい日時を選んで依頼できます。
なるべく費用を抑えたい方におすすめのサービスです。

ジャパンベビーシッター サービス

ジャパンベビーシッターサービス

出典:ジャパンベビーシッターサービス

コーディネーターがベビーシッターの仲介役になってくれるため、さまざまな相談がしやすいメリットがあります。

利用料金は、会員が1時間3,500円。入会金は10,000円、年会費は12,000円です。

ベビーシッターサービスの中では、比較的歴史が長い会社なのでコーディネーターのサポート体制が整っている魅力があるでしょう。

詳細が気になる方は、公式サイトから無料の資料請求ができます。
ジャパンベビーシッター サービスについて、不安や心配なことはメールや電話で問い合わせてみましょう。

ベアーズ

ベアーズ

出典:ベアーズ

家事代行を中心に人気のベアーズは、ハウスクリーニングから料理代行まで、幅広い代行サービスを展開しています。

夫婦のデートを応援するプラン、パーティープラン、単発のスポットプランなど、ベビーシッターのサービスも充実♪

ベビーシッターが子どもと一緒に散歩したり、本の読み聞かせをしたりするサービスも◎

料金はプランによって変わるものの、だいたい1時間あたり1,000円程度から利用できます。

各プランからさまざまなシチュエーションでの利用ができるため、ぜひ活用してみましょう。

まとめ:子育てはベビーシッターの力を借りると百人力!

いかがでしたか?
ベビーシッターのサービスを使うときに「こんな使い方でないといけない」という義務はありません。

お子さんが0~12歳の方は、自分の時間をつくるためにもベビーシッターのサービスを利用してみませんか。

依頼するときの注意点を確認したり、サービス会社の情報を収集したりすれば、ベビーシッターのサービスに感じる不安や心配を減らせるかもしれません。

あなたが子どもを愛する気持ちと同じくらい、自分の人生にも輝く時間を取り入れてみてくださいね。