【レッシグ】2wayマザーズバッグ|人気の【レッシグ】赤ちゃんへの安全も考えられたママバッグ|mamae(ママエ)

 

い日が続いていますが、暖かい日も少しずつ出てきましたね。

お天気がいいと、お出かけも楽しくなります。
私はもうすぐ2人目の出産を控えているのですが、暖かい時期に赤ちゃんを連れてお出かけできる日をとても楽しみにしています。

さて今回は、【Lassig】レッシグのママバッグをご紹介します。
2007年にドイツで誕生したマザーズバッグブランド【Lassig】レッシグはヨーロッパのオシャレなママ達にとても人気なんです。

その人気の秘密と共に、【Lassig】レッシグのママバッグをご紹介しますね。

【Lassig】 レッシグ マザーズバッグ シグネチャーバッグ

ヨーロッパのママ達に人気のマザーズバッグブランド【Lassig】レッシグの中でも、こちらのシグネチャーバッグはちょっと小ぶりなママバッグです。

新生児を連れて、大容量の荷物が入るバッグをお探しの方には向かないかもしれませんが、A4サイズも入る見た目以上の収納力があり、マザーズバッグには見えない女性らしいデザインが人気のママバッグなんですよ。

赤ちゃんも安心の素材

【Lassig】レッシグでは全ての商品で「100%PVCフリー」、「ニッケルフリー」そして有害とされる「AZO染料」「カドミウム」「フタレート」なども一切使用していないそうです。

2007年フランクフルトでマザーズバッグ ブランドとしてデビュー以来、ヨーロッパのファミリーに高い支持を得ているブランド「レッシグ」その人気の秘密は、おしゃれなデザインと多機能のバランス。そしてドイツのエコ精神が生んだ商品へのこだわりです。 マザーズバッグをはじめ、レッシグの商品は、有害物質を一切使用しない素材から構成され、健康や環境に配慮された仕上がりです。小鹿と円からなるブランドマークが意味するものは『地球と子供を守りたい』というレッシグからのメッセージ。環境大国ドイツから生まれたセーフティ&エコロジ―なブランド『レッシグ』家族思いのあなたにこそ選んでいただきたいマザーズバッグ ブランドです。

引用 レッシグ

マザーズバッグを買うときに、デザインや機能についてこだわっても、素材についてはあまり深く考えずにバッグ購入を決めてしまっていたりしますよね。

大切な赤ちゃんのすぐそばで持ち歩くバッグだからこそ、バッグの素材にも気をつけたいですよね。
ヨーロッパのママ達に人気があるのも納得です。
健康や環境に配慮された【Lassig】レッシグのマザーズバッグだからこそ、ママも安心して使うことができますね。

今回ご紹介する【Lassig】レッシグ シグネチャーバッグは、とても柔らかい印象の素材感になっていますよ。

さりげなく可愛いブランドロゴ

【Lassig】レッシグのブランドロゴである小鹿のマークも、バッグ表側にさりげなく入っているんですよ。
あまり目立ちすぎるブランドロゴは苦手な方も、このさりげない小鹿マークは可愛くって抵抗なく持てますよ。
※現在、ブラックのお取扱いはございません。

2way仕様

【Lassig】レッシグ シグネチャーバッグは、トートバッグとショルダーバッグの2way仕様になっています。

※こちらのカラーはネイビーです。

トートバッグとして

シグネチャーバッグのバッグ持ち手とバッグ部分の間がV字のようになっています。
上品な印象を与えるこのデザインは女性のネックラインをイメージしたそうです。
このV字の所に、腕と肩がフィットしとても持ちやすかったです。

また、シグネチャーバッグのバッグ持ち手部分は柔らかいレザーを使用しクッション性も多少あるので、よほどたくさんの荷物を入れない限り肩が痛くなることもないのでは?と感じました。

※現在、ブラックのお取扱いはございません。

ショルダーバッグとして

ショルダーバッグにするには、付属のショルダーベルトを取り付けるだけ。
シグネチャーバッグにはたくさんのポケットがあるので、このショルダーベルトを使わない時は空いているポケットに入れておけばOKです。

ベビーカーにも掛けられる??

【Lassig】レッシグ シグネチャーバッグがトート&ショルダーの2way仕様であっても、お子さんが小さいとバッグはベビーカーフックに掛けっぱなし!といったママも多いと思います。
シグネチャーバッグは、バッグ持ち手が短く感じるかもしれませんが、ベビーカーフックにもちゃんと掛けられるんですよ。

バッグ持ち手を片方外してみると、バッグの中もとっても見やすく荷物の出し入れも簡単にできましたよ!

