産後の抜け毛予防とは?今日から簡単にできる5つの対策を解説

「産後の抜け毛予防とは?今日から簡単にできる5つの対策を解説」のアイキャッチ画像

娠を機会にひどい抜け毛が気になるママも多いのではないでしょうか?
子どもが無事に生まれた後は、以前のように体調が戻らず、肌や頭皮にも変化が出てきます。
「産後の抜け毛は、いつまで続くの?」と不安や心配を感じるのも無理はありません。

ママエ編集部ママエ編集部
一時的ではあるものの、頭皮の毛が薄くなってしまうのは避けたいですよね。

この記事では、産後の抜け毛予防について5つの対策を簡単に解説しました。
決してあなただけではないので、ぜひ一緒に今日からできる対策や抜け毛の原因に関する知識を取り入れていきましょう。

どうして産後は抜け毛が増えるの?

 
妊娠中から産後は、女性の体に大きく変化が起こりやすい時期です。
産後に抜け毛が増える原因は「ホルモンバランスの変化」や「新生活と育児にストレスを感じている」ことがあげられます。

ホルモンバランスの変化

産後は、女性ホルモンと呼ばれる分泌物の量が変化した結果、髪の毛が一気に抜け落ちる症状が起こります(専門用語では「分娩後脱毛症」という呼び方です)。
女性ホルモンとは、エストロゲンと呼ばれるものと、プロゲステロンと呼ばれる2種類を指しており、妊娠中は女性ホルモンの量が通常より多く作られているのです。体の働きを維持するための分泌物なので、産後に役割を終えると女性ホルモンが通常量に戻ってしまい、多くのママが悩みの種になる抜け毛の原因につながります。

新生活と育児にストレスを感じている

髪の毛は、体の栄養状態や生活習慣を示すサインにもつながります。
産後は、赤ちゃんのお世話に集中するなかで、夜泣きによる睡眠不足や育児疲れのストレスが原因で抜け毛の症状が出る場合も。

赤ちゃんを出産した芸能人ママも、同じように産後の抜け毛を体験しており、自分のブログに画像付きであげておられる方もいるほどです。
生活習慣やストレスの他には、産後に妊娠太りのダイエットに取り組む中、栄養が不足してしまい抜け毛の原因につながる場合もあるので注意しましょう。

毛が生えてくるサイクルとは?

 
髪が成長して抜けるまでに、3つの周期が繰り返されているのはご存知でしょうか。

  • 「成長期」は、髪が伸びる時期で約数年間続きます。
  • 「退行期」は、髪が伸びない期間が2~3週間継続。
  • 「休止期」は、髪の毛が抜け落ちる時期で数ヶ月間継続します。

女性は妊娠中、髪の毛が成長期の状態で継続するため、産後は女性ホルモンの変化と共に退行期と休止期が訪れて、一気に抜け毛が増える仕組みです。

いつ頃まで抜け毛は続くの?抜け毛のピークは?

産後に髪の毛が出産前の状態に戻るには、個人差があるものの、おおよそ半年から一年ほどかかります。
抜け毛のピークは産後3~6ヶ月目です。

ママエ編集部ママエ編集部
ただ、妊娠中や産後以外でも、一日50~100本ほど髪の毛が抜けるのは自然な現象なので、安心してください。
産後の抜け毛はあくまで一時的なものなのです。

辛い時期ではありますが、半年から一年後には元に戻るので今は髪の成長を待ちましょう。
 

産後の抜け毛予防は5つの対策に取り組もう!

 
赤ちゃんが生まれた後、女性ホルモンの変化やストレスから抜け毛が気になる方は、以下で紹介する5つの対策を試してみてください。
産後の抜け毛予防につながる方法を簡単にまとめて紹介していきます。
 

1.「食べ物」から生活習慣を整えて産後の抜け毛を予防

産後は赤ちゃんのお世話で忙しい時期に入り、食事をバランスよく作る時間が限られてしまいます。
髪の毛を始めとした細胞はタンパク質でできているため、不足すると髪まで栄養が回らなくなることも。
産後の抜け毛予防のためにも、特に意識して摂取していきましょう。
プロテインを使えば、気軽にタンパク質の不足を補えるのでおすすめです。

