【離乳食を楽しもう!】今年のお正月は赤ちゃんも一緒に!おせち離乳食

こんにちは!離乳食インストラクターの中田馨です。

♪もう~いくつ寝るとお正月♪
あと少しでお正月ですね。
今年のお正月は、赤ちゃんも一緒。
去年はまだ離乳食を食べていなかった赤ちゃんも、今年は何か一緒に食べられたらいいですね。
今日は、赤ちゃんのための【おせち離乳食】を4品ご紹介しますね!

おせち離乳食

じゃがいも団子の赤ちゃんお雑煮

じゃがいも団子の赤ちゃんお雑煮

お正月、神様にお供えするおもちを、家族で分け合って食べることで、その年、豊作・繁栄すると言われています。
赤ちゃんは、おもちはまだ食べられないから、すりおろしたじゃがいもでお団子を作っていただきます。

【材料】
じゃがいも 1/4個
にんじん 2cm分
大根 1cm分
ほうれん草 少し
片栗粉 大さじ1
かつお昆布だし 400ml
味噌 0.5ml

【作り方】
1. じゃがいもはすりおろしてザルにあげて水気をとり、片栗粉と混ぜ合わせておく
2. 大根、にんじんを花形に形とる。ほうれん草は1cm幅に切る
3. かつお昆布だしに大根、にんじんを入れて煮る
4. 3が軟らかくなったら1を小さい団子状にして煮る
5. 最後にほうれん草と味噌を入れ、ほうれん草がしんなりしたら火を止める

里芋のあっさり煮

%E9%87%8C%E8%8A%8B%E7%85%AE

根菜を中心とした野菜などを一緒に煮る煮しめ。
家族が仲良く結ばれるそうです。
いつもの里芋煮を、少しだけおしゃれに。

【材料】
里芋 1個
かつお昆布だし 300ml
かつお節 少し
薄口しょうゆ 0.5ml

【作り方】
1. 里芋は皮をむき1cm角に切る
2. かつお昆布だしに里芋を入れてコトコト煮る
3. 軟らかくなったら薄口しょうゆを入れ、ひと煮立ちしたら火を止める
4. 食べるまでだしにつけておく
5. 食べる時にかつお節を上に添える

だて巻き風卵焼き

だて巻き風卵焼き

江戸時代「カステラ蒲鉾」が、伊達者(シャレ者)たちの着物に似ていたことから、伊達巻と呼ばれるように。
本来は白身魚を練り込みますが、今日は麩を入れて、薄焼き卵焼きをクルクルまいてだて巻き風に。

【材料】
卵 1/2個
豆乳 大1
麩 3つ

【作り方】
1. 豆乳と卵と砕いた麩を器に混ぜ入れる
2. 薄焼き卵を作る
3. 巻いてラップに包む
4. 冷えたら輪切りにする

ぶりの照り焼き

ぶりの照り焼き

出世魚のぶり。
出世を願って作られるおせちです。
おせち料理の定番人気メニューのブリの照り焼き。
赤ちゃんにはタレをひと塗りするだけでOKです。

【材料】
ブリ 20g
A しょう油 0.5ml
きび砂糖 0.5g

【作り方】
1. ブリにAのタレをひと塗りします
2. フライパンにクッキングシートを敷いて蓋をして、ぶりを蒸し焼きにする

▼サイトトップページ

まとめ

いかがでしたか?
味付けを変えると大人も美味しく食べられます。
パパとママも赤ちゃんと一緒のお節メニューが1品あると、楽しいですね。

※サイト内の文章、画像などの著作物はmamaeに属します。無断転載を禁止します。

▼ママスタッフ達が、ママに役立つ情報を配信中!
【mamae ショッピングサイト】

 

スポンサーリンク

関連記事一覧