【アットファースト】リュック派のママにおすすめ!リュックインバッグですっきり収納|mamae(ママエ)

 

育てママの必須アイテムであるママリュック!

両手があいて、子供に合わせて動きやすいことから人気のママリュックですが、比較的キレイに収納しやすいマザーズバッグと違って、どうしてもごちゃごちゃしがちなママリュック。リュック底のほうにある荷物は取り出しにくいですよね。

そんな悩みを解決してくれるのがバッグインバッグのリュック版であるリュックインバッグです!

今回はマザーズバッグ専門店【mamae】ママエで初めてのお取り扱いになるリュックインバッグをご紹介します。ママリュック派の子育てママは必見です!

整理上手になれるバックインバック【At First】Ruck sack in poket リュックインポケット


※リュックは別売りになります。

【アットファースト】リュックインポケットは、リュックの中の荷物を整頓するためのバッグインバッグのリュック版であるリュックインバッグです。

おしゃれでシンプルなリュックはポケットも少なく、少し使い勝手が悪かったりします。でもお気に入りのリュックだから、、。と使っているママも多くいます。


※こちらのカラーはマザーズバッグ専門店【mamae】ママエでは取り扱っておりません。

リュック内がごちゃごちゃして使いにくいなと感じている方に、【アットファースト】リュックインポケットはとってもおすすめなんですよ。

【アットファースト】リュックインポケットがあると、リュックを開けた時に一目でどこに何があるかがわかるので、とても便利なんです。

すっきり収納でストレスフリー

実際におでかけの荷物を入れた【アットファースト】リュックインポケットを、ママリュック内に入れてみました。リュック内がとても見やすくなっていますね。

直接リュックの中に荷物を入れると、動いているうちにリュック内がゴチャゴチャになったりしますが、【アットファースト】リュックインポケットがあると、そういった心配もなくきれいに荷物が収まったままです。

他のママリュックを使うときは、【アットファースト】リュックインポケットの持ち手を持ってサッと取り出して使いたいママリュックに入れ替えるだけで荷物の移動ができますよ。

きれいに収納できていると、荷物の出し入れもスムーズに行えるので、荷物の出し入れが頻繁にあってもママのストレスになりませんね。

使いやすいポケットの紹介

荷物をきれいに入れられる【アットファースト】リュックインポケットのポケット類をご紹介します。

①オープンポケット(タテ27cm×ヨコ23cm) A4クリアファイルが入る大きさです。
②ペンポケット×2(タテ11cm×ヨコ2~3cm) ペンを入れておくのに便利なペンポケットです。
③オープンポケット(タテ11cm×ヨコ7~12cm) スマをを入れておくのに便利なポケットです。
④オープンポケット(タテ11cm×ヨコ10~13cm) ミニポーチや小さなものを入れておくのに便利です。
⑤メッシュポケット×2(タテ10cm×ヨコ12cm) メッシュ素材なので、中に入れている物がわかって便利そうです。
⑥メイン収納部分(タテ11cm×ヨコ24cm×マチ9cm) コチラがメイン収納部分になります。
⑦オープンポケット×2(タテ10cm×ヨコ12cm) ポケットティッシュがちょうど入る大きさです。
⑧ボトルホルダー(タテ17cm×直径7.5cm) 取り外し可能のボトルケースです。
⑨キーフック 鍵がバッグ内で迷子にならない為のキーフックです。

⑤メッシュポケット

メイン収納部分の内側にある、こちらのメッシュポケットのポケット口はゴム仕様になっています。その為、ポケット口が伸びて、手を離すとピタッと閉じるのでポケット内に入れた物が勝手に飛び出すということも多少防いでくれそうです。

⑧ボトルホルダー

取り外し可能のボトルホルダーは、保温・保冷のあるものです。リュックの中でボトルが倒れる心配もなく、冷たい物の水滴がバッグ内に付くことも防いでくれますよ。

⑨キーフック

【アットファースト】リュックインポケットの上側にある、こちらのキーフックは、バッグの中で迷子になりがちな鍵を引っ掛けておくと、困りませんよ。

どんなママリュックに入る?

