【特集】保冷&保温機能付きマザーズバッグ&リュック 9選|真夏&真冬のお出かけも安心!

【特集】保冷&保温機能付きマザーズバッグ&リュック 9選|真夏&真冬のお出かけも安心!


中症から冬の寒さ対策まで、日本で過ごすママ達は、赤ちゃんのために気温と気候の変化にかしこく対処しなければなりません。
とくに夏冬問わず脱水症状を起こしやすい赤ちゃんは、適温での水分補給がとっても大切。
その心強いサポート役になってくれるのが保冷保温機能のグッズです

マザーズバッグについている保冷保温機能は、おもに2タイプ。
付属品として付いてくる独立タイプ”と、本体バックに組み込まれている内蔵タイプ”
今回はこの2つのタイプのメリット・デメリットを含めながら、オススメ商品をご紹介します。

マザーズバッグとの統一デザインが魅力!「独立タイプ」

写真は【HARU】3WAYマザーズトートバッグ

マザーズバッグの保冷保温機能で一番多く見られるのが、この“独立タイプ”
「これなら別売りの保冷保存商品を買えばよいのでは?」と思うママも多いかもしれません。
しかしながら、独立タイプの最大の魅力は本体バッグ・デザインとの統一感♪バッグ内に収納してもしっくり落ち着き、他の荷物とのゴチャッと感がありません。
また、機能・効果にもよりますが別売で購入すると、おおよその価格は1500円から2000円ほど。付属ならではの割安感は否めませんよね☆

【独立型のメリットとデメリット】

メリット デメリット
バッグとデザインが統一されていてオシャレ ついついバッグに入れるのを忘れる
バッグ内の見た目がゴチャつきにくい  
別売で買うより割安♪  
単独で使いまわしができる  

 

「独立タイプ」オススメのマザーズバッグ☆4

①【ティアティア】sasha
2WAY マザーズトート

全9ポケット!使いやすさカワイさが魅力ボトルホルダーの他、小物も充実♪

本体価格:11,800円(税別)
※完売しました

②【レッシグ】グリーン タイベ バッグパック
3WAY マザーズリュック
保冷保温ボトルホルダーは、哺乳瓶はもちろん500mlのボトルもすっぽり!

本体価格:15,000円(税別)
※完売しました

【レッシグ】グラムゴールディ バックパック
3WAY マザーズリュック
上品なデザインで働くママに大人気♪ 大きめの保冷保温ボトルホルダー付き☆

本体価格:13,000円(税別)
※完売しました

④【ハル】
3WAYマザーズトートバッグ
保冷保温ボトルホルダーにはストラップもついて単品使用に便利♪

本体価格
SALE26%OFF
9,800円(税別)
定価13,300円(税別)
※完売しました

 

ココに入れれば、いつでも安心!「内蔵タイプ」

写真は【TWELVElittle】サッチェル

“内蔵タイプ”の魅力は、カバン内でのボトル位置がしっかり決まること。
出し入れの回数が多いペットボトルなど、手を突っ込んだだけで即キャッチ♪ 保冷保温機能つきなので、ほかの荷物に水滴がついたり、温度が伝わる心配もありません☆
バッグを持てば、保冷保温もついてくる手軽さはママにとっては大助かり♪

【内蔵タイプのメリットとデメリット】

メリット デメリット
ボトル位置が固定なので出し入れしやすい 保冷・保温機能のみ取り出すことは×
冷たい(温かい)物を入れても、ほかの荷物への影響はほとんど無し!  
バッグ一体なので忘れる心配もなくとっても便利♪  

 

「内蔵タイプ」オススメのマザーズバッグ☆3選

①【ハーベストヒルズ】
2WAYトートバッグ

超軽量☆内側についた保冷保温ボトルホルダーはボトルの出し入れがしやすく便利!

本体価格:12,000円(税別)
※完売しました

②【ハーベストヒルズ】
2WAYマザーズリュック

ママがほしい機能満載のバッグ。内側に便利な保冷保温ボトルホルダー付き

本体価格:13,000円(税別)
※完売しました

③【トゥエルヴ リトル】
2WAYマザーズトート
サイドポケットに保冷・保温機能☆出し入れ簡単でとっても便利♪


本体価格:15,000円(税別)
※完売しました

【まとめ】

いかがでしたか?マザーズバッグの保冷保温機能にも色々ありますよね。
保冷も保温も、要はその温度をできるだけ保つということ。
暑い夏の保冷はもちろん、気温の低いときなどはミルクや離乳食の保温にも役立ちます。
一年中使える、赤ちゃんとのお出かけには欠かせない「保冷保温機能」が付いたマザーズバッグ。ぜひ、バッグ選びの参考にしてみてくださいね。

これは使える!100均便利グッズ

『100円ショップ』でこんなかわいい保冷グッズ見つけました!

保冷材のコピー

細長いスリムタイプで、ペットボトルなどに固定できるようゴムが付いています。今回紹介しました保冷機能付きマザーズバッグのボトルポケット、ボトルホルダーにもピッタリでしたよ♪

保冷材1のコピー

 

※サイト内の文章、画像などの著作物はmamaeに属します。無断転載を禁止します。

SNS

▼Instaglam

▼LINE@

▼facebook

▼ママスタッフ達が、ママに役立つ情報を配信中!
【mamae ショッピングサイト】

この記事のライター

ママエ編集部の中の人が書いています。
二人子のママ。仕事はライティング中心に様々なママのためになる記事を毎日書いています。

関連する投稿


絶対かわいいコンビミニのお洋服!月齢別のおすすめは?

