【特集|人気の大容量マザーズリュック9選】きょうだいや荷物の多いママが使えるラクラクお出かけリュックはコレ!|mamae(ママエ)

スポンサーリンク

 

どもとのお出かけには、とにかくたくさんの荷物が必要です。

・お出かけに必需品の抱っこひもが入ればいいな。
・必要最低限の物から万が一で持ち歩きたい小物もある。
1歳過ぎたら荷物が減るとはいえ、まだまだ持ち歩くモノが多くて悩むママは多くいらっしゃいます。

以前に1歳を過ぎたらリュックがおすすめという記事を紹介しました。

今回ご紹介したいのは、デザインで選んで、結局何も入らず使わなかったー!と後悔しないための「大容量」重視のママリュック選びです。

大容量リュックを選ぶわけ、それは荷物がひとつに収まるからとにかくラク!

リュック自体に容量がないと、たくさんの荷物が入りきりません。
容量にゆとりがないと中の荷物を探す時も探しにくく、すぐにグチャグチャになるのでママのストレスはMAXに!

だからこそ「大容量」なんです。

日常持ち歩く荷物が入るのはもちろん少しゆとりがあるだけで、増えた荷物もラクラク収納でき小分けにして持たなくても良いので急いでいて荷物を忘れた!という心配もなくなりますよね。

さて、大容量リュックの場合どのくらい荷物が入るのか…!?
荷物が多くなりがちな女の子の双子ママで検証してみます。

1歳5ヶ月双子ママの荷物を入れてみました

普段持ち歩く荷物は以下の通り。

3

▼荷物一覧▼

【ママの荷物】 【赤ちゃんの荷物】
財布 オムツ2枚×2人分
携帯 おしりふき
ゴミ袋
着替え上×2人分
着替え下×2人分
紙エプロン×2人分
おやつ×2人分
マグ×2人分
水筒(麦茶)
アップルウォーター
日焼け止め
虫除けスプレー
メルちゃん
冷えピタ
(すぐ熱を出してしますそう)

全て荷物が×2で多くなるのに加え、双子ちゃんが大好きなメルちゃんまで持ち歩いているんですね!

試しに大容量タイプのハンナフラのリュックに実際に荷物を入れてみると…

4

現在こちらの商品は販売終了しています。

全部がきれいに入りました!
しかも上部にはまだまだ余裕がありますね。

双子とのお出かけはいつでもこのリュックが一緒だそうです。
これまで5つもの!マザーズバッグを持っているというママいわくこのリュックが一番荷物が入って便利でした!とのことですよ。
詳しくは下でご紹介しますね。

抱っこ紐(エルゴ)も入る

大容量リュックを選んでおくと、抱っこ紐もラクラク入ります。

ママにとっての必需品である抱っこ紐もエルゴなどのしっかりタイプだと使わない時ものすごく邪魔になりますよね。

ベビーカーなどがある時は荷物入れに入れておけばいいのですが、車や電車に乗るとなるといちいち畳まなくてはならず、その度かさばる抱っこ紐を取り出して持って
というのは結構苦労します。

使わない時は抱っこ紐をリュックに収納しておくことができる!
大容量ならではのメリットです。

検診の資料や絵本もすっぽり収納できる

1
▲普段の荷物に大きいサイズの絵本も入るから大容量だと安心!

私自身、ママになってびっくりしたことの一つに、市の検診や、予防接種などが多いことがありました。

当然待ち時間も長いので子どもを機嫌よく待たせておくためのおもちゃなどを一緒に持って行っていたのですが、そうなるといつも以上に荷物が多くなります。

また検診では、赤ちゃんの離乳食レシピや歯磨きのやり方などのプリント類をよくもらうのですが、小さいタイプのリュックだとくしゃくしゃになり家に帰ったとき残念なことに…。

大容量リュックだとプリント類も折らずに入ってきれいに持ち帰れます。
その場合ファイルなどに挟んでおくのがおすすめですよ。

私は図書館に行く時も大容量リュックを使っていたのですが、大きめ絵本もすっぽり入るので、とても重宝していました!

ベビースイミングなどお稽古にも大活躍

子どもと一緒にお稽古に通うママも多いと思います。
行き帰り、動き回る子どもと一緒だとリュックタイプが便利ですよね。
ここでも大容量だと荷物が全部入って楽ちんです。

私も子どもが2歳の時にベビースイミングを始めたのですが、ママも一緒にプールに入らなくてはなりませんでした。

子供の水着、着替えに加え、私の水着やバスタオルに化粧品など荷物は大量に!

大容量リュックは全ての荷物が入るから選んでおいてよかった!と思いましたよ~!

あらゆるシーンでとにかく便利な大容量リュック。
大容量ママリュックだと子どもとのお出かけがラクにスムーズに変わること間違いなしです!

