【特集|カラフルで可愛いHARUのママリュック】全部で3種類あるけど、結局どう違うの?比べてみました!

 

ザーズバッグ専門店ディーコレでしか買えないバッグがあるのをご存知ですか?

【小晴天本舗】HARUは、日本製の生地で作られた丈夫で撥水加工されたバッグなんですよ。
おそらく日本で取り扱いがあるのは、ディーコレだけなんです!

そんな【小晴天本舗】HARUですが、マザーズバッグの他にママリュック、キッズリュックと何種類かあります。

今回はその中でも3種類あるママリュックが、どう違うのか比べてみたいと思います。
この3商品ですが、商品ページだけではなかなか比較しにくいかと思いますので、よければ参考にして下さいね~!

▼【小晴天本舗】HARUの特集はこちら▼

【特集|親子ペアリュックで出かけよう!】ディーコレでしか買えない親子ペアリュックが登場!
子連れでのお出かけに両手が空いて便利なママリュックを検討中のママの皆さん! “ 親子ペア ” のリュックはいかがですか。 マザーズ...

【HARU】ハル マザーズリュック

ディーコレで取り扱っている【HARU】ハルのママリュックは、全部で3種類あります。

3商品を背負ってみました。
ベーシックとトラベラーは見た目が一緒なので、区別しにくいですね。

ママスタッフ 身長170cm

サイズと重量

では、3商品のサイズを見てみましょう。

それぞれ、リュックの大きさや重さが違います。

【HARU】ハル Backpack Basic ベーシック

【HARU】ハル Backpack Traveler トラベラー

【HARU】ハル  Backpack sweety スウィーティー

3商品比較

わかりやすいように、3商品を並べてみました。

ベーシックトラベラーは形は同じで、大きさが違いますね。
トラベラーの方がベーシックより大きめです。

スウィーティーは他の2つとはデザインが違いますね。
フラップが付いていて、可愛い感じです。

付属品は同じ?

【HARU】ハルのママリュックには、ポーチが2つと、チェストベルトの3点が付属されています。

これは、ベーシック、トラベラー、スウィーティーの3種類とも大きさも同じ物です。

保冷・保温ポーチ

まずこちらの保冷・保温ポーチですが、中がアルミ素材になっています。

夏場のお出かけ時、保冷剤と一緒にお子さんの離乳食を入れてもいいですね。
このポーチにおけば、リュック内が濡れることもなさそうです。

2層収納ポーチ

こちらの2層収納ポーチは縦20cm×横28cmの大きめサイズです。

ポーチの収納部分が2ヶ所に分かれているので、「オムツとおしり拭き」や「おむつと使用済おむつ」などの使い分けができとっても便利ですよ。

チェストベルト

チェストベルトとは、リュックの肩紐がずり落ちるのを防いでくれるアイテムです。

リュック肩紐に付けて使用します。
取り付けも、マジックテープで簡単にできますよ。

お子さんが歩き出すと、お子さんを追っかけているうちにリュック肩紐がずり落ちてくる事ありますよね?
このちょっとした事がママのストレスだったりするんですよね。

このチェストベルトを付ければリュック肩紐がずり落ちることはないですよ。

内側ポケット

【HARU】ハルのママリュックの内側には8個のポケットがあります。
ファスナーポケットやメッシュポケット、ボトルホルダーなどママが使いやすいポケットばかりです。

この内側ポケットは3種類とも8個ありますが、ポケットの長さや深さがそれぞれ違いました。
1番小さいサイズのベーシックは、ポケットの大きさが1番小さくなっていますが、それでも使用するには十分なサイズのポケットばかりなので、安心して使っていただけますよ。

トラベラースウィーティーはリュック自体大きめなので、その分ポケットのサイズも大きめになっていました。

フロントポケット

ベーシックトラベラーは横長のフロントポケットですが、スウィーティーは正方形のポケットになっています。
これも、スウィーティーだけデザインが違うのでフロントポケットのサイズも他の2つとは違ってきますね。

とは言っても20cm×20cmあるので、使いやすいフロントポケットになっていますよ。

背面ポケット

【HARU】ハルのママリュックは、3種類とも背面ポケットが左右に1つづつの計2個あります。
どちらもポケットですので、リュックメイン収納部分には繋がっていません。

それぞれ、左右の背面ポケットのファスナーの距離に違いはありますが、背面ポケット自体の大きさはほぼ同じでした。
ベーシックが他の2つと比べて1cm小さいだけです。

ただ、横向きにしても斜めにしても私が持っている一般的な大きさの長財布は入りませんでした。
ちょっと、残念ですね。

リュックによって入る荷物の量は違う?

