骨盤矯正インナーってどんな効果があるの?

「骨盤矯正インナーってどんな効果があるの?」のアイキャッチ画像

産後すぐにニッパーを巻いて子宮復古を促すことや、骨盤のゆがみを戻す工夫を行います。
産褥期には、ガードルなどを併用しながら体重戻しや体型戻しを始めるママがほとんどです。
大体産後6ヶ月ころまで体重や体型ともに戻そうといわれていますが、中には骨盤のゆがみがどうしても治らない、体型が変わってしまったというママも見られます。
ここでは、きれいママを目指すために早い段階で着用してほしい骨盤矯正インナーに関してその効果を紹介します。

骨盤矯正インナーを着用するメリット

なぜ、骨盤矯正インナーを着用することがよいのか、ここでおさらいをしましょう。
ここでは産後数ヶ月経過し、妊娠前の体重に戻ったころを想定してお話をいたします。

ボディメイク効果

産後ママは体重が出産前に戻っても、妊娠中にせり出したおなかのたるみが戻らない場合があります。
そのたるみを埋めるために、下腹部に脂肪がつきやすい状態になっています。
骨盤回りがゆがんでいると、その周辺にも脂肪がつきやすくなる傾向に。
いわゆる洋ナシ体型に傾いてしまうことがあります。

骨盤矯正インナーは、骨盤を妊娠前のような閉じた状態に戻ることを促してくれます。
それと同時に、下腹部に流れやすい流動的な脂肪をブロックしてくれる効果も。
母乳育児をしている場合、授乳量が減って胸がやせた感じがするという人も見られる時期です。
おなか周りの脂肪を胸に集めて、ボディメイクを施したいという場合にもおすすめです。

骨盤を調整してくれる効果

産後しばらくの骨盤は左右が大きく開いたままになります。
この状態が続くと脂肪が集中し、骨盤がもとに戻らなくなってしまいます。
骨盤矯正インナーが持つサポート力で、閉じかけている骨盤を、元の位置に収まるよう促してくれる効果があります。
骨盤は女性ホルモンや臓器サイクルの影響で1日、約28日といった周期で開閉は行われています。
骨盤矯正インナーを選ぶときは、この開閉サイクルを妨げないものを選んでくださいね。

骨盤矯正による体へのメリット

骨盤の位置が整うことで、産後ママの体にもよいことがあります。
今、その状況に悩んでいる方も是非ご一読ください。

体幹から全身のバランスを矯正してくれる

骨盤がゆがんでしまうと、肩こりが強くなる・かみ合わせが悪くなるというような症状が出る場合があります。
見た目からも「肩の位置が左右対称ではない」という症状が出てしまうこともあります。
また、正座が難しくなり「とんび座り(割座)」や「横座り」が多くなってしまうこともあるようです。
骨盤の位置が正しい位置に戻ると、姿勢もよくなります。
歩き姿もよくなり、靴底の片減りなども少なくなり、体の調子もよくなりますよ。

体の痛みをわずかでも軽減可能

出産後、股関節が痛みが続くという人も見られます。
骨盤矯正インナーを着用すると、股関節が骨盤にはまるように促されるため痛みを軽減できる可能性があります。
「歩きやすくなった」と感じられるようになり、体を動かす意欲も生まれます。
赤ちゃんの抱っこやおんぶをする機会が多い人も、これなら安心ですよね。

骨盤矯正インナーでダイエットができる?

 

骨盤矯正インナーでダイエットができるのか疑問に思われる方もいます。
先にも記したように、ボディメイク効果があるため「見た目のすっきり感」は手に入ります。
ハイウエストタイプの商品や、3分丈などの商品を選べば、おなかのポッコリを引き締めてくれますし、お尻のリフトアップ効果も見られます。

しかし、履いただけでは体重やせは難しいのでは?と考えられます。

「歩きやすくなる、体が動かしやすくなる」という効果をうまく利用して軽く運動をしてみましょう。
骨盤矯正インナーの加圧効果で体に負荷がかかるので、運動によるダイエット効果を見出せます。
また、鼠径部周りのリンパも刺激されるので、代謝アップが期待できます。

それに、骨盤矯正インナーは太めの糸で織りあげられているものが多いので、暖かさも感じられます。
体の冷えは、体に脂肪をため込む元にもつながるので、体を温めてくれるものは百人力ですよね。

出産後も骨盤矯正インナーはおすすめ!

産後の下着選びに悩む人は、ぜひ骨盤矯正系のインナーも検討してみてくださいね。
特に赤ちゃんの抱っこやおんぶで腰の痛みが感じられる人や、体重やせをもくろんでいる人におすすめです。
すっきりボディメイク効果や、加圧効果による運動サポート効果が得られます。
おしゃれでシンプルな骨盤矯正インナーを探している方はぜひ「ディーコレ リシュット」も検討してみてくださいね!