便利な【アットファースト】リュックインポケットですが、自分が持っているママリュックに入らなければ意味がありませんよね。実際にいろんなママリュックに入れてみたので、是非参考にして下さいね。

【D’colle×ママモデルコラボ】マザーズリュックのお悩みを解決!2層式多機能ママリュック D’colle ディーコレ 〔Cindy シンディー〕

多くのママに人気の《ディーコレ×ママモデル》コラボの オリジナルマザーズリュックD’colle〔Cindy シンディー〕【アットファースト】リュックインポケットを入れてみました。

〔Cindy シンディー〕は収納部分が分かれている2層式ママリュックですが、すっぽりと【アットファースト】リュックインポケットを入れることができました。

〔Cindy シンディー〕はポケット数は多いですが、メイン収納の中がきれいに収まっているので、【アットファースト】リュックインポケットを使うことでさらに〔Cindy シンディー〕が使いやすそうです。

▼【D’colle×ママモデルコラボ】マザーズリュックのお悩みを解決!2層式多機能ママリュック D’colle ディーコレ 〔Cindy シンディー〕の特集はコチラ▼

【At First】2WAYリュック Grainy グレイニーバッグ

こちらは【アットファースト】リュックインポケットと同じブランドの【アットファースト】のママリュックです。

【アットファースト】2WAYリュック  グレイニーバッグはポケット数も多くなく、リュック収納部分に仕切りなどもないシンプルなママリュックなので、【アットファースト】リュックインポケットがある事で細かく荷物を分けて入れられるようになります。

ただ、【アットファースト】2WAYリュック  グレイニーバッグはリュック開け口にマチがないので、スムーズに【アットファースト】リュックインポケットを出し入れすることができませんでした。

▼【At First】2WAYリュック Grainy グレイニーバッグの特集はコチラ▼

【anello】アネロ キルティング口金リュック

こちらは多くのママが愛用している【アネロ】のママリュックです。

【アネロ】のママリュックは、リュック底のマチも広く、リュック開け口も口金入りで大きく開くので【アットファースト】リュックインポケットの出し入れがスムーズにできました。

【アネロ】のママリュックはリュック開け口ががばっと開いて荷物の出し入れが簡単にできる事が有名ですが、【アットファースト】リュックインポケットを使うことで、さらに使いやすくなりますよ。

▼【anello】アネロ キルティング口金リュックの特集はコチラ▼


サイズ・重量

今回3つのママリュックに入れてみましたが、一般的な大きさのリュックでしたら入るんじゃないかと思います。

また【アットファースト】リュックインポケットの背面部分は、とてもしっかりとした固めの素材なのでリュック内でもきちんと自立してくれますよ。

カラーバリエーション

マザーズバッグ専門店【mamae】ママエでは、デニム風のアズールのみのお取り扱いになります。

デニム風なので、比較的どんなママリュックにも合わせやすいと思います。


アズール

▲商品ページ:アットファースト正規販売店mamae
整理上手になれるバックインバック【At First】Ruck sack in poket リュックインポケット AF7108(アズール)
▼サイトトップページ

【商品DATA】
本体価格:2,000円(税別)
重量:約260g(付属品除く)
素材:本体部分:ポリエステル100%
ボトルケース中材:アルミ蒸着フィルム
サイズ:約H33cm×W25cm×D12cm

まとめ

【アットファースト】リュックインポケットは、持ち手があるので片手でさっと持ち上げ、リュックからリュックへの入れ替えも簡単です。ファッションに合わせてママリュックを気軽に変える事ができるのは嬉しいですよね。

ママリュックをたくさん持っている方や、荷物をきれいに収納したい方に特におすすめですよ。

※サイト内の文章、画像などの著作物はmamaeに属します。無断転載を禁止します。

今回ご紹介した商品(mamaeショッピングサイトへリンクしています)

▼整理上手になれるバックインバック【At First】Ruck sack in poket リュックインポケット AF7108(アズール)の商品ページはこちらをクリック!

▼ママスタッフ達が、ママに役立つ情報を配信♪
【mamae ショッピングサイト】

関連記事一覧