【特集|ママに人気のルートートから2017年SS新作登場!】軽量・2way・撥水加工のママが嬉しいママリュックCEOROO

「【特集|ママに人気のルートートから2017年SS新作登場!】軽量・2way・撥水加工のママが嬉しいママリュックCEOROO」のアイキャッチ画像

 

ートートのマザーズバッグをお持ちのママさん、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

でも、子供が大きくなってきたら大きなマザーズバッグの出番は減ってきます。
子供が歩き出したら両手の空くリュックの方がいいかも?と思ったりもしますよね。

今回は【ROOTOTE】ルートートから2017年SS新作として登場したリュックとトートバッグの2way仕様のママリュックをご紹介します。

【ROOTOTE】ルートート 2wayマザーズリュック CEOROO(セオルー)

ママリュックにしては珍しい巾着タイプのリュックです。
リュック持ち手部分を持てば、トートバッグとしても使用可能です!

見た目は、ママリュックとしては小ぶりな印象ですが、意外と大容量なんですよ~!

22のコピー

ママも嬉しい超軽量!

【ROOTOTE】 2wayマザーズリュック CEOROO(セオルー)は、とっても軽いです!
重さを測ってみると、約360g!!

荷物が多いママにとって、バッグの重さが軽ければとても助かりますね。

1

驚きのコンパクトサイズ!

【ROOTOTE】 2wayマザーズリュック CEOROO(セオルー)は、軽くてとても薄い素材でできたリュックです。
その為、とてもコンパクトに折り畳むことができます。

折り畳む前の状態と、折り畳んだ状態の【ROOTOTE】 2wayマザーズリュック CEOROO(セオルー)を比べてみました。
折り畳むと手のひらサイズまで小さくなりました。

2のコピー

エコバッグのように持ち歩く事も可能ですし、旅行へ行く時にサブバッグとして持って行くこともできますよ。
2WAY仕様なので、リュックとしてもトートバッグとしても使えるので、普段バッグに入れておけば荷物が増えたときに役に立ちそうですね。

汚れにも強い!撥水加工

【ROOTOTE】 2wayマザーズリュック CEOROO(セオルー)は、撥水加工が施されたリュックです。
急な雨や雪はもちろん、汚れにも強いのでお子さんとのお水遊びや公園遊び、アウトドアにも持っていきやすくなっています。

実際に、【ROOTOTE】 2wayマザーズリュック CEOROO(セオルー)にお水をたらしてみました。

1時間経っても、お水がバッグに吸収されるなどの変化はありませんでした。
また、お水をつけてバッグを持つと、タラタラとお水が下に落ちていくほどの撥水力がありました。

10のコピー

お水をつけて1時間後にふき取ってみましたが、シミにもならずきれいな状態でしたよ。

11のコピー

ポケットは大きめサイズ

【ROOTOTE】 2wayマザーズリュック CEOROO(セオルー)のポケットは全部で5箇所です。

フロントポケット×1ヶ

リュック正面にあるフロントポケットです。
ポケット口は約15cmで、ポケット底部分が約23cmと台形の形をしています。

ポケット口が少し小さいかな?といった印象です。
手の大きなパパには使いにくそうですが、女性なら問題なさそうです。

18のコピー

ルーポケット×1ヶ

フロントポケットとリュックメイン収納部分の間にあるのは、【ROOTOTE】ルートートならではのルーポケットです。
こちらもポケット口が約18cmしかありませんが、ポケット自体はかなり大きいです。

ママのお財布など貴重品を入れてもいいですし、赤ちゃんの使用済オムツや、汚してしまったお洋服、お食事セットなど、使い方は様々です。16のコピー

内側ポケット×1ヶ

リュック内側の背面部分に大きなポケットが1つあります。
B5サイズのノートがすっぽりと入るサイズのポケットです。

母子手帳ケースや、子供の絵本、タブレットなどを入れてもいいかもしれませんね。12のコピー

サイドポケット×2ヶ

最後に、リュック左右にあるサイドポケットです。
両サイドともに、同じ大きさのポケットです。

500mlのペットボトルを入れてみると、上部分が少し見えていますね。
子供の飲み物や、ティッシュなどのサッと出したいものを入れておくと便利そうですね。

14のコピー

便利な背面ファスナー!

