家族お揃いが楽しめるユニクロのベビー服!月齢別のおすすめは?

「家族お揃いが楽しめるユニクロのベビー服!月齢別のおすすめは?」のアイキャッチ画像

ニクロ(uniqlo)は、レディースからメンズ、キッズ服など、年齢性別問わずオールジャンルのカジュアル服が揃っています。
ユニクロでは、ベビー服の取り扱いもあり、新生児からトドラーサイズまで幅広い商品展開があります。
この記事では、ユニクロのベビー服を赤ちゃんの成長に合わせて紹介してまいります。

新生児期(0~3ヶ月)

産後間もない赤ちゃんには、まず肌着を選んであげましょう。
ユニクロの肌着には、短肌着とコンビ肌着があります。
2枚組でリーズナブルな価格帯なので、まとめて準備しておきましょう。

ユニクロの肌着は、コットン100%で柔らかく、伸縮性もあるので赤ちゃんの肌を優しく包み込んでくれます。
かわいらしい柄も多いので、

3枚1組で販売されているベビースタイもおすすめです。
スタイの表面はコットン100%で、裏面は吸水性と速乾性に優れたエアリズムパイル素材を使用するなど、機能性も抜群です。
お洋服に合わせて表裏を変えられるのもいいですね。
また、プラスチックスナップを使用しているため、肌に優しいのもうれしい仕様です。

ねんね期~1歳ころまで

生後3ヶ月からの赤ちゃんは、手足の動きが活発になります。
赤ちゃんの動きを妨げない伸縮性のある服が必要です。
ユニクロのベビー用ボディスーツは、身体を動かし始める赤ちゃんにおすすめのベビー服。
下着に使うのももちろん、重ね着などにも使えるので季節を問わず着用可能です。
デザインも豊富で、ブランドコラボやデザイン性があるものなど、さまざまなタイプがあります。

カバーオールは股下を全開にできるため、お着替えやおむつ替えもスムーズです。
程よく厚みがあるので、気温に関係なく着せられ、外出時でも役に立ってくれます。

乳幼児期(6ヶ月以降)

生後6ヶ月からの乳幼児は、ハイハイの前段階の姿勢になり、寝返りができるようになります。
このころから、月齢を重ねるごとにできることが増えてくる時期です。
汗っかきの赤ちゃんには、汗を吸収してくれるインナーがおすすめです。
コットンメッシュインナーはメッシュ素材で通気性が良く、ストレッチ性もあり、肌馴染みの良い滑らかな触り心地です。
赤ちゃんの背丈に合ったサイズにしてあるので、着せやすさも抜群です。
コットンインナー類なども豊富なので、季節や衣服の調節に最適です。

1歳前後になると、あんよが始まります。
転んでしまっても傷がつかないよう、レギンスが役立ちます。
レギンスは丈の長さが選べるほか、柄やカラーが豊富です。
スカートやハーフパンツとの重ね着のほか、ボトムス代わりに使うことも可能で、何枚か持っていると便利です。

レギンスをかわいらしく見せてくれるトップスは、70サイズより大きくなるにつれてバリエーションが増えてくるので、ママのセンスの見せ所につながります。

赤ちゃんの成長に合わせてタイムリーに買い足そう

ユニクロは、ファストファッションの強みを活かし、季節ごとに新しいモデルが発売されています。
定番品から話題の品までバランスよく新商品が出ているので、いつ出かけてもお目当てのアイテムが購入可能です。
赤ちゃんの成長に合わせて、タイムリーなアイテムを買い足すのがベター。
無駄な買い物を減らせるうえ、赤ちゃんに似合うアイテムがすぐに見つかりますよ。

UNIQLOオンラインストア