寒い日に使える!抱っこ紐対応ママコート徹底解剖

「寒い日に使える!抱っこ紐対応ママコート徹底解剖」のアイキャッチ画像

ちゃんが生まれると、冬の寒い時期にお出かけする機会も増えてきます。
抱っこ紐やおんぶをしたときの防寒着は必要不可欠です。
ママも赤ちゃんも寒さをしのげるよう、ママコートをおすすめします。
この記事では、抱っこ紐でも使いやすいコートに関してクローズアップしました!

ママコートはメリットだらけ

ママコートとは、赤ちゃんをおんぶや抱っこをしたときに使える冬用の防寒コートを指しています。
ママコートは赤ちゃんが生まれてからだけでなく、妊娠後期のお腹が大きいときにも役立ちます。
おなかの大きい時期から重宝しますので、冬出産組のプレママさんは生まれる前から準備しておけば、出産前後から大活躍します。
冬場は、ベビーカーが使えない日もありますし、両手を自由にしておかないと転倒したときに危険を伴います。
おんぶをしたうえでママコートを着用すると、両手が自由になります。
ちょっとしたコンビニ、スーパーまでの買い物、上の子供に付き合っての公園遊びなど、さまざまな場面で活躍します。

比較的寒い地域なら必須アイテム

関東以南の雪が少ない地域ではママコートも不要かもしれません。
雪深い地域や、朝晩の気温が低い地域などではママコートは必要不可欠です。
前抱っこの場合、ママコートなしだと赤ちゃんの手足が冷えてしまうことがあります。
保温効果があるママコートを着用すると、ママも暖かく過ごせますし、赤ちゃんも気持ちよく過ごせます。

ママコートの選び方ポイント

赤ちゃんやママにとって、着用しやすいママコート選びがポイントになります。
ママコートは冬用のものですが、2歳ころまで続くおんぶ期には頻繁に使うアイテムですので、選び方には若干慎重になりましょう。

ポイント1:ダッカー付きは要チェック!

ダッカーとは、別布のアタッチメントと位置付けましょう。
ママコートにダッカーを装着することで、前抱っこや背中おんぶなどに対応できるようになります。
前抱っこ仕様にすれば、妊娠中の大きなおなかもすっぽりと隠せますので、冬場の出産にも対応可能です。

機能的なものは価格帯も高額なものが多いのですが、長く使えるアイテムです。
保温性にも富んでいますので、ダッカー付きのママコートを選ぶようにしましょう。

ポイント2:軽くて暖かい素材のもの

中綿入りのママコートは若干重みがあります。
赤ちゃんをおんぶや抱っこをしたうえでママコートを着用すると、肩に負担がかかることもあります。
ライナーが取り外しできるものや、軽めの素材を採用したママコートを選ぶとよいでしょう。
ただし、地域によっては寒さしのぎに向かない素材もありますので、ケースバイケースで選びましょう。

ポイント3:取り扱いしやすいもの

赤ちゃんをおんぶや抱っこしていると、吐き戻しやよだれで汚れてしまうことも考えられます。
クリーニングが難しい素材であれば、その場限りの着用となってしまうかもしれません。
クリーニングや洗濯ができる素材であることも、ママコートを選ぶうえで外せません。

おすすめのママコート

ここからは、これからママコートを選ぶ方に参考にしてほしいママコートを紹介します。

超軽量 撥水キルティングママコート【Sweet Mommy】

出典:楽天市場 スイートマミー

スタイリッシュなママにおすすめのキルティング素材のコートです。
撥水加工がなされているので、雨の日や雪が降っているときにも安心です。
産前から着用可能で、ダッカーの着脱で赤ちゃんの前抱っこやおんぶにも対応可能です。
もたつかないスマートなデザインなので、おしゃれに着こなしたいママに選んでほしいコートです。

キルティングママコート

ショールカラーダウンママコート【Sweet Mommy】

出典:楽天市場 スイートマミー

ダウンコートで軽やかに、ママになってもかわいらしくいたい人におすすめです。
サイズも豊富なので、大きなサイズのママでも安心して赤ちゃんを抱っこやおんぶができます。
こちらも産前産後に着用可能で、何着も買い直しするのが苦手という人に最適です。
ダッカーは袋タイプで、独立して使えるメリットがあります。
赤ちゃんを抱っこせずベビーカーに乗せるときの防寒対策にも役立つので、おんぶや抱っこを卒業してからも使えます。

ショールカラーダウンママコート

赤ちゃんとアクティブにお出かけしよう!

スタイリッシュなママコートが増え、出産後も長く着用できる機能的なものが多くなりました。
寒い時期のお出かけは赤ちゃんの体を冷やしたくないもの。
ママコートを着用して、赤ちゃんもママも暖かく過ごしましょう。
おすすめポイントを参考に、長く着用できる一着を手に入れてくださいね。