【ママ隊員体験レポート第3話:人気な物には必ず訳がある!】ディーチョイス人気No. 1の組み合わせ商品を比べてみました

人気な物には必ず訳がある!!

今回私は、ディーコレのサービス【ディーチョイス】の数あるマザーズバッグ内で、人気NO.1の組み合わせである
【ディーコレオリジナル D’colle】と【ティアティア INDIGOBABY】
に関してそれぞれの良さを探るべく2点を比べてみたいと思います。

実は私はディーコレと出会う前に手頃さだけを重視して、機能性をあまり気にせずにマザーズバッグをネット通販で購入したことがあります。

数日間は普通のカバンよりは使いやすいかな?という感じでしたが、手頃さゆえすぐに手提げ部分が破けてしまい、案外使いづらいことが多く結局今ではあまり使っていません。

手頃とはいえ主婦として無駄な出費となり苦い経験をしました…

そんなマザーズバッグで失敗した私だからこそチェックしておきたいポイントをディーコレ人気商品で比べてみたいと思います!

失敗経験を活かし、人気商品を比べてみました

見た目

inoue-1.jpg

まずは商品を選ぶ上で見た目は重要なポイントですよね。

私が購入したものはカラーがベージュでいろんな場面で活躍すると思っていたのですが、案外汚れがわかりやすい点が難点ではありました。
かといって黒にすると夏に使うのは重たい印象になるのでネイビーがよく選ばれるのも納得です。

2点とも同じネイビーですが、並べてみるとほんの少し色が違います。
この微妙な色合いもディーチョイスなら確認出来るのがいいですよね。

【ディーコレ】に関してはネイビーに白のポイントがありシンプルで大人っぽく場面を選ばずに使用できそうな印象です。
内側は黒地に白色のドット柄で外とは一転し可愛らしい印象です。

【ティアティア】に関してはネイビーでもジーンズの様な色合いになっています。
ぱっと見カジュアルな印象を受けました。
ちなみにバッグのポイントである大きな黒いリボンは取り外しが可能で外してみるとガラリと印象が大人っぽくなり、オンオフで使い分けが出来そうなところが魅力的です。
内側は白地に黒のストライプでスッキリとした印象です。

どちらの商品もパパが持ってもあまり違和感はあまり感じません。
これも人気のポイントなのかもしれませんね。

収納力

マザーズバッグは何と言っても収納がたくさんできる方が助かります。
また普通のカバンと違ってポケットの数が多い事で色々な種類のものを入れる事が出来とても便利ですよね。

▼ティアティア
inoue-2.jpg

▼ディーコレ
inoue-3.jpg

大きさに関してはどちらも大きく、普段持ち運んでいる荷物を入れてもまだまだ余裕がありました!
しかも両方のバッグにはたっぷりとマチがあり荷物がぐちゃぐちゃにならず綺麗に収納できます。
これも荷物が多いと嬉しいポイントですよね。

ちなみに今回入れたのはこちら☆
inoue-4.jpg

そして、2つの商品のポケットの数を数えると【ティアティア】は7個で【ディーコレ】はなんと11個もありました!

しかも【ディーコレ】に関してはバッグの底面にポケットがあり中にはおむつ替えシートを収納できるようになっています。
食品などと並べて入れなくてもいいので衛生面も考慮されていていいなと思いました。

inoue-5.jpg

また、バッグの中にボトルを入れるポケットがあり、子供の水筒などを入れる際に中身が溢れる心配が軽減されます。

2点ともにあるバッグ外側のポケットはカバンに埋もれがちなカギの出し入れが楽そうで大雑把な私にはぴったりだと思いました。
ただポケットが多いと、どこに何をしまったのか忘れることがあります。