赤ちゃんに授乳している場合、お母さんの体の栄養状態をキープするのは大切なポイントにもつながります。
無理のない範囲で構わないので、生活習慣を栄養面から整える習慣を意識すると、抜け毛予防に役立つでしょう。

2.「サプリ」から栄養バランスを整えて産後の抜け毛を予防

食事を作る時間が取れない場合は、薬局や通信販売で健康補助食品のサプリメントから不足しがちな栄養素を補う方法も試してみてください。
産後の抜け毛予防として、日頃不足しがちな栄養素を手軽に補えます。
ただ、サプリメントはあくまで栄養を補うためのものなので、できる限り食事から栄養素を摂取するのが理想です。
持病がある方や薬を常用している方は、栄養外来のある病院やクリニックに受診して専門家に相談しながら始めてみてください。
 

3.「髪を切る」「髪型を変える」方法で産後の抜け毛を予防

抜け毛が気になる産後は、ヘアスタイルを変える方法もおすすめです。
ロングヘアなら髪をバッサリ切ってショートヘアにする方法、髪の分け目やヘアスタイルを変える方法に取り組んでいきましょう。
美容室でプロの方に相談すれば、本人に合った髪型を教えてくれるはず。
産後の抜け毛を予防するためにも、お風呂の後は髪留めを外して頭皮を休めるなど、ヘアスタイルを変える方法と共に試してみてください。
 

4.「睡眠」を取って産後の抜け毛を予防

産後は、赤ちゃんの夜泣きでいつものように眠れないときも多いですよね。
睡眠は体の働きをキープするための大切な役割を担っており、産後の抜け毛予防にもつながります。
赤ちゃんの夜泣き期間が過ぎるまでは、日中の空いた時間に細切れに眠る方法でも構いません。

ママエ編集部ママエ編集部
家族と協力が取れる場合は、休日は思いっきり寝るなど、周りのサポートに甘えるメリハリをつけてみてください。

一時間単位でベビーシッターや家事代行サービスを使う方法もあるので、家計の状況と相談しながらうまく活用してみましょう。
睡眠時間を確保すれば、育児によるストレスを緩和できるだけでなく、体を休められて頭皮にも良い影響を与えてくれます。
 

5.「シャンプー」から産後の抜け毛を予防

頭皮ケアには、血の流れを良くして髪の毛が生えるのを助ける役割があります。
髪の毛や頭皮にやさしいオーガニックや無添加、アミノ酸系などのシャンプーや育毛剤がおすすめ。
シャンプーのやり方は、ぬるめのお湯で頭皮の汚れを落として、頭皮マッサージに取り組みながら洗っていきます。

ママエ編集部ママエ編集部
トリートメントも活用しながら、風呂後はしっかりと水分を拭き取って、自然乾燥ではなくドライヤーで髪を乾かしましょう。

産後の抜け毛予防には、頭皮ケアができる肌と髪を労わるシャンプーを使ってみてください。
 

産後の抜け毛が長引くときは病院・クリニックに相談も

 産後の抜け毛は、一般的に半年から一年ほどで元の髪に戻ると言われています。
ただ、不安を感じる方や抜け毛が長引く場合は、プロの手を借りて予防に取り組んでみてください。
身近なところでは皮膚科、もう少し詳細に掘り下げたいときは、頭皮ケア専門の病院やクリニックを受診しましょう。
 

まとめ:産後の抜け毛予防は栄養・生活習慣・頭皮ケアで整えよう

 
産後の抜け毛予防について、5つの対策を簡単に解説してきました。
女性ホルモンの量が変化した結果、産後は抜け毛が増えやすい時期に入ります。
個人差はあるものの、元の髪に戻るには、産後半年から一年ほどかかると言われており、産後3~6ヶ月頃が抜け毛のピークです。
最後に、産後の抜け毛予防対策について、もう一度おさらいしておきましょう。

  • 食べ物やサプリから栄養を補う
  • ヘアスタイルを変える
  • シャンプーから頭皮ケアに取り組む

今日から試せる方法ばかりなので、気になるものがあればぜひ行動に移してみてくださいね♪