では、実際にそれぞれのリュックにそれくらいの荷物が入るのか試してみました。
1歳までの子供とのお出かけを想定した荷物です。

ママの荷物 子供の荷物
お財布 着替えセット(服3枚、スタイ2枚)
母子手帳ケース おむつセット(おむつ3枚、おしり拭き)
水筒 離乳食セット(マグ、タッパー)
授乳ケープ 哺乳瓶
抱っこ紐 おもちゃ 2個

【HARU】ハル  Backpack Basic ベーシック

まずは3つの中で1番小さなベーシックに入れてみました。

抱っこ紐以外の荷物は余裕で入りました。
リュック上の空いたスペースに抱っこ紐入れようとすると、押し込まないと入らない感じでした。

抱っこ紐を入れた状態でファスナーを閉めてみました。
かなりパンパンっ!ですね。

ですが、抱っこ紐以外荷物は普通に入りましたので、抱っこ紐をリュック内に入れる予定がなければ普通に使っていただけますよ。

【HARU】ハル  Backpack Traveler トラベラー

次はベーシックより大きめサイズのトラベラーです。

先程のベーシックより、こちらのトラベラーの方が抱っこ紐も簡単にリュック上の空きスペースに入れることができました!

ファスナーを閉めると、若干リュック上の方がきつそうにも見えますが、特にリュックの形が崩れている感じはしませんでしたよ。

ただ、こちらのトラベラーは名前の通り、1泊旅行にも使えるくらいの大きめサイズなので、小柄な方が普段持ち歩くには大きすぎるかもしれません。
バッグの容量も大事ですが、ご自身の身長や体型のバランスも考えて、リュックの種類を選んで下さいね。

【HARU】ハル  Backpack sweety スウィーティー

最後に他の2つとはデザインが違うスウィーティーです。

スウィーティーのリュック開口部分は紐で縛るタイプです。
その為、抱っこ紐を入れるときちんと締めることはできませんでした。

スウィーティーは、あまりリュック上の方まで荷物を入れることはできないのですが、抱っこ紐以外の荷物は無理なく入ったのでママリュックとして使用するには十分のサイズだと思います。

抱っこ紐を入れて、フラップを締めたのでリュックが横に広がって見えますね。
スウィーティーはあまり荷物を詰め込み過ぎない方が良さそうです。

カラーバリエーション

3種類とも、見ていて楽しくなるポップなカラーばかりですよ。

【HARU】ハル Backpack Basic ベーシック

【HARU】ハル  Backpack Traveler トラベラー

【HARU】ハル Backpack sweety スウィーティー

【HARU】ハル ママリュック比較表

最後に表にまとめてみました。
値段やリュックの重量もそれぞれ違いますね。

ベーシックトラベラーは、リュックの大きさが違うだけなので、どれくらいの荷物を入れたいかや、ご自身の身長とのバランスを考えながらで選んで下さいね。

スウィーティーベーシックトラベラーとはリュックのデザインが違いますので、お好みで選んで下さいね。

ベーシック トラベラー スウィーティー
商品画像
価格 13,300(税込14,364円) 14,000(税込15,120円)~15,200(税込16,416円) 14,000(税込15,120円)
重量 約450g 約500g 約560g
カラーバリエーション

まとめ

いかがでしたでしょうか?

【HARU】ハルのママリュックは、柔らかい素材でコロンっとした丸みのあるフォルムが特徴のポップでカラフルなママリュックです。

小柄な方は普通サイズのベーシックがおすすめです。
トラベラーは1泊旅行にも対応できるサイズです。
旅行バッグとして使いたい方や、身長の高い方におススメです。

スウィーティーはフラップが付いていて可愛らしい印象ですが、リュック自体大きめなので、こちらも身長が高めの方におすすめです。

また、【HARU】ハルにはママリュックとお揃いのキッズリュックもあります。
ぜひチェックしてみて下さいね~!

▼【HARU】キッズリュックの特集はこちら▼

 

※サイト内の文章、画像などの著作物はディーコレに属します。無断転載を禁止します。

今回ご紹介した商品

▼【HARU】ハル マザーズリュック Backpack Basic ベーシックの商品ページはこちらをクリック!

▼【HARU】ハル  マザーズリュック Backpack Traveler トラベラーの商品ページはこちらをクリック!

▼【新色!超軽量で最高品質なマザーズリュック【HARU】ハル Backpack Traveler トラベラーの商品ページはこちらをクリック!

▼【HARU】ハル マザーズリュック Backpack sweety スウィーティーの商品ページはこちらをクリック!

スポンサーリンク

関連記事一覧