【忙しママのズボラ家事/掃除・洗濯編|コードレス掃除機でイライラがなくなった!】


事は365日休みなくやってきます。
小さな赤ちゃんがいて、思うように家事ができない!というママも
働きながらの子育てで時間が足りない!というママもいますよね。

私自身子育てと仕事、家事に追われる毎日ですが
めんどくさがり屋の大雑把ゆえ
どうしたら家事に”手抜きができるか”を
考えて日々を過ごしています
(自慢できることじゃないですが(笑))。

今回はズボラな私が行っている
手抜き家事の方法をご紹介しますね。

その1.コードレス掃除機でラク掃除

SONY DSC

掃除機、どんなタイプのものを使っていますか?

我が家は以前ごく普通のコード型の掃除機を使っていました。

これ、当然のことながら掃除機を使おうと思ったら
いちいちコードを引っ張り出して
かがんでコンセントに差し
また別の部屋に移動する時は
コードも差し替えなくてはなりません。

これくらいのことでも非常に面倒なんです(笑)。

しかもコードが変に絡まったり
本体が倒れたりとイライラするので
掃除機を使う頻度は少なくなっていきました。

そこで思い切って買い換えてみたんです、
コードレスタイプの掃除機に。

私が選ぶポイントにしたのは
・自立式であること!
子どもが小さいと家事の手が止まったりするので
その時立てて置ける自立式の方が断然便利です。

・出しっぱなしでも大丈夫なデザイン

・軽くて使いやすい

ということで北欧スウェーデン生まれエレクトロラクスの
コードレス掃除機が我が家にやってきました。

本当にこれが革命的!

この掃除機はスタンドに立てておくと
自動で充電してくれる仕組みになっています。

子どもがおやつを食べ散らかしても
すっと掃除機を取り出して、ささっと掃除ができちゃいます。

食べ散らかしにイライラしていたのに
今では掃除が楽しくなってしまいました。

SONY DSC

コードレス掃除機に買い換えてから
1分でもスキマ時間が出来たら
ささっと掃除が習慣になりいい感じです^^

その2.洗濯物はたたまない

7
▲それぞれのボックスにポイポイ入れるだけ

洗濯も毎日嫌でもやってくる家事のひとつですよね。
洗濯自体は洗濯機が自動でやってくれるのでよいのですが
問題はそのあとです。

私の場合、大きな声では言えないのですが
下着類はたたみません。

どうしているのかというと
家族分の下着ボックスを用意しています。

しわが気にならない下着類は
家族それぞれのボックスに放り込むだけで終了です。

その3.ゴミ箱は集中型で

5
▲ゴミ箱はsimple humanのものを使用。大容量でフタが閉じるのが◎

我が家にはゴミ箱が2つしかありません。
キッチンに置いている大きなゴミ箱と
洗面所に置いている小さなゴミ箱だけです。

ゴミ箱が各部屋にたくさんあると
ゴミの日に集めて回らなくてはならないので面倒なんですよね。

その手間を省くために
大きめのゴミ箱を買って
ゴミの方から(つまり捨てる人に)移動してもらうことにしました。

缶やビンなどのゴミ箱はまた別にあるのですが
一般ゴミは2つのゴミ箱だけで何とかなっていますよ~。

その4.マット類は極力少なく

1
▲我が家のキッチン

マットの話とは少し離れてしまうのですが
結婚した頃、実家の母が用意してくれたもののひとつに
キッチンで使う洗い桶がありました。

つけ置きしておくためのものですね。

私は食べたらすぐ食器類を洗う派なので
洗い桶の良さがよくわかりませんでした。

場所もとるし、ぬるぬるするし思いきって処分してみたのですが
何の不便もありませんでした。

マット類も同じだと思います。

キッチンマット、玄関マット、トイレマット、
世の中にはたくさんのマット類があって
その全てが当然必要と言わんばかりですが
マットって意外と汚れて洗わなくてはならないし
洗うと乾きにくいし…。

トイレマットも
息子のトイレトレーニングの際に汚れるので
処分してしまいました。

うちにはバスマットしかありません。
それでも全然大丈夫ですよ!

その5.雑巾は使わない

6
▲お気に入りのカゴに入れた布でいつでもお手軽掃除

我が家には雑巾もありません。

というのも雑巾を使って干しておくその光景が嫌なんです。

以前本で見かけたのが
使い古した洋服を適度なサイズの大きさに切って
ストックしておくという方法でした。

これだと必要なときに濡らして使って
汚れたらポイと捨てるだけ、とお手軽。

いつでも手の届くところに置いておいて
汚れに気がついたら
ささっとお掃除ができるので
とってもおすすめですよ~。

・・・・・・・・・・・・・

家事ってやってもやってもキリがなくて
毎日続くもの。

不便と感じていることに
思い切ってラク家電を投入してみるのも
いいかもしれません。

必要だと思い込んでいたものも
なくしてみたら意外と何とかなったりするので
見直してみると手間が省けるかもしれませんよ。

みなさんのお宅にも「ズボラ家事」のいい方法が
あればぜひ教えてくださいね!

次回ズボラ家事の料理編をお届けする予定です~。

スポンサーリンク

関連記事一覧