【ROOTOTE】 2wayマザーズリュック CEOROO(セオルー)は右側にリュックメイン収納部分に繋がっている背面ファスナーがあります。

リュックを背負ったまま、背面ファスナーからお財布を取り出せたらやっぱり便利ですよね。

13のコピー

また、背面ファスナーのファスナートップはリング状になっています。
コイルキーチェーンなどを付けておけば、家の鍵や電車やバスに乗る際のパスケースなどが簡単に取り出せて便利ですよ。

使わないときはサイドポケットに入れておくだけです!とても簡単ですね。

23のコピー

身長別に背負ってみました!

【ROOTOTE】 2wayマザーズリュック CEOROO(セオルー)は、ママリュックとしては少々小ぶりなので、子供から大人まで背負い比べてみました。

子供が背負ってみると

身長110cm~130cmの3人で背負い比べてみました。

110cm、120cmの子には若干大きめでした。
130cm以上の子でしたらリュックの大きさに違和感なく背負えそうですね。

20のコピー

大人が背負ってみると

150cm、160cmのママスタッフで背負い比べてみました。

【ROOTOTE】 2wayマザーズリュック CEOROO(セオルー)は、もともと大人用ですのでどちらもきれいに背負えていますね。
ただ、パパや体格の良い体型だとリュックが小さく見えてしまうかもしれませんね。

21のコピー

どれくらいの荷物が入るの?

【ROOTOTE】 2wayマザーズリュック CEOROO(セオルー)を最初に手にした時「小さいっ!!」と思いました。
荷物が多いママには向かないのでは・・とすら思ったので、実際に荷物がどれくらい入るのか確認してみました。

【ROOTOTE】 2wayマザーズリュック CEOROO(セオルー)のメイン収納開口部分がファスナーではなく巾着タイプになっています。
巾着部分だからこそ、荷物の出し入れが簡単なんですよ。

17のコピー

ママと赤ちゃんの荷物

赤ちゃんとのお出かけを想定して荷物を入れてみました。

6

ママの荷物 赤ちゃんの荷物
お財布 オムツ 4枚
ハンドタオル お尻拭き
母子手帳ケース おもちゃ
授乳ケープ 哺乳瓶
  マグ
  着替え 2枚
  スタイ 1枚
  抱っこ紐

抱っこ紐以外の荷物を入れるとこんな感じです。
バッグの上部分が高さ10cmほど空いていました。

8

抱っこ紐を先程の荷物の上に置いてみました。
なんとか入りましたが、巾着部分は閉まりそうにありません。

荷物をたくさん入れた場合は、トートバッグとして持った方が良さそうですね。

7

子供の遠足の荷物

次は、子供の遠足リュックとして使用することを想定して荷物を入れてみました。

4

お弁当箱 お箸セット ティッシュ
おしぼり&おしぼりケース 水筒 ミニハンドタオル
給食ナフキン フェイスタオル レジャーシート(折り畳んだ状態で24cm×17cm)

ちなみに、レジャーシート(折り畳んだ状態で24cm×17cm)はルーポケットに入れましたが、きれいに収まりました。
食べ物はメイン収納に入れ、汚れているものはこのルーポケットに分けて入れられると衛生上安心ですよね。

9

とてもきれいに荷物が入りました。
子供の上着も余裕に入りそうなくらいリュック上部分が空いています。

【ROOTOTE】 2wayマザーズリュック CEOROO(セオルー)は、とても軽いリュックなので、子供用リュックとして使うにも向いているかなと感じました。

5

カラーバリエーション

春らしいきれいなお色のホワイト、マスタード。
通年使いやすいカーキ、ネイビーの4色あります。3のコピー

まとめ

【ROOTOTE】 2wayマザーズリュック CEOROO(セオルー)を初めて手にしたときの印象は「小さい!!」でした。

でも実際に荷物を入れてみるとたくさん入りましたし、使わない時はコンパクトに折り畳め、かなり便利なリュック&トートバッグだなと感じました。

何より、トートバッグとして使用するならパパも抵抗なく使えるデザインですし、お子さんと一緒に兼用することも可能なので、1つあれば家族みんなで使いまわせる万能ぶりにびっくりでした!

ぜひ一度、チェックしてみて下さいね~!

※サイト内の文章、画像などの著作物はディーコレに属します。無断転載を禁止します。