その点【ティアティア】はバッグ内のポケットの一部がネット状になっているので物が取り出しやすくて良いと思いました。

▼上:ティアティア 下:ディーコレ
inoue-6.jpg

丈夫さ

持ち手

マザーズバッグはどうしても雑に扱う場面が出てくるので、すぐに壊れないかどうかも必ずチェックしたいポイントです。

まず私のカバンですぐに破れた持ち手に関して、2点を比べると

▼上:ティアティア 下:ディーコレ
inoue-7.jpg

【ディーコレ】は持ち手自体も少し固めになっている上に持ち手をまとめる物が付いているので、それを持てば強度はかなり良いです。

【ティアティア】に関しては(表現が難しいのですが…)すぐにクタクタになってしまいそうでしたが、その柔らかさが手や肩にフィットしやすくも感じました。

バック底面

次に子供と生活しているとぱっと荷物を床に置いてしまう時があるので底面も比べてみました。

▼左:ティアティア 右:ディーコレ
inoue-8.jpg

【ディーコレ】は底鋲が付いていて直に生地が付きにくく安心な作りになっています。

【ティアティア】は残念ながら底鋲はなく側面と同じキルティング生地なので、床に置いたりしているうちに糸がほつれてこないかが心配になりました。

ファスナー部分

バックにあって嬉しいファスナー。
付いていて当たり前の様で意外と付いてないバッグがあったりするんですよね。
ファスナーがあるだけで荷物の飛び出しを防げるので、これもマザーズバッグを選ぶポイントになりますよね。

そして2点のファスナー部分を比べてみると

▼ティアティア
inoue-9.jpg

▼ディーコレ
inoue-9.jpg (2)

【ディーコレ】は固めの生地でしっかりとファスナーが取り付けられています

【ティアティア】は薄い布に取り付けられているため急いでファスナーを開け閉めする際に布を挟んでしまう恐れを感じました。

丈夫さにおいては【ディーコレ】の方が一歩リードしているように感じました。

軽さ

子供とのお出かけは必ず大荷物になってしまうので、バッグ自体の重さは軽いほうがいいですのよね。

私が購入したバッグは本体は軽めに作られてはいたのですが、使いもしない肩紐が取り外しできない作りになっていて、その重さがかなりあり大失敗しました。

ちなみに【ディーコレ】が580g【ティアティア】が500g

【ディーコレ】は全体に丈夫に作られている印象なのでその分の重さかもしれませんね。
しかし、実際に持ってみるとどちらも軽量バッグで助かりそうです。

付属品

購入したいのはバッグですがおまけ付きみたいな感じで付属品は嬉しかったりしますよね。

まず【ディーコレ】の付属品は
肩がけ用のひも(取り外し可能)
大判のおむつ替えシート

肩がけ用のひもはバッグと同じ生地でアジャスターの金具も大人しめな金色でカジュアルにはならないような印象です。

大判のおむつ替えシートは赤ちゃんよりも大きく安心しておむつ替えできそうです。

【ティアティア】の付属品は
肩がけ用のひも(取り外し可能)
大判のおむつ替えシート
ボトルケース

肩がけ用のひもは強度はかなりありそうですが少しチープな印象があります。

大判のおむつ替えシートは、【ディーコレ】に比べて幅は少し狭いですが、こちらも赤ちゃんより大きく安心です。
また畳む位置にステッチがしてあるのでサッと片付けやすいのが助かります。

▼左:ティアティア 右:ディーコレ
inoue-10.jpg

▼ティアティア
inoue-11.jpg

そして、【ディーコレ】にはないボトルケースは240mlの哺乳や500mlのペットボトルがちょうど入る上、保冷バッグになっていて重宝しそうです。

inoue-12.jpg

まとめ

今回私は人気商品同士を比べてみて
【ディーコレ】はシンプルなバッグなのできちんとした場面で
【ティアティア】は少しカジュアルなので普段使いに
といった感じでそれぞれに良さがあり正直どちらか1つに選ぶのが難しい商品で人気なのも納得でした。

ディーコレで他のマザーズバッグと比べて今回の2点はベーシックなデザインと丈夫な作りなので
育児が落ち着いてからでもオフィスや、お友達と買い物、ちょっとした旅行などいろんな場面で長期間にわたって使うことのできる商品でお買い得だと思いました。

しかも保証があるバックなんてあまりないのですごく嬉しいですよね。
私ももっと早くディーコレに出会いたかったと本当に後悔しています…

私の様にマザーズバッグで後悔して欲しくないのでディーチョイスで実際に商品を手に取り、普段持ち歩く荷物を入れてみて、納得の上で良い買い物して日々の育児ライフを楽しんでくださいね!

▼今回ご紹介した商品▼

【ディーコレオリジナル】2wayマザーズバッグ[D’colle ディーコレ]ネイビーの商品ページはこちら>>

【Thea Thea】ティアティア INDIGOBABY 2wayマザーズバッグ3点セットの商品ページはこちら>>

 

井上さん

※この記事の内容は、あくまで個人の感想になります。

※サイト内の文章、画像などの著作物はディーコレに属します。無断転載を禁止します。

スポンサーリンク

関連記事一覧