【生後6ヶ月】おすすめウェアやグッズをまとめました!

「【生後6ヶ月】おすすめウェアやグッズをまとめました!」のアイキャッチ画像

後6ヶ月の赤ちゃんは寝返りができるようになり、一人遊びができるようになるころです。
表情も豊かになり、声を立てて笑うなどかわいらしさ全開の時期にも重なります。
新生児期をすぎ、そろそろ月齢に見合ったグッズや、衣服の準備を検討するママのために、おすすめウェアやグッズをご紹介します。

季節別 生後6ヶ月の赤ちゃんにおすすめの服装

生後6ヶ月の赤ちゃんは腰が据わるようになります。
少しの間なら、支えなしでお座りできるようになる赤ちゃんも出てきます。
この頃の赤ちゃんには、トップスとパンツなど上下に分かれた洋服を着させてもOKです。
ただしお腹の冷えは禁物なので、インナーはボディ肌着を着せてあげましょう。

春の服装

室内では、かぶり式のボディスーツにトップスやオーバーオールを着せるのがおすすめです。
寒そうだったら、ベストなどを着せて調節してあげましょう。
お出かけの際は、かぶり式のボディスーツにセットアップ、ジャケットなどでおしゃれをしてもいいですね。

夏の服装

室内では、ボディ下着だけでもかまいません。涼しく過ごさせましょう。
お出かけの際は、Tシャツにスカートやパンツを合わせるのがおすすめ。
エアコンやUV対策として、薄手のカーディガンを着せると万全です。

秋の服装

室内では、ボディ下着にカバーオールなどで保温を試みましょう。
だんだん寒くなる季節なので、寒そうにしていたらカーディガンなどで調節してください。
お出かけの際は、長袖のセパレート服、ジャケット、靴下、帽子などでコーディネイトをしてあげましょう。

冬の服装

室内では、かぶり式ボディスーツにトップスとオーバーオールが良いでしょう。
素材は暖かいものを選ぶのがポイントです。
レギンスとパンツというような重ね着なども一案です。
お出かけの際は、いつものお洋服にジャンプスーツ、手袋、帽子を選ぶのがおすすめです。
防寒はしっかりすることが大切ですが、動きにくくならないよう調節しましょう。

おすすめの離乳食グッズ

生後6ヶ月頃から、離乳食を意識した食事が始まります。
このころは、食べ物を飲み込む練習と位置づけ、こぼしても気にならないグッズを準備することをおすすめします。
また、食事のしつけも徐々に初めて行きましょう。

赤ちゃんが食事に集中できるよう、テーブル付きのベビーチェアを準備し、食事の場所を固定しましょう。
ご飯を食べる場所を1ヶ所に決めると、しつけにもつながります。

離乳食を始めたころは、ポケット付きのお食事スタイが便利です。
ご飯をこぼしても、すぐに拭き取れます。
シリコン製の素材を選ぶと、簡単に洗えるのでママのストレスも軽減されることでしょう。

また、離乳食はなかなか手間がかかります。
リッチェルの「調理器セット」は、レンジを使った離乳食を調理できるセットがおすすめです。
ご飯から1食分のおかゆが作れる工夫がなされています。
おかゆクッカーや調理器具、レシピ本まで付属しているから、初めてママにも最適。
食事の固さも調節できるグッズなので、月齢に合わせた離乳食作りがかないます。

おすすめの安全グッズ

生後6ヶ月の赤ちゃんは、ハイハイができるようになり、行動範囲が大きく広がる時期です。
おうちの中の危険にも目くばせする必要が出てくる時期です。
赤ちゃんフェンスや赤ちゃんゲートなどの安全グッズが役に立ちます。

おくだけとおせんぼ」というグッズは、置くだけの赤ちゃんフェンスです。
セーフティープレートに赤ちゃんが乗っても、その体重で安定性が増し、倒れ込まないように設計がなされています。
スライド式のフレームなので、フェンスを置きたい場所の幅に合わせて伸縮でき、壁や柱を傷付けることもありません。

このほか、コンセントカバーなどを準備して事故から赤ちゃんを守りましょう。