絶対かわいいコンビミニのお洋服!月齢別のおすすめは?

コンビミニ(Combimini)はベビー用品販売大手のコンビ株式会社のアパレル部門です。かわいいお洋服や下着がたくさんあってロングセラー品も多いのが特徴。ここではコンビミニが手掛ける月齢別のかわいいお洋服を紹介します!


お宮参り、結婚式、記念撮影で使い分け!赤ちゃん用ドレスを紹介

お宮参り、結婚式、記念撮影で使い分け!赤ちゃん用ドレスを紹介

ベビードレスは「セレモニードレス」と言われる物から、長肌着のような感覚で着用できる衣装です。 主に新生児期に着用するもので、1着は持っておくとよいと言われています。 質の良いものは、親子で受け継がれているものもあるのだとか。 ここでは、ベビードレスを準備する際にチェックしてほしいデザインを紹介します。


おしゃれなプレママ必見!人気ブランドのマタニティスカートをピックアップ!

おしゃれなプレママ必見!人気ブランドのマタニティスカートをピックアップ!

おしゃれを思いっきり楽しみたいというプレママのために、おすすめできるマタニティスカートをご紹介します。 着心地ばつぐん!かつスタイリッシュに見せてくれるアイテムをピックアップしますので、ぜひ参考にしてくださいね。


赤ちゃんに合った洋服の選び方&おすすめのベビー服ブランド

赤ちゃんに合った洋服の選び方&おすすめのベビー服ブランド

出産準備品としてベビー服の準備を考えるとき、どのような服を購入すべきか迷うこともあるでしょう。 そんな時は、こちらの記事をご覧ください。 月齢に合わせたベビー服の選び方や、おすすめのブランドまで一挙に紹介します。


赤ちゃんが快適に過ごすための新生児服の選び方

赤ちゃんが快適に過ごすための新生児服の選び方

新生児の服を購入する際に、どのように選んだら良いのか悩んでしまうこともあるでしょう。 かわいさはもちろんのこと、わが子が快適に過ごせる服を選びたいですよね。 この記事では、新生児の衣服に関して、その選び方や注意点について紹介します。


最新の投稿


骨盤矯正のお悩み!腰痛を予防する方法ってある?

骨盤矯正のお悩み!腰痛を予防する方法ってある?

産後ママの多くが腰痛防止や下半身痩せのために骨盤矯正グッズを愛用しています。 体が落ち着いてきて、本格的なボディメイクを始めようとした場合、ちょっとしたデメリットが生まれることも。 この記事ではママのお悩みに寄り添いながら腰痛予防や骨盤矯正についてまとめます。 おすすめ骨盤矯正ショーツも併せて紹介しますよ!


絶対かわいいコンビミニのお洋服!月齢別のおすすめは?

絶対かわいいコンビミニのお洋服!月齢別のおすすめは?

コンビミニ(Combimini)はベビー用品販売大手のコンビ株式会社のアパレル部門です。かわいいお洋服や下着がたくさんあってロングセラー品も多いのが特徴。ここではコンビミニが手掛ける月齢別のかわいいお洋服を紹介します!


お宮参り、結婚式、記念撮影で使い分け!赤ちゃん用ドレスを紹介

お宮参り、結婚式、記念撮影で使い分け!赤ちゃん用ドレスを紹介

ベビードレスは「セレモニードレス」と言われる物から、長肌着のような感覚で着用できる衣装です。 主に新生児期に着用するもので、1着は持っておくとよいと言われています。 質の良いものは、親子で受け継がれているものもあるのだとか。 ここでは、ベビードレスを準備する際にチェックしてほしいデザインを紹介します。


産後の薄毛は戻ります!おすすめ育毛ローション2選

産後の薄毛は戻ります!おすすめ育毛ローション2選

出産後数ヶ月経過し、育児にも慣れてくると気になってくるのが「頭皮のこと」ではないでしょうか。 抜け毛が進み、頭皮が目立ってしまういわゆる「薄毛」の状態になっている産後ママも少なくありません。 もちろん薄毛の状態は、ママの体が安定することで解消しますので安心してくださいね。 ここでは、なぜ薄毛になるのかその実態の解説と、薄毛の状態を脱却するための育毛ローションのおすすめ


赤ちゃんの乾燥肌はホームケアで緩和しよう!

赤ちゃんの乾燥肌はホームケアで緩和しよう!

生まれたての赤ちゃんは、乾燥肌を引き起こしやすい状態が続きます。 肌が弱い赤ちゃんもいますが、多くの赤ちゃんがカサカサの肌を経験します。 赤ちゃんの乾燥肌の原因などを知っておくと、ホームケアでふっくら肌を取り戻せますよ。 ママと赤ちゃんのスキンシップタイムにもつながるので、ホームケアの方法を覚えておくことをおすすめします! この記事では、赤ちゃんの乾燥肌の原因やホームケアの方法を紹介します。 保湿に使いたいアイテムの種類なども併せて紹介します!


人気ランキング


>>総合人気ランキング