マザーズバッグ専門店ディーコレで
人気の大容量ママリュック9選!

大容量タイプのママリュックってどれなの?
そんなママへマザーズバッグ専門店ディーコレで売れている大容量リュックをご紹介します。

今回ご紹介する商品はマザーズバッグ専門店mamaeショッピングサイトへリンクしています(2018年10月現在)

▼人気大容量リュック一覧▼

【ディーコレ】
2層式多機能
ママリュック
〔CINDY シンディー〕

価格:14,800円
(税込15,984円)
 【ディーコレ】
2層式多機能
ママリュック
〔Cecil セシル〕

価格:14,800円
(税込15,984円)
【アネロ】
10ポケットアンティーク杢調
ポリエステルキャンバス
ユニセックスリュック

価格:5,900円
(税込6,372円)
【トゥエルヴリトル】
コンパニオンバックパック
ママリュック

価格:14,000円
(税込15,120円)
 【ナオミイトウ】
2way
マザーズリュック

価格:9,800円
(税込10,584円)
【アネロ】
マルチファンクション
ユニセックスリュック

SALE13%OFF
4,900円(税込5,292円)
【ハーベストヒルズ】
2WAYマザーズリュック
ハーベストヒルズリュック
価格:12,000円
12,960円(税込)~
【レガートラルゴ】
高密度ナイロン×ダイバー素材

SALE12%OFF
価格:6,100円
(税込6,588円)
【ハンナフラ】
バックパックベーシック

価格:7,900円
(税込8,532円)

【ショッピングサイトはコチラ】
マザーズバッグ専門店mamae
Amazon ディーコレ正規販売店

荷物がたくさん入る目安として
・上記で紹介した抱っこ紐(エルゴ)をリュックに入れてみた場合、
・おでかけグッズ + 抱っこ紐(エルゴ)をリュックに入れてみた場合
を比べてみました。

12

荷物が増えると肩が痛くなりがちなのですが
リュック紐にパッドが入った
肩への負担が優しいものだけを厳選しました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

▼双子ベビーのお出かけマザーズバッグ特集はコチラ▼

1.【ディーコレ】2層式多機能ママリュックD’colle

2016年9月新発売のオリジナルマザーズリュック「D’colle」も見ため以上に【大容量】なんです!

そして多くのママに人気のCecil(セシル)では、ご購入いただいたママから「サイドポケットがあれば」という声が多かったので、今シーズンよりママリュックCecil(セシル)はサイドポケット付きにリニューアルされました!

ディーコレではより使いやすく、より便利に使っていただきたいとの思いからリアルなママの声を大切にしております。

どのくらいの荷物が入るのか検証しました。
1日のお出かけグッズ+エルゴを入れてみます。

2

▼荷物一覧▼

【ママの荷物】 【子どもの荷物】
財布 おむつポーチ(4枚)
スマートフォン おしり拭き
リップクリーム 着替え(1枚)
目薬 マグ
ハンドタオル 絵本
雑誌 エルゴ(抱っこ紐)
書類
ボールペン
ポーチ

ファスナーポケットや背面ポケットに分けて収納すればこの通り!

3

4%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc▲旧仕様のゴールドタグの商品画像になります

エルゴを入れると、さすがにリュックの中はパンパンになりました。
ですが、ちゃんとファスナーが閉まりました。

カラーバリエーション

〔Cindy シンディー〕……キルティングタイプ
〔Cecil セシル〕……シンプルタイプ
キルティングタイプ、シンプルタイプともにブラック・ネイビー・グレーの3色です。

 

【カラーバリエーション】
▼CINDY シンディー(キルティングタイプ)

ブラック ネイビー グレー カーキ アイボリー

▼Cecil セシル(シンプルタイプ)

ブラック ネイビー グレー チャコールグレー


【ショッピングサイトはコチラ】
マザーズバッグ専門店mamae
Amazon ディーコレ正規販売店
ディーコレオフィシャルサイト

【商品DATA】
サイズ:横29×縦42×マチ10cm(2層含めるとマチ12cm)
重量:約670g
価格:14,800円(税込15,984円)

▼D’colleの特集はこちら▼

2.【アネロ】10ポケットアンティーク杢調
ポリエステルキャンバスユニセックスリュック

パパリュックにもおすすめしたい!家族のお出かけに待望の大容量のリュックが登場しました。
人気の10ポケット機能に、最大容量30Lで、旅行にも活躍します。


※パパ身長:168cm

▲こちらのリュックの特集はコチラ

最大30リットルの容量と、人気機能『10ポケット』を見てみましょう。
レジャー施設へ行く想定で多めに荷物を用意してみました。

おやつやタオルなどのよく使う小物類は前面のポケット部へ。
飲み物はサイドポケットへ収納。
メッシュポケットなので中身が良く見えますね!

