【選び方】本当に必要?マザーズバッグを徹底解説|マザーズバッグを6万個販売してわかったこと

果たして「マザーズバッグ」は本当に必要なのか!?普通のバッグでも問題はないのか?
多くのママを悩ます問題です。私たち mamaeはこれまで累計6万個以上のマザーズバッグを販売してきました。その答えは…。

絶対に必要!
ではないが、
あるとかなりとても便利。

自社で実施したママ達へのアンケート(回答者61人/2019年11月実施)によると、「マザーズバッグを買う?買わない?」の質問に対して以下のような結果をいただきました。約7割弱のママ達がマザーズバッグを購入予定であることがわかります。

マザーズバッグを買うか買わないか_自社アンケート結果01

では実際にマザーズバッグを使ったママ達の満足度はどうなのか?
「マザーズバッグを使ってよかった?」の質問には、下図の通り95.7%のママから「使ってよかった」との回答を頂きました(「ほっ。」スタッフのため息)。

マザーズバッグを買うか買わないか_自社アンケート結果02

引き続き「マザーズバッグを使ってみてよかった点は?」と質問したところ、以下のような結果に。やはり「大容量」と「収納しやすさ」はマザーズバッグの重要ポイントのようです。

マザーズバッグを買うか買わないか_自社アンケート結果03

参考になったでしょうか?
まだまだマザーズバッグについて「よく分からない」というママも多いはず。

 

そこで、この記事では改めて「マザーズバッグ」を解説したいと思います。

「便利そう、これなら欲しい!」と思うか、
「この程度なら、普通のバッグでいいか…」と思うかは私たちママ次第。

 

マザーズバッグ☆買う前に知っておきたい《3大条件》

条件1,「そのバッグは大容量か?」

バッグの中身

小さな赤ちゃんとのお出かけは、[種類×数量=膨大な量]の荷物になります!
しかも外出先ではなぜか次々にハプニングが…。
小さな赤ちゃんを抱えるママは、常に軽いパニック状態といってもいいかもしれません。

そんなママにちょっとした“余裕”を与えてくれるのが「マザーズバッグ」。
「マザーズバッグ」の最大の特徴は、大容量で収納がしやすいということ。

哺乳瓶やオムツなど常に使うモノの定位置が決まるから、泣きわめく子どもをあやしながら、ノールックでサッと物が取り出せたり、しまえたり。

しかも容量に余裕があるので、何かを引っ張り出したら「荷物が全部出ちゃった!」なんてことも少ないのです。

大容量の荷物を入れてもスマートに見える工夫や、収納の工夫など、マザーズバックならではの細やかな設計が施されています。ですからマザーズバッグの第一条件は大容量ということです。

 

条件2,「そのバッグは軽いのか?」

マザーズバッグ_軽い_軽量

前述の通り、赤ちゃんとのお出かけは荷物がいっぱい!
その総重量は、荷物だけで約2.5kgほど(3ヶ月の赤ちゃんの場合)。
ママの肩や腰にかかる負担は相当なものです。

そんなママのカラダを考えて、ほとんどのマザーズバッグは600g以下で設計されています。
さらに少しでも軽く感じられるよう、持ち手の素材や太さなどにも様々な工夫が☆

[荷物の重量+バッグ+赤ちゃん]×時間
⇒ このすべてがママの肩&腰に!

この負担を少しでも軽く—。その想いからマザーズバッグの軽量化は進んでいます☆

ということで第二の条件はそのバッグは軽いのか?

 

条件3,「そのバッグは機能的か?」

マザーズバッグといわれる専門のバッグと普通のレディースバッグといわれるバッグの一番の違い、それは機能性です。マザーズバッグは様々な機能性を備え、お出かけする際にママが負担にならないように設計されています。

小さな子どもとのお出かけを考えて、マザーズバッグにはママサポート機能が満載です☆
例をあげると…
※マザーズバッグにより機能は異なります。

①抱っこヒモを着けたままワンタッチで下ろせるリュックは便利。

②オムツ替えがぐんと効率的になるウェットティッシュ専用ポケットがある商品も。

③バッグから取り出す必要さえない底面内蔵のオムツシートなどがある商品も。

④リュックを背負ったまま財布などを取り出せる背面ファスナーは必須。

さらに、マザーズバッグには、「オムツポーチ」、「オムツシート」、「ドリンクホルダー」など、付属品が豊富な種類も☆
ひとつひとつ揃えると手間とコストが必要な付属品も、「マザーズバッグ」と一緒についてくるのでおトクで便利。
バッグ本体と連動しているので、デザインも統一されていてフィット感も抜群です☆

マザーズバッグは長くて1年、早ければ半年ほどしか使わないママもたくさんいます。そこで重要なのはそのバッグが長く使えるかです。長く使えるというよりも、子育て以外のときにでも使えるかどうか?これは重要なポイントです。

つまり、通勤で使えるか、パパも使えるか、しいては子育てが終わってもつかるかで選ぶ金額も変わってきます。長く使いたいのであれば軽くて、大容量で、機能的である。これがポイントといえます。金額が安いバッグは長持ちしないこともあるので注意が必要です。

いかがですか?マザーズバッグに興味を持たれた方へ。
ここからは、人気・実力を兼ね備えた、最強のマザーズバッグをご紹介します!

発表!
6万個販売した当店おすすめはコレ

大容量: D’colle| Royal/ロイヤル

¥13,800(税込)

  • 商品データ
48cm
高さ 33cm
マチ 19cm
本体重量 520g
容量 30L

軽量: At First|マルチバッグ スターキルティングトート

¥5,900(税込)

  • 商品データ
52cm
高さ 35cm
マチ 18cm
本体重量 530g
容量 32L

機能性: D’colle|Primo/プリモ

¥14,800(税込)

  • 商品データ
30cm
高さ 43.5cm
マチ 14cm
本体重量 790g
容量 19L

関連記事一覧