オシャレで使いやすいマザーズリュック【おすすめ9選】人気のママリュックを徹底分析☆|mamae(ママエ)

「マザーズリュックって、本当に使いやすいの?」
「普通のリュックでも、ママリュックとして使える?」
「おすすめのブランドはどれ?」

両手が空き、荷物の負担も少ないマザーズリュックは、今やおしゃれママ達の定番スタイル
子供が歩きだし、今まさにリュック・デビューを考えているママも多いのでは?

そういう私(mamae・スタッフ)も目の離せない1歳半の息子を抱え、リュック購入を考えている1人。今回は専門店の視点から、そして現役ママの立場から、ママにとって“本当に使える”リュックを考えてみたいと思います☆

すぐに商品を見たい方はコチラ

一見すると、どれも同じに見えるママリュックですが、その中身は大きく2つに分かれます。

■1つ目は、一般のリュックを“ママリュック”に流用している『普通のリュック』
■2つ目は、オムツ・哺乳瓶入れなど子育て機能を持った『マザーズリュック』

その比率はというと、今のところ『普通のリュック』『マザーズリュック』を上回っている感じでしょうか☆

「どちらがいいの?どれを選ぶべき?」

うーん。迷いますよね…。
ネットを検索しても、情報があふれていて迷走するばかり…。

  • 悩めるママたちの声を、詳しく聞いてみると…
    ■子ども3人。大容量のリュックがほしい!
    ■ほかのママとかぶらないリュックはどれ?
    ■ファッションに合う、キレイ目リュックを探しています。
    ■小柄な私には、20Lサイズは大きすぎる

などなど抱える問題もさまざま。
かといって子育てに忙しい毎日、リュック探しに時間をかけてもいられません!

最短の近道は、
相手(=リュック)を知ること。
そして、自分を知ること。

とういうことで!まずはリュックを知るために、『マザーズリュック』『普通のリュック』のメリット・デメリットを徹底比較!

悩めるママの“リュック選び”を一緒に解決できればうれしいです☆

『マザーズリュック』VS普通のリュック徹底比較!

小さな子どもとの外出時、かゆ~い所に手が届くのがマザーズリュック
背面ファスナー付きで背負ったまま財布が取り出せたり、抱っこ紐をしたままショルダーベルトが外せたり☆

一方、普通のリュックを選ぶママの最大のポイントは“おしゃれ感”と“お値段”。数多くの中から“自分好み”をセレクトできるのも最大の魅力です♪

マザーズリュック 普通のリュック
 

 

 

 






大容量:
1日のおでかけグッズがスッキリ収納でき、1つにまとまる。

整理しやすい:
哺乳瓶、オムツなどよく使う物の定位置が決まり、取り出しやすい。
多彩なポケット:
サイド&背面にポケットがあり、細かい/必要な物をサッと取り出せる。

軽くて丈夫:
軽量設計なものが多く、長時間持っても負担が少ない。

付属品が豊富:

ショルダーベルト/ベビーカーフック/オムツシートなどの付属品が豊富。
ブランドが選べる:
人気のブランドやトレンドの商品が選べる。

バリエが豊富:
デザイン・色・大きさのバリエが豊富で自分の好みが選べる。

普段づかいもOK:
子育て期を過ぎても、普段づかいに使える。

プチプラ商品もあり:
プチプラからハイブランドまで価格も幅広く選べる。
 







プチプラ商品が少ない:
機能や性能が高い分、その価値が価格に反映される

バリエが少ない:
一般のリュックに比べると、デザイン・色・大きさのバリエが少ない。
荷物がゴチャ:
ポケットや仕切りが少なく、荷物がごちゃっとなりがち。


入れにくい:
鍵/財布/定期などが入れにくい(ミニショルダーと2個持ちになることも)。

軽くない:
「軽さ」にこだわった物が少ない。

あなたに合うのはどちらのタイプ?
「自分を知る」ためのチェックリスト

「マザーズリュック」「普通のリュック」のそれぞれの特徴を理解したら、最後は自分のこだわりや大切にしたいポイントをチェック!

それぞれの質問項目で、自分がピン!とくる色を数えてね☆

機能よければ、多少値段が高くても仕方ない 価格は安ければ安いほどいい
デザインよりも
”ママサポート機能”が気になる
やっぱりデザイン性は外せない!
荷物は定位置が決まっている方が入れやすい 荷物は細ごま入れるより、ざっくりでいい
大容量は外せない 容量はこだわらない
付属品があればうれしい 付属品は特にいらない

[水色]の数が多かったママは、
『普通のリュック』がおすすめ!!

[ピンク]の数が多かったママは、
『マザーズリュック』へGO!


いかがでしたか?
ちなみに私は、ピンクが3つで『マザーズリュック』との結果が…。
マザーズバッグ専門店で働く人間の性(さが)でしょうか、ピンク3つは微妙な気もしますが笑。

以下、マザーズリュック(カジュアル派・きれい目・男女兼用)のおすすめ9選を、それぞれファッションテイスト別&価格順にご紹介します☆

マザーズリュック☆おすすめ《9選》

カジュアル/マザーズリュック

【REAL STYLE/リアルスタイル】
多機能マザーズリュック

参考価格
3,686円(税別)
【MINICIAL/ミニシャル】
多機能マザーズリュック

参考価格
5,940円(税別)
【ファムベリー】
マザーズリュック

参考価格
8,976円(税別)


きれいめ/マザーズリュック

【mama&chouette/ママ&シュエット】
マザーズリュック

参考価格
10,800円(税別)
【D’colle/ディーコレ】
Cindy plus/シンディープラス

本体価格
14,800円(税別)
▼販売サイト▼
D’colle公式販売店
【D’colle/ディーコレ】
Primo/プリモ

本体価格
15,800円(税別)
▼販売サイト▼
D’colle公式販売店

男女兼用/マザーズリュック

【andot/アンドット】
マザーズリュック

参考価格
6,300円(税別)
【HannaHula/ハンナフラ】
バックパックベーシック

本体価格
7,900円(税別)
▼販売サイト▼
mamae公式販売店
【HARVEST HILLS/ハーベストヒルズ】
2WAYリュック

本体価格
12,000円(税別)~
▼販売サイト▼
mamae公式販売店

【まとめ】

これだ!と思うリュックは見つかりましたか?
mamaeではこの他にも多彩なマザーズバック/普通のリュックを取り揃えています。
ぜひご覧ください☆

※サイト内の文章、画像などの著作物はmamaeに属します。無断転載を禁止します。

SNS

▼Instaglam

▼LINE@

▼facebook

▼ママスタッフ達が、ママに役立つ情報を配信中!
【mamae ショッピングサイト】

マザーズバッグ・ママリュックの専門店です。軽い大容量のリュック、ショルダー、トートからミニバッグまで取り揃え、出産準備や出産祝いとして選ばれ続けています。2013年から68000個以上販売しています。機能性とデザインを追求したD’colle(ディーコレ)が購入できるのはmamaeだけ。

スポンサーリンク

関連記事一覧