タレ乳は防ぎたい!産前産後のブラジャー選びが重要です

「タレ乳は防ぎたい!産前産後のブラジャー選びが重要です」のアイキャッチ画像

産直前と、産後すぐでは、女性の体が目まぐるしく変わる時期です。
そのため、使うべきブラジャーも変わってきます。
授乳する・しないでも大きく変化するでしょう。
この記事では、出産直前~産後に関するブラジャー選びを紹介します。

妊娠前~妊娠期~産後のバストの変化

妊娠中のバストの変化はめまぐるしいのが特徴です。
一般的に妊娠前と比べて3カップほどバストが大きくなります。
乳腺が発達するのがこの理由ですが、第二次性徴期の胸のふくらみ方と異なり、妊娠中は脇から下部が大きく膨らみます。
それと同時に、バスト自体に重みがうまれます。
妊娠前のブラジャーはもちろん使えませんし、ワイヤーブラは痛みを感じる人も見られます。
乳腺の発達を妨げてしまうため、おすすめはできません。

産後~授乳期の変化

 

産後はホルモンの変化で、赤ちゃんに母乳を与える体制に変化します。
さらに乳腺が発達し、頻繁に胸が張るようになります。
産後の女性の中には、何らかの事情で母乳が出ない、与えられないという人も見られます。
母乳を与えない(与えられない)という人でも、胸が張り母乳が出る準備が始まるため、母乳を止めるための措置を行う必要があります。

また、授乳回数が減り離乳食が始まる頃になると、胸の張りは収まります。
乳腺も落ち着き、わずかに胸が小さくなり始めます。
しかし、急激に胸がしぼむといったことはありません。

卒乳後の変化

卒乳後は、妊娠前と同じサイズに戻ることはありません。
経産婦(けいさんぷ)は若干胸が下垂し、いわゆる「ミセス体形」の入り口に立ちます。
下垂気味になるため「胸が縮んだ」と感じる人もいるでしょう。
さらなる下垂を防ぎ、脂肪の流れを止めるため、ホールド力があるブラジャーをおすすめします。

ステージに合わせたブラジャー選び

妊娠~出産~授乳とステージに合わせてバストの変化が著しいことを紹介しました。
授乳をする母親は、1年半~2年ほどの間で大きくバストが変化します。
授乳ができない場合は、出産後すぐ~4か月程度でバストが戻るようです。
ただし、妊娠の経過に応じ乳腺は変化しているため、「妊娠前の形良いバスト」には戻りません。
そのため、ステージに合わせたブラジャーを逐次選んで、加齢に負けないバストを維持しなければいけません。

妊娠~出産期

妊娠中は仕事をするなど、アクティブに動くことができます。
マタニティ用の制服はもちろん、スーツなどもデザインが増えており、バストをきれいに見せるために、ソフトワイヤー入りのブラなどを選ぶとよいでしょう。
マタニティー用のものでもワイヤー入りのものがあり、バストのサイズアップにも対応できる伸縮性のある布が採用されているため、乳腺が発達する際の胸の痛みや苦しさなどはあまり感じられません。
ただし、アンダーバストの締め付けはありますので、つわりが続く人や、おなかの出方によっては苦しいと感じることがあるでしょう。

出産~産褥期

出産後すぐは、慣れないお世話で体が疲れるころです。
また、母乳が思うように出ない、乳腺トラブルが起こるといったアクシデントにも見舞われやすい時期です。
乳腺の張りも著しく、授乳時間以外に母乳が漏れ出すこともあります。
赤ちゃんが生まれてすぐのころは、前開きタイプやクロスオープンタイプのゆったりしたブラがおすすめです。
もちろん、ノンワイヤーで着脱しやすいものがよいでしょう。

生後半年頃

このころには、授乳タイミングがほぼ落ち着きます。
赤ちゃんの授乳で母乳が分泌されるようになり、胸が張るなどの症状はなくなります。
そろそろソフトワイヤーなどを使ったブラに変えてもよい時期です。
まだまだ授乳期真っただ中なので、ストラップオープンタイプなどの機能が付いたマタニティーブラをおすすめします。

職場復帰~卒乳

産前産後休業は、生後8週間から職場に復帰することができます。
1歳の誕生日まで育児休業を取得する人が増えていますし、取得を推奨する企業も見られるようになりました。
育児休業明けを目標に保活を開始し、卒乳などスケジュールを組んでいるのではないでしょうか。

このころになると、母乳の分泌もほぼ落ち着きます。
赤ちゃんの栄養補給も食べ物からが主流になるので、自然に母乳が出なくなるころです。

妊娠前と同じブラジャーが使えるようになります。
ただし、自身が妊娠前に着用したものは「カップがきつい」と感じることもあるようです。
また、バストラインの変化により「フルカップじゃないとバストラインがキレイにならない」「3/4カップだと、デコルテゾーンが余る」ことも。
バストをきれいに見せるためには、今の自分のバストにあったブラを購入しなおすとよいでしょう。

バストケアはブラジャー選びが肝要!

 

授乳によってバストがしぼむと聞いて心配する~っ!

 

先にも少し触れましたが、経産婦はバストラインが変わります。
乳腺が妊娠前の状態に戻るため、「しぼむ」ように感じます。
また胸に集まっていた脂肪が、わきから背中に流れるようになることも要因です。
「バストがしぼむ」というのは言い得て妙な表現ですが、厳密にいうとしぼんではいないので安心してくださいね。

もし、産後もバストラインを保ちたいという場合は以下のポイントをチェックしてみてくださいね。

  • 両脇の下垂を抑えるためのデザイン
  • アンダーベルトが太めでバストのホールド力があるもの
  • フルカップでバストアップ効果が見込めるもの

あとは、胸の筋肉をつけることも意識するといいですね。

きれいなバストを保てるように

かわいいママ、きれいなママなど出産後もボディラインを保ちたい人がほとんどです。
バストの変化の過程や、赤ちゃんの授乳のペースを考えて、バストをケアできるブラジャーを使うようにしましょう。