さらに抱っこ紐を入れてもこの余裕!

【カラーバリエーション】

ブラック グレー  ネイビー

▲商品ページはコチラ:アネロ正規販売店mamae
anello】アネロ10ポケットアンティーク杢調ポリエステルキャンバスユニセックスリュック

【商品DATA】
重量:約640g
素材:ポリエステル
本体価格:5,900円(税込6,372円)

3.【トゥエルヴリトル】コンパニオンバックパック ママリュック

ニューヨークのママバッグブランド【トゥエルヴ リトル】のバッグは、スマート機能とスタイリッシュをコンセプトに創られました。

1歳児の1日のおでかけグッズを多めにセットして入れてみました。

twelvelittle_006

ベビーグッズ ママグッズ
おむつ替えシート サイフ
おむつセット3枚 スマホ
着替え1組 ポーチ
タオルハンカチ エコバッグ
おもちゃ ペットボトル
母子手帳セット
ベビーフード
おやつ
調乳セット

表側のポケットに荷物を分散することで
内側にまだ入る余裕ができました。

twelvelittle_007

抱っこ紐のみ入れますと、リュックの半分くらいになります。
その場合はお出かけグッズをコンパクトに用意されると良いでしょう。

twelvelittle_005-2

【カラーバリエーション】
どちらのカラーにもおむつ替えシートが付いています。

ブラック レオパード

▲こちらの商品:トゥエルヴ リトル正規販売店mamae▲
【TWELVE little】コンパニオンバックパック ママリュック

【商品DATA】
サイズ:縦40cm×横33cm×マチ15cm
重量:約800g(付属品除く本体のみ)
商品価格:14,000円(税込15,120円)

▼【TWELVE little】コンパニオンバックパック ママリュックの特集はコチラ▼

 

4.【ナオミイトウ】2wayマザーズリュック

らくらくリュック、きちんとトートの2WAYで使える便利なマザーズリュックです。
本体重量が約400gと超軽量!
ただでさえ赤ちゃんとのお出かけ荷物が多いママには嬉しいポイントです。

A4サイズのファイルケースも収納できます♪

【カラーバリエーション】

ピエール マウンテン ドリーム

▲こちらの商品:ナオミイトウ正規販売店mamae▲
【NAOMI ITO】ナオミイトウ2wayマザーズリュック

【商品DATA】
サイズ:約W40(下辺)~50(上辺)×H40×マチ17cm
重量:約378g
商品価格:9,800円(税込10,584円)

▼【ナオミイトウ】2wayマザーズリュックの特集はコチラ▼

5.【アネロ】マルチファンクションユニセックスリュック

本格アウトドアバックパックを思わせる22Lサイズの大容量リュックサックです。
上部フラップポケットには子供の靴や折りたたみ傘などが余裕で入ります。

大きめサイズだからパパバッグでもぴったりサイズ!

【カラーバリエーション】
ブラックのみです。

▲こちらの商品:アネロ正規販売店mamae▲
【anello】アネロ マルチファンクションユニセックスリュック

【商品DATA】
サイズ:約H47cm×W27cm×D13cm
重量:約620g
商品価格:7,900円(税込8,532円)

6.ハーベストヒルズ2wayリュック

ママの欲しい!を詰め込んで作られたママリュック。
背負ったまま財布が出せる背面ファスナーや
トートにもなる2wayなどママ想いの機能性に加え
収納力抜群の大容量タイプです。

harvestnavy

お出かけセットを多めに入れてみました。

daccohimo_ruck_tuiki001

【ママの荷物】 【赤ちゃんの荷物】
財布 おむつ3枚
スマホ おしりふき
ペットボトル おくるみ+ハンカチセット
エコバッグ 離乳食+ドリンクセット
抱っこ紐(エルゴ) 着替え1組
おやつ
マグ
ベビーウォーター
おもちゃ

抱っこ紐以外の荷物を入れてみた様子です。

まだまだ入る余裕がありますね!
荷物がたくさん入るリュックの特徴は
どうやら入れ口が大きく開くようですね。

daccohimo_ruck_tuiki002

抱っこ紐を入れますと少しイッパイイッパイな感じですね。
リュック自体が柔らかい生地なので
中身がどんな形になっても閉まりやすいです。

daccohimo_ruck_tuiki003

エルゴだけを入れてみたところ、
まだまだ荷物が入る余力がありました!
中身もピンクで見やすいので荷物をたくさん入れても
探しやすいのもこのリュックも魅力ですよ~!

