出産祝いにおくるみが選ばれる理由は?どんな視点で選ぶべき?

「出産祝いにおくるみが選ばれる理由は?どんな視点で選ぶべき?」のアイキャッチ画像

産祝いにおくるみがおすすめです。
ママにとっても、赤ちゃんにとってもメリットが高いグッズで、いまやたくさんの商品が販売されています。
このところでは、おくるみを使うことの意味も紹介されるようになり、「赤ちゃん寝ない」「泣き止まない」と悩むママの救世主としても紹介されるようになりました。
豆知識を添えて、赤ちゃんにプレゼントしてみませんか?

出産祝いといえば「おくるみ」その理由は?

そもそもおくるみとは、赤ちゃんを包むための布を指しています。
大型で正方形や長方形が一般的ですが、最近は三角や台形などさまざまな形やデザインがあり、フードや、脚が入るポケットが付いてるものもあります。
アメリカなどの製品も取り入れられるようになり、色柄もかわいいものが増えています。

出産後すぐ使える

このおくるみがなぜ喜ばれるのか、その理由はこちらです。
おくるみは、産後すぐ使えます。
おくるみが活躍するのは赤ちゃんが生まれてすぐ~生後4ヶ月くらいまで。
受け取った時点で即戦力になるアイテムです。
この時期毎日使うものですし、どんどん洗ってどんどん使いまわしていきたいものなので、ストックはたくさんあってもOK、ほかの人と被ってもまったく問題ないのが魅力です。
また、赤ちゃんを包む時期が過ぎても、「掛ける、敷く、拭く、隠す」などほかの使い道がたくさんあるのが魅力です。

「赤ちゃん寝ない」が解消しやすい

おくるみを使う大きな理由は新生児期特有の「モロー反射」にあります。
モロー反射は、生まれてすぐの赤ちゃんが、腕を広げて何かにしがみつこうとする行動を指します。
物音などにびっくりして、体をビクつかせる反応が「モロー反射」です。
赤ちゃんには常に何かを掴んでいたい衝動があり、それができないとリラックスしたり安心して眠ったりできない子が大半です。
育児中ママが言うところの「背中にスイッチがある」という表現にあるような、抱っこで寝かしつけた後ベッドに寝かせると泣き出してしまうのも、モロー反射に近い症状だといえるでしょう。
こうした原始反射を防ぎ、赤ちゃんに安心してもらうためにも、おくるみで包むことはとても効果的なのです。
おくるみで包まれていると、おなかの中の居心地が再現されるので、気持ちよく眠れるようですね。

おくるみはずっと使える愛用品

出産祝いに選ばれやすいのはベビー服が中心です。
お洋服は着用できる期間が限られますし、体形や季節によっては着用できずにサイズアウトになることも。
また、受け取ったママの好みに合わないこともありますよね。

先にも触れましたが、おくるみなら素材次第で、長く使い続けることができる万能選手です。
生地によってはバスタオルやブランケットとしても使い続けることができます。
赤ちゃんによっては、大きくなってからもお気に入りのタオルとしてお供に従えるお子さんもいるようです。
たとえ汚れてしまっても、おむつ替えシートや車の座席用マットなどで使うことも可能です。
ハンドメイドが得意なママなら、枕カバーやハンカチなどにリメイクできますよ。

おくるみを贈るなら、視点は季節を意識して!

おくるみにはさまざまな種類や素材があります。
「大は小を兼ねる」で少し大判のものを選ぶと使いやすいですよ。
素材は、ガーゼ生地や綿の薄手のものがメインですが、カシミアやフリースなど冬向けのものもあります。
選ぶときには季節目線で選ぶのがポイントです。

夏は暑いから不要だと思われがちですが、モロー反射は季節を問いません。
モスリンなどの薄手の素材であれば通気性も保たれますし、エアコンの冷気からも赤ちゃんを守れます。
ダブルガーゼやモスリンなどは、湯上りタオルとしても使いやすいのでママも大助かりでしょう。
冬は柔らかいフランネル素材がおすすめ。
起毛素材がふわふわで暖かく、赤ちゃんを保温することができます。
春・秋用なら、気温が安定しない時期なのでコットン素材かガーゼ素材がおすすめです。

生まれる時期に合わせた素材を選ぶと、すぐに使ってもらえます。
特に、おくるみは出産準備品として準備する人、しない人に二分されるので喜ばれやすいですよ。

どんなタイプ(形)が人気?

ママに人気なのは、一枚布の正方形タイプと言われています。
赤ちゃんを包みやすく、役目を終えた後も正方形なら使い道が広がるからです。
大判のものなら授乳時に目隠しとしても使えますし、ブランケットとしても活躍してますよ。

フード付きなら、お風呂上りや水遊びの体拭きに使っているというママたち見られます。
シンプルなものもおすすめですが、アメリカ製のビビッドな色柄のものや、北欧系ブランドのおくるみを選ぶのも一案です。

品物を選ぶ際は「おくるみ」というキーワードだけではなく「スワドル」や「Baby Swaddle」というキーワードで探してみてくださいね。
海外製のおしゃれなおくるみに出会えますよ。

出産祝いに悩んだらおくるみがおすすめ!

気の利いた出産祝いを選びたいという場合は、おくるみを選んでみてくださいね。
いろいろな用途で使ってもらいやすいですし、ママの悩みを解決してくれる救世主になるかもしれません。ギフトに好適な品物も多数そろっているので、ベビー用品店などをのぞいてみてはいかがでしょうか。