▼その他【レッシグ】マザーズバッグの特集

意外とたくさんあるポケット

シンプルデザインの【Lassig】レッシグ シグネチャーバッグですが、意外とポケットがたくさんあるんですよ。
1つ1つ詳しくご紹介しますね。

外側ポケット

【Lassig】レッシグ シグネチャーバッグの外側ポケットは、全部で5ヶ所あります。

まず【Lassig】レッシグ シグネチャーバッグを上から見ると、4ヶ所のポケットが確認できますね。
全て深さが約20cmの縦長のポケットです。
①、②のポケットは、ポケットの中にさらに仕掛けがあるのでご紹介しますね。

①のポケット内には、スマホなどを入れておけるフラップ付きポケットと、ペンを差して収納できる部分が2ヶ所あります。
フラップ裏はマジックテープなので、着脱も簡単でスマホを落としてしまう心配もなさそうでした。
またこのフラップポケットは、約2cmのマチがあるので厚みのあるガラケーも入ると思いますよ。

②のポケット内には取り外し可能なキーリングが付いています。
ここに家や車の鍵を付けておけばなくす心配もなく、取り出しも簡単にできますよ。

取り外し方も簡単です。
中心にある丸い部分を押しながら引っ張るだけ!
片手でできちゃいますよ。

次に5番目のポケットです。
こちらは、バッグ表側のサイドにあります。

長財布は入りませんでした。
子供のおやつなど、ちょっとした物を入れておくのに便利そうですね。

内側ポケット

シグネチャーバッグの内側には3箇所のポケットがあります。

まずバッグ表側にある①と②のポケットは、メッシュ素材なのでポケットに何を入れたのか人目で分かるようになっています。
また、ポケット口がゴム仕様なので、取り出すときにポケット口が伸びてくれて取り出しも楽チンですよ。

シグネチャーバッグには、ボトルホルダーはありませんが、このメッシュポケットに入れておけばバッグの中でマグがコロコロ転がる心配もなく、ポケット口がゴム仕様なので取り出しも簡単にできましたよ。

③のポケットはポケット中心にマジックテープで止められる、大きめのポケットです。

マジックテープで止められなくなりますが、A4サイズのファイルが横向きに入りましたよ。
予防接種や保育園、幼稚園などの書類関係やとりあえずここのポケットに放り込んでおく!といった使い方も便利そうですね。

ちなみに、この③ポケットの上にもキーリングが付いています。
私は普段持ち歩いている安産祈願のお守りをこのキーリングに付けてみましたが、伸びるコイルキーチェーンを付けて家の鍵やICカードケースを付けておくとすぐに取り出せて便利そうですね。

シグネチャーバッグの容量は?

マザーズバッグと言えるほど大きくはないシグネチャーバッグですが、一体どれくらいの荷物が入るのか気になりますよね。
1~2歳の子供とのお出かけを想定して荷物を入れてみました。


※現在、ブラックのお取扱いはございません。

ママの荷物 子供の荷物
お財布 おむつ 4枚
母子手帳ケース おしり拭き
ミニポーチ 着替え(ワンピース1枚)
水筒 マグ
エコバッグ 絵本
おやつ 2個

キレイにバッグ内に納まりました!
たくさんあるポケットは使っていないので、細々した物はもう少し入りそうでしたよ。

ワーキングママの通勤バッグにも

※現在、ブラックのお取扱いはございません。
定番トレンチとも相性バツグン!
通勤スタイルにもおすすめです。

▼ワーキングママが仕事で使えるマザーズバッグ特集

【特集|きれいめママにおすすめ「ワーキングママが仕事でも使える」マザーズバッグ】
現代の日本、共働き世帯は年々増え続けており、近年では1000万世帯を超えているそうです。 ワーキングママの皆さん、毎日仕事と家事...

カラーバリエーション

カラーはネイビーのみです。
※現在、ブラックのお取り扱いはございません。
コーディネートの邪魔をせず合わせやすいカラーですね。

まとめ

今回ご紹介した【Lassig】レッシグ シグネチャーバッグ

大容量とは言えないですが、必要な荷物は最低限入る見た目以上の収納量があり、柔らかくまぁるいコロンとした形がとっても可愛いママバッグです。

持ち手やパーツにレザーをしているからか上品な印象もありますね。
普段使いにも、お仕事復帰したママにも使っていただけるきれいめデザインの【Lassig】レッシグ
是非チェックしてみて下さいね!

※サイト内の文章、画像などの著作物はmamaeに属します。無断転載を禁止します。

▼ママスタッフ達が、ママに役立つ情報を配信中!
【mamae ショッピングサイト】

SNS

▼Instaglam

▼LINE@
友だち追加

▼facebook

スポンサーリンク

関連記事一覧