 

11

【カラーバリエーション】

ブラックスター グレー/ピンク ダークカーキ ブラック
ブラック
(キルティング)
ネイビー
(キルティング)
グレー
(キルティング)
ネイビー

▲こちらの商品:ハーベストヒルズ正規販売店mamae
ハーベストヒルズ2wayリュック

【商品DATA】
サイズ:横55~28×縦41~32×マチ16cm
重量:約591g
商品価格:13,000円(税込14,040円)

▼ハーベストヒルズリュックの特集はコチラ▼

 

7.アネロ レガートラルゴ 高密度ナイロン×ダイバー素材の大人かわいいリュック

アネロの姉妹ブランドのレガートラルゴから登場した新作リュック。
リュックとトートバッグの2way使用で
柔らかいけどしっかり安定感もあり大容量!
何よりパパも使えそうなユニセックスなデザインも素敵です!

legatolargo_03

大容量リュック6のコピー

ママとお子様とのプチピクニックを想定したグッズを入れてみました。

legatolargo_11

▼荷物一覧▼

【ママの荷物】 【赤ちゃんの荷物】
財布 おむつ2枚
スマホ おしりふき
ペットボトル おくるみ+ハンカチ
日傘 着替え1組
コスメポーチ 離乳食
レジャーシート おやつ
ベビーウォーター

きちんと入りましたよ!さすが大容量ママリュックです。

legatolargo_12

この荷物で背負うとこんな感じです。
たくさん入ってますが収納のキツさは感じません。

legatolargo_19

ちなみに、抱っこ紐との組み合わせでも入れてみました。
その代わりレジャシートと日傘は省きました。

daccohimo_05

ちょっといっぱい感はありますが入りました。
レガートラルゴのリュックは入れ口が左右めいっぱい大きく広げられるので荷物が入れやすいです。
抱っこ紐は取り出しやすいようにリュックの上部に入れるのがベストですね。

daccohimo_06

エルゴだけを入れてみると、リュックの約半分のスペースを使いました。

大容量リュック5

【カラーバリエーション】

ブラック ネイビー グレージュ

 

▲こちらの商品:アネロ正規販売店mamae▲
レガートラルゴ 高密度ナイロン×ダイバー素材2WAYマザーズリュック

【商品DATA】
サイズ:横26×縦42×マチ17cm
重量:510g~570g
商品価格:6,900円(税込7452円)

▼【Legart Largo】2WAYリュックの特集はこちら▼

8.【ハンナフラ】マザーズリュック バックパックベーシック

こちらは、ハンナフラの超大容量リュックです。
しかも今までなかったエルゴが入る「底ポケット」がついた画期的なマザーズリュック。
ご好評につき現在売切(2018年8月再入荷予定)

万能な底ポケットはこちら!
hannahula_ryuck2

エルゴにぴったりのサイズ感でした。

7歳、6歳、1歳10カ月の3人の子どもとプールへ行くことを想定し荷物を入れてみました。

hannahula_ryuck11

▼荷物一覧▼

【ママの荷物】 【子どもの荷物】
財布 オムツ4枚
小物ポーチ おしりふき
スマートフォン オムツ替えシート
ハンドタオル 飲み物2本
(上の二人は各自)
日焼け止め 薄手バスタオル×3人分
水着&ラッシュガード&帽子 水着&ラッシュガード等×3人分
レジャーシート 水遊びパンツ
バッグインバッグ(ヒッコリー柄) フェイスタオル×2枚
ゴミや濡れた物用の袋×5枚 救急セット
(消毒・絆創膏他)

ママの荷物を含めて、4人分の荷物を入れました。

hannahula_ryuck12

全て入りました。
正直、ここまで詰め込み過ぎると重くなります・・・(笑)
でも大丈夫です!

hannahula_ryuck10

ハンナフラバックパックベーシックは、しっかり厚さのあるクッション入りのショルダーベルトで
何とベルト幅は約6.5cm!
ママを優しくサポートする安心設計になっているんですよ。

【カラーバリエーション】

▲こちらの商品:ハンナフラ正規販売店mamae▲
【HannaHula】マザーズリュック バックパックベーシック
ご好評につき現在売切(2018年8月再入荷予定)

【商品DATA】
サイズ:横33×縦58×マチ17cm
重量:約620g
商品価格:7,900円(税込8,532円)

▼【HannaHula】ハンナフラ マザーズリュック バックパックベーシックの特集はこちら▼

 

 

まとめ

いかがでしたか?
今回は大容量のリュックを特集しました。

「大は小を兼ねる」ということわざがありますが、ママリュックに至ってはその言葉が本当に当てはまると実感しています。

おでかけに必要な荷物が全て入りさらに手ぶらで移動できるラクさといったら!

下にきょうだいが産まれたら荷物はもっと増えるので、あらかじめ「大容量」バッグを選んでおくと長い期間活躍しますよ~!

ママリュック選びに「大容量」
ぜひ検討してみてくださいね!

※サイト内の文章、画像などの著作物はディーコレに属します。無断転載を禁止します。

関連記事一覧