【商品リニューアル情報】マザーズリュックCindyが縫製の強度と使いやすさをリニューアル!|mamae(ママエ)

マの必需品、マザーズリュックD’colle(ディーコレ)のCindy(シンディ)は、発売以来一番人気で多くのママに愛用されているマザーズリュックです。

たくさんのママの元へ届けられる中で、もっとこうして欲しい、ここを改良して欲しいという声があがることがあります。

そのため、メーカーではお客様の声からいただいた要望や問題点を真摯に受け止め、デザイナーによる検証と改善案をもとに、今回シンディの仕様がリニューアルされたので、その内容をご紹介します。

リニューアルポイント①肩ベルトの縫製を強化

シンディの従来の肩ベルトは、リュックのカーブに沿って縫い留められています。
そうするとどんな熟練の職人の手であっても、縫製がしっかりしている部分と、そうでない部分の誤差がどうしても生じてしまい、重いものを入れていた一部の方から肩ベルトのつけ根が本体から抜けるという声が寄せられました。

今回の改良点

・肩ベルトの縫製部分をカーブではなく直線に変更
・肩ベルトを縫い留める強化テープを使用
・直線で縫製することで、肩ベルトがよりしっかりと装着


▲左が従来の縫製、右がリニューアル版の縫製です。

肩ベルトを従来のカーブに沿った縫製ではなく、直線の縫製に変更することで、より強度が増しました。

マザーズバッグは子供の荷物と、ママの荷物を合わせるとどうしても重量が重くなります。
しっかりとした強度を追求することで、より安心してお持ちいただけます。

リニューアルポイント②肩ベルトのフィット感がUP

シンディの肩ベルトは従来のものは、幅広タイプのストレート型になっています。
こうすることで、背負った際の肩への負担がかかりにくく、荷物の重量を分散しやすいため、バランスよくリュックを背負うことができます。

子供を抱っこしながら長時間リュックを背負うママに向けて、
今回、さらに疲れにくいよう肩ベルトの形状にカーブをつけた仕様になりました。

今回の改良点

・肩ベルトにカーブがついた仕様に変更

こうすることで、背中へのフィット感が増し、より疲れにくくなります。

フィット感の少ないリュックは、それをカバーするために体が前かがみになり、肩こりや疲労へつながることがあります。
シンディの今回のリニューアルで、肩や腰へリュックが密着感が増し、より疲れにくくなりました。

リニューアルポイント③背面のメッシュ素材がなめらかな肌触りに変更

背中に直接当たる背面部分はクッションが入っていて、やさしく背中にフィットしてくれるものが理想とされています。
シンディも、クッション性の良いメッシュ素材を使用していましたが、
メッシュが大きめの素材をしようしていたため、爪などが引っかかることがありました。

そこで今回、背中のメッシュ素材を変更しました。

今回の改良点

・背中のメッシュ素材が大きなものから、細かなものに変更

今回採用されたメッシュ素材は、背中も蒸れにくく、
肌触りがなめらかなため、ひっかかりが少ない点がポイントです。

まとめ

たくさんのママに愛用してもらっているシンディのリニューアルされた変更点を紹介しました。
ディーコレでは、縫製を変え強度を増したり、長時間背負っても疲れにくい仕様に変更になったりと、実際に使うママの目線に立った商品作りを行っています。

今回のリニューアルは、人気色のブラックを先行でリニューアルが完了しています。
多色も順次変更予定とのことですので、これからのディーコレにご期待下さい!

今回ご紹介した商品

▼Cindy シンディー

ディーコレ正規販売店mamae

※サイト内の文章、画像などの著作物はmamaeに属します。無断転載を禁止します。

SNS

▼Instaglam

▼LINE@

▼facebook

▼ママスタッフ達が、ママに役立つ情報を配信中!
【mamae ショッピングサイト】

マザーズバッグ・ママリュックの専門店です。軽い大容量のリュック、ショルダー、トートからミニバッグまで取り揃え、出産準備や出産祝いとして選ばれ続けています。2013年から68000個以上販売しています。機能性とデザインを追求したD’colle(ディーコレ)が購入できるのはmamaeだけ。

スポンサーリンク

関連記事一覧